キン肉マン感想 314。 キン肉マン オメガ編 314話&315話 カピラリア七光線 対抗はフェイスフラッシュか プリズマンの謎 ネタバレあらすじ感想 考察

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第314話 六鎗客編本当の決着はこの回!【ネタバレあり】

キン肉マン感想 314

楽天で購入 それでは漫画「キン肉マン」の最新話313話のネタバレ、感想、考察、314話の展開予想を紹介していきます。 広告 目次• キン肉マン【オメガ編】313話 最新話のネタバレ ジャスティスマンたちを牢屋の中の玉座から出迎えるザ・マン。 聴いていたのはモーツァルトの曲で、人類はすばらしいものを作り出すとほめたたえる。 自分が守りたかったものはまさにこのような人間が生み出す素晴らしい未来だという。 ゴールドマンに敗れたことで、未来を新しい世代の超人へ託すことを決め、そしてキン肉マンの存在によってそれをさらに気づかされたと礼を言う。 そして、ことの真相を語り始める。 オメガの民については、この世で初めて神を目指した存在だったという。 その存在は、天界の神たちから許されざる存在として排除されようとしていた。 神々の意見は、超人を生かすのか、殺すのかという二つの意見に割れた。 超人を殺そうとしていた神がいたのかと詰め寄るブロッケンJr. ザ・マンは、生かす方の勢力をまとめていた。 そして当時は「慈悲の神」と呼ばれていた。 一方、殺す方の勢力をまとめていたのは「調和の神」と呼ばれていたのだった。 広告 キン肉マン【オメガ編】313話 最新話 ゆでたまご嶋田隆司インスタ ゆでたまご先生のインスタより。 キン肉マンは4月1日が誕生日です。 キン肉マン【オメガ編】313話 最新話のネタバレ考察と314話 展開予想 ここからは最新話313話までのネタバレから、この先の314話の展開を予想して考察していきたいと思います。 当たっていたらネタバレになってしまうかもしれません。 広告 慈悲の神と調和の神 ついにザ・マンの口から真相が語られようとしていますね。 まず分かったことが、ザ・マンが慈悲の神と呼ばれ、そして反対勢力を束ねていた神が調和の神とよばれていたことですね。 すでに、ザ・マンが超人たちを救うために天界から下界へ降りてきたことは語られていましたが、天界で勢力が2分されて争っていたというのは初耳です。 ほぼザ・マン一人で反対していたかのように描かれていましたが、実はそうではなかったということですね。 調和の神というと、イメージとしては戦わずして話し合いで物事を決め、均衡がくずれないようにバランスをとっていくような穏健派なイメージですが、どうやらそうではなく、天界が調和のとれた世界となるよう、その妨げとなる者は排除してでも調和をとっていこうという危険思想の持ち主のようです。 今のところ、フードを被っていて、フェニックスチームのミステリアスパートナーみたいなビジュアルしか公開されていませんが、はたして調和の神とはどんな奴なんでしょうね。 サタンとの関係 その調和の神ですが、今回のオメガの一連の事件を考えると、どうやら大魔王サタンとなんらかのつながりがあるということでしょうね。 もしかすると、調和の神の弟子が大魔王サタンだったりするんじゃないかと思います。 ザ・マンの弟子がゴールドマン=悪魔将軍で、それに対抗していた存在である調和の神の弟子が大魔王サタンだとすると、これも一つの対立軸としては面白い構図ではないでしょうか。 邪悪の神々との関係は 神の存在としては、運命の5王子を操っていた邪悪の神々たちがいますが、彼らはどっち側の勢力だったのでしょうか。 運命の5王子を使って超人界を乗っ取ろうとしていたことを考えると、やはり殺そうとしていた勢力の方だったのでしょうか。 それとも、当時はどちらにもつかず、中立の立場をとっていたのでしょうか。 今回はフェニックスに入れ知恵した知性の神や、アタルに情報を提供した残虐の神の行動から推測すると、今回はどちらかというとザ・マンの方に肩入れしようとしているような感じがしています。 いずれにしても、もう少しザ・マンの口から真相の続きが語られないことにはわからないことが多すぎて先が全く読めませんね。 広告 キン肉マン【オメガ編】関連情報まとめ キン肉マンオメガ編の関連情報をまとめました。 広告 tetsutylor.

次の

キン肉マン オメガ編 314話&315話 カピラリア七光線 対抗はフェイスフラッシュか プリズマンの謎 ネタバレあらすじ感想 考察

キン肉マン感想 314

久々の更新ですね。 この3週は長かった……。 アンジンロッソで天への歩道が開いたところからスタートです。 今週こそザ・マンの元に辿り着けるのか? スグルちゃんは建物にビビり、海が割れたことにビビり、そこいら辺に転がっている頭蓋骨にビビり、本来のヘタレな性格をいかんなく発揮。 周りの連中が一切動じないのでその対比がとってもコミカル。 こういう所もスグルの魅力の一つですね。 そして一行が辿り着いたのは、ディクシアやサダハルもくぐった扉。 かつてミラージュマンが門番として立ちはだかった黄泉比良坂です。 扉の先はどうなってるかな…… ゲェーッ! ミラージュマンの亡骸がほったらかし! 誰か!誰か埋葬してやれや! あの戦いからもう一か月も経ってるんだぞ……。 いきなりお出迎えする完璧超人始祖の亡骸に、さすがの一同も少々緊張気味っぽく見えます。 ジャスティスマンはミラージュマンの亡骸を感慨深げに見つめ、そっと掌をあてがいます。 流石のジャスティスも、数億年もの時間を共にしてきた同胞の亡骸に遭遇すれば思うところがあって当然。 この二人がどんな関係だったのか深く書かれることはありませんでしたが、性格的に相性は悪くなさそうなんですよね。 始祖の中じゃ二人とも穏健派っぽいし。 そういえば遺体が腐らないのは不老なのと何か関係があるんだろうか。 腐ったら絵面的にマズイからかもしれないけど。 ミラージュマンとの別れも早々に、一行は次の扉へ。 扉を開けた先はご存じ、 禁断の石臼(モルティエ・デ・ピレ)と死者をしばき上げる 墓守鬼が名物の例の空間。 ボンベ先生やらサンシャイン、ウォッチマンなんかが居たあの場所です。 悪魔将軍にぶっ壊された後片付けに鬼たちは今も明け暮れている様子。 悪魔六騎士の侵攻時までここで労働に明け暮れていた超人どもの姿はもう無いので、成仏させられたんでしょうか。 崩落した岩につぶされたダイナマイトパイパーさんのその後が気になって仕方がないです。 黄泉比良坂からの扉が開いたことに気づいた墓守鬼たちはそこにジャスティスマンの姿を見つけると…… ジャスティスマン!ジャスティスマン! 湧き上がるジャスティスマンコール。 慕われ過ぎだろ。 普段は様付なのにコールだと呼び捨てなのジワる。 相変わらずの 体育会系のノリが面白い。 その後すぐにジャスティスマンの引き連れた部外者たちの姿を見つけ、一同に動揺が走るも…… ジャスティスの一言で大人しくなる単純さも良い。 墓守鬼が出てくるくだりは大体面白いな。 こいつら凶悪なビジュアルと金棒を振り回す様があれだけど、 根は本当に良いやつそうだから困る。 そんでもってスグルはしっかり鬼どもにしばかれた時のこと覚えてるのね。 超人に「 もっと働け! 」とか言って金棒でしばいてくる鬼とかゆで先生以外じゃ絶対思いつかない。 冷静に見るとスゲーシュール。 続いて一行の前に現れたのは、 雑に修理された禁断の石臼。 とりあえず直したんだこれ。 ちょっと前 フェニックス敗北時点 ではまだ壊れてたのにな。 突貫工事すぎる。 そんでもって アビスマンの亡骸。 ミラージュマンのそれがあった時から嫌な予感がしていたけど、やっぱりアビスマンもほったらかし。 痛々しい。 遺体がほったらかしなことにジャスティスマンも疑問に思った様子で、その場にいた 長老っぽい墓守鬼にそのことを問います。 すげーめずらしい。 粗暴じゃない上に、おじいちゃんの墓守鬼。 コイツらは老化するのね。 どんな生き物なんだろこいつらは。 おじいちゃん鬼が言うには完璧超人始祖は触れることすらはばかられる存在なんだとか。 あーそういうことなのね。 埋葬したいけどできなかったと。 墓守鬼さんったらホント変なところで律義な連中ですこと。 だれか気さくに意見を聞ける完璧超人は居なかったのか。 見かねたジャスティスマンは鬼たちに超人墓場に亡骸のあるミラージュマン、アビスマン、ペインマンの埋葬の許可を出します。 男前ジャスティス! そしてまたしても巻き起こる ジャスティスマンコール。 墓守鬼のこのノリがたまらん。 田舎の中学校みたいだぜ。 そんなこんなで一同はついに 超人閻魔の間へ。 オメガの仇敵であるザ・マンが目の前ということで、オメガ勢にはある種の緊張が走っている様子。 扉の先には…… 相変わらずの ガバガバ檻の中で レコードを聴くオッサンの姿が! なんか前にも見たなこんな構図。 いよいよザ・マンとのご対面。 次回こそ話が動きそうだ。

次の

キン肉マン314話ネタバレ&感想 ザ・マンは校長先生か?話がなげーんだよ!

キン肉マン感想 314

Sponsored Link キン肉マン311話ネタバレ 聖なる完璧の山への案内人!! 完璧超人始祖が直々に導くーーー!!! 聖なる完璧の山とは、超人墓場のことである。 ジャスティスマンが案内を申し出るが、彼は先の戦いにおいてザ・マンに反旗を翻すも同然の行動をとっていた。 そのことを危惧するキン肉マンだったが、ジャスティスマンはザ・マンと関係はそんなやわなものではないと説明する。 そしてゴールドマンと闘って考え方も変わったはず、それを確かめるためにも彼はザ・マンの元へ向かおうとするのであった。 キン肉アタル・ブロッケンJr・オメガマンアリステラ キン肉スグル・ミート・パイレートマン 帯同するのは彼ら6名。 聖なる完璧の山の前に到着したが、そこへ続く"天への歩道"を開くことが出来るのは完璧超人のみ。 ジャスティスマンによって、たった今天への歩道は開かれた! 次回、キン肉マンたちを待ち受ける試練とは…!? キン肉マン311話ネタバレ&感想 聖なる完璧の山で待ち受ける試練とは? 10代でデビューしたゆでたまごも、今や還暦目前なのですからやむを得ませんか… ただでさえ進みが遅いというのに、次は2週連続休載です。 "聖なる完璧の山"の読みがフランス語で、"天への歩道"が英語読みですか… 試練が待ち受けているとのことですが、それを見るまでもなくすんなりとは会えないと感じました。 番人と闘って勝ってみせろ、というのとは、また違うのではないかと。 始祖全員とはすでに闘っているので、もう駒もないでしょう。 予想してみましょう。 ひらめいたのは、 聖なる完璧の山=超人墓場は、すでに真の敵とやらに占拠されているということです。 ゴッドサイダーを思い出しました。 あれもサタンが出てくる漫画でした。 かなり昔の漫画ですが、調べたところキン肉マンとほぼ同時期に連載されていました。 ゴッドサイダーはシリーズ3作目の 『ゴッドサイダーサーガ 神魔三国志』が発表されていたと分かりました。 それも10年前のことで、今ごろ知ったわけですが。 『ゴッドサイダーセカンド』はあまり面白くないと感じたのですが、サード…じゃなくてサーガは評判がよいようです。 ためし読みしたところ、いい感じでした。 そういえば『メタルK』の続編が同人誌で発表されていたということも、以前インターネット上で知りました。 これは絶対読みたいです。 『メタルK LEGEND』は2018年現在、vol7まで発行とのことです。 どうやったら読めるのかな? 次回まで半月空きますので、巻来功士作品を色々探ってみたくなりました。 アマゾンのキンドル読み放題に、巻来功士作品が結構あります。 『メタルK』は特におすすめですよ。 …キン肉マンから脱線してしまい恐縮です。 キン肉マンも新刊発売中です! 記事を書き終わってヤフーリアルタイムを見たのですが、今回の主役はマリキータマンでしたか! タイトルを強引に付け直しました(笑).

次の