べっこう飴失敗。 飴の簡単な作り方まとめ!定番のべっこう飴からフルーツ飴・金太郎飴まで

べっこう飴がどうしても失敗するんです・・・

べっこう飴失敗

実験12 べっこう飴/2年理科『化学』/takaの授業記録2003 このページは中学校2年理科『化学』 /takaの授業記録2003です 実験12 べっこう飴 2004 3 19(金) 第1理科室 家庭科の授業でたくさんお菓子を作っているので、シンプルな『べっこう飴』は人気が ないだろうと思いきや、生徒の反応は非常によい。 4つも5つも食べて気持ち悪くなっ ても作り続けるのは何故だろう? (上:2回めの飴には、小さなチョコレートがトッピングされた) <授業の流れ> 1 実験上の注意 大火傷をする危険があるので十分に注意させて下さい <注意の例> 「今日の火傷は重傷になります。 どうして危険なのかよく話を聞いて下さい。 先日の実験で は、間違えてガスバーナーで焼いたピンセットを持ち、親指と人さし指にギザギザの痕がつ く火傷をしましたが、あれは治りました。 焼いた温度は300度Cぐらいだったので、一瞬 のうちに皮膚が焼けて煙りを出しましたが、あちっ、とすぐに離したので重傷ではありませ ん。 さらに、水で2時間ぐらい冷やし続けたので、3日後には完全に治りました。 しかし、 今日の火傷は一生残ります。 溶けた砂糖の温度は172度Cぐらいしかありませんが、間違 って手の上に落ちると、取り外すことができません。 あちちちち、と言いながら水道のとこ ろに移動して、蛇口をひねって水をかけるまで5秒間かかるので、その間に皮膚の下の細胞 まで死にます。 水を掛けても、飴は急に冷えません。 ピンセットのようにすぐに離すことが できないので、重傷になるのです。 飴が皮膚の中に埋まります。 先生も、これまでに何回か 飴を手の上に落して、こことここに痕が残っています。 みなさんも十分に注意し下さい。 絶 対に、溶けた砂糖の下に手を入れてはいけません。 美味しそうなのでついつい手が出たり、 棒についた飴を舐めたくなりますが、絶対にいけません。 普通の火傷とは違います。 皮膚が 焼け焦げ飴が埋まらないように十分注意して下さい。 」 2 実験の手順 <説明の例> 「それでは、実験手順を説明するので前のテーブルに集まって下さい。 」 「これは洗いてたの綺麗なビーカーなので、できた飴は美味しいく食べられますが、ビーカ ーで作ると砂糖が焦げて苦くなるので、鍋を使った方が絶対に良いです。 砂糖の量は小さな 『げんこつのグー』ぐらい。 もっと沢山入れも良いけれど、入れ過ぎて失敗して鍋を洗うの に時間がかかってチャイムが鳴るより、半分の量で2回作った方が正解だと思います。 」 「さて、ここで質問です。 砂糖には水を入れますか?入れませんか?」 「え、残念ながら1滴も入れてはいけません。 『かるめ焼き』の場合は、砂糖が隠れる程度 の水を入れますが、べっこう飴はダメです。 鍋を洗ったあとの水もキンと拭かないと、残っ た水が完全に蒸発するまで温度が上がりません。 100度Cで温度が止まり、完全に蒸発す るまで砂糖が溶けないので、砂糖は鍋を乾かしてから入れて下さい。 」 (上:加熱しはじめるとビーカーの表面が曇った。 / 左:表面を加熱し観察しやすくする。 ) 「バーナーで加熱します。 砂糖が焦げないように弱火がいいけれど、説明に時間がかかる ので強火で頑張ります。 200度Cの温度計で掻き混ぜますが、みなさんは割りばしを使 った方がいいでしょう。 かき混ぜるスピードは、やたらに速くすると砂糖の温度が下がっ てしまい『金平糖』のように固まるので、ゆっくり動かしてください。 こうしてペラペラ 喋っている間も、掻き混ぜたくなるのですがダメです。 溶ける温度、融点になるまでは何 の変化もありませんので、じっと観察して下さい。 炎が直接当っている場所を良く確認し て、少しでも溶け始めたらゆっくり割りばしを動かして焦げないようにします。 ほら、少 し溶けてきたのが分かりますか。 一番前に座っている人は分かりますね。 溶けると何色に なっていますか?」 「え、違います。 白ではありません。 」 「違います。 黄色でもありません。 無色です。 色なしです。 無色で透明です。 もちろん焦 げた場合は、黄色や茶色になりますが、白色が無色です。 透明か不透明は色とは関係ない のでなので、溶けたばかりの砂糖は無色透明、美味しそうなべっこう飴は黄色透明、大人 のビター味になったものは茶色透明です。 ) 「さあ、だんだん溶けてきました。 今、炎から出したり入れたりしていますが、割りばし でかき回すのではなく、ビーカーの余熱を使って溶かします。 溶けてきたら炎から出し、 砂糖をゆっくり動かします。 かき混ぜると温度が下がり、せっかく溶けたものが固まって しまったり、小さな空気の泡が混じって白く濁り、溶けているのかどうか分からなくなり ますので、とにかくゆっくり動かすようにして下さい。 さあ、説明しているうちに融点に 達し、みるみるうちに溶けてきました。 おっと、もう美味しそうに色づいてきましたね。 ただ、ここからは一気に温度が上昇して真っ黒に焦げて食べられなくなります。 」 (上:ちょっと茶色過ぎるけれど、これを固めればべっこう飴です) 「今、火傷しないようにアルミホイルの上に垂らせば、べっこう飴の出来上がりです。 し かし、理科の実験ということなので、もう少し加熱して炭酸水素ナトリウムを入れましょ う。 耳かき1杯で十分ですが、今日はたっぷり加えます。 これは何ですか?」 「酸素ではありません。 」 「二酸化炭素でもありません。 」 「惜しい! 水蒸気でもありません。 」 「そうですね、水です。 水蒸気は目に見えませんが、白い湯気は見えるので液体の水です。 炭酸水素ナトリウムを熱で分解すると、炭酸ナトリウムと二酸化炭素と水になるので、今、見ている白い湯気は水です。 そして、もう1つ質問しますが、どうして膨らんだのですか?」 「そうですね。 二酸化炭素で膨らんだのです。 ぶくぶく出ている泡は水蒸気と二酸化炭素によってできたものです。 失敗作品は洗い流し、新しく挑戦しますが、洗い方は簡単! 水につけるだけ です。 見てて下さい。 水道水で流しますよ。 ほら、もうこんなに取れました。 焦げ付 いていなければ洗う必要は一切ありません。 水につけておくだけで勝手に取れます。 湯を使いたい人は準備室の湯沸かし器を使っても構いません。 作業が始まると、説明が通らなくなるので、事前に丁寧に説明しておくことが大切です。

次の

いちご飴の砂糖が結晶化してしまう原因と結晶化を防ぐ方法

べっこう飴失敗

作り方 砂糖は白砂糖。 「砂糖持ってきてね。 」って言ったら、中白の砂糖を持ってきてくれた人がいた。 白くない砂糖でもできるかどうかやってみたら、おろすタイミングが難しくて失敗してしまった。 べっこう飴の砂糖は、白に限る。 (グラニュー糖でも可能です) 砂糖やアルミケースは学校で準備するのが良い。 始まり いつもアルコールランプの使い方を、べっこう飴を津kる前に行っています。 まず、アルコールを少量、入れ物の中にとって、「火の色はどんな色」と聞いてから、火をつけます。 アルコールの火は、ほとんど見えなくて、「見えないから服について燃えても見えなくて危ないからこぼさないように気をつけて。 」と話します。 その後、アルコールの爆発実験。 アルコールランプの使い方。 マッチのスリ方の授業をしてから、この実験に入ります。 くれぐれもやけどをしないこと。 アルコールの実験でのやけどや事故はとっても多い。 1.三脚を手でもってのやけどに要注意です。 これはやけどしない持ち方を発見した子がいたので、下に書きます。 2.冷えたかどうか手で触ると、触ったとたんにやけどします。 冷えたかどうかは、まず、爪楊枝をもって上がることをたしかめ、次に、下からアルミホイルを触って確かめると良いでしょう。 3、ていねいに扱わないと、熱い砂糖が飛びます。 周りの人は、距離を置くこと。 さとうは散らばるから、またはグループ毎に大きい紙の上に出す。 さじをそこに置きます。 「砂糖は薬さじ2杯いれます。 これくらいです」(とやってみせる。 角砂糖2~3個大) 「人によって計りがちがっても大丈夫、少しは多くても少なくてもできます。 あとから砂糖を追加するのはだめです。 おさないで順番に計って下さい。 」(下の研究参照) (多すぎると、熱していると、アルミカップが柔くなって、ふちから溢れます。 ) 「でも、水は2立方センチメートルを正確にはかります。 」 ということで、ビーカーに水をくみ、ピペットの正しい使い方を教えました。 もちろん新しいきれいなスポイトでも大丈夫です。 「水の量が多いと、つくるのに時間がかかります。 余り水が多いと、2つできる時間で1つもできないことになります。 水の量は要注意です。 」 (正確でなくてもできるということです) 次にピペットから、ゆっくりと全体に水がかかるように水をたらしてください。 そうすると砂糖全部が溶けます。 溶けないときは、しばらく待てば大丈夫。 忙しいときは数滴、とけていないところに水を垂らします。 砂糖は、水1グラムに対し2倍の2グラムもとけるから、少しの水で大丈夫です。 失敗したと思っても、しばらく待てば、溶けてくれます。 このとき、つまようじで絶対にかき混ぜないようにして下さい。 アルミケースはかき混ぜただけで、簡単に穴があいてしまいます。 ビーカーとピペットは使い終わったら、洗って返して下さい。 アルコールランプに火をつけて、金網に、アルミケースをのせます。 しばらくまっていると、砂糖が黄色くなってきます。 ここで、もう一度アルコールランプの一番火の強いところはどこか教えたほうがいいでしょう。 黄色くなってきたら、つまようじを入れてます。 早くにつまようじを入れてもかまいませんが、混ぜて穴を開ける人もいますので注意。 熱くなっていると、アルミホイルも穴が開きやすくなっているのでしょう。 ) つまようじを持ち上げて、糸をつくって遊ぶ人もいますが、教室が汚れないようにだけ、注意。 教えないほうがいいでしょう。 そして火から下ろします。 このとき、金網の端を持って、金網といっしょにおろして下さい。 だいじょうぶ、金網の隅は熱くないから触ってみて下さい。 ぬれ雑巾などの上におろすと良いでしょう。 そのままにしておくと、どんどんべっこう飴の色が変わっていきますので、砂糖をこぼさないように、アルミケース毎よこにずらしてください。 持ち上げるとこぼれますので、ずらす。 これぐれもこぼさないように。 それから、冷えるまで待ちます。 このとき、上から触ると砂糖がくっついてきてやけどします。 つまようじ毎べっこう飴が持ち上がったら、アルミケースの下に触って熱さを確かめれば大丈夫。 こうすれば砂糖は付いてきませんからやけどをしません。 (というのがクマの工夫) 十分さめたら、アルミをはがします。 冷えたほうが上手に剥がれます。 このときぐるぐるっと横にはがさないように、そうするとあとで取れなくなっちゃいますから、アルミをなるべく破らないようにはがしていって下さい。 そうそう、その前に後かたづけです。 できた人から方つけます。 このとき三脚でやけどしないように、(といったら、金網に引っかけて持ち運んでいる人がいた。 これならやけどしないと感心。 それ以来かたづけるときはこの方法を使っています。 指をやけどしたときは、流し水をかけ続けます。 20分以上かけました。 そして、痛くなくなったら紙コップへ水を入れてその中へ指を入れて保健室へ。 でも、大きなやけどはすぐに別の手当が必要です。 べっこう飴の詳しい実験 他の砂糖ではできないんだろうか。 そこで角砂糖で実験。 なかなかうまくできる。 いったい砂糖の量はどれくらいが良いんだろう。 そこで実験。 角砂糖1個+水2立方センチメートルの場合 角砂糖2個+水2立方センチメートルの場合 角砂糖3個+水2立方センチメートルの場合 角砂糖4個+水2立方センチメートルの場合 と、角砂糖を基準に作成。 砂糖が多いと、回りに白い部分がのこる。 T君は、「キンカトウみたい。 」といいながら味わっていた。 写真は左から、角砂糖が 4個、3個、1個。 2個は食べてしまって、写真がない。 参考文献「ものつくりハンドブック5:仮説社」.

次の

韓国で人気!いちご飴の失敗しない作り方&渋谷の専門店【簡単レシピ】

べっこう飴失敗

実験12 べっこう飴/2年理科『化学』/takaの授業記録2003 このページは中学校2年理科『化学』 /takaの授業記録2003です 実験12 べっこう飴 2004 3 19(金) 第1理科室 家庭科の授業でたくさんお菓子を作っているので、シンプルな『べっこう飴』は人気が ないだろうと思いきや、生徒の反応は非常によい。 4つも5つも食べて気持ち悪くなっ ても作り続けるのは何故だろう? (上:2回めの飴には、小さなチョコレートがトッピングされた) <授業の流れ> 1 実験上の注意 大火傷をする危険があるので十分に注意させて下さい <注意の例> 「今日の火傷は重傷になります。 どうして危険なのかよく話を聞いて下さい。 先日の実験で は、間違えてガスバーナーで焼いたピンセットを持ち、親指と人さし指にギザギザの痕がつ く火傷をしましたが、あれは治りました。 焼いた温度は300度Cぐらいだったので、一瞬 のうちに皮膚が焼けて煙りを出しましたが、あちっ、とすぐに離したので重傷ではありませ ん。 さらに、水で2時間ぐらい冷やし続けたので、3日後には完全に治りました。 しかし、 今日の火傷は一生残ります。 溶けた砂糖の温度は172度Cぐらいしかありませんが、間違 って手の上に落ちると、取り外すことができません。 あちちちち、と言いながら水道のとこ ろに移動して、蛇口をひねって水をかけるまで5秒間かかるので、その間に皮膚の下の細胞 まで死にます。 水を掛けても、飴は急に冷えません。 ピンセットのようにすぐに離すことが できないので、重傷になるのです。 飴が皮膚の中に埋まります。 先生も、これまでに何回か 飴を手の上に落して、こことここに痕が残っています。 みなさんも十分に注意し下さい。 絶 対に、溶けた砂糖の下に手を入れてはいけません。 美味しそうなのでついつい手が出たり、 棒についた飴を舐めたくなりますが、絶対にいけません。 普通の火傷とは違います。 皮膚が 焼け焦げ飴が埋まらないように十分注意して下さい。 」 2 実験の手順 <説明の例> 「それでは、実験手順を説明するので前のテーブルに集まって下さい。 」 「これは洗いてたの綺麗なビーカーなので、できた飴は美味しいく食べられますが、ビーカ ーで作ると砂糖が焦げて苦くなるので、鍋を使った方が絶対に良いです。 砂糖の量は小さな 『げんこつのグー』ぐらい。 もっと沢山入れも良いけれど、入れ過ぎて失敗して鍋を洗うの に時間がかかってチャイムが鳴るより、半分の量で2回作った方が正解だと思います。 」 「さて、ここで質問です。 砂糖には水を入れますか?入れませんか?」 「え、残念ながら1滴も入れてはいけません。 『かるめ焼き』の場合は、砂糖が隠れる程度 の水を入れますが、べっこう飴はダメです。 鍋を洗ったあとの水もキンと拭かないと、残っ た水が完全に蒸発するまで温度が上がりません。 100度Cで温度が止まり、完全に蒸発す るまで砂糖が溶けないので、砂糖は鍋を乾かしてから入れて下さい。 」 (上:加熱しはじめるとビーカーの表面が曇った。 / 左:表面を加熱し観察しやすくする。 ) 「バーナーで加熱します。 砂糖が焦げないように弱火がいいけれど、説明に時間がかかる ので強火で頑張ります。 200度Cの温度計で掻き混ぜますが、みなさんは割りばしを使 った方がいいでしょう。 かき混ぜるスピードは、やたらに速くすると砂糖の温度が下がっ てしまい『金平糖』のように固まるので、ゆっくり動かしてください。 こうしてペラペラ 喋っている間も、掻き混ぜたくなるのですがダメです。 溶ける温度、融点になるまでは何 の変化もありませんので、じっと観察して下さい。 炎が直接当っている場所を良く確認し て、少しでも溶け始めたらゆっくり割りばしを動かして焦げないようにします。 ほら、少 し溶けてきたのが分かりますか。 一番前に座っている人は分かりますね。 溶けると何色に なっていますか?」 「え、違います。 白ではありません。 」 「違います。 黄色でもありません。 無色です。 色なしです。 無色で透明です。 もちろん焦 げた場合は、黄色や茶色になりますが、白色が無色です。 透明か不透明は色とは関係ない のでなので、溶けたばかりの砂糖は無色透明、美味しそうなべっこう飴は黄色透明、大人 のビター味になったものは茶色透明です。 ) 「さあ、だんだん溶けてきました。 今、炎から出したり入れたりしていますが、割りばし でかき回すのではなく、ビーカーの余熱を使って溶かします。 溶けてきたら炎から出し、 砂糖をゆっくり動かします。 かき混ぜると温度が下がり、せっかく溶けたものが固まって しまったり、小さな空気の泡が混じって白く濁り、溶けているのかどうか分からなくなり ますので、とにかくゆっくり動かすようにして下さい。 さあ、説明しているうちに融点に 達し、みるみるうちに溶けてきました。 おっと、もう美味しそうに色づいてきましたね。 ただ、ここからは一気に温度が上昇して真っ黒に焦げて食べられなくなります。 」 (上:ちょっと茶色過ぎるけれど、これを固めればべっこう飴です) 「今、火傷しないようにアルミホイルの上に垂らせば、べっこう飴の出来上がりです。 し かし、理科の実験ということなので、もう少し加熱して炭酸水素ナトリウムを入れましょ う。 耳かき1杯で十分ですが、今日はたっぷり加えます。 これは何ですか?」 「酸素ではありません。 」 「二酸化炭素でもありません。 」 「惜しい! 水蒸気でもありません。 」 「そうですね、水です。 水蒸気は目に見えませんが、白い湯気は見えるので液体の水です。 炭酸水素ナトリウムを熱で分解すると、炭酸ナトリウムと二酸化炭素と水になるので、今、見ている白い湯気は水です。 そして、もう1つ質問しますが、どうして膨らんだのですか?」 「そうですね。 二酸化炭素で膨らんだのです。 ぶくぶく出ている泡は水蒸気と二酸化炭素によってできたものです。 失敗作品は洗い流し、新しく挑戦しますが、洗い方は簡単! 水につけるだけ です。 見てて下さい。 水道水で流しますよ。 ほら、もうこんなに取れました。 焦げ付 いていなければ洗う必要は一切ありません。 水につけておくだけで勝手に取れます。 湯を使いたい人は準備室の湯沸かし器を使っても構いません。 作業が始まると、説明が通らなくなるので、事前に丁寧に説明しておくことが大切です。

次の