ユニクロ サステナビリティ。 トップページ│服のチカラを、社会のチカラに。 UNIQLO Sustainability

旭化成グループのサステナビリティ

ユニクロ サステナビリティ

1.サステナビリティとは? サステナビリティとは 環境や経済、社会のバランスを考え、世の中全体を持続可能な状態にしていく考え方のことです。 「サステナビリティ」と表記しますが、日本語では「持続可能な」「持続可能性」と表現されることもあります。 もともとは、水産業界で、水産資源を減らさずに漁獲量を持続させるという意味で使われていましたが、この考えが企業経営にも取り入れられるようになり、やがて「コーポレート・サステナビリティ」として確立していきました。 企業戦略上のサステナビリティとは? コーポレート・サステナビリティとは、企業が事業活動を通じて、環境や経済など社会全体に対して与える影響を考えながら、長期的な運営を目指す取り組みのことです。 環境保全や社会貢献などの活動がこれに当たるでしょう。 ボランティアにも通ずる考え方ですが、長い目で世の中全体を考えて、• 自分たちだけでなく、その子どもたち、またその先にいる人々が生きていくための財産となるような経営をしよう• そのための取り組みをやっていこう という思想のことです。 CSRとの違い サステナビリティに近い考え方に、「CSR(企業の社会的責任)」があります。 CSRとは、「企業が利益を追求するだけでなく、企業が行う活動が世の中に影響を与えることに責任を持った上で、消費者や社会全体からの要求に応えること」で、サステナビリティという言葉が広まる以前から呼びかけられていた概念です。 CSRとというと、慈善活動や寄付や募金のようなものを連想しがちでしょう。 どちらかというと優れたサービスや商品を提供することで社会的責任を果たす、という捉え方が本来の意味に近いです。 グローバル企業のCSR 一方で、グローバル企業のCSRの考え方は少し異なります。 社会活動や環境への配慮を行って事業活動を自己抑制するもの、と考えられています。 この考え方に基づくとたとえば、工場から出た工業廃水などで環境が汚染され周辺住民に健康被害が出たケースなどは、CSRが欠けていたために起こったもの、という解釈ができます。 企業の過度な利益追求は、環境や社会の利益向上と対立するもの、と定義しているのです。 サステナビリティの考え方 サステナビリティの考え方は、大きく次の2つに集約されます。 長期的視野を持つ• サステナビリティが一般的に普及する前、多くの企業が短期的な利益に集中する傾向にありました。 年次決算や、半期や四半期といった短期間の利益だけを求める動きです。 しかし最近は、• 短期的な利益の追求は、長い目で見るとかえって利益を損ねる• 結局は成功しない というサステナビリティに通ずる考え方が一般的になりつつあります。 日本企業では「CSRはコストだ」と考えられることが多いですが、海外では「社会・環境への価値提供は将来的な利益になり得る」という考え方が広まっているようです。 CSRをコストと見なす企業は、• 善管注意義務違反• 受託者責任違反 になる可能性もあるようです。 社員情報管理もオンラインで。 大手企業も採用した人材管理システム 人事情報のペーパーレス化はしたいけど、何から始めたらよいかわからない。 セキュリティ面が心配。 約1,800社が導入している人材管理システム「カオナビ」なら、まずは人事情報のデータベース作りからスタートできます。 顔写真に紐づけて人事情報を管理• 今ある基幹システムからcsvでそのまま連携できる• そのため サステナビリティの国際的なスタンダードを記した「GRIスタンダード」というガイドラインが作成されているのです。 このガイドラインは、サステナビリティを推奨する企業やあらゆる団体の活動を支援する内容になっています。 グローバル・レポーティング・イニシアチブ GRI とは? GRIスタンダードを発行しているのは、GRI(Global Reporting Initiative)という団体です。 サステナビリティについて具体的な国際基準を設定するためにつくられた団体で、UNEP(国連環境計画)の公認団体でもあります。 GRIスタンダードをもとに作成されるサステナビリティ報告書では、企業が行った持続可能性に即した活動がどのような効果をもたらしたのか、という情報が提供されています。 経済・社会・環境の33テーマ サステナビリティが対象にできる分野はとても広いため、どの分野の何を問題視して考慮していく必要があるか、分かりにくいでしょう。 そのため、GRIスタンダードでは、企業が持続可能な経営のために考慮すべき分野を経済・社会・環境の3つのポイントから、33テーマに分けています。 社会(19項目) 環境(8項目)• 経済的パフォーマンス• 市場での存在感• 間接的な経済影響• 調達慣行• 腐敗防止• 反競争的行為 サステナビリティ日本フォーラム GRIガイドラインの普及活動は、日本でも積極的に行われています。 2002年、GRIガイドラインの普及と持続可能な社会の実現を目指す「GRI日本フォーラム」が発足しているのです。 3.CSR格付けインデックスのDJSI(ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス) GRIガイドラインの他、コーポレート・サステナビリティの指標となるものとして、「DJSI(ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス)」があります。 世界中の3,400社以上もの大手企業を対象に、経済・環境・社会の3つの観点から、企業を詳細に分析し、持続可能性に優れた企業が選定されるというものです。 DJSIは、世界で最も信頼性が高いサステナビリティの指標といわれています。 世界で最も持続可能な企業はどのように分布しているか? コーポレート・サステナビリティに共感し、活動をしている企業のうち、最も持続可能性のある企業はどの国に多いのでしょうか。 DJSIと連携している大手サステナビリティ投資会社であるRobecoSAMは、毎年「Sustainability Yearbook」を発行し、詳細な採点方法で持続可能性に優れた企業を掲載しています。 2017年のSustainability Yearbookによると、図のような分布となっていました。 群を抜いて掲載数が多いのはアメリカの70社で、日本はアメリカに次いで多く53社となっています。 日本の「サステナビリティリーダー 2017」 サステナビリティリーダーは、毎年Sustainability Yearbookに掲載された企業の中で、各分野の高スコアを獲得した企業が選ばれます。 日本企業も毎年、複数の分野でランクインしているのです。 2017年にサステナビリティリーダーに選ばれた日本企業数社を、以下に紹介しましょう。 積水化学工業株式会社、積水ハウス株式会社、住友林業株式会社(住宅建設) 住宅建設業界のサステナビリティリーダー2017には、• 積水化学工業株式会社• 積水ハウス株式会社• 住友林業株式会社 の3社が選ばれ、リーダーとして選定された企業はすべて日本企業となりました。 そのうち、積水化学工業株式会社と積水ハウス株式会社はゴールドクラスを獲得しています。 日本企業全体のゴールドクラス3社中、2社がこの住宅建設業界となっています。 住宅建設において、有害物質を使用しない取り組みや廃棄物をリサイクルするなどの仕組みが評価されたということです。 本田技研工業株式会社 、日産自動車株式会社 、マツダ株式会社(自動車) 自動車業界では、• 本田技研工業株式会社• 日産自動車株式会社• マツダ株式会社 の3社がブロンズクラスとしてリーダーに選ばれました。 ゴールドクラスはドイツのBayerische Motoren Werke AG、シルバークラスはフランスのPeugeot SAが獲得。 日本企業と並ぶブロンズクラスには、イタリアのFiat Chrysler Automobiles NVも選ばれました。 自動車メーカーにはここ最近、排ガス量の改ざんや試験結果の矛盾疑惑などの問題が起きていました。 そのため 財務的な観点からサステナビリティに対して、非常に厳しい状況が続いているようです。 TOTO 株式会社、株式会社 LIXIL グループ(建設関連製品) キッチンやユニットバス、窓やプラスチック製品などを製造する建設関連製品の部門では、• TOTO株式会社がシルバークラス• 株式会社LIXIL グループがブロンズクラス を獲得しました。 海外企業では、ゴールドクラスにアメリカのOwens Corning、シルバークラスにフランスのCie de Saint-Gobainが選ばれています。 建築物の製造には、全世界のエネルギー約40%、水25%、資源40%が費やされており、世界の温室効果ガス排出量の3分の1(国連環境計画のデータ)が使用されています。 そのため、この業界では 資源をどう有効に使うかが重要なポイントとなったようです。 コニカミノルタ株式会社、富士フイルムホールディングス株式会社、日本電気株式会社(コンピューター・周辺機器および事務用電子機器) コンピューター・周辺機器の部門では、• コニカミノルタ株式会社がシルバークラス• 富士フイルムホールディングス株式会社、日本電気株式会社がブロンズクラス に選ばれました。 また、海外企業ではゴールドクラスにアメリカのHewlett Packard Enterprise Co、シルバークラスに同じくアメリカのHP Inc、ブロンズクラスにLite-On Technology Corpが選ばれています。 コンピューター利用が進む中、クラッカーなどの脅威から利用者を守る技術が求められているようです。 2017年は、ゴールド・シルバー・ブロンズを獲得した企業はありません。 この分野の企業は BtoCが多いというのが特徴で、顧客数の獲得と維持が重要視されています。 株式会社日立製作所、オムロン株式会社(電子装置・機器・部品) 電子装置業界での日本企業は、• 株式会社日立製作所がブロンズクラス• オムロン株式会社が Yearbookに掲載 されています。 ゴールドクラスは台湾のAU Optronics CorpとDelta Electronics Inc、ブロンズクラスでは韓国のLG Display Co Ltd、LG Innotek Co Ltd、Samsung Electro-Mechanics Co Ltd、Samsung SDI Co Ltdが選ばれました。 シルバークラス獲得の企業はありませんでした。 この業界では 顧客が効率よく営業するための仕組みづくりが重要なポイントとされています。 味の素株式会社(食品) 食品業界では 味の素株式会社がブロンズクラスとして選出されました。 ゴールドクラスにはスイスのNestle SA 、シルバークラスにはコロンビアのGrupo Nutresa SAが選ばれています。 Yearbook には、アメリカ6社、コロンビア1社、フランス1社、韓国1社、タイ2社の計11社が掲載されました。 食品業界に関しては、日本だけでなく海外でも安全性に注目が集まっているためか いかに安全に提供しているか、という点が重要視されているようです。 人権尊重• 機会均等・多様性尊重• 安全・健康尊重• キャリア開発の促進• 能力開発・教育の促進 キヤノンのサステナビリティレポート 電気機器メーカーのキヤノンは、• 新たな価値創造、社会課題の解決• 地球環境の保護・保全• 人と社会への配慮 の3つをコンセプトとした取り組みを行っています。 特に環境の分野では評価が高く、キヤノンサステナビリティレポートは環境コミュニケーション大賞の環境報告書部門で3年連続優良賞を獲得しています。 各項目の具体的な取り組み目標は以下の通りです。 新たな価値創造、社会課題の解決 医療、セキュリティ、産業ロボットなど、社会的要請の高い事業の強化・拡大を通じて国際社会の課題解決に貢献 地球環境の保護・保全 豊かな生活と地球環境が両立する社会をめざして製品ライフサイクル全体で地球環境への影響を軽減 人と社会への配慮 人権と労働、社会貢献、製品責任など、社会の一員としてステークホルダーへ説明責任を果たし、期待に応える まとめ 環境や雇用、人権や市場のバランスなど、企業をとりまく課題はさまざまです。 短期的な利益を追求するだけでなく、事業を通して問題改善に取り組むことは、事業の継続に不可欠でしょう。 重点を置いて取り組むべき問題は業種によって異なります。 まず、持続可能な経営を実現するために解決すべき課題を明確にして、何ができるかを考えることから始めてみてはいかがでしょうか。

次の

エアリズムマスクの販売について

ユニクロ サステナビリティ

当時、電機会社に勤め、海外生産の構築に携わっていたので、必然とアパレル関係の海外生産をしていた。 そんなことも影響していたのだろうか、のことはいつも気にかけていた。 ここ最近、の記事をまた新聞で見かけるようになった。 、はサスティナビリティの取り組みを調べてみた。 CEOコミットメント のホームページにCEO柳井さんのコミットメントがある。 その一つの表れがLifeWearという私たちのコンセプトです。 LifeWearとは、 人種、年齢、民族、宗教、性別やを超えた、MADE FOR ALL「あらゆる人のための服」、 人々の生活をより豊かに、より快適に変える服。 LifeWearは、ファッションという概念を超えた、新しい発想の服です。 無駄なものをそぎ落とし、自分らしい高品質な生活を実現する。 その根本にある考え方は「 無駄なものをつくらない、運ばない、売らない」。 資源を有効に使い、余計な労働を生み出さない。 物流や在庫の無駄をなくし、お客様にとって最も便利で効率的な方法で、お客様の求める商品をお届けする。 これが私たちの挑んでいることです。 まだまだ足りないことだらけですが、正しい方向に進んでいると確信しています。 私たちの「 服のチカラを、社会のチカラに。 」は、 このLifeWearの考え方を中心にすえたものです。 取り組むべき重点領域として「商品と販売を通じた新たな価値創造」「の人権・労働環境の尊重」 「環境への配慮」「コミュニティとの共存・共栄」「従業員の幸せ」「正しい経営」を定めました。 私たちはこれらの実現に真剣に取り組んでいます。 「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」 これはグループのです。 まず、自ら変わり、世界を変える。 私たちは時代を超え、国境を超え、世界のあらゆる人々に 服を着る喜び・幸せ・満足を提供し続けることで、より良い世界の実現に全力を尽くすことを約束します。 2019年1月 株式会社 会長兼社長 柳井 正 正直、ページの作り込みには満足できない。 が、柳井さんのことばは熱い。 服のチカラを、社会のチカラに。 のがこの言葉だ。 ホームページには素材の調達方針が記されている。 コットンなら次のような調達方針になっている。 このほかに、、動物系素材の調達も書かれている。 話題のについての考え方を記載して欲しいと思う。 当社の考えるなコットンとは、以下の条件を満たして生産されているコットンです。 水、農薬、土地の利用、農家の労働環境、収入などの課題が改善されている地域から調達されている• トレーサビリティによって上記の課題が確認できる• 商品としての品質・価格においてもお客様満足が達成できている 米国産とオーストラリア産のコットンは、トレーサビリティや環境面、労働環境面での管理レベルが高いため、なコットンと考えています。 また、ベター・コットン(下記「ベター・コットン・イニシアティブ」参照)もなコットンに該当すると考えています。 ・ベター・コットン・イニシアティブ は2018年1月、なコットンの生産をめざす「ベター・コットン・イニシアティブ(BCI)」に加盟しました。 BCIは、綿花を生産する農家に水の適正な使用や殺虫剤などの農薬の使用方法を教育することで、より良いコットンの栽培方法を普及させる取り組みを行っています。 BCIの基準を満たした綿農家はベター・コットン生産者として認定されます。 ・産コットンの不使用 においては、コットンの収穫時に政府主導の児童・強制労働が行われているという懸念が指摘されています。 は、国際機関やなどの検証により問題が解決されたと認められるまで、自社商品に産コットンが使用されることのないよう、における不使用を徹底します。 また、や他のアパレルブランドと連携して、における児童・強制労働問題の解決に向けて働きかけていきます。 ( 出所:ホームページ) Sustainability のホームページを確認すると「 Sustainability」というページがある。 アクセスし難い問題とストーリー性がないことが気になる。 ただ、サスティナブルな活動をやってますとの情報発信に留まっていないか。 の脱プラ活動 ショッピングバッグを有料化。 やユーが「脱プラ」を宣言 は、環境問題対策の一環として「脱プラ」を宣言。 では、2019年秋冬シーズンから一部の商品でプラスチック製パッケージを廃止する予定だ。 この取り組みは、全世界のグループブランド約3500店舗で実施の予定。 9月1日からは、日本をはじめとした12の国や地域の店舗で、ショッピングバッグを「紙製」に切り替える。 同時にエコバッグの販売もスタート。 日本国内のやユーでは、20年1月14日からショッピングバッグが一律10円(税抜)に有料化される。 もっとストーリー性を高めて発信できないのか。 「豊島・ゆたかなふるさとプロジェクト」 が「瀬戸内オリーブ」に賛同して、このにかかわりを持っていることを知らなかった。 このが弁護士のさんらによって立ち上がったところまでは知っていたが、こうして今も活動が続き、が関わっていたとは。 この豊島問題は、環境問題での住民活動の原点みたいもの。 豊島にが持ち込まれ始めたのが、1978年、そこから数えると40年。 実に長い年月が経過している。 グラミン () もうひとつ興味を持ったのは との協業によるグラミンの活動。 は、受賞者氏が創設したグループとともにソーシャルビジネスを開始し、でGRAMEEN Ltd. (グラミン)を設立しました。 グラミンの服はで生産、販売され、そのすべての収益はビジネスに再投資されます。 カジュアルウェアや伝統服だけでなく、利益がすべて貧困者の支援に使われるチャリTシャツも展開しています。 工場で働く人たちが、健康的な生活を営むための基礎教育(栄養や家計に関する知識など)を身につけ、安心して働くことができる環境を提供することで、の社会に貢献していきます。 (出所:のホームページ) まとめ この記事を書こうと思ったきかっけを与えてくれたのIDEAS FOR GOODさんの記事でした。 について、「幅広く多種の事業に取り組んでいるため活動の影響力が大きく、もっとも環境を変えうる力を持っている。 」との指摘があった。 国内の環境意識は低迷したままで危機感さえおぼえる。 がもっと多くの人に伝わるように情報発信することができれば、なにか変化のきっかけになることにつながらないか。 IDEAS FOR GOODの記事には有益なアンケート調査結果もあり、また、のWebサイトの問題点の指摘もある。 是非もっとサスティナブルな情報を発信し続けて欲しい。 海外メーカに比べストーリー性が弱く見劣りしている。 これだけの活動しているからこそ、期待したい。 今、企業の、広報のあり方が問われてるときでもある。 () 株式会社を代表するブランド、()のサイトは企業サイトとが一体化した作りになっていることもあり更新頻度も高く、 訪れるたびに新しい情報が得られるサイトです。 アンケートの回答であったのは「 幅広く多種の事業に取り組んでいるため活動の影響力が大きく、もっとも環境を変えうる力を持っている。 そういった社会的責任を企業サイトで述べている」という企業のパーパスが明確なことへの評価。 当サイトでは「の」という項目で、わかりやすく海外での現地レポートや動画などを公開しています。 また、サイトでは企業で働く多様性のある社員を動画などで紹介し、企業で働く人の想いがありのままに見えることが評価されました。 (出所:IDEAS FOR GOOD) 追記 柳井さんの著作の「一勝九敗」に23条にもおよぶ経営理念が記載されている。 この理念からもストーリーを作っていくことはできるのではと思う。 第十六条 商品そのものよりも企業姿勢を買ってもらう、感受性の鋭い、物事の表面よりも本質を追求する経営 第十九条 自社の事業、自分の仕事について最高レベルの 倫理を要求する経営 第二十一条 人種、国籍、年齢、男女等あらゆる差別をなくす経営 (一部のみ記載).

次の

もう隠しません。ユニクロが工場リスト公開:日経ビジネス電子版

ユニクロ サステナビリティ

サステナビリティーは、社会の視点ですから」 昨年12月、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長に、11月に「CSR部」を「サステナビリティ部」に改組した理由を聞くと、こんな答えが返ってきた。 CSR(Corporate Social Responsibility)は、「企業の社会的責任」と訳される。 一般的に、企業が得た利益の一部を慈善活動の一環として社会に還元することで、「社会的責任」を果たそうという考え方だ。 ファーストリテイリングもこれまで、難民支援や障害者雇用などを通じて、積極的に社会貢献活動を推進してきた。 だが、こうしたCSR活動は、貢献するもしないも「企業の都合」次第とも言える。 柳井氏は、もはやそうした姿勢のままでは、これからのグローバル競争に勝ち抜くことはできないと考えていた。 そこで出てきたキーワードが、「サステナビリティー(Sustainability=持続可能性)」である。 企業がビジネスそのものを通じて、環境や社会が抱えている課題の解決を進めていこうという考え方だ。 ファストリは2月28日、「ユニクロ」ブランドの衣料品の生産を委託している主要工場のリストを公開した。 中国、ベトナム、インドネシア、バングラデシュ、カンボジア、タイ、日本の合計7カ国、146の縫製工場の名称と住所である。 合計の生産規模は、ユニクロ製品の発注額の8割を超える。 同社サステナビリティ部の新田幸弘・グループ執行役員は、主要工場のリストを開示する背景を、次のように説明する。 「ビジネス戦略上の重要性から、これまでは工場のリストは開示してこなかった。 品質管理などの生産ノウハウを競合他社に知られないよう、情報を守りたかったからだ。 「品質管理などの生産ノウハウを守りたかった」と言われても、工場を公開したところで(他社にはない)縫製関連のノウハウがそれほどあるとは思っていないので、冒頭の感想。 「全体工程は2020年に向けて」と記事に明記されています。 まだ隠蔽が終わっていないということです。 先日、(年単位ぐらい)久しぶりに入店してみたのですが、特売品以外コスパが合うとは思えませんでした。 あの品質ならドンキホーテで良いし、あの価格なら他店が良いです。 すべての取引先の公開は一見進歩のように思われますが、実質的には製造下請けの労働条件改善とはなんの関係も無いと思います。 大事なのはユニクロと製造下請け企業の間に、 1 労働者保護や商品の安全性に関してどのような契約がなされているかです。 賃金、工場環境、安全性への配慮、労働時間管理、若年労働者の雇用の根絶、商品への有害化学物質の不使用の証明などの具体的な策が記載されているかが重要です。 2 最も大事なのは、契約条件が守られているかどうかの監査であり、その結果があってこそ部外者が判断できる情報となります。 ・工場がいくつあるのか ・契約条件を遵守しているかどうかの監査項目などの公表。 労働者の年齢確認一つとっても虚偽の自己申告も多く、事実確認手順なども重要になります。 ・年間いくつの工場監査を行い、成績はどうであったかの公表 これらが公開されてこそ、あるいはCSRレポートに記載されてこそ管理が行き届いていると評価すべきで、お題目だけの公表はなんの意味も無いと思います。 ユニクロは過去にもなんらかの不都合を指摘されてた記憶があります。 その際も改革を表明しながら再度のNGOの告発、ライターにはその辺りの時系列の事実を報告するべきで、企業の広報をリライトするだけでは記事には何の価値も無いと思います。 「持続可能性」の基本は「省資源」であり、製品製造に関わる人達の安全や待遇の改善とは少し違うと思う。 省資源は、例えば生地の裁断で捨てるべき部分を別の目的で利用して無駄にしなかったり、原料を再生産可能な天然繊維比率を上げる事であるはずだ。 そういう見方でユニクロを評価した場合、最近になって「All Wool」などの製品が増えているとは言え「Sustainability」貢献企業と言う程の事はない。 量的に一番売れているであろうTシャツも「化繊」ものは未だに多い。 本気で「Sustainability」を唱えるならば「脱化繊」かせめて「省化繊」を目指すべきではないか?その気がないなら、今まで通りCSRで社会に貢献すれば良いではないか。 」と書いてあるようにライバルがやったから自社もやるという「後出しじゃんけん」をわざわざ記事にするところが、大竹剛さんの痛烈な皮肉で面白い。 柳井会長のコメント、「・・・CSR(Corporate Social Responsibility)は、「企業の社会的責任」と訳される。 ・・・」を載せているのも最高。 柳井社長がCSRなんて責任逃れのアリバイ作りと認識しているところを如何にも褒めているように書いてある。 まさしく褒め殺しでうね。 柳井社長はユニクロを世界一にしたいという目標の為にCSRをやっているので、彼にとってCSRの精神を遵守しようということは第一目標ではない。 理由は兎も角、ユニクロがCSRを推し進めるのは善いことなので喜ばしい。 記事の内容は特に面白くなかったけれど、大竹氏の皮肉はすばらしかった。 次を期待してます。

次の