ストン jt。 JTの新商品?(真偽不明) 「吸うカフェイン」Ston by BREATHER株式会社

カフェインやGABAを「吸引摂取」 元JTのエナジードリンク好きが作った電子デバイス「ston」発売

ストン jt

66wh 消費電力:約5W 動作電圧:約3,7V バッテリー形状:内蔵リチウムイオン充電池 stonの特徴 吸うカフェインのston ストン には、「POWER」と「CALM ギャバ 」の2種類の専用カートリッジがあります。 「POWER」は、カフェインが含有されたミントフレーバーで、気分を落ち着かせたいときにピッタリな味です。 また、「CALM」はリラックス効果があるGABAが含有されたココナッツフレーバーなので、ホッと一息つきたいタイミングに適しています。 カフェイン吸引デバイス「ston」の安全性や中毒性は? カフェインは摂取量によって、軽い覚醒作用をもたらすことが知られています。 カフェインを摂取すると眠れなくなるというのは有名な話で、じつはこの覚醒作用のせいなんですね。 また、カフェインは、妊娠中や授乳中の女性は控えるようにと医師から言われることが多いものです。 ですが、コーヒー3~5杯程度に含まれているカフェインの量であれば、健康に悪影響を及ぼすことはないと世界各国で認められています。 なので、適量のカフェインであれば、安全性や中毒性を過剰に心配する必要はなさそうですね。 (妊娠中や授乳中の女性以外) とはいえ、自身に適したカフェイン摂取量には個人差があるので、実際に体調を見ながら摂取量を調整することが大切です。 カフェイン適量摂取によるメリットとは? カフェインは適量の摂取であれば、様々なメリットがあると言われています。 そのメリットは、精神的な活動だけでなく、身体的な活動においても良い効果があることがわかり始めています。 ある研究結果では、カフェインを適量摂取すると、一時的に記憶力や論理的思考力が向上することが示されています。 また、カフェインの適量摂取は、身体能力や持久力などにも良い影響を与えてくれることも明らかになっています。 つまり、カフェインは、摂取量を守れば多くのメリットが得られる成分ということなんですね。

次の

吸うカフェインston(ストン)を発売したBREATHERとJTの関係は?

ストン jt

黒うさぎです。 JT関連会社が カフェインやGABAを蒸気にして吸引できる電子機器「 ston(ストン)」という商品を発表しました。 電子タバコの技術を応用したことは見て明らかですが、この発想があったかと驚かされました。 日本たばこ産業(JT)グループのBREATHER(ブリーザー、東京)は3日、集中力を高める効果があるとされるカフェインを蒸気にして吸う電子機器「ston(ストン)」を発売した。 仕事の休憩時間に気分転換や眠気覚ましとして使うことを想定している。 電子たばこのように筒状のカートリッジに入ったカフェイン入りの液体を熱で気化させ、その蒸気を吸う仕組みだ。 1本で約250回吸えるカートリッジ(3本入り1980円)は、カフェイン入りと、アミノ酸の一種でリラックス効果があるとされるGABA(ギャバ)入りの2種類。 機器本体は6600円で、ともにインターネットを通じて販売する。 コーヒーやエナジードリンクに比べて、蒸気で摂取すると短時間で効果が得られるのが特徴。 加熱式たばこと異なり、たばこ葉は使っておらず、ニコチンやタールといった有害物質は含まれていない。 カートリッジ3個で約1カ月分の使用量に相当するという。 ただ、カフェインを大量に摂取すると、不眠やめまいなどの副作用を引き起こす恐れがあるため、ブリーザーは20歳以上の利用を推奨する。 jiji. これは今までにない画期的な発想であり、先行者利益を享受できる可能性が大きい。 黒うさぎは重度のカフェイン中毒であり、大学生の頃は500 mLの珈琲牛乳を1日2パック消費していました。 今回のstonにも早速飛びつき購入しようとしましたが、売り切れでした。 カテゴリ ホーム&キッチン ベストセラー1位 かなり売れてるみたいだ JTはタバコ事業以外にも食品や医薬に手を出しています。 食品はパッとしませんし、医薬はタバコにとって代わるほどの利益を出していません( ただしタバコアレルギー診断薬の製造・販売中止は成功) 今回のstonはヒットの可能性が大きいと黒うさぎは感じています。 まず第一にカフェイン市場の巨大さです。 眠気覚ましにコーヒー飲料やエナジードリンクを消費している方も多いと思いますが、清涼飲料水と比べて エナジードリンクの販売価格は高く、一本当たりの利益率が高い。 stonはこのパイを奪うと考えられます。 stonの税込み価格は6600円、カートリッジは1980円と強気。 利益率も高いのではないかと推測されます。 眠気覚ましに摂取するのに一々 糖分も摂取されてしまう飲料と比較して、カフェインを「吸う」という方法はカフェイン以外の余分な成分を摂取する必要が無いメリットが考えられます。 血糖値が気になっている黒うさぎには魅力的な商品であると感じました。 電子タバコが出てきたときは、「はぁ、またタバコかよ」と一ミリも興味が湧きませんでしたが、このような応用ができるとは感心しました。 株価も日経平均-244. 58円の中で+13円とポジティブに反応しています。 株主からの評価も上々のようです。

次の

吸うカフェインston(ストン)とは?値段や使い方・味と副作用も調査! | タノタビ

ストン jt

ston(ストン)とは? 【眠気に JT「吸うカフェイン」】 JTグループのBREATHERは、集中力を高める効果があるとされるカフェインを蒸気にして吸う電子機器「ston(ストン)」を発売。 休憩時間に気分転換や眠気覚ましとして使うことを想定しているという。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics BREATHER株式会社(JT系列)は昨日(2019年12月3日)、ブリージングデバイス、「 ston(ストン)」をオンライン販売すると発表しました。 ブリージングデバイスとは? 私もこれまで、ブリージングデバイスという単語を聞いたことがなかったので簡単に調べてみたところどうやら。。 カフェインや アミノ酸などを含む 液体を蒸気化させ、吸引することで、集中力を高めるためのデバイス といったようなデバイスのことをさします。 パッと聞いた感じでは、 Vapeと似ているような気がしますね。 POWERカートリッジ( カフェイン配合のミント系フレーバー)• CALMカートリッジ( GAVA(リラックス成分)配合のココナッツ系フレーバー) ということで、仕事中に集中力が切れてしまったタイミングではPOWERカートリッジを、家でリラックスしたい時はCALMカートリッジというように、 シチュエーションに合わせたフレーバーを選べます。 蒸気が見えにくい.

次の