上尾 防災 無線。 メールマガジン

防災無線情報[埼玉県 05/24 10:33] 上尾市メールマガジン

上尾 防災 無線

6月13日 6月13日 6月13日 6月13日 6月12日 主な業務• 防災対策の指導及び総合調整(危機管理課において所掌するものを除く。 )に関すること• 災害対策基本法の施行(危機管理課及び消防課において所掌するものを除く。 )に関すること• 市町村の行う防災対策の指導及び総合調整(危機管理課において所掌するものを除く。 )に関するこ• 災害救助法の施行に関すること• 地域振興センターとの連絡調整(防災対策に係るもののうち、危機管理課において所掌するものを除く。 )に関するこ• 地域防災計画に関すること• 帰宅困難者対策に関すること• 災害対応に関すること• 災害救助法の施行に関すること• 風水害に関すること 防災訓練担当 電話番号:048-830-8186 ファックス番号:048-830-8159• 初動対応(参集)訓練に関すること• 九都県市合同防災訓練に関すること• 大規模災害時対応図上訓練に関すること 災害対策課の主なページ.

次の

上尾市議会議員 深山たかし

上尾 防災 無線

全国瞬時警報システム(Jアラート)動作ルールが設定されている情報 国民保護情報 受信情報 放送内容 ゲリラ・特殊部隊攻撃情報• 国民保護に係る警報のサイレン(14秒)• ゲリラ攻撃情報。 ゲリラ攻撃情報。 当地域にゲリラ攻撃の可能性があります。 屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください 航空攻撃情報• 国民保護に係る警報のサイレン(14秒)• 航空攻撃情報。 航空攻撃情報。 当地域に航空攻撃の可能性があります。 屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください。 弾道ミサイルに関する情報• 国民保護に係る警報のサイレン(14秒)• ミサイル発射情報。 ミサイル発射情報。 当地域に着弾する可能性があります。 屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください。 事前音声書換情報 内閣官房において想定される事態に応じて作成した伝達内容(音声ファイル)を各市町村等の受信機に事前に送信することにより登録しておき、当該事態が実際に発生した場合に、内閣官房から起動指示のための信号を送信し、市防災行政無線(同報系)等から放送するもの。 即時音声書換情報 内閣官房において事態に応じて作成した伝達内容(文字データ)を含んだファイルを各市町村等の受信機に送信し、各受信機において音声を即座に合成し、市防災無線から放送するもの。 キャンセル報 配信された情報に誤りがあった場合(誤報等)に、前放送した内容に上乗せを行う形で市防災行政無線から放送するもの。 緊急地震速報 受信情報 放送内容 推定震度5弱~推定震度7• 緊急地震速報チャイム音• 緊急地震速報。 大地震です。 大地震です。 火の始末をしてください。 テレビ・ラジオをつけ、落ち着いて行動してください。 周辺の状況をみて、避難行動をとってください。 全国瞬時警報システム(Jアラート)とは、地震・津波や武力攻撃などの緊急情報を国から人工衛星などを通じて防災行政無線等にて瞬時にお伝えするシステムです。 緊急放送 緊急放送は、人命にかかわることなど特に放送する必要があると認められた場合に放送しております。 内容については、迷い人情報などがあります。 定時放送 チャイム放送 防災行政無線の機器が正常に作動することを確認するため、毎日、正午及び夕方の放送を実施しております。 月ごとの放送内容及び時間については、下記のとおりとなります。 月ごとの放送内容及び時間 月間 時間 曲名 4月 17時 野ばら 5月 18時 恋は水色 6月 18時 恋は水色 7月 18時 恋は水色 8月 18時 恋は水色 9月 17時 ムーンリバー 10月 17時 ムーンリバー 11月 16時 家路 12月 16時 家路 1月 16時 家路 2月 17時 家路 3月 17時 野ばら 下校時放送 犯罪抑止のため、子どもたちの下校時間等に合わせて地域の見守りを啓発する放送を実施しております。 その他放送 その他の放送は、市政に関する情報で市民に周知する必要があるものについて実施しております。 例としては、• 防犯に関する情報、振り込め詐欺情報、不審者情報• 熱中症注意喚起に関する情報• 光化学スモッグに関する情報 などを発信しております。 桶川市防災行政無線屋外子局設置場所について.

次の

防災無線 消防「個別放送」導入が実現! 近隣火災の放送を提案中

上尾 防災 無線

国も自治体も不要不急の支出削減を。 11の東日本大震災は物理的な被害をもたらし、 知らない人も多いけど 今でも 復興特別税という税を払い続けます。 今回は新税が導入されるはずはありません。 むしろ、消費 減税 の声があった位ですが、給付金や補償問題の迷走で消えました。 2020年度の国予算は102兆円。 初めは『 消費増税で税収は過去最高を見込むが支出を賄うにはほど遠く、借金頼みと』言われていました。 もうそれどころではなく、10万円給付も全額、赤字国債12兆円で払います。 追加もあるでしょう。 さて、 上尾市予算も653億円と過去最大です。 3月にコロナ問題の予兆が見えていても、微調整すらせずに議会で承認です。 予算の目玉である、防災と教育をごちゃまぜした避難所 小中学校体育館 へのエアコン導入という衆寓政策が素通りしたのは、思考停止か惰性で動いているようなものです。 埼玉県予算も19,603億円と過去最大ですが、緊急のコロナ対策36億円の補正予算も付けています。 一方、自治体も市民税収がどこまで落ちるか見当が付かないのに、民業のような危機感は伝わりません。 ただし賃下げ圧力を感じているかもしれません。 上尾市予算が三月議会を素通りしたのは、どうせ補正予算を組めばよいとか、事態は他市も同じ、最後は国が面倒見てくれる、という理由なのでしょうか? その辺りは分かりませんが、私に言わせれば、の体育館エアコンなど諦めて予備費に入れるべきでした。 連日、政府や自治体はテレビや防災無線で不要不急の外出をしないようにと呼び掛けます。 今回の赤字国債は仕方ありませんが、国も自治体も不要不急の予算を削り、将来世代への負債を減らすべきです。 将来世代と言っても、本当に生まれてくるか分かったもんじゃありませんよ。 今年の出生数は 80万人を割るかも。 『オギャーぁ』というのは 赤ん坊の泣き声ではなく、日本の叫びです。 つづく.

次の