昭和 シェル 電気。 「出光昭和シェルでんき」のキャンペーンコード、クオカード3000円分キャッシュバック|電気プラン乗換.com

【昭和シェル石油】料金シミュレーションをやってみました

昭和 シェル 電気

ガソリンユーザーのための「電気プラン」を提供すると発表しました。 車通勤の方やドライブが趣味の方など多くの関心があると思いますが、実際にどういったサービスなのかWEBシミュレーションをしてみました。 まずは基本情報 東京電力の「でんき家計簿」から過去の電気使用量・電気料金を確認します。 契約内容については、 契約プラン:従量電灯B 契約容量:60A です。 昭和シェル石油のHPにアクセス TOPページに電気の特集が出てきました。 早速クリック! WEBシミュレーションをクリック 特設ページの中断にある「WEBシミュレーション」を選択! 現在の電気使用に関して情報を記入 シミュレーション結果は? ガソリン代がおトク!? 昭和シェル石油のでんきはちょっと複雑ですが、電気使用量が多いご家庭で車をよく使うご家庭の方は非常にメリットが出る電気料金メニューになっています。 毎月の電気使用量が100~200kWhの場合は、定額での請求になります。 201~300kWhは、26円/1kWhごと、300kWh以上は、30. 02円/1kWhごとに使用量に応じて加算されます。 600kWh以上の場合は、使用量が1kWhごとに1円割引されます。 この記事に関連するキーワード: 節電、節約でこんなお悩みをお持ちの方!• 5万円節約できるケースも少なくありません。 まずは試しに5分程度で出来ますので料金シミレーションで今の電気料金と比較をしてみましょう。 以下料金シミレーションが出来る、おすすめの電力会社をご紹介します。 【Looop でんき】? 全国対応、シンプルに電気代が安い? オススメポイント• 3人以上の世帯は特にお得になる! 紹介記事 1、 2、 【東京ガス】? 豊富なセット割で利用者80万人超え? オススメポイント• ガソリン、灯油、経由がお得に? オススメポイント•

次の

【体験記】出光昭和シェル電気に乗り換えた記録

昭和 シェル 電気

関連記事• 私の利用歴 出来るだけ多くの新電力を自分で実際に使うことを目標にしており、頻繁に電力会社を切り替えています。 東京ガスの申込み画面 東京ガスの電気は2017年12月から約半年間、出光昭和シェルの電気は2019年11月からそれぞれ自宅で契約しています。 実際に利用してみた感想を交えながら、この2社を比較していきます。 関連記事• 東京ガスと出光昭和シェル電気の比較 東京ガスと出光昭和シェル電気、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。 料金プランの比較 どちらが安い? まずは料金プランを、世帯人数ごとの「平均使用量」で地域別に比較します。 各地の大手電力会社の「従量電灯」と比較して、年間いくら安くなるのかを世帯人数ごとの平均使用量で試算しました。 ただし、上記の東京ガスの試算はいずれもガスとセット契約の場合なので、電気のみで契約する場合は昭和シェルの方が安いです。 自宅が東京ガスのエリア外の場合は出光昭和シェルの方が安いということです。 試算には含めていませんが、出光昭和シェルには給油の割引特典があるので、特に一人暮らしや共働きの二人暮らしでマイカーがある場合は、トータルで東京ガスのセット割引よりもお得になる場合もあります。 関連記事• 水回り、カギ、ガラスのトラブルが発生した際に、無料で修理対応をしてくれるというサービスです(部品代などは実費) 自分で業者を手配すると出張費や作業料だけで5千円、1万円と掛かるので無料で使えるのはお得だし便利です。 顧客対応については、 昭和シェルの方が良いと感じます。 東京ガスは電話を掛けるとコールセンターが混んでいて少し待たされることがあるので、その点がマイナス評価です。 昭和シェルとはメールで何度かやり取りしましたが、最速で20分後に返事が来ました。 冒頭でも紹介しましたが、2社は共同で大規模なLNG火力発電所を運営しています。 CO2排出量 東京ガス 出光昭和シェル 2018年度 398g 476g 2017年度 371g 476g 2016年度 382g 459g 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。 1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。 電源構成は似たようなものですが、 CO2排出量は東京ガスの方が少ないと言えます。 東京ガスの数値は新電力としてはかなり優秀と言えます。 一方、出光昭和シェルは新電力としては平均的で、東京電力と比較しても同程度です(東電は18年度に462g) 特徴をまとめると・・ 最後に、2社の特徴をまとめます。 東京ガス 東京ガスのガスを契約中で、ガスと電気をセット契約する場合は出光昭和シェルと比較してお得です。 ほかの東電エリアの新電力の中でも「上位」のお得な料金プランなので、初めて電力会社を乗り換える人におすすめ。 また、付帯サービスの面でも充実している点や、CO2排出量が少ない点もメリットと言えます。 関連記事• 出光昭和シェル電気 東京ガスのガスを契約していない場合は、東京ガスよりもお得です。 特に電気の使用量が少ない一人暮らし世帯では、給油割引の活用次第では東電エリアの新電力としては最安値クラスとなります。 関連記事• 関連記事•

次の

出光昭和シェルの電気料金プランと特徴・評判

昭和 シェル 電気

ガソリン10円引き(特割サービス) まず最も魅力的なのが、昭和シェル石油のサービスステーション(ガソリンスタンド)での給油で、ガソリンが 1リッターごとに10円引きになることです。 他だと会員価格で2円引き、3円引きというなか、10円引きは衝撃的です。 車利用の多い方は、昭和シェルの電気プランで、ガソリン代をかなり節約できそうです。 ただ、これには条件・制限があります。 10円引きの条件と制限 昭和シェル石油の電気プランに申込み、クレジットカードかPontaカードを登録します。 登録したクレジットカードを昭和シェル石油で利用することで、10円引きになります。 クレジットカードは、 昭和シェル石油以外のカードも登録できます。 また、現金でもPontaカードで割引対象になります。 ただし値引き対象になるのは、 1ヶ月100リッターまでです。 100リッターを超える分は値引きされませんので注意して下さい。 ガソリン代節約ではトップクラスの水準です。 電気使用量600kWh以上ならお得 昭和シェル石油の電気プランでは、月の電気使用量が 600kWh以上なら1kWhあたり1円の値引きがあります( 600kWhプレミアム割引)。 毎月600kWhなら、年間7,200円安くなります。 700kWhなら8,400円、800kWhなら9,600円と、電気使用量が多いほど割引される仕組みです。 (単純に12倍したもので、実際の額は利用状況により異なります) シンプルでわかりやすい内容ですね。 「ややこしいのは勘弁!」という方も、昭和シェル石油の電気プランが候補になりそうです。 供給エリア:使える地域 供給エリアは、関東地方(東京電力管内)がメインです。 東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城・栃木・群馬・山梨・富士川以東の静岡(離島を除く) ガソリンの特割サービスも、このエリアの昭和シェルサービスステーションで受けられます(一部対象外のサービスステーションあり)。 追記 東北電力・中部電力・中国電力エリアも新たに対象になりました。 また、2017年10月1日から九州電力エリアも追加されました。 デメリット:電気使用量が少ないと損 昭和シェル石油のドライバーズプランは、 月の電気使用量が600kWh未満だと電気代が今までと同じ、または高くなる可能性があります。 これは、1kWhあたり1円安くなる600kWhプレミアム割引が適用されないためです。 公式サイトでも、使用量が200kWh未満に関しては「今までより高くなります。 現在ご利用の電気料金より高くなるためおすすめできません。 」と書かれています。 そのため、節約して電気代を抑えている方は、違うところのほうがいいかもしれません。 電気をあまり使っていないと安くならないのは残念です。 ただ、それがしっかり明記してあることはかなり好感が持てますね。 また、電気代が今までと同じくらいでも、ガソリン割引で節約できるなら有力な候補になります。 電気使用量が少ない方は「」なら安くできるかもしれません。 最初の1年は契約成立日から12月31日で、その後は自動更新されます。 入会金は必要ありません。 また、契約内容の変更や引越し等による契約終了の際は、契約期間内でも違約金や解約手数料は発生しません。 違約金や入会金がないのは良心的ですね。 まとめ 昭和シェルのドライバーズプランは、何と言ってもガソリン10円引きが目を引きますね。 車をよく利用し、電気もそこそこ使っているご家庭なら、電気代と合わせて節約できそうです。 プランがシンプルでわかりやすいのもいいですね。 (公式サイト) 選べる電気のもう一方のプラン「昼はもちろん夜に差がでる電気」はこちらで詳しく解説しています。

次の