バリ 島。 バリ島のスカイダイビング: バリ島の 10 件のスカイダイビングをチェックする

バリ島のお土産2019 スーパーで買えるおすすめ15選 [バリ島] All About

バリ 島

バリ島にはホテルが多すぎて悩んでしまう.... と、よくお客様よりお声をいただきます。 観光地バリ島にはたくさんのホテルがあります。 オーシャンビューの高級リゾートホテルから 外出に適した好立地のチープなホテルまでさまざま。 色々ありすぎて悩んでしまって決められない!という方の為に バリ王ではバリ島全土の人気ホテルランキングを発表します! 人気のホテルはもちろん、名前をあまり知らないホテルが 実は人気が高かったり! バリ王スタッフが実際に足を運んで書いたホテルレポートや実際に宿泊されたお客様の口コミもご紹介。 ぜひ人気ホテルランキングを参考にお気に入りのホテルを探してください! 人気の ホテル ランキング! No. ジンバラン リンバ・ジンバラン・バリ・BYアヤナ• リーズナブルですが、あのアヤナリゾートの施設を使用することが可能。 うれしいのはアヤナリゾートのパディレストランで追加代金なしで朝食を楽しむことができます。 2つのホテル間は無料シャトルで楽々移動。 今までになかった新しいリゾートの楽しみ方がリンバ・ジンバランにはあります。 スミニャック アイズ スミニャック• 友人同士の旅行におすすめです!• リーズナブルだけど綺麗で便利なところに泊まりたいという方に スミニャック地区のレストランやブティックが多く立ち並ぶ「オベロイ通り」に2012年にオープンした新しいホテル。 オベロイ通りはバリ島の最先端を行くおしゃれなレストランが立ち並ぶバリ島に行ったら一度は行きたい有名な通り。 そこの中心に建てられたアイズスミニャックはシンプルなビルディングホテルながらそのリーズナブルな価格と好立地に若い方に人気のホテルです• 関連サイトのご紹介• バリ島旅行・ツアーのことならバリ王にお任せください! バリ王でツアーのある各空港別航空会社一覧(クリックするとそれぞれの特集ページを表示します)• バリ王でツアーのある都市一覧(クリックするとそれぞれの特集ページを表示します) 観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員•

次の

バリ島情報 人気ブログランキングとブログ検索

バリ 島

もともと神々が住む島とも言われており、歴史的な寺院やパワースポットがあることで有名です。 今回はそんなバリ島のおすすめビーチ&パワースポットをたっぷりとご紹介します。 <バリ島のおすすめ観光スポット/ビーチ編> まずはバリに行ったら外せない、おすすめビーチをご紹介します。 クタ・ビーチ(Pantai Kuta) バリ島で一番人気のビーチです。 広々とした砂浜は波が荒いです。 クタ・ビーチに来たら是非チャレンジしてみましょう。 サンセットを見逃さないで また、クタ・ビーチで忘れてはいけないのがサンセット。 大きな夕日にによってオレンジ色に染められた海は、思わず見とれてしまうほどの美しさです。 ジンバラン・ビーチ(Pantai Jimbaran) 落ち着いた雰囲気のビーチを楽しみたい方は、ジンバラン・ビーチがおすすめです。 フォーシーズンズホテルやインターコンチネンタルなどの有名な高級ホテルが立ち並ぶエリアにある静かなビーチです。 夜の海を眺めながらロウソクの灯りとともに美味しい魚介類を食べちゃいましょう。 Pemelisan Agung, Jimbaran, Bali 電話番号:0361-703033 営業時間:11:00-23:00 定休日:無し 3. タンジュン・ブノア・ビーチ(Pantai Tanjung Benoa) マリンスポーツを楽しみたい方は、白い砂浜のタンジェン・ブノア・ビーチへ。 こちらのビーチは、マリンスポーツのメッカと言われており、パラセーリングやバナナボート、シュノーケリング等ができます。 現地での当日利用も可能ですが、空港や現地のツアーデスク等で申し込んでおくとホテルからの無料送迎がつくことが多いのでおすすめです。 船の底がガラスになっており、海の中を覗き込むことができます。 パダンパダンビーチ(Padang-Padang Beach) ウルワツ寺院の近くにあるビーチです。 ジュリア・ロバーツ主演の「食べて、祈って、恋をして」のロケ地でもあります。 9~10世紀に建設されたそうです。 絶景スポットとしても知られていますね。 ウルワツ寺院でケチャックダンスを見よう また、ここで見逃せないのはケチャックダンスです。 夕日が美しい18:00-18:50に行われ、料金はRp. 10,000。 20,000 アクセス:クタから車で約25分 注意:野生の猿がたくさんいます。 荷物は自分で守りましょう。 レンボンガン島(Nusa Lembongan) 1日海を楽しみたいなら、レンボンガン島にいっちゃいましょう。 レンボンガン島は、バリ島のサヌールから、ボートでたったの30分のサンゴ礁とマングローブの森が広がる美しい島です。 自然の壮大さに驚くことでしょう。 <バリ島のおすすめ観光スポット/パワースポット編> 島自体がパワースポットとも言われているバリ島。 その中でもおすすめの場所を紹介していきます。 が、その前に! 注意事項です。 注意点1:露出の多い服装はNG 暑い島ですので、キャミソールなどを着る女性も多いかもしれませんが、神聖な寺院内ではカーディガンを羽織るようにしましょう。 同様に足の露出も禁止です。 その際、現地でタクシーを使うよりは、日本でツアーに入ったほうが安心・安全です。 注意点3:寺院は神聖な場所であることを忘れずに 神聖な場所である寺院は、ヒンデゥー教徒以外は入れない場所が多くあります。 祭日やイベントがあるときも、観光客は入れないこともあるそうです。 このことを頭に入れておきましょう。 また、寺院には観光客以外に、お祈りに訪れている現地の方も多くいます。 そのような人の真剣な行為を、蔑ろにしたり邪魔をするような行動は止めましょう。 バリでパワースポット巡りをされる際には、以上3点にお気を付けください。 ブサキ寺院(Pura Besakih) バリ島一のパワースポットです。 まずは、ここでパワーを得ましょう。 バリ島ヒンドゥー教の総本山であるブサキ寺院は、30余の寺院が集まった複合寺院。 中には、三大神であるシヴァ、ウィシュヌ、ブラフマも祀られています。 ランプヤン寺院(Pura Lempuyang) 太陽の神を祀っているお寺です。 標高1,175mのところにあり、天空の寺院と呼ばれており、病気や災難などを浄化してくれるとも言われています。 3000段もの階段を登ると見えてくるその姿は、まるで天国へ続く扉のようです。 ティルタ・ウンプル(Tirtha Empul) 「聖水」が湧き出ていることで有名なお寺で、境内にはいくつものため池が存在しています。 魔王に殺された神々が、ここの聖水で蘇ったという神話があり、浄化・解毒・魔よけの3種類の聖水がこの泉にあると言われています。 ティルタ・ウンプル(Tirtha Empul)の観光情報 住所:Kecamatan Tampaksiring 入場時間:8:30-17:00 定休日:なし 入場料:約6,000ルピア(多少の変動があるかもしれません) アクセス:ウブドから車で約1時間。 至るところにありますが、特にパワーが強いのがこちらの大きなガジュマルの木だそうです。 豊かな自然の中にあり、長い歴史を感じさせる太い御神木は、わたしたちに不思議なパワーを与えてくれそうです。 全体的に静かで、神秘的な雰囲気を感じることができます。 ウルン・ダヌ・ブラタン寺院(Pura Ulun Danu Bratan) 標高1500mもの場所にあるこの寺院は、湖に浮かんでいるような美しい佇まいから数多くの雑誌やCMに登場しています。 また、この寺院の近くに有る小さな祠も強力なパワースポットとして知られています。 この他にも美しいビーチやパワースポットはたくさんあるので、ご自分で探してみるのもいいかもしれません。

次の

バリ島基本情報

バリ 島

この記事の目次• バリ島のお土産1:ナチュラルコスメ 最近ではバリ島お土産の中でもトップクラスの人気を誇るようになった ナチュラルコスメですが、その起源は 「ジャムウ」と呼ばれる 薬草でできた伝承薬にあたります。 バリの人々は元来、西洋医学だけに頼らず、 植物や果実の効能をしっかりと理解することで体の調子を整えていたのです。 効能をきちんと理解している彼らが手がける商品だからこそ、安心して使うことができますね。 お肌に優しいオーガニック素材でできたバリ土産 日本でも度々見かけるオーガニック素材のナチュラルコスメですが、 バリ島では豊富なラインナップを格安で手に入れることができます。 実際に使用する以外にも、見た目が可愛いものやリラックスできる香りのするもの等があり、ついついたくさん手が伸びてしまいますね。 お肌に優しい製品ですので、誰でも安心の使い心地です。 ナチュラルソープから話題のバリ土産エリップスまで! バリ島お土産の定番ともいえる ナチュラルソープは、ココナツオイル等の天然植物を原料に作られています。 なかでも「 ホウホウ」と呼ばれるフクロウ型のバリ島インテリア製品が人気。 日本で話題にもなっている エリップスのヘアトリートメントオイルが地元価格で買えるのも要チェックです。 バリ土産価格は基本的に1,000円以下 ボディクリームやヘアケア製品等、オーガニックのものを揃えるとなると日本ではそれなりの価格がかかります。 日本と比べて比較的物価の安いバリ島では、ほとんどの商品が10万ルピア、 つまり1,000円を切るものばかり。 普段使いを見越して、いつもより多めに買っておくのも良いかもしれませんね。 バリ島のお土産2:南国フルーツの加工食品 バリ島ではインテリアナチュラルコスメやコーヒーは耳にしたことがあるものの、食品に関してはイメージが湧かないという人も多いのではないでしょうか。 バリ島を含むインドネシアは熱帯地域の南国諸島。 カラフルな南国フルーツを中心とした オーガニック食品が数多く販売されているのです。 健康を意識したバリ島食文化 今でこそ日本でも流行りだした ローフードやマクロビですが、バリ島でも既にヨギーニやウブドを中心にオーガニックを掲げるカフェやレストランが数多く展開されています。 オーガニック食品はその名の通り、農薬や科学肥料を使わない製法で手がけられた食品です。 日頃の疲れを、 食事で内側から癒していきましょう。 おすすめのオーガニックお土産 バリ島ならではの注目ラインナップは、 無添加ジャムやパパイヤチップス、 カシューナッツ。 中でも無添加ジャムは、マンゴーやグアバといった南国果実を主に使用しており、20種類以上の食べ比べができるお店も。 バリ島発のオーガニックカシューナッツといえば、モデルがインスタにアップする等して注目が集まっていますね。 バリ島現地でのおすすめはスムージー 現地に住んでいる人たちの中で流行っているのが、フレッシュな野菜や果物を使用して作る スムージー。 バリ島にはスムージーの専門店も展開されており、 20~80種類ものオーガニック野菜を独自の製法でジュース状にして提供してくれます。 スムージーは保存期間が48時間と短くお土産には適さないので、実際に 現地に足を運んだ人の特権としてお楽しみください。 バリ島のお土産3:バリ島ならではのお菓子 個包装も嬉しい定番お土産の「バロンクッキー」 バリ島のお土産といえば 「バロンクッキー」!といっても過言ではないほどにポピュラーなクッキーです。 バリ島に伝わる聖獣「バロン」の顔を表しており、マンゴー味やココナッツ味等種類も豊富。 あまりに人気過ぎて、携行品を奪われるという残念なニュースがよく聞かれますので注意が必要です。 海外お土産の大定番、チョコレートの詰め合わせもスーパーが安価! バリ島に限らず、ほとんどの観光スポットで見かける チョコレートの詰め合わせ。 空港や免税店でも買うことはできますが、荷物に余裕があれば スーパーで購入するのがコスト的におすすめです。 ちなみに バリ島のチョコレートはインドネシアの国章である「ガルーダ」がかたどられており、中にマカダミアナッツが入っているのが一般的です。 そんなチョコレートはばらまき用にぴったり。 バリ島のお土産4:インスタント食品 バリ島の地元の人が使うようなスーパーでも、お土産として人気のインスタント食品を買うことできます。 観光客向けのお土産ショップと違って、値段が安いのが魅力です。 日本でも定番の人気アジアンフード!「ナシゴレン」の素 インドネシアのソウルフードといえば、 「ナシゴレン」ですね。 最近では日本でもかなりの数のアジアンフード店でこのナシゴレンを見かけるようになりましたが、その味をご家庭で再現できたら…と思ったそこのあなた。 あのアジア特有の味をご飯や具材と一緒に炒めるだけで再現できるという夢のような「素(もと)」がスーパーで販売されています!かなり格安で手に入るので、少し多めに購入し、帰国してからナシゴレンパーティを楽しむのも良いですね。 本場の味が手軽に楽しめるインスタント麺 食べ物系のお土産でおすすめなのが インスタント麺。 インドネシアのインスタント麺は美味しいものが多いと日本でも人気があるため、お土産で渡しても喜ばれます。 たくさんあるメーカーの中でも特に人気なのが 「Indo mie(インドミー)」と 「Mie sedaap(ミースダップ)」のインスタント麺。 袋入りのものと カップ入りのものとあるのですが、たくさん買って帰るなら 価格が安い袋入りがおすすめです。 インドネシアならではの ミーゴレン味などがあり、日本にいながら手軽に本場の味を楽しめます。 バリ島のお土産5:アタ雑貨 バリ島のインテリア製品としても使用される 「アタ」とは、インドネシア原産の シダ科の植物で、バリ島内でも見つけることができます。 アタの栽培は難しく商品として使用されるのは 基本的に全て自生しているもの。 近年ではその人気もかなり高まっており、 質の良いアタは希少価値の高い材料と認識されるようになってきています。 アタの起源 バリ島でも人気のインテリア、 アタ製品の特徴はやはりその軽さと丈夫さ。 それもそのはず、元々は 戦いの儀式の中で盾として使われていたのです。 原材料の手軽さと伝統文化が融合したアタ雑貨の質の高さはお墨付きですね。 人気のアタ雑貨 採取した後に乾燥させたアタを手作業で丁寧に紡ぐことで、 インテリアやバッグ等の様々な形へその姿を変えていきます。 アタで作られた雑貨はバリ島のインテリア製品としてお土産でも人気が高く、ナチュラル雑貨好きにはたまりません。 1つ1つ形や網目の異なる温かみのあるアタ雑貨の中から、あなたのお気に入りを見つけてみては? バリ島のお土産6:陶器「ジェンガラ・ケラミック」 蓮の葉やカエル、女神等をモチーフとしたデザインが印象的な、バリ島の人気インテリア製品 「ジェンガラ・ケラミック」。 丹精込めて作られたことが誰が見てもわかる、手の込んだバリ島のインテリア製品は、 世界中の高級ホテルが採用するほどのクオリティ。 既製品を購入するのはもちろん、陶芸体験で 世界に一つだけのオリジナル陶器を作ってみるのもおすすめです。 人気があるのは湯のみや調味料入れ 日本に帰ってから日常で使うことを考えると、バリ島のインテリア製品の中でもお土産に購入するなら 湯のみや調味料入れがおすすめです。 特に人気があるのは フランジパニ(プルメリア)の花をモチーフとしたデザインで、バリ島の伝統文化と現代の華やかさが融合したような色合いを放ちます。 じぇんがら・ケラミツクは陶器なので、 持ち帰りの際には割れてしまわないよう注意しましょうね。 本店はジンバランに!クタにはアウトレット店も バリ島の人気インテリア製品「ジェンガラ・ケラミック」を買うことができるのは、 ジンバラン にある本店と クタ にあるアウトレット店の2箇所です。 当然価格面ではアウトレット店がお買い得ですが、実際に買わないとしても本店は覗いてみてください。 陶器そのものの質が高いことはもちろん、ジェンガラ・ケラミックが演出するラグジュアリーな空間に、その場にいるだけで思わずうっとりしてしまうはずです。 バリ島のお土産7:バティック雑貨 バティックとは、バリ島を含むインドネシアやマレーシアといった アジア諸国でポピュラーなろうけつ染めのことです。 日本では「更紗(さらさ)」と呼ばれる等、産地によってその呼称は異なります。 バリ島のマーケットを歩いていると、色とりどりかつ様々な文様のバティック雑貨を見かけることでしょう。 人気のバティック雑貨 バティック雑貨といえば、やはり ストールが定番中の定番です。 日本では壁にかけて飾ったり、ベッドや椅子にかけたりと バリ島のインテリアとしての役割が強いバティック雑貨。 バリ島内ではスカートやシャツにして身に付けるという ファッションでの用途が一般的です。 現地を訪れた際はバティック雑貨を身に付けて、バリ島内を散策すると気分もぐっと高まりますね。 バティック柄のぬいぐるみがブームに バティックと聞くとどうしても民 族衣装のようなイメージを頭に思い描きがちですが、実はその ジャンルは幅広く、様々なスタイルのものがお土産として販売されています。 中でも特徴的かつキュートなのが バティックの布でできたテディベア。 バリ島のインテリア製品としてもお土産になりますし、実物を一目見ると思わず持ち帰りたくなりますよ。 バリ島のお土産8:ガムランボール 見た目は 光り輝く美しい球状のシルバーアクセサリー「ガムランボール」。 神々の棲む島として知られるバリ島では、この球状のガムランボールを「月」とみなし、 神が宿る神秘のパワーの源と考えています。 これを 身に付けることで願い事が叶ったり、癒しの効果があったりと、 不思議なパワーを貰えると信じられているのです。 ガムランボールのおすすめお土産 ガムランボールのアクセサリーの中でも断トツに 人気が高いのが、 ブレスレッドやネックレスです。 ボールの側面に月や太陽のデザインが施されているものや、誕生石が付けられているものもあります。 アタ雑貨同様に全て ハンドメイドなので、1つ1つ微妙に形や模様が異なるのも温かみがあり魅力的。 チェーンなどをバラでお土産販売する店舗も ガムランボールのアクセサリーは既製品のみにとどまりません。 店舗によってはチェーンやボールそのものを バラで販売する所もあるので、自分の好みのスタイルにカスタマイズすることも可能。 友達や彼氏彼女とおそろいの組み合わせにするのも楽しいですね。 バリ島のお土産9:高級コーヒー豆 インドネシアのコーヒー生産量は世界第4位。 オーガニックの原料をベースに挽かれた豆からは、リラックス効果の高い香りが引き立ちます。 バリ島のインテリア雑貨などの形が残るお土産も良いですが、帰国してから部屋の中で淹れたインドネシアコーヒーの香りに浸りながら旅の思い出にふける最高の一時も過ごせます。 スタバではバリ島限定のコーヒー豆も バリ島産コーヒーの専門店 「スニマン」が海外からも注目されている他、世界的コーヒーチェーン「スターバックス」では バリ島限定のフレーバーも。 有名メーカーの クプクプ・ボラ・ドゥニアは、各地にあるスーパーでも買うことができます。 バル島の世界最高級コーヒー「コピ・ルアック」 ジャコウネコが飲み込んだ豆を使った希少品コピ・ルアック。 なんと ネコが排泄した糞からコーヒー豆を採取して飲める状態にするという驚きの製法を用いています。 コピ・ルアックはスーパーでも買うことはできますが、専門店に足を運ぶことで様々なフレーバーのコーヒーを飲み比べすることができるので楽しいですよ。 日本の専門店では一杯8,000円することもある最高級コーヒーを本場インドネシア・バリ島でお試しあれ。 コーヒー専門店のお土産販売 コーヒーは奥が深いなんていいますが、その楽しみ方は飲むだけにとどまりません。 バリ島にあるコーヒー専門店の中には、ギフトショップを併設しているところもあり、 コーヒーの香りが広がるアロマキャンドル等の販売を行っています。 もちろん見た目もアジアンテイストな見た目が目を惹くものばかりですので、バリ島のインテリアとして購入する分にもおすすめです。 バリ島のお土産10:タオル バリ・タオルは、バリ島発祥で現在人気急上昇中の カラフルなビーチタオルです。 鮮やかなデザインはバリ島のインテリアにも役立ちます。 バリ島各地には バリ・タオル専門店が点在しており、 色柄のバリエーションがかなり豊富なので、自分のお気に入りを見つけ出しましょう。 数あるデザインの中でも特に人気があるのは、寺院に入るときに身に着けるサロンがモチーフのものです。 バリ・タオルはその 肌触りの良い良質な生地を、バリ島の癒しの技術である エステの考え方を元に編みこんだものなのです。 フォトジェニックなだけでなく、しっかりと 機能性も高いところもまた、バリ島土産として人気が高い理由なのかもしれませんね。 バリタオルはどこで買える? 各地で点在しているので見つけることは難しくありませんが、万が一困った際には ショッピングセンターへ向かいましょう。 センター内にてポップに装飾した バリ・タオル専門の露店があなたを待っています。 更に具体的には、クタのビーチ・ウォークやスミニャック・ヴィレッジ、ヌサドゥアのバリ・コレクション等で販売されています。 バリ島のお土産はどこで買う? バリ島でお土産を買うなら、主に以下の場所で購入するのがおすすめです。 それぞれの特徴をまとめてみたので、お土産選びに迷ったならこれらを参考にしてみてください。 空港 帰国前に買い忘れたものを購入することができ、Tシャツやキャップなどの雑貨も取り扱っています。 免税店 「T(ティ)ギャレリア」が有名で、ブランド品やコスメなどを購入することができます。 スーパー 小規模から大規模な店舗があり、ばらまき用のお菓子やインスタント食品などを購入するのにおすすめです。 お土産購入前にバリ島の通貨をチェック バリ島に限らず、海外に出る際に事前に知っておきたいことの1つが通貨について。 通貨価値が異なる海外では、同じ商品やサービスでも日本とはその価値も異なるのです。 バリ島のインテリアやお土産を買うのに通貨の違いを知らずにいると、実際に自分が支払っている金額がわからなくなってしまい、後から後悔するなんてことも。 0を二つ消すことによってだいたいの日本円相当額がわかります。 思い切って豪遊してみたとしても、 実際はさほどお金がかからないのがバリ島なのです。 より安心して両替するためには? バリ島には世界各国より観光客が集まることから、各地で両替所を見かけます。 基本的には どこで両替をしても大きな差はありませんが、 心配な場合は政府公認のマークを確認するようにしましょう。 場所によっては ホテルで両替を受け付けてもらえる場合もあります。 日本国内での両替は割高につきおすすめできない 日本国内でもインドネシアルピアに換金してくれる場所はありますが、 レートが割高なのであまり おすすめはできません。 同様の理由で バリ島の空港もレートが悪いので、 最小限の換金だけに抑えておきましょう。 少し勇気は要るかもしれませんが、 街中の換金所でルピアを手にするのが最もお得なのです。 バリ島では状況に応じてチップを渡すシーンも 日本国内には無い文化の1つがチップ制度。 バリ島には本来チップ制度はなかったものの、 高級ホテルやレストラン、タクシー等でチップが一般化しつつあります。 支払う チップの金額は料金の5~10%が目安。 もちろん、サービスに不満があった場合には支払う必要はありません。 バリ島お土産まとめ バリ島旅行に限らず旅行に出かけると必ずといって良いほどに頭を悩ませる「お土産選び」。 その情報を事前に知っているだけで、大幅に時間をカットすることができます。 特に今回はバリ島のインテリアをあじめインスタ映えするフォトジェニックなものばかりを集めたので、あなたのSNSが充実すること間違いなし。 旅の思い出と一緒に素敵なお土産もお友達にシェアしましょう。 バリ島人気アクティビティランキング1~3位 最後に、「バリ島」での人気ツアーランキングを紹介します。 ぜひ今後の旅行プランをたてる上で参考にしてくださいね! 第1位:レンボンガン島満喫ツアー!シュノーケリング+マングローブの林探検+悪魔の涙 バリ島人気の離島、レンボンガン島は手つかずの自然や熱帯魚に出逢える楽園です。 このツアーでは、レンボンガン島を取り囲むエメラルドグリーンの美しい海でシュノーケリングを楽しめるのはもちろん、「マングローブ林」や「悪魔の涙」など、見所満載の観光スポットを日本語ガイドの解説付で余すことなく巡ります。 バリの大自然に抱かれる充実の1日をお過ごしください。

次の