非課税世帯 年収 母子家庭。 母子家庭が利用できる子供の大学進学支援制度まとめ

母子家庭の非課税世帯とは収入がいくらまでなら非課税になる...

非課税世帯 年収 母子家庭

母子家庭の場合、住民税は免除されるの? 残念ながら「母子家庭なら住民税を払わないでいい!」というような制度はありません^^; ですが、所得の低い母子家庭(シングルマザー)の場合、他の人より 「住民税の負担が少なくなる」または 「住民税が免除(非課税)になる」条件が有利に設定されています。 (免除、非課税とは「払わなくていい」ということです。 ) それでは、まず、 住民税が免除(非課税)される人の条件から確認していきましょう。 住民税が免除(非課税)される人の条件• 寡婦または寡夫の方で、前年の合計所得金額が125万円以下(給与収入204万円以下)の方• 生活保護を受けている方 とありますので、母子家庭の場合、 「寡婦または寡夫の方で、前年の合計所得金額が125万円以下(給与収入204万円以下)の方」に該当すれば、住民税は免除(非課税)となります。 但し、ここに記載されている通り「寡婦または寡夫の方」という条件を満たしていて、申告をしている必要があります。 「寡婦ってなに?」という方は前回の「母子家庭の所得税免除」の記事に条件や申告方法もまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。 そこで、「課税?」か「非課税か?」簡単に調べる方法をご紹介します。 (ここでは給与以外に収入がない場合を例に説明しています。 ) 前年の合計所得金額が125万円以下とは? 住民税は「前年の1月~12月まで」の収入に対して課税され、「その年の6月~翌年5月」に課税された区市町村に納めることになっています。 では、前年の合計所得金額が125万円以上(給与収入204万円以上)の場合、住民税はどうなるのか? 次項で住民税の計算方法を説明していますので、「自分の住民税がいくらになるか?」確認してみてください。 住民税の計算方法 まず、お手元に源泉徴収票を用意してください。 今回は 「192万円」ですね。 源泉徴収票がない場合は、こちらを参考にしてみてください。 「生命保険料控除」の計算式は所得税と住民税で異なります。 詳しくはこちらが参考になると思います。 なぜなら、所得控除が多ければ多いほど住民税は少なくなるからです。 今回の課税される金額は943,000円なので <課税される金額が200万円以下の場合>で計算します。

次の

母子家庭の住民税:非課税の年収はいくら?調べ方と計算方法を解説

非課税世帯 年収 母子家庭

給料(額面)が上がっても、手取りが同じだけ上がらない• 給料が上がるほど、税金や保険料の負担割合も上がる• 給料が上がるほど、減免などの制度から外れる• 給料が上がるほど、児童扶養手当が下がる というか、ちょっと収入が上がっても、逆に生活が苦しくなるんですよ。 (苦笑 母子家庭の場合は特に。 頑張れば頑張るほど、生活が良くならない。。。。 じゃあ、もういっそのこと、一番優遇される収入でいたほうがいいじゃん! って、そんな結論になったわけです。 正社員・無職・パートの家計簿比較 実際の家計簿から、その差を見てもらえればよく分かります。 正社員とパートの収入差12万のはずが、実質は7万円の差! 正社員とパートでは額面収入は12万の差があります。 当然、生活スタイルを買えなければ、手元に残るお金も12万の差になるはず・・・なのですが。 (苦笑 毎日フルタイムで働く正社員と週4パートの実質差は7万円しかないって、どういうこと?? 非課税世帯のメリットは、減免制度や優遇措置! 正社員とパートの収入差12万円のはずが、実質7万の差になっています。 なぜ5万円も差が縮まってしまったのでしょうか? それは、非課税世帯に適用される下記6つの減免制度や優遇措置のおかげです。 年金保険料が下がった• 健康保険料が下がった• 所得税と住民税が下がった• 家賃(公営団地)が下がった• 学童保育料が下がった• 児童扶養手当が上がった 低所得者が受けられる様々な減免制度や優遇措置が適用されると、毎月5万円も得になっているわけです。 非課税世帯には大きなメリットがあるんですよね。 厚生年金保険料は収入で決まる 国民年金は金額が決まっていますが、厚生年金は収入によって決められます。 給料が高いほど保険料も高くなっていきます。 週4パートの収入なら、保険料も当然下がるわけです。 それに、保険料の半分は会社負担ですから、国民年金保険料よりも安くなります。 ありがたや。 ありがたや。 健康保険料は収入で決まる 同じく健康保険料も収入によって決められます。 給料が高いほど保険料も高くなっていきます。 週4パートの収入なら、保険料も当然下がるわけです。 無職の場合も国民健康保険は減免してくれるので、無職の時よりも保険料は1,300円ほど高くなってしまいました。 それでも、正社員のときと比べると半額で済んでいます。 所得税と住民税は所得で決まる 所得税と住民税は前年の所得の金額によって決まります。 所得が高ければ高いほど、税金も高い! 所得税率も所得が高いほど高くなるんですよね。 現在ゼニー簿の所得税と住民税は、無職の時の計算ですから0円です。 もちろん、週4パートでも寡婦控除、イデコ、保険料控除などの節税をすれば、無職と同じく非課税でいられる計算です。 税金払ってないけど、色々と手厚い保護をしてもらえているわけですね。 ありがたい。 公営住宅は所得で決まる ゼニー簿は、現在公営住宅に住んでいます。 ある一定の収入以下の人しか申し込めないのですが、とにかく家賃が安い! 通常でも家賃は安いのですが、収入が減ったことを申告すれば、減免措置もあるんです。 さらに家賃が下がるわけですね。 現在家賃は1万円台。 この辺の相場では破格の家賃設定です。 (民間物件なら4倍の価格) 5. 非課税世帯なら学童保育料が減免! 学童保育料に関しては、無料か有料かは住んでいる自治体によって違います。 ちなみに大阪市は無料ですが、ゼニー簿の住んでいるところは有料です。 非課税世帯なら、この学童保育料が減免されます。 もっと小さい子供がいるなら、保育料や幼稚園の補助金も「住民税の金額」によって決まります。 他にも、私立高校の授業料の補助も「住民税の金額」で決まってます。 子供がいるなら、非課税ではなくても「住民税を下げること」が大きな差になるんですよ。 児童扶養手当は所得で決まる 母子家庭や父子家庭がもらえる「児童扶養手当」ですが、収入がある程度あると減らされます。 正社員時代は、満額もらうことはできずに1万5000円ほど減らされていました。 週4パートになり住民税が下がったことで、児童扶養手当が満額もらえることになりました。 収入が減った分、もらえるお金が増えたわけです。 低所得はメリットが多い ゼニー簿みたいに非課税枠でなくても、低所得ならそれなりにメリットがあります。 日本は低所得者に優しい社会になっているからです。 所得が高いか安いかは、収める税金の金額をもとに算出されています。 あなただって節税すれば、子供の高校の授業料が補助されることもあるわけです。 パートで働くのは現実的ではなくても、「節税」すればいいことがたくさんありますよ! 非課税世帯のデメリットとは 非課税世帯のメリット、節税のメリットばかりを強調してきましたが、デメリットはないのでしょうか? 当然あります! デメリット1:もらえる年金が少ない 厚生年金は収入によって保険料が決められています。 収入が高いと、年金保険料も高い! でも、当然ですが老後にもらえる年金はその分多いです。 ということは、ゼニー簿みたいに年金保険料が安い低所得者はもらえる年金も少ないわけです。 低所得なので、厚生年金保険料が安いことはありがたい。 でも、老後は自分で自衛しなければならないということです。 個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)を活用するなど、自分なりに老後のための対策をしておきましょう。 デメリット2:子供が大きくなれば、負担が一気に増える 節税するとメリットが大きいのは、子供がいる世帯です。 高校の授業料、小中の就学援助、将来的には大学の授業料など・・・。 節税効果の大半は、子供に関することばかりです。 子供がいる家庭には本当にありがたいです。 でも、子供がいなかったり、子供が大きくなれば優遇されることがなくなります。 特に母子家庭では、寡婦控除や児童扶養手当がなくなります。 子供が大きくなり巣立ってくれると、一気に負担額が増えるわけです。 (こわっ こればかりはどうしようもありません。 ゼニー簿なら、いま子供がいない独身だと下記のようになるわけです。 児童手当 マイナス20,000円• 児童扶養手当 マイナス52,540円• 学童保育料 プラス2,000円• 長女教育費 プラス10,000円• 次女学童保育 プラス2,000円• 税金 プラス1,500円(?) ------------------------------------ 合計 マイナス57,000円 毎月約6万負担が増えるわけです。 子供がいるうちはいいが、低所得を続けるのはリスクが大きいというわけです。 ある程度子供が大きくなれば、ガッツリ稼ぐことも考えないと子供が巣立った後の生活が苦しくなります。 ゼニー簿の場合は、資産を配当株に移して、給料以外の収入を確保しています。 子供は巣立つ!母子家庭の老後対策は? 非課税世帯になることで、受けられるメリットは大きくなりました。 でも、これは子供が18歳になるまでの期間限定メリットです。 子供が大きくなり優遇措置や減免制度から外されていくことを見越して、対策を立てることが大切です。 母子家庭ができる老後対策として• 生活費を落として資産づくりする• 投資で資産を増やしておく• 老後の資金を貯めておく• 給料以外の収入を確保する or キャリアアップをする 子供が小さいうちは優遇を受けてもいい。 でも、段々と収入を上げていくこと(キャリアアップ)も念頭にいれておいたほうがいいでしょう。 とはいえ、女性は年を取れば取るほど、キャリアアップをすることは難しいです。 働ける人は、初めからガッツリと働いておくのも1つの選択です。 (ただし、節税はお忘れなく!) それが難しいなら、ゼニー簿のように給料以外の収入を確保したり、投資で資産を増やしておくことが重要です。 まずは、生活費の見直しから始めましょう! 低所得非課税世帯のメリットとデメリットを理解した上で、制度を利用するのは悪い選択ではありませんよ。 頼れるものは頼っちゃいましょう! 母子家庭が生き抜く一つの方法として参考にしてくださいね。

次の

母子家庭が使える手当や補助ってなに?手当と申請方法を紹介

非課税世帯 年収 母子家庭

これから、所得税に関する基礎知識(年収と所得の違い、所得の種類、課税所得、所得控除の種類、給与所得控除、所得税の税率)について、一つひとつ確認していきます。 年収(年間収入)と所得の意味と違い 年収と所得の意味と違いについて、個人事業主と会社員で分けて確認します。 職業 年収 所得 個人事業主 1年間に得た金銭(売上) 年収から必要経費を差し引いたもの 会社員 1年間に得た給料(源泉徴収票の支払金額) 年収から給与所得控除を差し引いたもの 個人事業主の所得は、年収-必要経費で算出する、年収と近い意味を持つものです。 一方の会社員の所得は、年収-給与所得控除で計算します。 なお、この記事では、基本的に会社員の所得税について解説しています。 所得の種類 所得は、以下の10種類に分類されており、各所得に収入、必要経費の範囲、課税所得の計算方法などが規定されています。 利子所得:預貯金や公社債の利子などの収益分配に関する所得• 配当所得:株主が会社から受ける配当金などの所得• 不動産所得:土地建物などの貸し付けから得る所得• 事業所得:売上など事業から生じる所得• 給与所得:勤務先から得る給料や賞与などの所得• 退職所得:退職手当などの所得• 山林所得:山林を伐採したものを譲渡した場合に生じる所得• 譲渡所得:土地建物などの資産を譲渡して生じる所得• 一時所得:懸賞など上記8つに当てはまらない一時的な所得• 雑所得:公的年金など上記9つに当てはまらない所得 個人事業主は「4. 事業所得」、会社員は「5. 給与所得」のみのことが多いですが、所得の性質によって他にも利子所得、不動産所得、山林所得などがあります。 課税所得 課税所得とは、非課税の手当などを除く全ての収入から、所得控除を差し引いた所得です。 課税所得は、以下の計算式で算出します。 課税所得=年収(総支給額)-給与所得控除額-非課税の手当など-所得控除合計額 給与所得控除 給与所得控除とは、会社員の所得税などの計算をするときに年収から差し引くことができる控除です。 会社員は、個人事業主のように自分で必要経費を差し引くことができないので、年収に応じて給与所得控除を差し引く仕組みが設けられています。 年収に応じた給与所得控除額は、以下のとおりです。 給与所得控除は、税金の計算をするときに 「年収から」差し引くことができる控除で、給与所得者の所得を計算するために必要になるものです。 一方の所得控除は、税金を計算するときに 「所得」から差し引くことができる控除です。 つまり、給与所得者の場合、年収から給与所得控除を差し引いて所得を計算し、そこから個人の事情に応じて所得控除を差し引くことになります。 非課税の手当など 非課税の手当などには、以下のものがあります。 雑損控除:災害、盗難、横領など資産が侵害された場合の控除• 医療費控除:医療費を支払った場合の控除• 社会保険料控除:社会保険料を支払った場合の控除• 小規模企業共済等掛金控除:共済契約に基づく掛け金を支払った場合の控除• 生命保険料控除:生命保険料を支払った場合の控除• 地震保険料控除:地震保険料を支払った場合の控除• 寄附金控除:寄付をした場合の控除(ふるさと納税でも利用できる)• 障害者控除:障害者である場合の控除• 寡婦控除・寡夫控除:寡婦(特別の寡婦)や寡夫である場合の控除• 勤労学生控除:勤労学生である場合の控除• 配偶者控除:所得が38万円以下の配偶者がいる場合の控除• 配偶者特別控除:所得が38万円を超える配偶者がおり、一定の要件を満たす場合の控除• 扶養控除:扶養親族がいる場合の控除• 基礎控除:個別事情に関わらず一律に38万円控除 母子家庭のシングルマザーが利用することが多い控除は 赤字にしています。 基礎控除、医療費控除、社会保険料控除、生命保険料控除などに加え、寡婦控除や扶養控除なども利用できます。 所得税の税率 所得税は、課税所得の金額によって5%~45%の範囲で課税率が規定されています(超過累進課税)。 課税所得 税率 控除額 195万円以下 5% 0円 195万円超330万円以下 10% 97,500円 330万円超695万円以下 20% 42万7,500円 695万円超900万円以下 23% 63万6,000円 900万円超1,800万円以下 33% 153万6,000円 1,800万円超4,000万円以下 40% 279万6,000円 4,000万円超 45% 479万6,000円 税額控除 税額控除とは、所得税から直接差し引くことができる控除です。 給料から一定額を差し引く所得控除と異なり、 所得税から「直に」差し引くので、適用されると税金の負担を大きく抑えることができます。 税額控除には、住宅ローンを組んだ場合の住宅借入金等特別控除、住居に耐震工事を施した場合の住宅耐震改修特別控除、バリアフリーや省エネ目的にリフォーム工事を施した場合の住宅特定改修特別税額控除など住宅関連の控除があり、当てはまる場合に利用することができます。 そして、所得控除や税額控除は、母子家庭だから、シングルマザーだからといって一律に利用できるわけではなく、扶養親族の有無、ふるさと納税をしているか、自宅に耐震工事を施したかなどの個別事情によって利用できるものが異なります。 したがって、母子家庭のシングルマザーの所得税が免除される(非課税になる)年収は、一律にいくらと決まっているわけではありません。 控除される金額の合計が年収を超える場合に、所得税が免除されることになります。 以下、母子家庭のシングルマザーが利用できる所得控除と、所得の計算方法について解説します。 母子家庭のシングルマザーが利用できる所得控除(給与所得者の場合) 母子家庭のシングルマザーが利用できる主な控除は、以下のとおりです。 基礎控除 基礎控除とは、所得税などの計算をするときに、誰でも一律に38万円を差し引くものです。 基礎控除を除く所得控除は適用されるのに一定の条件がありますが、基礎控除は一律に38万円が控除されます。 したがって、年間所得が基礎控除未満(38万円未満)の場合、所得税は免除(非課税)となります。 社会保険料控除 社会保険料控除とは、自分や同一生計の子どもや扶養親族などの社会保険料を支払った場合、支払った金額について差し引くものです。 社会保険料控除で控除できる金額は、1年間に支払った金額または給与や公的年金から差し引かれた金額の全額です。 社会保険料控除の対象となるのは、健康保険、国民年金、厚生年金保険などの保険料で被保険者として負担するもの、国民健康保険の保険料、国民年金基金の加入員として負担する掛金などです。 社会保険料控除を受けるには、例えば、国民年金の保険料や国民年金基金の掛金に係る社会保険料控除については、保険料や掛金の金額を証する書類を年末調整の際に提出する給与所得者の保険料控除申告書に添付します。 寡婦控除(寡婦控除(特別の寡婦)) 寡婦控除とは、寡婦(特別の寡婦、寡夫)の要件を満たす場合に、一定の金額を所得から差し引くものです。 寡婦控除には3つの種類があります。 配偶者以外の親族(6親等内の血族、3親等内の姻族)、里子、市町村長から養護委託された老人• 納税者と同一生計である• 年間の合計所得金額が38蔓延以下(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)• 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払いを受けていないこと、または、白色申告者の事業専従者でない 控除対象扶養親族とは、扶養親族のうち、その年の12月31日時点で16歳以上の人です。 扶養控除の控除額は、以下のとおりです。 なお、復興特別所得税については加味していません。 基礎控除:38万円• 社会保険料控除:30万円(支払った社会保険料全額を控除)• 医療費控除:10万円(20万円-0円-10万円)• 寡婦控除(特別の寡婦):35万円(離婚、扶養親族の子ども、合計所得金額の要件をすべて満たす)• 扶養控除:38万円(子どもが17歳) 所得控除の合計額:38万円+30万円+10万円+35万円+38万円=151万円 課税所得を計算する B子さんの年収、給与所得控除、所得控除合計額から課税所得を算出します。 課税所得:300万円-108万円-151万円=41万円 所得税額を計算する 課税所得に所得税の税率をかけて所得税額を計算します。 所得税の税率は、課税所得が195万円以下なので5%です。 住民税の非課税(免除) 母子家庭のシングルマザーで所得が低い場合、住民税も非課税(免除)になることがあります。 詳細は関連記事で解説しているので、関心がある人は読んでみてください。 関連記事 まとめ 「離婚後の生活が苦しくてしょうがない」という相談をよく受けますが、よく聞くと、母子家庭向けの支援制度や税金の優遇措置を何も利用していない女性が少なくありません。 特に、税金の優遇措置については利用していない人が多いです。 一般的に、税金の制度は「ややこしい」、「難しい」と思われて敬遠されがちですが、実は、思っているよりも単純です。 また、税金の負担軽減は生活の質に直結するので、是非、利用してみてください。 利用できる控除や所得税が免除されるかどうかについては、この記事で書いた基準や計算方法を自分の年収(所得)に当てはめれば確認することができます。 最初は手間どるかもしれませんが、手順どおりに進めれば自力で確認できるはずです。 会社員なら年末調整、自営業なら確定申告のときに各種控除を利用することになるので、それぞれの手続きをするまでに基本的な内容を理解しておきましょう。 【参考】•

次の