メーガン 妃 ヤフー。 子供時代から個性的!?ベアトリス王女の過去ルック14選

メーガン妃の兄 家族不和の仲裁を女王と皇太子に要請

メーガン 妃 ヤフー

1月8日、サセックス公爵夫妻(ハリー王子とメーガン妃)は、王室の主要メンバーの役割から「」と発表した。 しかしこれはな行動ではなく、「何年にもわたる英国メディアの不公平な報道」と公爵夫妻が呼ぶものに、一泡吹かせる決断だった。 長年のロイヤル・プロトコル(王室のマナー)から関係を断つ、公爵夫妻の新しいでは、様々なことが明記されている。 そのひとつとして、公爵夫妻のメディア戦略が記載されている。 イギリスの選ばれた報道機関に独占的なアクセスを与える伝統的な王室の報道システムには、もう加わらない、という主旨だ。 イギリスの王室担当記者は信頼できる情報源だと見られている、と公爵夫妻は主張する。 しかし、「この誤解が、たびたび世界中の報道機関を、頻繁に誤報を拡大させるよう駆り立てている」とサイトにつづった。 公爵夫妻が「ロイヤル・ロタ(王室番記者)」の取材対象から離脱することに対し、イギリスのメディアからは非難の声があがった。 英国ジャーナリスト組合からはが申し立てられている。 ハリー王子とメーガン妃は、ふたりの関係が発覚して以来、イギリスのメディアに不当に扱われ、いじめられ、記事には人種差別的な語調があり、ハリー王子の兄ウィリアム王子と義理の姉キャサリン妃(ケンブリッジ公爵夫妻)とは異なる基準に縛られてきたと考えている、と公言してきた。 英国メディアを代表して王室を独占的に取材する「ロイヤル・ロタ」を構成しているのは、デイリー・エクスプレス紙、デイリー・メール紙、デイリー・ミラー紙、イブニング・スタンダード紙、テレグラフ紙、タイムズ紙、ザ・サン紙だ。 ここで、メーガン妃とキャサリン妃の記事でダブル・スタンダードだと思われる一部の上記メディアによる記事20点を見てみよう。 BuzzFeed Newsは、以下で紹介するメディア各社にコメントを求めている。 キャサリン妃:「クリスマス当日を女王と一緒に過ごさないというウィリアム王子とキャサリン妃の決断を、エリザベス女王は理解し、承認した、と複数の王室関係者が昨日述べた。 その中には『エリザベス女王は、多くの若いカップルが直面するジレンマだと理解し、キャサリン妃の家族との関係がいかに親密かを理解している』という者もいた」() メーガン妃:「実のところ、祝祭の季節には、エリザベス女王はご自身の周りにご家族がいることを期待していらっしゃる。 エリザベス女王にとって、家族が集まる伝統は、女王のご予定の中でも重要であり、ハリー王子とメーガン妃の不在は、深い悲しみをもたらすものであり、苛立ちのもとともなるだろう」() キャサリン妃とウィリアム王子:「自分たちの会社を設立することで、ウィリアム王子とキャサリン妃は、希望すれば、ティータオルやコーヒーカップなど無数の公認グッズを売り出すことが可能になる」 「夫妻の権利を守るために、『賢いこと』をしている、とケンジントン宮殿関係者は話している」() メーガン妃とハリー王子:「自分たちの新たに設立した財団『サセックス・ロイヤル』のために、サセックス公爵夫妻は、Tシャツ、フード付きトレーナー、日記帳、手袋などあらゆる商品に自分たちの名前を押したがっている」 「ハリー王子とメーガン妃は、自分たちのブランドを商業的に守るために商標登録申請をして、何か月も前から、王室を離脱する準備を活発にしていた、と複数の専門家が話している」() キャサリン妃とウィリアム王子:「ウィリアム王子は昨日、精神的な苦悩を勇敢に告白した弟ハリー王子を支持し、感情を表に出さない『stiff upper lip』という王室の伝統を吹き飛ばした」 「感情を表に出さない時と場所があるかもしれないが、健康を犠牲にする必要はない、とウィリアム王子は話した」 「感情や気持ちを話せると感じて、ジョージ王子とシャーロット王女には成長して欲しいと、キャサリン妃と私は確信している」 「昨年、私たちはいくつかの学校を訪れ、子どもたちがかなり難しい話題について明快に感情面でもはっきりと話すことができるのを聞き、驚いた。 多くの大人が苦労することだ」 「目の当たりにして、物事は変わってきていて、感情について率直に話すことが普通の世代が出てきているという希望を実感できた」() メーガン妃とハリー王子:「メーガン妃とハリー王子がまた、最近のTVインタビューで王室の伝統に反抗した。 インタビューの中でふたりは、『存在しているが、生きていない』と主張している」 「公爵夫妻は、感情を表に出さないというこれまでの王室の伝統『stiff upper lip』を放り出し、世界中へ自分たちの感情をさらけ出して『ジェネレーション・セラピー』の旗を振った。 だが、これは正しかったのか?」 「『繊細な』ハリー王子とメーガン妃のコメントをどう受け取るかは、どのジェネレーションに読者が属するかによるかもしれない」 「ザ・サン紙読者の親世代、子ども世代に、サセックス公爵夫妻が人前で、テレビで感情を表したことをどう思うか、このような特権がある立場で嘆く権利があるのかを聞いてみた」() キャサリン妃:「ウェストミンスター寺院を香らせるのに、高級フレグランス・ブランドのジョー マローンからお気に入りの香料入り蝋燭や洗面用具を届けるよう、新婦のケンブリッジ公爵夫人が頼んだことが伝えられた」 「具体的には、『オレンジ ブロッサム』、『グレープフルーツ』、常に人気がある『ライム バジル&マンダリン』など柑橘系の春の香りで、選りすぐりのキャンドル、石鹸、ローションを頼まれた」() メーガン妃:「ゲストが到着する前に、霧吹きで教会に芳香剤を振りまくよう、メーガン妃はスタッフに頼みたがった」 「王室関係者が介入し、丁寧に、でもきっぱりとメーガン妃のオフィスに対して、聖ジョージ礼拝堂は女王の教会であり、実に適当ではない、と伝えた。 教会に多少なりとも影響を与える可能性があるため、『ノー』と言ったとは思わない」 「単に、物事の原則である。 同礼拝堂は、王室の婚礼や葬儀が行われる場所であり、王室の地下納体堂もある。 このような依頼は、今までにされたことがないと思う」() キャサリン妃:「結婚式のブーケに限って言えば、気取らない季節の花を控えめにアレンジしたキャサリン妃のブーケには特に豪華さはなかったが、花嫁ご自身のように、そのブーケはいかにも自然に優雅で、しとやかだった」 「だがその控えめな花束には、隠された物語があった。 民間から公爵夫人となるキャサリン妃は、丹念に本当の意味を持つ花を選んだ。 花言葉や19世紀のあまり知られていない恋のレリック(残存語)に実に詳しい」 「ブーケにはライラックが使われている。 ライラックの花言葉は、愛の芽生え。 すずらんは幸福の再来、ヒアシンスは不変、ギンバイカは愛、そしてもちろん、ぴったりの名前のアメリカなでしこ(英名:スウィート・ウィリアム)は、勇敢の意味がある」() メーガン妃:「(メーガン妃)が手にしているウェディング・ブーケの花は、シャーロット王女と他の花嫁の付添人が被っている花の冠にも使われている。 デイリー・エクスプレス紙は、子どもたちの冠は、特に子どもにとって命取りになる可能性がある花で作られていたことを突き止めた」 「メーガン妃のブーケは、忘れな草、スイートピー、すずらん、アスチルベ、ジャスミン、アストランティアでできていた」 「すずらんは極めて有毒な植物で、口に入れると命取りになる可能性がある。 メーガン妃の介添人はとても若いため、この花を頭に載せるのは危険な決断だと考えられる」 「この花を使った花嫁は、他にはキャサリン妃、ユージェニー王女、コーンウォール公爵夫人カミラがいる」() キャサリン妃とウィリアム王子:「エリザベス女王とエディンバラ公フィリップ殿下は、この小さな家族行事を欠席した。 この決断は、健康上の理由ではなく、しばらく前に、エリザベス女王とケンブリッジ公爵夫妻と互いに同意したものと理解されている」 「火曜日には英国空軍100周年を記念するイベントへの参加が、金曜日にはウィンザー城でドナルド・トランプ米大統領との面会が予定されており、エリザベス女王(92)のその週のご予定は詰まっていた」() メーガン妃とハリー王子:「この状況は、バッキンガム宮殿の上級スタッフを驚かせた。 公爵夫妻はもっと上手く日取りを計画すべきだと思ったからだ」 「『お二人には伝統に従いたくないという大きな裏づけがある。 お若く、他の王室メンバーとは違う道で独り立ちしており、お二人のために喜んでする気持ちも大いにあるが、伝統に配慮せずにやるべきではない』という人もいる」 「『エリザベス女王は、年次のホーリールード・ウィークのためにスコットランドへお出かけになるご予定だったし、その後週末はすでに他のご予定が入っていた。 日取りに関しては、もっと柔軟であるべきだったと考える人もいる』」() キャサリン妃:「私たちの殆どはそもそも直面しないファッションの難問だが、エリザベス女王とお茶をいただくときは具体的に何を着ればよいのだろうか? 昨日、ケンブリッジ公爵夫人は、エリザベス女王の淡青色のアンサンブルとご自身の洋服をコーディネートして、この難題に取り組まれた」 「即位60周年を記念する最初の公式イベントに参加されたエリザベス女王は、ミリタリー調に金ボタンが並んだアンジェラ・ケリーによるツーピースのコートドレスに、淡い色合いの帽子をお召しになっていた」 「キャサリン妃はリラックスされ、エレガントなご様子で、女王とコーンウォール公爵夫人との楽しい公式行事に完璧だった」() メーガン妃:「グレンフェル・タワー火災で亡くなった方に敬意を払うために、女王は緑の帽子を被られると、女王の側近は(メーガン妃)に伝えていた。 自分も帽子を被らなければならないとは気づかずに、メーガン妃が帽子を被らずに現れ、女王は『困惑された』と言われている」 「『公爵夫人が十分に理解されていたとは思わない。 これは依頼ではなかった。 依頼すべきだったのは他の者であり、エリザベス女王ではない』と上級の側近は話している。 公爵夫人の間違い、あるいは『敬意の欠如』を女王のスタッフは言及されたと言われている」() キャサリン妃:「全盛の女性を目の当たりにしている。 粋で、自信に満ち、前向きに光り輝き、流行を次々と仕留めてくる。 見ているだけで楽しい」 「少女風のドレス、小麦色のタイツ、肌と同系色のヒールという古い制服は脱ぎ捨て、眩いばかりに上品に。 これには手厳しいファッショニスタでさえも満足」() メーガン妃:「真の王族には、伝統と義務、自我を抑えての勤めと忠誠が、年や季節が移ろっても必要となる。 王族は時とともに移ろってはいけないというわけではなく、単に過行く流行に負けそうな誘惑に抗わないといけないということだ」 「ファッションはまったくその逆を行っている。 そのファッションの最も有名なバイブルである『ヴォーグ』誌は、その獣の一過性の特徴のよい例だ」() この記事はから翻訳・編集しました。 翻訳:五十川勇気 / 編集:BuzzFeed Japan.

次の

ヘンリー王子夫妻、マリブの8億円豪邸購入を検討か

メーガン 妃 ヤフー

・動作環境 Android 4. ・「App Store」ボタンを押すとiTunes (外部サイト)が起動します• ・アプリケーションはiPhone、iPod touch、iPadまたはAndroidでご利用いただけます• ・Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc. の登録商標です• ・iPhone、iPod touch、iPadはApple Inc. の商標です• ・iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています• ・Copyright C 2020 Apple Inc. All rights reserved. ・Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です• ・スマートフォンでバーコードを読み取るには、専用のアプリケーションが必要です(参考:)• Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

子供時代から個性的!?ベアトリス王女の過去ルック14選

メーガン 妃 ヤフー

著者のキャロリン・ドゥランド氏とオミッド・スコビー氏はヘンリー公爵とメーガン夫人からのオフレコを含めインタビューを完全に否定しています。 というのも、これまでに英大衆紙で報じられたヘンリー公爵、メーガン夫人と英王室の不協和音について、ヘンリー侯爵とメーガン夫人の目にどう映っていたのかを暴露本は記しているからです。 これで2人と英王室の間に残っていたかすかなつながりも完全に断たれてしまいました。 『自由を探して』で新たに明らかにされたポイントを見ておきましょう。 (1)ウィリアム王子とヘンリー公爵の不仲の原因 ウィリアム王子がヘンリー公爵に対し、交際を始めたメーガン・マークルさんについて「この女の子を理解するために必要なだけ時間をかけて」と忠告し、ヘンリー公爵は彼女への欲望で理性を失っていると非難した。 ヘンリー公爵は「この女の子」という表現は軽蔑的だと感じた。 ヘンリー公爵は10年の軍隊生活でアクセント、学歴、民族、階級、職業で拙速に判断しないことを身につけていた。 ヘンリー公爵はウィリアム王子を違う世界に住む人間と感じるようになり、気取り屋と呼ぶようになる。 (2)キャサリン妃とメーガン夫人の不仲 メーガン夫人は「キャサリン妃と共有する(王室に嫁ぐという)ユニークな立場の上に絆を持てなかったことに失望した」。 花嫁介添人を務めたシャーロット王女の衣装合わせでキャサリン妃はメーガン夫人と言い合いになり、涙を流したと報じられたことにメーガン夫人は激怒した。 昨年7月の親善ポロ試合でキャサリン妃はメーガン夫人とほとんど言葉を交わさなかった。 2人の間には「誠意はあったが、遠い関係」だった。 今年3月、ウェストミンスター寺院で営まれた英連邦の追悼行事ではキャサリン妃はメーガン夫人とほとんど目を合わせなかった。 2人の関係は「最初に出会った時の礼儀正しさから進むのに苦労した」という。 ウィリアム王子とキャサリン妃は当時、婚約者だったメーガン夫人を英イングランド西部ノーフォークの住まいに呼んで、キャサリン妃の手作りの菜食料理を振る舞った。 2018年の結婚式前にはメーガン夫人の友人や花嫁介添人らをパーティーに招いている。 熱心なテニスファンのキャサリン妃は2年連続でメーガン夫人をウィンブルドンのロイヤルボックスに誘ったそうだ。 (3)メーガン人気に対する王室の反発 君主制を世界の新たな高みへと押し上げる王室の「灰色のスーツを着た男たち」はヘンリー公爵とメーガン夫人の人気を抑えることに熱心で、2人は「後部座席に座る」ことを強いられた。 王室のエスタブリッシュメントは2人の人気が「王室を食い尽くす可能性がある」ことを恐れた。 昨年4月、ヘンリー侯爵とメーガン夫人がケンジントン宮殿からウィンザーのフロッグモア・コテージに引っ越し、インスタグラムに「サセックス・ロイヤル」のアカウントを立ち上げた時、バッキンガム宮殿の傘の下で活動するよう求められ、「大きな失望」を感じた。 「2人の人気が高まるにつれ、なぜ王室内部で2人のことを考えてくれないのかを理解するヘンリー公爵とメーガン夫人の困難も膨らんでいった。 2人は王室の原動力だった」 「2人が信頼できるのは王室内にほんの一握りしかいなかった。 著者のスコビー氏は「波風を立てる運命にあった」と王室内の人種差別的な態度をほのめかしている。 「自分たちと同じ世界観を共有できる人たちだけがそこにいたと言えるだろう」 男性が毎朝の5時にスタッフに指示をだすと称賛されるのに、アメリカ人女性のメーガン夫人が同じことをすると問題になる。 メーガン夫人は王室スタッフの対応が「性差別的で偏見がある」と感じた。 「非白人の成功した女性としてあまりに多くを要求する」というレッテルをはられ、「ビッチ」扱いされた。 メーガン夫人は「難しい公爵夫人」ではなく単に「異なる公爵夫人」に過ぎなかったのに。 著者たちは「人種差別はイギリスとアメリカで異なる形をとる。 イギリスにおける人種差別の主要なテーマは、誰が正当なイギリス人であるかという問題に集中する。 (5)「スリム化された王室」の波紋 昨年のクリスマス演説で、エリザベス女王の脇に置かれた家族の写真立てにヘンリー公爵、メーガン夫人と第一子のアーチーちゃんの姿が見当たらなかったことが波紋を広げる。 チャールズ皇太子はヘンリー公爵に「スリム化された王室」計画にかかわらず、ヘンリー公爵とメーガン夫人に「王室の未来の大部分」であることを伝える。 エリザベス女王もヘンリー王子とメーガン夫人はいつでも戻って来られるとメッセージを送っている。 しかし、著者のスコビー氏は「2人に戻ってきたい場所はあるのだろうか。 2人は新しい章に関して全て自分たちのために計画するつもりだと思う」と語っている。 米ハリウッド流の「自由」を英王室に期待するのは無理では メーガン夫人は「自由と平等の国」アメリカのハリウッドでキャリアを積み上げてきた女性です。 母親はアフリカ系で、奴隷貿易で巨万の富を築いた白人帝国主義の象徴とも言える英王室にメーガン夫人が嫁ぐこと自体にそもそも無理があったのは明らかです。 メーガン夫人の主張をイギリス社会が素直に受け入れられないのは、自分の正当性を強調するために、父親とその家族だけでなく、自分の意に沿わない記事を書く英大衆紙、ウィリアム王子とキャサリン妃をはじめ、英王室と周囲を次々と悪者に仕立て上げる傾向が強く感じられるからです。 米白人警官による黒人暴行死事件に端を発した黒人差別撤廃運動「Black Lives Matter(黒人の命は大切だ)」がアメリカだけでなく欧州に飛び火し、原因をつくった奴隷貿易やそれに続く植民地支配の清算を白人世界に迫っています。 それだけに暴露本が持つ衝撃は計り知れません。 ヘンリー公爵は今月初めに行われたダイアナ賞のセレモニーで「私の妻は最近、私たちの世代と私たちの前の世代は過去の過ちを正すのに十分なことをしていないと言った。 申し訳なく思う。 あなたがそれにふさわしい場所に世界が到達できなかったのは残念だ」と話しました。 「制度的人種差別は私たちの社会には存在する場所はないが、それでも伝染していく。 全ての人にとってより良い世界を作るために無意識の偏見は非難されることなく認められるべきだ」ともヘンリー公爵は指摘しました。 奴隷貿易とそれに関連して得られたイギリスの富は現在の貨幣価値に換算すると約2640億ポンド(約35兆円)とも言われています。 ヘンリー公爵とメーガン夫人は、どんどん問題を大きくしています。 ハリウッド流の商業主義は英王室の伝統と相容れなかっただけなのに、王室はメーガン夫人というとんでもない爆弾を抱え込んでしまいました。 王室は「白人の特権」以外の何物でもありません。 かと言って、イギリスから王室がなくなると、イギリスではなくなってしまうのもまた事実です。 エリザベス女王が高齢になり、英王室はこれまでにない試練を迎えているのは間違いありません。 (おわり).

次の