エバー テイル 輪廻 の リゼット。 初級冒険者のエバーテイル日記

【エバーテイル】がマジで面白いのか実際に遊んだ本音の評価レビュー

エバー テイル 輪廻 の リゼット

エバーテイルってどんなゲーム? エバーテイルは『ZigZaGame』が提供しているスマートフォン向けのRPGです。 最大8人チームのターン制バトル プレイヤーは様々な種族の中から 最大8人を選択してチームを編成し、 ターン制のバトルに挑みます。 バトルは選出した初期メンバー4人が先鋒として登場し、控えのメンバー4人と負け抜けで入れ替わります。 これは敵側も同様で、 先に相手のチームのHPを全て0にした方の勝利になります。 キャラにはそれぞれ 『得意武器』が設定されており、得意武器を装備することで武器装備時に上昇する能力の幅が大きくなります。 また、成長要素としてキャラの他に 武器にもレベルが設定されており、戦闘やアイテムでレベルを上げ、成長させることが可能です。 モンスターを捕獲して仲間にできる エバーテイルの大きな特徴として、マップ画面の草むらで 出会うモンスターを『捕獲』することができる点があります。 ストーリーの会話パート 雨の中、村を追われた姉弟を救出し、村に戻ると村は崩壊しており、そこで出会った『赤竜騎士団』の隊長と共に、村を襲った調本人を撃退します。 その戦いの中で、瞳が赤く光り出し、フィンに秘められた力が覚醒する…といった、王道のファンタジー物です。 ストーリー展開もそこそこ早く、プレイしていて 作品の出来が凄く良いと感じました。 また、ストーリー加入のキャラも多く、ある程度初期レベルもストーリー進行に合わせてくれるため、戦力を拡大する上でも一役買ってくれます。 依頼や、本編クリアでガチャを引くために必要な石が手に入るのもあり、戦力増強の面でも、ストーリーを楽しめること請け合いです。 エバーテイルの魅力について エバーテイルの魅力は、何といっても 『戦闘システム』にあります。 単なるターン制ではない戦略性の高さ このゲームの戦闘システムはシンプルな『ターン制戦闘』なのですが、左下にキャラと敵のアイコンが表示された部分があり、その下 『TU』と呼ばれる数字が表示されています。 TUが少ない順にキャラが行動 TUの数値が少ない順に行動していくのですが、このTUがエバーテイルの戦闘が、 単なるターン制RPGと一線を画す部分です。 自ターン時、キャラに設定された最大4つの『アクティブスキル』の中から一つを選んで行動します。 アクティブスキルは通常攻撃の他、回復や状態異常など様々な効果を敵味方に与えることができます。 このアクティブスキルの横に時計マークが表示されており、この時計マークがスキル使用後にキャラに付与されるTUになります。 TUはキャラの行動順を決める数値なので、 アクティブスキル使用時に付与されるTUが少なければ早く行動が可能になります。 基本的に強力な効果を持つ攻撃であればあるほどTUの数値は大きく、逆に効果が薄ければ少なくなります。 また、攻撃決定時に増減する 『SP スピリット)』というコストが存在します。 これはアクティブスキルによって増加・消費が決まっていて、画面右下の紫色のオーブの横がSPのカウンターになります。 SP スピリット は強力なスキルなどに使用 基本的に、強力なアクティブスキルを使用すると消費され、通常攻撃や単体状態異常付与などの効果が薄いものを使うと増加されます。 無論、SPが無い状態ではスキルを発動することができません。 SPの上昇と増加は、アクティブスキル選択時にプラスとマイナスの数値で表示されます。 これらの要素に加え、特定の状態異常やスキル使用状態に対して特効となるアクティブスキルが存在します。 例えば『ポイズンハンター』というアクティブスキルは『毒状態の敵に〇〇%のダメージを与える』という特性を持っています。 ポイズンハンターを使用することで、毒状態の敵に通常よりも遥かに大きいダメージを敵に与えることが出来ます。 また『ブロックキラー』というスキルは、味方を敵の攻撃から庇う『ブロック』と呼ばれる状態の敵に対して特効効果を持つアクティブスキルとなっています。 基本的にブロックを使うキャラはHPや防御力が高いので、それを一瞬で屠ることのできる強力なアクティブスキルの一つです。 状態異常の他に『対象のTUが200以上』や『パーティーのSPが6以上』などで発動可能なアクティブスキルなどがあります。 敵に状態異常を与えたり、逆に味方の状態異常を回復したり、味方のTUを0にしたり…様々な効果を持つアクティブスキルを組み合わせることで、戦闘を有利に進めることができます。 当然、敵もアクティブスキルを使ってくるので、敵のアクティブスキルにも警戒しなければなりません。 …といった様に、エバーテイルの戦闘システムはシンプルなターン制でありながら、非常に奥深いものとなっています。 改善してほしい点 改善して欲しい点は、以下の2つです。 捕獲の難易度がとにかく高い• 戦闘システムに対する説明が少ない モンスター捕獲の難しさ 捕獲の難易度ですが、先に説明した通りにエバーテイルでは、草むらで出現するモンスターを捕獲し、自分のモンスターにすることが可能です。 また、レアなモンスターであればある程、HP低下時の捕獲率が下がるので、運が悪いと何度もトライアンドエラーを繰り返すことになります。 下手をすると序盤のモンスターですら失敗し、下手をするとそのまま逃走してしまうので、捕獲率をもう少し改善して欲しいと思います。 戦闘システムは慣れが必要 また、戦闘システムについての説明が不十分であるのも難点の一つです。 エバーテイルの戦闘システムは奥深いものではあるのですが、その チュートリアルがかなり端折り過ぎていて、慣れるまで時間が掛かりました。 特に『TUが250以上の対象に対して使用可能』などの説明がわかりにくく、使いこなすまでに時間が掛かりました。 アクティブスキル使用時のTUに付いても説明が薄く、もう少しその辺りを説明するなり、詳細を動画にまとめるなりすれば取っつきやすいのにな、と残念に思いました。 無課金でも楽しめる? エバーテイルは 無課金でも十二分に楽しめると思います。 ストーリー部分はRPGとしてよく出来ており、頑張れば捕獲したモンスターと配布キャラだけでもストーリーを進めることが可能です。 また、デイリーログインで2,3日に一回、ガチャ一回分の石が、スタートダッシュログインで7日毎に10連ガチャ分が獲得できます。 これらを上手く運用して環境を整えることで、無課金でも効率的に遊ぶことが可能です。 また、このゲームは一部イベントなどがスタミナ制ですが、はイベントクエストにある『プレイヤーランククエスト』を受注することで簡単にプレイヤーレベルを上げることができます。 プレイヤーランクが上がるとスタミナが全回復する他、スタミナ回復アイテムが複数、手に入ります。 プレイヤーランクが上がるごとに貰えるため、 スタミナに関しては全く気にせず遊ぶことが可能です。 このゲームのキャラ育成の特徴として『ダブったキャラを素材として『覚醒』を行うことで、パッシブスキルが一つ増えて行く』というのがあります。 パッシブスキルには強力なものが多いので、気に入ったキャラを覚醒させるのは大きな戦力増強となります。 気に入ったキャラがピックアップに出現した場合は、積極的に引くと良いでしょう。 お気に入りのキャラ 私の個人的な推しキャラは 『輪廻のリゼット』です。 これは物語序盤に登場するヒロイン『リゼット』とは異なる世界線の『リゼット』とでも言うべき存在になります。 この世界線ではリゼットが途中で命を落としたことで、フィンが世界の全てを敵に回したという歴史を持っています。 これら『輪廻』と二つ名の付くキャラは他にも数多くおり、どれも 現在のストーリーとは異なる結末を辿った世界線のキャラの成れの果て、といった感じになっています。 個人的な推しポイントは、キャラの外見の可愛さもそうですが、何より 毒とブロックに特化したキャラ性能にあります。 このキャラは、通常であれば毒を与えるだけでダメージの無い『ポイズン』に攻撃を付与した『ポイズンアタック』や、TU50という驚異の回転率でランダムな敵を毒状態にする『ランダムポイズン』。 輪廻のリゼット:ポイズンドレイン 特にポイズンドレインは画面全体にリゼットの持つ蛇腹剣(刀身が蛇の腹の様に分離し、鞭としても使える剣)が縦横無尽に展開するので、見栄えも最高です。 また、ブロック状態の敵に対して400%のダメージを与えるブロックバスターを持っており、状況を選ばずに使える汎用性があります。 そして、これらの特効スキルがTU130以下で全て使える破格の性能を持っています。 個人的に性能的にも、外見的にも推せるキャラです。 エバーテイルはこんな人にオススメ エバーテイルは 『難易度の高い、歯ごたえのあるRPG』を遊びたい人に特におススメです。 このゲームはターン制ながら状態異常やSP・TU数値など、様々な要素が組み合わさり、非常に複雑な戦闘システムを完成させています。 これらのシステムを理解し、適切なパーティーを組むことで自分よりも格上の敵を倒すことも可能です。 ただしその分、 基本的な敵の強さが他のRPGゲームに比べて高く、考え無しに挑むとレベル差があってもこちらが負けることが多くあります。 ですので、敵の編成や行動を観察し、適切な攻略方法を模索するという、 シミュレーションゲームにも似た戦略性が必要になります。 ガツンとした玄人向けの歯応えと、クリアした時の味わい深さを追求するゲーマーならば間違いなく満足すると思います。 これから始める初心者さんへのアドバイス これからエバーテイルを始める人へのアドバイスですが 『あまりリセマラをせず、早めにストーリーを進めまくって7日間ログインしよう』です。 エバーテイルはストーリーを進めないと石が手に入りにくいので、兎に角序盤はストーリーを進めることが重要です。 戦闘システムに慣れるという意味合いでも重要で、序盤から『これ絶対序盤で戦う敵じゃないだろ』と思う位の強い敵と戦わされたりします。 戦闘システムを理解していれば対処可能なのですが、特に慣れていない序盤だと相当にキツイものがありますので、早めに 草むらなどで戦闘を繰り返して戦闘システムに慣れることが大切です。 また、7日間ログインする理由ですが、エバーテイルは始めた時から6日目まで毎日100個ずつ、7日目に10連分の1000個のガチャを引くための石が獲得てきます。 前述の通り、ストーリーを進める以外、 ログインボーナスでしか石を稼ぐ手段がありません。 リセマラをしようにも、最初のガチャは精々2. 3回しか引けないので、それならば7日目の10連を狙った方が気が楽です。 10連ではSSRかSRが必ず手に入るので、普通に引くよりもお得になっているので、なるべく10連を引くようにして、キャラの数を集めることに専念しましょう。 …ですが、これとは別に新規ユーザー限定の24時間日替わりピックアップが存在します。

次の

最強SSRランキング

エバー テイル 輪廻 の リゼット

知ってますか? 「エバーテイル」っていう隠れた王道RPGの名作。 ポケモンのパクリやらなんやら言われていることがあるんですけど、そういう人に言いたい、君はちゃんと遊んだのかい? と。 でも、ゲーム性自体は全然違うんですよね。 メインストーリーも作り込まれていて、めちゃ楽しめます。 そんなエバーテイルなんですけど、ので、気になっていた人はぜひ。 フィールドを自由に動き回って、チームのキャラを強化して育成、ストーリーを楽しむ。 そんなゲームです。 ゲーム性のイメージとしては、ドラクエやポケモン、ファイアーエンブレムなんかの懐かしいJRPG。 キャラごとに異なるアクティブスキルや、常時発動するパッシブスキル。 武器やアクセサリーの組み合わせを考えるのもこのゲームの醍醐味かなぁ、と。 ゲームとしては、• フィールドを動きまわり、ストーリーを攻略していく「オフラインストーリー」• マス目を進めてストーリーを楽しむ「オンラインストーリー」• 期間限定イベントや素材集め「イベント」• レーティングマッチ「リアルタイム対人戦」 上記4つが用意されていまして。 もちろん、オフラインでも、オンラインでも、イベントでも、対人戦でも、自分が考えて作ったチームで遊べるんですよ。 同じギルド内であれば、 友達と対人戦ができるというのもこのゲームのお気に入りポイントで、一人で遊ぶより、友達を誘って遊んだ方が100億倍楽しめると思います。 野生のモンスターを捕まえる「キャプチャ」 エバーテイルは、"キャプチャ" で野生のモンスターを捕まえることができるんですけど、これがポケモンに似てると言われる由縁。 一部のレアモンスターなどはオンラインストーリーでもイベントクエストでも活躍してくれるんですけど、ほとんどの野生のモンスターはあまり使いどころがありません。 キャプチャの覚えておきたいポイントとしては……• ダメージを与えるほど捕まえやすくなります。 キャプチャは何回でもできますが、失敗を繰り返すと逃げられることも。 ざっとこんな感じ。 あくまでも、補助的な要素というのはお忘れなく。 野生のモンスターがあまりにも弱すぎて、序盤意外に活躍の場がないため、そのあたりは改善されればなぁ、と。 1倍 通常 、もしくは2倍の速度で自動戦闘してくれるんですけど、これがまたいい感じ。 イベントバトルだったり、進化素材だったりを集めるときは周回しないといけないので、そういう時はオートバトルで快適に進められるんですよ。 "ながら作業" でも素材集めができますし、このオートバトルがあるのと無いのとでは、効率が全然違います。 Good。 エバーテイルはいくつものチームを作れるので、オートバトルに特化したチームを作ってみるのもおすすめです。 チームを考えるのが楽しい エバーテイルの大きな特徴として、"戦略性の高いゲームシステム" もぜひ知ってもらいたいポイント。 これがほんとに深くてですね。 僕のパーティは「毒パ」なんですけど、ポイズンリベンジ(倒された時に毒付与)をどこに持ってくるか、相手の攻撃を受けてくれるブロッカーをどのあたりに配置するか、装備をどうするか、いろいろ悩むのもまた楽しいんですよね。 チームは全部で8体。 エバーテイルでは、アクティブスキル、パッシブスキル、そしてメンバーのシナジーを考えるのがめちゃ重要です。 ゲームの難易度は高め 僕が一番苦戦したボス「ノーザ」。 留意したいのが、 このゲームの難易度は結構高めということ。 何も考えてないで戦闘してると全滅しちゃうこともしばしば、です。 毒パの僕にとって死にゲー。 チームメンバーの順番を変えてみたり、スピリット(スキルを使うためのポイント)を回復できるキャラを入れてみたり、とにかく試行錯誤し、10回目くらいでなんとか倒せました。 これもエバーテイルの良いところなんですけど、俺強いゲーしたい人にはちょっと厳しい場面があるかもしれません。 ちなみに、オフラインストーリーは、チーム構成を考えれば、ガチャ無しでもクリアできる難易度なのだそうですよ。 絶妙に調整されてます。 ガチャは渋めです エバーテイルって、ストーリーも楽しめるし、戦略性の高いゲームなので、チームを考えるのも楽しいんですけど、ガチャが渋めです。 ハードなイベントクエストの攻略にはSSRキャラが必須級なんですけど、なかなかお目当てのキャラを引くことができません。 理由は、 武器とキャラが1つのガチャでごちゃ混ぜになっているから。 参考までに、僕は何度も10連ガチャして、やっと目当てのキャラ「輪廻のリゼット」をゲットしたくらい。 しかも、これで 初SSRキャラですから、それくらいSSRキャラが出ません。 たぶん、これでも運が良い方だと思います。 これ以降SSRキャラ一度も出てないですし。 ガチャが渋めなのは良いんですよ。 武器とキャラが一緒になっていて、同じSSRでも武器の排出率の方が高いので、SSR出た!と思っても大体SSR武器。 120円と言えど、一応有料ゲームですし、ガチャシステムは悪くないと思います。 排出率にも文句はありません。 ただ、「武器とキャラは分けようよ!」って僕は言いたい。 装備よりも、キャラのアクティブスキルやパッシブスキルの方が重要なゲームなので、このあたりは改善できるんじゃないかなぁ、と。 ちなみに、エバーテイルはログインボーナスでガチャアイテム「ソウルストーン」がもらえます。 10連ガチャだとSR or SSRが1体確定になるので、コツコツ遊ぶのがおすすめです。 ガチャでやけにならず、ゆっくり遊びましょう。 今、無料でダウンロードできるのはiOS版のみ。 iOS版の価格は120円。 Android版の価格は99円です。 価格を考えると、圧倒的お得感とボリュームです。 エバーテイルは、僕がパズドラ、モンスト以来、久しぶりにドハマりしたスマホゲームなんですけど、このゲームほんとにおすすめ。 120円と言えど有料ゲーム。 もう無料にしちゃってもいいんじゃない? という気持ちもあるのですが、この120円が良い感じのストッパーになっているんですよね。 (みなまで言わせないでください。 分かりますよね、あなたなら。 ) ゲームシステムもそうですが、キャラもほんと魅力的で、ハマる人はハマる。 もう間違いありません。 エバーテイルは、自身を持っておすすめできるスマホ向けRPGゲームです。 懐かしき王道RPG「エバーテイル」 Now! Source:.

次の

【エバーテイル】初心者必見!リセマラでおすすめのキャラクター【2020年1月版】|ノマドGamer

エバー テイル 輪廻 の リゼット

当面はSSRキャラ1〜2体程度で戦うことになります。 なのでSSRキャラには倒されるまでの間、ガンガン敵を葬ってもらう必要があります。 よって、火力スキルの使用後コスト TU の軽さは重要なポイントのひとつです。 たとえ期間限定のSSRキャラだったとしても、高火力スキルは何かしらの発動条件があります。 ガチャの仕様とソウルストーンの配布量から序盤はキャラ不足に陥りがちなので、シナジーを重視した編成が組みづらいです。 そのため、リセマラにおいては自力で高火力スキルの発動条件を満たせるキャラが好ましいと言えます。 倒されづらい性能 いかに攻撃性能が高くても、簡単に倒されてしまうようでは活躍が難しいです。 どういうことかというと、例えば攻撃した相手を状態異常にする「〜スキン」や、ダメージを減少する「〜アーマー」などのパッシブスキルを持ったキャラは、倒すのが面倒なので簡単には倒されづらいってことです。 また、攻撃と同時にHPを回復する「ドレイン」系のスキルは、うまく使えばメインアタッカーをしぶとく場に残すことができます。 エバーテイルのリセマラおすすめキャラ 初心者限定24時間ガチャで排出される「輪廻のリゼット」と「ノーザ」が特におすすめです。 運よくどちらか片方入手できれば攻略がぐっと楽になることは間違いありません。 最もオススメな輪廻のリゼット カウンターブロウで付与されるカウンター状態は、殴られるとノーザが即行動可能になります。 またこの状態では致死量のダメージを受けても倒されません。 さらに他にも雷属性キャラが場にいる、という条件付きですが、ノーザにターンが回るとリジェネによって体力が自動回復します。 ドレイン系のスキルを持っていないものの、カウンターやスタン、リジェネのお陰で場に残りやすい性能です。 そしてノーザはサバイバルブロウが使えます。 相手からすると面倒な事この上ないキャラのひとりです。 スポンサーリンク エバーテイルのリセマラに非推奨なキャラ リセマラ向けなキャラの真逆になります。 ここで紹介するキャラは、あくまでリセマラに向いていないキャラです。 光リュドミラ リセマラで狙うとしたら、単体で活躍できてTUの軽いアタッカーである「輪廻のリゼット」か「ノーザ」がおすすめです。 この2体はそれぞれポイズン編成やスタン編成で主軸になるキャラですが、それ以外の編成でも活躍が見込める性能を持っています。 エバーテイルで最初に手にするキャラは、特定の編成に特化したキャラはあんまりおすすめできません。 まれに開催される有料のSSR確定ガチャや、ピックアップのすり抜けで、想定外のキャラを入手することが多々有るからです。 また、ガチャの確率上ちょっとやそっとの課金では常に理想編成を組むのは難しいです。 適度に楽しむ分には、まずは汎用性の高いアタッカーを1体狙うことをおススメします。

次の