人気曲ランキング。 乃木坂46の人気曲ランキング!おすすめランキングのTOP10はどの曲?

【最新】back number/人気曲ランキング20選【必聴2020年おすすめ曲はこれ】

人気曲ランキング

再生回数 44億回超え 一時はランキングトップでしたがランクダウン。 それでもものすごい再生回数です。 ついに40億回再生をこえました。 すごすぎる…。 映画『ワイルド・スピード スカイミッション』のサウンドトラック収録曲です。 勢いのある Wiz Khalifa と Charlie Puth の楽曲。 ジャンルの違う二人が見事にマッチした2015年を代表するヒット曲です。 『ワイルド・スピード』シリーズ7作目のこの映画ですが、クランクアップ直前で主演のポール・ウォーカーが交通事故で亡くなってしまい、追悼作品として制作されました。 ポールの代役は実の兄弟、ケイレブとコーディが演じました。 2015年ビルボード年間ランキング 3位 Mark Ronson — Uptown Funk ft. Bruno Mars 再生回数 38億回超え 2015年、ビルボードの首位を14週連続で獲得し、2000年代を代表する大ヒット曲になったこちらの楽曲。 世界各国でNo. 1を記録したモンスターヒット曲。 個人的にはこれが1番じゃないかなと思いますがね。 まあ、YouTubeユーザーの年齢層が絡んでくるんでしょうね。 第58回グラミー賞では最優秀アルバム賞を獲得した『UpTown Special』からの1曲です。 これを聴いたらじっとしてはいられないですね。 思わず踊りたくなる曲です。 昔ながらのファンクが好きな年配の人はもちろん好まれるでしょうし、ファンクに馴染みのない若い世代にはむしろ新鮮な曲かもしれません。 ちなみに15週目の1位を阻止したのは、これまた『See You Again』なのは、何かの因果でしょうか。 2015年ビルボード年間ランキング 1位 再生回数 32億回超え 2016年以降はジャスティン・ビーバーが圧倒的に強い印象があります。 彼が歌ってれば必ず売れると言っても過言はないかもしれません。 何を隠そう、私もこの曲何回も再生しています。 ダンスがかっこよくて観ちゃうんですよね。 納得の順位です。 ビルボードでも首位を獲得しています。 この曲は、あのヒットメーカーSkrillex(スクリレックス)がプロデュースしているそうです。 最近ではEDM界隈でも注目されてますね、ジャスティン・ビーバー。 ちなみにこの曲。 『Sorry』は何度も謝ってますが、元恋人のセレーナ・ゴメスに向けて書いた曲だと言われています。 それにしても謝りすぎじゃね?w素行が悪いからフラれてもしょうがないよw ジャスティン・ビーバーの楽曲はこちらの記事で紹介しています。 再生回数 27億回超え 2015年のヒット曲。 アメリカだけでなくヨーロッパでもかなりヒットしています。 UKチャートでは首位を獲得。 中毒性のある曲で、私も去年はヘビーローテーションしていました。 というか今もちょいちょい聴いてます。 DJ SnakeはULTRA JAPANにも何度か出演しています。 2016年と2019年のULTRA JAPANでは私もDJ SnakeのDJプレイを見に行きましたが、最高の一言です。 2015年UKチャート年間ランキング7位 2015年ビルボード年間ランキング16位 Katy Perry — Dark Horse ft. Juicy J 2013年のヒット曲です。 動物のお面を被ったヤツらがクラブで大暴れ。 超絶ムーブをカマします。 その妖しげな雰囲気も魅力的。 最後は車を壊していっちょ上がり。 この年は個人的に頻繁に再生していた一曲です。 なんせカッコイイ。 それにしても数年前まではレディ・ガガやマイリー・サイラスなどが上位にいたような気がしたんですが、時代が移り変わるのは早いものですね。 きっと、YouTubeのユーザー数が増えるとともに、新しい曲が上位になりやすいのでしょう。 ラテン系の曲が結構上位に入っているのが意外ですね。 世界のヒット曲と日本でメジャーな曲の間にギャップを感じました。 やっぱりテイラー・スウィフトやケイティ・ペリー、ジャスティン・ビーバーは世界中で大人気ですね。 ランクインしなかったけどおすすめの洋楽 惜しくもランクインしなかったけど、再生回数が多い曲の中でおすすめの曲を他にも紹介します。

次の

【最新】back number/人気曲ランキング20選【必聴2020年おすすめ曲はこれ】

人気曲ランキング

新旧問わず様々な楽曲が歌われていることに関してのコメントをお願いします。 米津玄師(以下米津) とても光栄です。 この曲を作ったのが遠い昔のことのような気分でいます。 これからも続くであろう長い人生の中で、このような得難い経験をさせてもらったことに感謝の気持ちでいっぱいです。 米津 自分の曲は歌いづらいものが多いと思うのですが、それでも歌ってくれる方には愛を感じます。 本当にありがとうございます。 米津 もも、素晴らしい歌声と才能を持っている人たちです。 楽曲によって彼らの後押しができたことをとても嬉しく思います。 自分の声で表現する場合とは勝手が違うので、制作はとても繊細で神経を使う作業でした。 結果として沢山の方々に届くものになったことに今はほっとしています。 米津 2019年は「」という曲を作れたことがとても大きかったと思います。 「海獣の子供」という原作に何らかの形で関わるというのは10年来の夢でした。 今年は元号の更新もあり、歴史的にも意味のある年だったと思います。 だからこそあらゆる出来事が意味ありげに映ってしまう年でもありました。 自分の目には日本の中で凄惨な事件が多発しているように見えたことに対して、自分が目で追っているだけなのかどうか、冷静に客観的に判断しようと努めなければなりませんでした。 ここで生活していくスタンスが自分の中で変わり始めたということなのかもしれません。 その上でポジティブな音楽を作り続けるためにはどうしたらいいかと日々考えています。 アーティストランキング 1位 米津玄師 総合ランキング同様、米津玄師が2018年に引き続き2年連続年間ランキング1位を獲得!あいみょんは昨年圏外から大きくジャンプアップし2位を獲得!俳優としての知名度も高い菅田将暉は大きく順位を伸ばし初のTOP10入り。 ネット発アーティスト楽曲ランキング 1位 ヨルシカ「ただ君に晴れ」 ボカロPとして活動していた"n-buna"と、ボーカル"suis"の2名で結成されたヨルシカが20曲中6曲ランクイン!ずっと真夜中でいいのに。 は、2018年より活動を開始、正式なメンバー編成や素性がほとんど明かされていないにも関わらずYouTubeに投稿された動画が1週間で20万回再生を記録!10代~20代の若者を中心に高い人気を誇っています。 3曲ランクインを果たしたバンタンソニョンダンは「BTS」として日本でも活躍。 今年初のランクインとなったSHAUN「Way Back Home」はTiKToKから火がつきカラオケでも人気の曲となりました。 公式ミュージックビデオ観放題サービス RecTV for JOYSOUND ランキング 1位 サカナクション「新宝島」 JOYSOUNDの最新機種『JOYSOUND MAX GO』に初搭載されたカラオケルームで公式ミュージックビデオが観られるサービス『RecTV for JOYSOUND』。 6月のサービス開始後初の年間ランキングで第1位を獲得したのはサカナクション「新宝島」です!田中裕介が監督を務めた、昭和の番組をオマージュした演出で大人気のミュージックビデオ。 国内におけるMVの祭典『MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2015』最優秀邦楽グループビデオ賞にノミネートされるなど、芸術性も高く評価されている作品です。

次の

Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)の必聴人気曲ランキングTOP10

人気曲ランキング

再生回数 44億回超え 一時はランキングトップでしたがランクダウン。 それでもものすごい再生回数です。 ついに40億回再生をこえました。 すごすぎる…。 映画『ワイルド・スピード スカイミッション』のサウンドトラック収録曲です。 勢いのある Wiz Khalifa と Charlie Puth の楽曲。 ジャンルの違う二人が見事にマッチした2015年を代表するヒット曲です。 『ワイルド・スピード』シリーズ7作目のこの映画ですが、クランクアップ直前で主演のポール・ウォーカーが交通事故で亡くなってしまい、追悼作品として制作されました。 ポールの代役は実の兄弟、ケイレブとコーディが演じました。 2015年ビルボード年間ランキング 3位 Mark Ronson — Uptown Funk ft. Bruno Mars 再生回数 38億回超え 2015年、ビルボードの首位を14週連続で獲得し、2000年代を代表する大ヒット曲になったこちらの楽曲。 世界各国でNo. 1を記録したモンスターヒット曲。 個人的にはこれが1番じゃないかなと思いますがね。 まあ、YouTubeユーザーの年齢層が絡んでくるんでしょうね。 第58回グラミー賞では最優秀アルバム賞を獲得した『UpTown Special』からの1曲です。 これを聴いたらじっとしてはいられないですね。 思わず踊りたくなる曲です。 昔ながらのファンクが好きな年配の人はもちろん好まれるでしょうし、ファンクに馴染みのない若い世代にはむしろ新鮮な曲かもしれません。 ちなみに15週目の1位を阻止したのは、これまた『See You Again』なのは、何かの因果でしょうか。 2015年ビルボード年間ランキング 1位 再生回数 32億回超え 2016年以降はジャスティン・ビーバーが圧倒的に強い印象があります。 彼が歌ってれば必ず売れると言っても過言はないかもしれません。 何を隠そう、私もこの曲何回も再生しています。 ダンスがかっこよくて観ちゃうんですよね。 納得の順位です。 ビルボードでも首位を獲得しています。 この曲は、あのヒットメーカーSkrillex(スクリレックス)がプロデュースしているそうです。 最近ではEDM界隈でも注目されてますね、ジャスティン・ビーバー。 ちなみにこの曲。 『Sorry』は何度も謝ってますが、元恋人のセレーナ・ゴメスに向けて書いた曲だと言われています。 それにしても謝りすぎじゃね?w素行が悪いからフラれてもしょうがないよw ジャスティン・ビーバーの楽曲はこちらの記事で紹介しています。 再生回数 27億回超え 2015年のヒット曲。 アメリカだけでなくヨーロッパでもかなりヒットしています。 UKチャートでは首位を獲得。 中毒性のある曲で、私も去年はヘビーローテーションしていました。 というか今もちょいちょい聴いてます。 DJ SnakeはULTRA JAPANにも何度か出演しています。 2016年と2019年のULTRA JAPANでは私もDJ SnakeのDJプレイを見に行きましたが、最高の一言です。 2015年UKチャート年間ランキング7位 2015年ビルボード年間ランキング16位 Katy Perry — Dark Horse ft. Juicy J 2013年のヒット曲です。 動物のお面を被ったヤツらがクラブで大暴れ。 超絶ムーブをカマします。 その妖しげな雰囲気も魅力的。 最後は車を壊していっちょ上がり。 この年は個人的に頻繁に再生していた一曲です。 なんせカッコイイ。 それにしても数年前まではレディ・ガガやマイリー・サイラスなどが上位にいたような気がしたんですが、時代が移り変わるのは早いものですね。 きっと、YouTubeのユーザー数が増えるとともに、新しい曲が上位になりやすいのでしょう。 ラテン系の曲が結構上位に入っているのが意外ですね。 世界のヒット曲と日本でメジャーな曲の間にギャップを感じました。 やっぱりテイラー・スウィフトやケイティ・ペリー、ジャスティン・ビーバーは世界中で大人気ですね。 ランクインしなかったけどおすすめの洋楽 惜しくもランクインしなかったけど、再生回数が多い曲の中でおすすめの曲を他にも紹介します。

次の