阪神 大震災 死者 数。 阪神淡路大震災について震度や死者数、被害、復興までの経緯をわかりやすく説明します【動画有】

阪神淡路大震災の死者数や死因~震度や震源地・前震や余震など総まとめ

阪神 大震災 死者 数

関東大震災の死者数は? 関東大震災の死者数だけでなく、行方不明者も含まれて いるんですが、「10万5千人」という人数いたようなん ですよ。 そして、これからいずれ起きるであろう関東大震災で、 出るであろうと予測されている死者数は1万人から2万人 という人数なんですよ。 あくまでも予測ですので、はっきりはしませんが・・・ 10万5千人という数字の大きさは身にしみますね。 2011年3月11日に発生した東日本大震災の死者数や行方 不明者が約1万8千人と言われていますので、関東大震災 の恐ろしさがわかりますね。 関東大震災の震源地は? 関東大震災の震源地は、「相模湾北西部」なんですよ。 関東大震災のマグニチュードは? 関東大震災のマグニチュードは、だいたい「8」から 「8. 1」という大きな数字なんですよね。 マグニチュード7を超えると、地震の大きさは「大地震」 になるためそうとう大きかったことがわかりますよね。 ましてや、マグニチュード8を超えると「巨大地震」 なんですよ! 関東大震災の火災旋風は? 関東大震災の火災旋風は、もちろん発生しています。 火災旋風のせいで、4万もの人達が焼死してしまって います。 火災旋風とはいったいどういったものなのでしょうか? Sponsord Link 大規模な火災が空気の酸素を消費すると、まだ酸素を消費 していない周囲の場所から空気を取り入れ、上昇気流を引 きおこします。 燃えている火災の中心部分から熱く熱せられた空気が、 上の方に吐き出されます。 上昇気流に乗った炎と熱い空気が、竜巻状になったもの が火災旋風ということです。 簡単にいうと大規模な火災が起きたときに発生する竜巻の ような空気の渦のことです。 そこの空気が無くなってくると、新たな空気を求めて空気 がある方向へ進んで移動します。 そのせいで、火災旋風の被害はどんどん大きくなっていく んです。 火災旋風が起きている中の方は、秒速100メートル以上 に達するほどの炎の竜巻なんです。 そのため、高温のガスや炎じたいを吸い込んでしまって、 気道や肺などを損傷してしまったことによって息ができな くなり、窒息してしまって死んでしまう人が多いです。 関東大震災では100以上の火災旋風が発生したと言われて います。 火災旋風というのは、都会では起きないと思っている人も いるかもしれませんが、都会の中心部はビルが多く建ち並び、 ビル風というものが起きています。 そのビル風で、火災旋風が起きる可能性があると指摘され ているです。 関東大震災の周期は? 諸説あるとは思いますが・・・ 私が調べたところによりますと・・・ 関東大震災の周期は、短くて「220」という年数で起きて いることがわかりました。 この関東大震災が起きた年は、1923年なので今年は 2017年で、94年という年数が経っている計算になり ますね。 そして、220という周期に当てはめると、後126年は 関東大震災が起きないという計算になります。 関東大震災とアメリカ? 関東大震災の時に、アメリカが「トモダチ作戦」をして 助けてくれましたね。 雲を凌ぐという言葉通り、当時は何よりも高い建物だった のでしょう。 しかし、関東大震災によって、12階建だった凌雲閣の 半分が壊れてしまいました。 そのため、解体されたんです。 残っていれば国宝級の文化財でしょうね。

次の

阪神淡路大震災について震度や死者数、被害、復興までの経緯をわかりやすく説明します【動画有】

阪神 大震災 死者 数

資料: 『阪神・淡路大震災調査報告 総集編』(阪神・淡路大震災調査報告編集委員会、2000年)、厚生省大臣官房統計情報部「人口動態統計からみた阪神・淡路大震災による死亡の状況」(1995. 12)より作成。 注1: 「その他」には、頭・頸部損傷、内臓損傷、外傷性ショック、全身挫滅、挫滅症候群などがある。 注2: 死者総数5,488人 注3: 消防庁発表による2000年12月現在での死者数は6,432人(関連死者数910人を含む)である。 炎上する市街地から立ちのぼる黒煙 1階部分がわからないほど倒壊した家屋 午後零時前、東灘署員の出勤率は約九割に達した。 しかし騒然とする受付には、婦人警官と交通巡視員が立った。 訴えがあった生き埋め現場をメモに記し、住宅地図に書き込む。 それを基に、出勤してきた署員が次々と救出に向かった。 正午、本署に残ったのは菅井署長、中尾副署長ら幹部と現場からの無線を受ける地域課員の計5人。 それに対して救助を求める届け出は194件に達した。 「そこにまだ人が残っとるやないか、早く助けにこんかい」。 署の奥で指揮を執る中尾副署長にも、容赦ない罵声が浴びせられた。 日が落ち始めた。 しかし、救助を求める市民は途切れない。 夜になって、滋賀県警の投光車が到着した。 停電した署内を窓越しに照らす中、受け付け作業は徹夜で続いた。 メモは積み重なっていった。 「朝には声が聞こえていたのに、昼になったら聞こえなくなって…」。 ある女性は何度も署に足を運んだ末、交通巡視員の西塚愛佐さん(20)の前で泣き崩れた。 「助けに行けない、行ったとしても何もできない自分がはがゆい」と、西塚さんは思った。 18日午前零時で救助が必要な人は、東灘署に届け出があっただけで589人。 警察の力が問われる修羅場が続いた。 管内の死者は、最終的には1,200人を超え、神戸市内の各区で最多を数えることになる。 出典:『大震災 その時、わが街は』(神戸新聞社編、1995年) 空が白み始めた。 寮生らは自然に3、4班に分かれ、助けを求める声を頼りに本格的に救出を始めた。 寮の北50mにある二階建てアパートは一階部分が崩壊し、老女が下敷きになった。 松木文夫さん(25)ら3人が駆けつけた。 二階と一階の隙間からアパート内に入り、老女を探す。 床下に落ち込んでいるのが見えた。 救出にかかった。 その瞬間、二階の屋根が崩れた。 3人とも下敷きになった。 約30分後、無事救出されたが、「死を身近に感じた」。 正午を過ぎた。 住民からすがるような声が届く。 岡田さんと長谷川さんは、一階が押しつぶされた二階建ての家を崩しにかかった。 男性一人が下敷きになっている。 隙間の奥に布団が見えた。 二時間がかりで掘り進んだ。 しかし、太い柱やがれきに阻まれ、どうしても届かない。 数時間後、岡田さんはもう一度その家に向かった。 下敷きになった人の孫らしい若い男性が、隙間に手を入れ布団を引き出そうとしていた。 だが、無理だった。 「もうだめですかね」。 問われた岡田さんは何も言えず、両手を合わせた。 この日、寮生は御影中町周辺で10人を超える住民を救出した。 しかし、バールとノコギリだけでは、あきらめざるを得ないケースの方が多かった。 出典:『大震災 その時、わが街は』(神戸新聞社編、1995年) 近所の人の救出活動によって多くの命が助けられたが、機材が圧倒的に不足していた 市民アンケートによると、回答者のうち20. 6%が地震後1〜2時間に救出・救助活動に携わったと答えている。 30〜50歳代の男性は、実に3人に1人が救出活動に従事した。 神戸市消防局が行った市民行動調査でも、近隣での救出活動を見た人の60. 5%が「近所の者」の活躍を目撃している。 こうした一般市民の救出活動によって助けられた人々は、数千人にも及ぶのではないかと言われている。 救助活動を妨げた最大の要因は、救助のための資機材が圧倒的に不足していたことだった。 消防署には、市民から「スコップを貸してくれ」「バールはないか」との声が殺到した。 エンジンカッター、チェーンソー、のこぎり、ハンマーから自動車修理工場のジャッキまで、思いつく限りのあらゆるものが使われた。 木造住宅の倒壊現場では、土壁の竹や縄を切るために包丁まで使った。 車の列を縫うようにして消防の応接部隊がやってきた。 それに交じって市民の訴えも相次いだ。 「親がいるんや。 行かせてくれ」 「自分は医者や。 助けに行きたい」。 心情として、機械的に退けることは難しかった。 その日、渋滞は延々と姫路まで連なった。 18日午前6時、県警は署長規制による緊急輸送区間を指定した。 さらに19日午後8時からは、災害対策基本法による道路規制を発効させる。 翌20日早朝、尼崎市の杭瀬交差点などで、稲吉係長は大阪方面からの車の迂回誘導を始めた。 規制により緊急車と一般車を見分ける基準が生まれた。 「許可証のない車は通れません。 止まりなさい」。 稲吉さんの振る停止棒は、規制を振り切った乗用車にはじき飛ばされた。 許可証を持つトラックの影に隠れ、数台の乗用車が交差点を突っ走って行った。 規制の看板だけでは効果は薄れる。 車はわき道からも流入してきた。 しかし、地震直後の混乱のなか、違反を取り締まる十分な人員を割く余裕はなかった。 未曽有の災害は、渋滞の対応にも大きな制約を加えた。 「17日以降の道路状況は、渋滞というより、パニックの感じだった」。 屋久課長が振り返る混乱は、一刻を争う救出・救援活動に深刻な影響を及ぼすことになった。 出典:『大震災 その時、わが街は』(神戸新聞社編、1995年) 「人命救助と比べれば相対的緊急度の低い食料運搬車が初期段階で殺到した。 人命救助の人員が足りない時に"いま一番必要なのは食料と水です"という報道をくりかえすマスコミも含め、緊急輸送の順序の判定とその広報の方法の検討が重要です」と語る中川さん。 「1月19日、私たちは西宮市と芦屋市境で一般車両の走行目的調査を行ったが、被災者自身の緊急避難や外部からの救援活動など、生きるため、助けるための車がほとんどで不要不急のものと断定できる交通は少なかった。 病院輸送などで一般車両が果たした役割を考えれば、どの車を規制すべきなのか、現場で的確に判断することは不可能。 渋滞の問題を単なる交通処理技術の問題として片付けてはならない。 行政の側には、災害の状況全般を時々刻々と把握したうえで救命医療、食料配給などに必要な交通を総合的に判断する能力を持った組織が必要。 市民の側には"足りないものは自動車が運んできてくれる"という発想そのものを見直すくらいの備えが必要だ。 」 出典:インタビュー「都市の再生と復興に向けて/京都大学中川大助教授」『日刊建設工業新聞』 (1995. 07) <緊急輸送道路ネットワークのイメージ> 災害時の救援活動、消防、生活物資等の緊急輸送に重要な道路については、緊急輸送道路ネットワークとして全国で整備を進めている。 このネットワークの道路は、沿道に建っている建物等も含めて地震に強い構造にするとともに、河川敷道路等も活用し、公園等の防災拠点や、港湾や鉄道駅等とも結びつけることを目指している。 「SA,PA」SA=サービスエリア、PA=パーキングエリアの略称。 レストランやトイレ、ガソリンスタンドなどがある高速道路の休憩施設。 「道の駅」=道路を快適に利用できるようにという発想から、休憩のためのパーキングエリアとしての役割だけでなく、地域の文化や歴史、名所や特産物などの魅力を紹介する情報発信基地や、地域と道路を利用する人々をつなぐ地域に根ざしたふれあいの場所としての役割などを、地域ごとの個性を活かして追加している道路沿いの施設。 これまで、地震の際に注意しなければならないのは、調理や暖房等のガス器具や石油ストーブだと言われていた。 だが、神戸市消防局によると、震災後10日間の火災のうち家電製品や電源コード等電気関係を主原因とする火災は33件。 神戸大学の調査でも、ヒアリングで原因を特定できた84件の火災のうち、電気関係38. 1%、ガス関係17. 9%、電気とガスの両者に関係するもの10. 7%とされる。 このため、過去の地震災害ではあまり問題とされなかった電気器具の危険性が、大きな注目をあびた。 電気火災の内訳を詳しく見ると、電気器具、特に電気ストーブによるものが最も多い。 そのほとんどは、地震後の散乱状況の中で転倒したり、落下物などが当たってスイッチが入ったりしたものだ。 電気ストーブには、転倒すると電源が切れる安全スイッチがあるが、地震によって室内に多くのものが散乱していたため、何かがこのスイッチに触れて通電状態を保ってしまったという例もある。 また意外な原因としては、熱帯魚の水槽用ヒーターも多かった。 その一方で、これまでほとんど問題視されていなかったことの反動で「電気火災」が大きく取り上げられすぎた面もある。 原因が判明した67件の中では電気火災が半数を占めたことは確かだが、100件を超える原因不明の火災はほとんど地震直後の停電中に起こっている。 実は、火災全体の中では、電気火災の占める割合はずっと少ないと考えられている。 暮らしの中に数多くの電気製品が溶け込んでいることを考えれば、電気火災が起こることも不思議ではない。 避難の際にはブレーカーを降ろすなど、これまであまり指摘されてこなかった対策が今後の教訓として残された。 消火栓が使えないところは、川、海、学校のプールなどの水を利用して消火に当たったが、身近なところから十分な水を確保し、消火に利用することは難しかった。 地震で水道管が壊れ、利用できなかった消火栓 発災と同時に市内の消火栓のほとんどが断水し、使用不能状態となった。 このため防火水槽、井戸、プール、受水槽、池をはじめ、水量の少ない河川、溝水等からも土嚢やビニールシート、倒壊家屋のガレキ等を使用し、水をせき止めて取水した。 これは、渇水による教訓から平成6年9月に「異常渇水に伴う特別消防体制」として、以下について各消防署に通知徹底したことが功を奏した。 自然水利の確保と有効活用を図るための部隊運用• 公共建物、危険地域、危険物製造所などの人命危 険対象物の異常時火災警備計画の事前策定• 積載ホースの増加、土嚢による河川せき止め等の 資機材の増強• 消防団との連携強化等の徹底 出典:『阪神・淡路大震災の記録2』(消防庁、1996年) 放水する水がなかったこと。 地震当日、私が勤務する垂水消防署管内は、幸いにも大きな被害もなく、火災発生も少なく、垂水署員は大火の続く長田消防署管内を中心に交代で応援に出たが、鉄砲はあるが弾を持たない兵隊のように、火災という敵に対して我々は無力であった。 我々消防人は、何ともいたたまれない気持ちになったが、一矢報いたいと気を取り直して、ガレキの下から数少ない"防火水槽"を探しだし放水するもすぐに水が無くなった。 また、水量の少ない河川からも放水したが、ポンプ車一隊の持っているホースでは、約300m余りしか届かず、ポンプ車数台を中継してやっと火災現場に水が届いたが、その水量は少なく、筒先1本しか使えず、燃えさかる炎を防御する力はなく、炎は建物を次々と延焼していった。 また、ホースの上を通行する車や単車が度々ホースを破裂させ、放水を中断させられた。 我々は腹立たしさを越えて、無念さと悲しさを覚えた。 (私の妻の実家は地震で倒壊を免れたが、延焼してきた炎に私の目の前で焼失した。 )「水が欲しい!」「火災に立ち向かえる十分な水が欲しい!」と痛感した。

次の

第1章 死者を減らすために

阪神 大震災 死者 数

三大震災について 三大震災について知らない方のためにこの3つの震災について簡単に説明していきます。 関東大震災 1923年 大正12年 9月1日に南関東を中心とした地震。 マグニチュード7. 9、最大震度6という非常に大きな地震です。 阪神淡路大震災 1995年 平成7年 1月17日に兵庫県南部を中心とした地震。 マグニチュード7. 3、最大震度7という当時は戦後最大の震災となった。 東日本大震災 2011年 平成23年 3月11日に東北地方の太平洋沖で発生した地震。 マグニチュード9. 0、最大震度7というまだ記憶に新しい大震災です。 三大震災の死者数の比較 ・関東大震災 死者10万5000人 ・阪神淡路大震災 死者6500人 ・東日本大震災 死者1万5000人 死者数に関しては、行方不明者を死者数に含み発表しているものと、含まずに発表しているものと情報があまりはっきりしていない部分もありますが、おおよそ上記の数字となります。 比較して見てみると関東大震災の悲惨さが分かると思います。 また、防災の知識や認識が世の中に浸透した後に発生した東日本大震災ですが、1万5000人もの死者が出ています。 いかに大きな震災だったのかが分かる数字となっています。 三大震災の死因の比較 この三大震災と呼ばれる震災には、それぞれ特徴があります。 次に挙げる死因の統計を見るとよく分かると思いますので紹介していきます。 三大震災すべてにおいて、死因の大半を占めているものが違います。 それぞれの地震の死因について少しだけなぜそのような統計となったのかを解説していきます。 関東大震災 関東大震災の発生した大正12年は建物の多くが木造でした。 また、家で使用する火もガスコンロなどではなくかまどを使用していました。 火災発生後も消化技術が発展しておらず自然鎮火を待つしかなかったことから火災による死因が多くなっているものと思われています。 阪神淡路大震災 阪神淡路大震災では建物の倒壊が大半を占めています。 これには2つの大きな要因があります。 1つ目は発生の時刻がAM5時46分とまだ多くの人が家にいる時間帯であったこと。 2つ目は建物の耐震強度が今よりも弱かったことです。 耐震強度は建築基準法により定められており、このような大震災を教訓とするなどして年々変化しています。 現在は阪神淡路大震災時よりも耐震強度は強くなっています。 東日本大震災 東日本大震災では津波による被害が大半を占めています。 関東大震災や阪神淡路大震災は首都直下地震であることに対し、東日本大震災は太平洋沖が震源であることから東日本大震災では大きな津波に襲われることとなってしまいました。 津波による被害がここまで大きくなってしまった要因はいくつかありますが、情報伝達が上手くいかなかったことや避難場所を見誤った人が多かったなどがあります。 中には津波に対しての危機感が薄く、逃げなかった人もいると言われています。 三大震災から学ぶ 三大震災と一括りに言っても、死者数・死因などは本当に様々になっています。 その時代特有の死因・発生時間が強く関わっている死因・地震の発生源、地形による死因などすべての地震に特色があります。 阪神淡路大震災後に建築基準法が改定されたり、津波に対する危機感が変化したりと防災への意識は変化していますが、今後発生されると予測される東海大震災などでも今までとは違った震災となる可能性は大いにあります。 被害の軽減には、どんな状況でも身を守れるよう準備しておくこと、震災が発生した際に自分の住んでいる場所ではどのようなことが起こり、どこに避難すればよいのかをあらかじめ確認しておくことなど事前の知識・認識を深めておくことが必要です。 三大震災級の大地震が発生してしまった場合、死者ゼロとするのは極めて難しいことです。 しかし、ゼロに近付けるように努力すれば何千人・何万人の命は救えるかもしれません。 まとめ 三大震災について紹介していきました。 見て分かるように震災が起きた時、その震災に合った避難方法や住んでいる場所にあった防災方法があります。 悲しいことですが、日本では過去の震災で本当に多くの方が命を落としています。 だからこそ、それを教訓として今私たちは防災に力を入れていくことが使命だと思います。 みなさんも今一度防災について考えてみてください。 それがいざという時に自分の命を守ってくれると思います。

次の