バンギラス ふいうち。 バンギラス|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】バンギラスの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

バンギラス ふいうち

5倍になる。 どんな技でも一致タイプで放てるだけでなく、タイプを変化させることで相手の技を有利な状態で流せるので環境トップのポケモンを多く相手にできる対面性能の高さが魅力的です。 環境にあった物理アタッカー エースバーンは攻撃値と素早さ値の高い物理アタッカーで、現環境で流行っているアイアントやドリュウズ、ナットレイを 上から潰せるほのおタイプのアタッカーとして活躍が可能です。 最速振りにすることで、素早さ無振りの 130族を抜くことができほとんどの相手から先手で攻撃を仕掛けられるのが魅力的です。 専用技「かえんボール」が強力 エースバーンの専用技「 かえんボール」は威力120、命中90の優秀なほのおタイプの物理わざで、同じ威力技である「フレアドライブ」と違って 反動を受けません。 10%は外す可能性はありますが、火力振りしたかえんボールは HB252アーマーガアを半分以上削れるので、どの型でも必ず採用されるでしょう。 多彩な技で相手を翻弄 とびひざげり、ダストシュート、アイアンヘッドといった他タイプのメインウェポンから、カウンター、バトンタッチなどの補助技など多彩な技を覚えることができます。 フェイントやふいうちなども覚えるので、抜かれているより速い手負いのからやぶパルシェンやドラパルトを狩れたりと器用に動けます。 短所 両刀で運用できない エースバーンは特攻値が65とかなり低めなので、 両刀アタッカーとして運用できません。 物理受けのポケモンに対して不意を突いてオーバーヒートを放ってもHB252アーマーガアに半分ほどしか削れません。 エレキボール、シャドーボール、マッドショットなど特殊技も覚えますがどれも威力が高いわけでなないので、両刀の場合は夢特性のリベロかダイマックス前提の運用となりそうです。 耐久値が低め HP・防御・特防ともに80以下なので、弱点を突かれると基本的に受けられません。 ダイマックスを切っても中々に削られるので、タスキや壁を貼った前提で選出するのをおすすめします。 一致タイプのとびひざげりでHB極振りカビゴンやバンギラスをワンパンで倒せるほどの火力を出すために持ち物はいのちのたまを選択しています。 リベロは先に動いてタイプを変更させるのが肝なのと、ミラーで対面したことを考えてようき最速を採用。 ひこうタイプになってじめんタイプを無効、あくタイプになってエスパー技を無効化といった相手の動きを読んだ立ち回りで、相手を撹乱させましょう。 HPに極振りすることで、カウンターが決まった際の 最大ダメージが372となりダイマックスしたH252ギャラドスも先制技込みで倒すことができます。 素早さは最速100族を抜いた調整になっており、タスキが潰れた後でもかえんボールやきしかいせいで後続に対しても役割を果たせます。 ドラパルトやスカーフドリュウズなど明らかに素早さの負けてる相手に対しては先制技でプレッシャーを与えましょう。 技構成 技 攻撃対象 割合 回数 カウンター H252 ダイカビゴン 70% 確定2発 H252 ダイギャラドス 92% 確定2発 H252 ダイバンギラス 89% ダイドリュウズ 100% 確定1発 ふいうち ドラパルト 53. 7 24. 7% 確定5発 かえんボール HB252 アーマーガア 77. 1 確定1発 ドリュウズ 142. 無理にカウンターを打たなくても、かえんボールやとびひざげりでも弱点を突いて処理するのも手です。 物理受けのアーマーガアや、バンギラス、アイアントなど現環境で流行っているポケモンに対して強く相手の選出を縛れます。 素早さ種族値が119と高く大抵のポケモンから先手が取れる上に、ふいうちやフェイントなどの先制技も覚えるのでからやぶパルシェンといった凶悪なポケモンに対しても有利です。 ほのおタイプでやけどにならないのも魅力的です。 技構成 技 攻撃対象 割合 回数 ふいうち ドラパルト 81. 先に動いて倒す リベロは動く際にタイプが切り替わる仕様になっているので、最速エースバーンより早いポケモンで弱点を突けば被害を受けずに対策が可能です。

次の

不意打ち読み合い問題について

バンギラス ふいうち

どうも、こんにちは。 皆さんご存知かと思いますが、と言えば一致技に恵まれず、低迷中の岩技か低火力の悪技を使わなくてはいけないのが現状です。 叩き落とすの超強化も、そもそも覚えないので関係なかった。 岩技はサポートなら岩封、アタッカーなら岩雪崩とエッジから好みで選択で良いんですが、何気に悪技の枠は一長一短の技揃いなんですよね。 採用率ナンバーワン。 特に何も考えなければこれを入れておけば間違いないです。 追い打ち 威力40 命中100 相手交換時威力80 サイクルに割り込む強力な技。 場合によっては噛み砕くとの同時採用も。 この技の強力な点は、ボルチェン蜻蛉に対しても有効ということですね。 このおかげでを逃さず狩れます。 ゲンガーとかが居座ってくるのはやめてほしい。 しっぺ返し 威力50 命中100 後攻時威力100 はいわゆる中速帯のなので後攻になることも多く、あまりデメリット無く使うことが出来ます。 自分より遅い相手には岩雪崩の怯み効果が有効なので、セットでの採用が望ましい。 ダメ押し 威力60 命中100 相手がこのターン既にダメージを負っていると威力120 今回紹介したい本題。 「ダメ押し?ダブルの技だろ?」と思うかもしれませんが、シングルでも充分に使えます。 シングルで自分の攻撃以外で相手にダメージを負わせるのは限られた条件しか無いんですが、砂ダメや状態異常はターンの終わりなので威力アップにはなりません。 また、混乱のも確か威力アップにはならないです。 他に珠ダメとか反動技とかもありますが、能動的に使えません。 ではどうするのか?ということですが、単純にを撒いておけば良いのです。 交換は必ずターンの最初に行われるので、相手がを交換した場合はステロダメが入って威力120になります。 先制蜻蛉ボルチェンでも同じです。 次に重要なことなんですが、前のターンに相手のを倒して相手が死に出しで次のを出した際にもステロダメは入りますよね? これが実は内部的には相手のを倒したターンではなく次のターンにを出してステロダメが入ったことになっています。 死に出しのに砂ダメが入らなかったり食べ残しが発動しないことからもよく考えればわかることだと思います。 つまり、事前にステロを撒いておけば死に出されたそのターンに限り、自分が先制だろうとなんだろうとダメ押しが威力120で使えるということなんです。 事前に他でステロを撒く必要があります。 自分はガブでやってます あとは起点見つけて竜舞するだけ。 悪技は通りが良い上に一致威力120を上から入れられるのでかなり強いです。 火力はH振りをステロ込み高乱数一発、201ガブまで確定一発、HB特化確定一発と充分すぎるほどあります。 ガルーラはし入れられるとステロ補正が次のターンは無くなってしまうんですが、他は等倍でもほとんどのを確定一発で持っていってくれます。 私は結構こいつ使ってるんですが、現在統計のシングルではダメ押しはランキング圏外です。 不意打ちとは言わないですが、叩き落とすがあるとポリゴン2とかも相手出来るようになるので欲しいんですけどねー。 というかその辺の物理アタッカーが軒並み叩き落とす使ってるのに悪タイプが使えないという謎。 とりあえず、にも悪の高火力技が実はあるんですよ!と言いたかった。 PokeYuki.

次の

【剣盾S4 最終365位】電鉱形而バンギアーマー 汎用積みサイクル【シングル構築記事】

バンギラス ふいうち

バンギラス よろいポケモン ぜんこくNo. 248 マウンテンNo. 104 高さ 2. 0m 重さ• 202. 0kg• けたぐり威力120 タイプ• タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ• 30で『ヨーギラス』から進化• 55で『サナギラス』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 ORAS• なし 主な入手方法 ORAS• なし 生息地 XY• なし 主な入手方法 XY• 基本 ノーマル 変化 - 100 30 相手全体が対象。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 基本 いわ 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『すなあらし』にする。 基本 ノーマル 変化 - 85 40 相手の『ぼうぎょ』ランクを2段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 5 いわ 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『すなあらし』にする。 10 ノーマル 変化 - 85 40 相手の『ぼうぎょ』ランクを2段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 14 ノーマル 物理 70 100 20 相手の能力ランクの変化に関係なく、ダメージを与える。 19 いわ 物理 75 90 10 相手全体が対象。 23 ノーマル 変化 - 100 10 相手の『すばやさ』ランクを2段階下げる。 28 ノーマル 物理 120 100 10 2〜3ターン連続で攻撃し、その後自分は1〜4ターンの間『こんらん』状態になる。 41 あく 物理 50 100 10 自分が後攻の時、威力が2倍になる。 54 じめん 物理 100 100 10 自分以外全員が対象。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 73 ノーマル 特殊 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 82 ノーマル 物理 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 1 あく 変化 - - 15 自分の『こうげき』『命中率』ランクが1段階ずつ上がる。 2 ドラゴン 物理 80 100 15 通常攻撃。 5 ノーマル 変化 - - 20 必ず後攻になる 優先度:-6。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 6 どく 変化 - 90 10 相手を『もうどく』状態にする。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 10 ノーマル 特殊 60 100 15 自分の個体値によって『タイプ』が変わる。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 11 ほのお 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『ひざしがつよい』にする。 12 あく 変化 - 100 20 3ターンの間、相手は攻撃技しか出せなくなる。 変化技を使えなくする 技. 14 こおり 特殊 110 70 5 相手全体が対象。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 15 ノーマル 特殊 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 18 みず 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『あめ』にする。 21 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最大102。 23 いわ 物理 50 100 15 特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 26 じめん 物理 100 100 10 自分以外全員が対象。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 27 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最大102。 28 じめん 物理 80 100 10 1ターン目に地中に潜り、2ターン目に攻撃する。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 31 かくとう 物理 75 100 15 相手の技『リフレクター』の効果を受けず、相手の技『リフレクター』『ひかりのかべ』を壊す。 32 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 37 いわ 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『すなあらし』にする。 40 ひこう 物理 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 41 あく 変化 - 100 15 使用後、相手は同じ技を連続で出せなくなる。 42 ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 44 エスパー 変化 - - 10 HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 45 ノーマル 変化 - 100 15 相手が自分とは異なる性別の場合、相手を『メロメロ』状態にする。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 48 ノーマル 特殊 60 100 15 同じターンに他のポケモンも『りんしょう』を使おうとすると、『すばやさ』に関係なく最初に使用したポケモンに続いて使用でき、最初以外の『りんしょう』は威力が2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル・トリプルバトル用 技. 56 あく 物理 - 100 10 自分の持っている道具によって効果が変化する。 投げつけた道具はなくなる。 59 ほのお 特殊 60 100 15 相手全体が対象。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 66 あく 物理 50 100 10 自分が後攻の時、威力が2倍になる。 67 ノーマル 物理 70 100 5 前のターンに味方のポケモンが倒されていると威力が2倍になる。 68 ノーマル 物理 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 69 いわ 変化 - - 20 自分の『すばやさ』ランクが2段階上がる。 73 でんき 変化 - 100 20 相手を『まひ』状態にする。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 78 じめん 物理 60 100 20 自分以外全員が対象。 80 いわ 物理 75 90 10 相手全体が対象。 82 ドラゴン 物理 60 90 10 必ず後攻になる 優先度:-6。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 87 ノーマル 変化 - 90 15 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 88 ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 95 あく 特殊 55 95 15 相手全体が対象。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 100 ノーマル 変化 - - 20 相手の『とくこう』ランクを1段階下げる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 1 ノーマル 物理 50 95 30 通常攻撃。 3 みず 特殊 90 100 15 自分以外全員が対象。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 4 ノーマル 物理 80 100 15 通常攻撃。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 遺伝 ノーマル 変化 - - 30 急所ランクが2段階上がる『きあいだめ』状態となり、今後自分の技が急所に当たりやすくなる。 遺伝 ゴースト 変化 - - 10 自分のタイプが『ゴースト』タイプの時は自分のHPを最大HPの半分だけ減らして、相手を『のろい』状態にする。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 遺伝 ドラゴン 物理 120 100 10 2〜3ターン連続で攻撃し、その後自分は1〜4ターンの間『こんらん』状態になる。 遺伝 あく 物理 40 100 20 相手がポケモンを交代する時に攻撃すると、交代前のポケモンに2倍のダメージを与える。 遺伝 はがね 変化 - - 15 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 遺伝 ドラゴン 変化 - - 20 自分の『こうげき』『すばやさ』ランクを1段階ずつ上げる。 遺伝 あく 物理 60 100 10 そのターン、相手が既にダメージを受けている時、威力が2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ORAS かくとう 物理 - 100 20 相手の『おもさ』が重いほど威力が高くなる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ORAS ノーマル 特殊 50 100 15 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS ゴースト 変化 - 100 10 相手の最後に使った技のPPを4減らす。 ORAS ドラゴン 物理 120 100 10 2〜3ターン連続で攻撃し、その後自分は1〜4ターンの間『こんらん』状態になる。 ORAS ノーマル 特殊 90 100 10 3ターン連続で攻撃し、その間はすべてのポケモンが『ねむり』状態にならない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS かくとう 物理 150 100 20 必ず後攻になり 優先度:-3 、攻撃するまでに技を受けると失敗してしまう。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ORAS かくとう 物理 120 100 5 攻撃後、自分の『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ下がる。 ORAS はがね 変化 - - 15 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 ORAS ノーマル 変化 - - 5 『ゴースト』タイプではない相手は逃げたり、交代できなくなる。 自分が場を離れると効果は消える。 ORAS でんき 特殊 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 ORAS みず 物理 90 90 10 通常攻撃。 ORAS ドラゴン 特殊 85 100 10 通常攻撃。 ORAS あく 物理 95 100 15 自分の『こうげき』ではなく、相手の『こうげき』の能力値でダメージ計算する。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。 9 HS• :教え技 HS• :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 Em.

次の