令 和 元 年 10 月 22 日 祝日。 祝日一覧_2020年_令和2年

【甘口辛口】令和2年「スポーツの日」は複雑怪奇 五輪開会式は特別な休日でよかったのでは

令 和 元 年 10 月 22 日 祝日

月の満ち欠け 旧暦では新月(朔)の日を1日として、29日間もしくは30日間で1ヶ月となります。 8日頃には月の右側が輝く「上弦の月」になり、15日頃には満月となり、23日頃には月の左側が輝く「下弦の月」となります。 月齢 新月の瞬間を0として、そこからの経過日数をあらわした数です。 つまり、新月の時に0、満月の時に15になり、新月になる日の前日に29となります。 約29. 5日で元の新月に戻ります。 旧暦の日より1を引くと、大体その日の月齢となります。 「十五夜」とも呼ばれています。 江戸時代に、この日のお月見の風習が盛んになったと言われています。 ちなみにこの中秋の名月の夜は、完全な満月になるとは限りません。 月の軌道が真円ではないことや、旧暦では一年の日数が異なることなどがその理由です。 十三夜(後の月) 旧暦9月13日の、少し左側が欠けた月を鑑賞する日が十三夜です。 この十三夜はたいてい10月になり、秋晴れになることが多く、美しい月の輝きを鑑賞するのに一番良い時期となります。 ほんの少し欠けている月の風情が、日本人好みの風流心をくすぐるのかもしれません。 十六夜(いざよい) 旧暦8月18日の月は、月の出が満月の時よりもわずかに遅れるので、ためらっているように見える様子を「いさよう」と表しました。 その他のカレンダー このカレンダーのほかにも、以下のようなカレンダー、自作コンテンツを公開しています。

次の

12月23日の祝日はどうなる?令和元年天皇誕生日はなくなる!祭日2020年一覧

令 和 元 年 10 月 22 日 祝日

「さて、どんな年か」とカレンダーを眺めると、何といっても7月24日「スポーツの日」が存在感を見せつける。 東京五輪開会式の日。 前日の23日に7月第3月曜日から移った「海の日」、閉会式翌日の8月10日には本来11日の「山の日」と露払い、太刀持ちのように従えデンと構えている。 昭和39年10月10日の東京五輪開会式にちなみ「体育の日」として同41年から祝日となり、来年から「スポーツの日」と改称された。 日本体育協会が日本スポーツ協会となり、国民体育大会も令和5年から国民スポーツ大会に変わる時代。 体育の日もその流れで史上初のカタカナ祝日となった。 大学3大駅伝の開幕戦となる出雲駅伝は平成元年の第1回大会以来「体育の日」開催を堅持してきたが、さすがに「スポーツの日」というわけにはいかず来年は10月11日の日曜開催が決まっている。 今年は天皇陛下が即位され、特別な休日扱いもあって年間22日も祝日・休日があった。 史上初のゴールデンウイーク10連休など「どう過ごせば…」と、かえって戸惑いもあったようだが、昭和23年に祝日法が制定されて以降最多で休日に関してはサラリーマンにとって恵まれた1年だった。 来年も連休は多いが、「敬老の日」「秋分の日」が並んだ9月の連休など移動祝日がない時代では考えられない。 祝日はそれぞれの歴史や伝統にのっとって制定され、その日でなければ意味がないのに来年は特に複雑怪奇? ややこしすぎて五輪開会式は特別な休日でよかった、とも思うカレンダーではある。 (今村忠).

次の

【2021年(令和3年)祝日一覧と年間休日数・平日数】

令 和 元 年 10 月 22 日 祝日

それに伴い、みどりの日は5月4日になりました。 平成天皇誕生日 12月23日:平日 今回の天皇陛下退位に伴う「皇室典範特例法」には 「国民の祝日に関する法律」の『天皇誕生日 十二月二十三日を削る』と規定されています。 ひとまず祝日ではなくなる見通しでです。 どのような扱いにするかは今後の経過を待つことになりそうです。 追記:退位後は祝日による上皇の権威化をさけるため、当面は「平成の日」などの祝日とはしない模様です。 令和天皇誕生日 2月23日:天皇誕生日 祝日 令和元年は5月1日からなので2019年は2月23日の天皇誕生日はない年になります。 さらに12月23日の天皇誕生日もありません。 そのため 2019年は暦の上では天皇誕生日がない年になります。 令和最初の天皇誕生日は令和2年 2020年 2月23日です。 2019年は天皇誕生日がないけれども 2019年は「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」により、 今年のみの祝日が2日増えます。 5月1日:天皇の即位の日 祝日 10月22日:即位礼正殿の儀 祝日 【参考】 5月1日の祝日に伴い、4月30日と5月2日が国民の休日になります。 これにより今年のゴールデンウィーク10連休になっています。 まとめ ・12月23日はひとまず平日になりそう ・令和天皇誕生日は2月23日 ・今年のみ10月22日が祝日 即位礼正殿の儀 ・結果として2019年は祝日が増える ゴールデンウィークは皇居での一般参賀や新天皇のお言葉など、お祝いムードで盛り上がることが予想されます。 次の時代はさらに平和な時代になるといいですね。 令和2年の祝日にも変動がありますので、ぜひご確認を。 詳細はこちらから。

次の