皇室ななめ読み。 Koshitsu

運営者、執筆者情報

皇室ななめ読み

日本一出世した人物というと、農民の子として生まれ、天下人にまで上りつめた豊臣秀吉でしょう。 では中国で一番はだれか? 多くの人は明王朝を開いた朱元璋の名を挙げるのではないでしょうか。 朱元璋(1328~98年)。 廟号(びょうごう)(中国をはじめとする漢字文化圏において、先祖である皇帝や王を祭るための「廟」に載せるための名前のこと。 日本はこれを用いていない)は太祖。 治世の年号を取って(中国では明王朝から一世一元の制を用いた。 日本では周知のごとく明治から一世一元)、洪武帝と呼ばれます。 後に皇帝となる彼は、現在の安徽省鳳陽県の貧農の子として生まれました。 家族は貧しさのゆえに餓死しましたが、彼だけは寺に身を寄せ僧になって、生き延びた。 ただ生活は苦しく、物乞い同然であったといいます。 紅巾の乱に参加して頭角を現し、江南を制圧して1368年に応天府(南京)で即位。 そののち北伐の軍を起こして大陸を統一しました。 朱元璋は同じ農民出身の劉邦(漢の皇祖)を強く意識し模倣したといわれますが、2人は共に、功成り名遂げた後に功臣を粛清しています。 朱元璋の粛清事件は数度に及びますが、その一つが洪武14年(1381年)の「文字の獄」。 これは「光」や「禿」といった字を使用した知識人層を、かつて貧乏僧であった皇帝を揶揄(やゆ)しているとして処罰したものです。 このとき、薛祥(せっしょう)という功臣は杖で殴り殺されています。 この頃、日本は南北朝時代で、京都と吉野に2人の天皇が並び立っていました。 このうち京都の北朝は「光厳-光明-崇光-後光厳」と歴代が「光」の字を用いています。 崩御された年次は順に1364年、1380年、1398年、1374年となりますので、同時期の「文字の獄」のことは伝わっていたのでしょうが、北朝の天子の「光」とは直接の関係をもちません。 だが、両者の関係性は興味深い。 今はまだ何の「思いつき」も浮かびませんが、どうにか両者を結びつけて考えてみたいと思っています。 それはさておき。

次の

天皇陛下、歌会始の儀に 皇室13日~19日のご予定:朝日新聞デジタル

皇室ななめ読み

天皇、皇后両陛下は10日、皇居・東御苑の三の丸尚蔵館を訪れ、同館で開催中の御即位記念特別展「令和の御代(みよ)を迎えて」を鑑賞された。 特別展は、ご即位に関する一連の儀式で制作された調度品とともに、両陛下の幼年期からのお歩みをたどる品々を公開。 天皇陛下が上皇さまから譲り受けられたランドセルや直筆の大学の卒業論文、皇后さまが留学中に使われていた辞書などが展示されている。 3月12日までの前期と、同月14日~4月12日の後期で展示品の入れ替えがある。 両陛下はこの日、大嘗祭(だいじょうさい)の中心的儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」で、神々に供えた米の産地を描いた屏風(びょうぶ)などをご覧になった。 関係者によると、約40分間にわたりゆかりの品々を懐かしみながらご鑑賞。 皇后さまが陛下の卒業論文の前で「これを全部お書きになったんですか」と尋ねられたり、陛下が執筆時の苦労を明かされたり。 和やかに談笑されていたという。 陛下は鑑賞後、職員に「工夫をして展示をしてくれてありがとう」と感謝を伝えられたという。 陛下は「建国記念の日」の11日、皇祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)や歴代天皇、八百万(やおよろず)の神々をまつる皇居・宮中三殿を参拝された。 秋篠宮ご夫妻は7日、東京都千代田区の経団連会館を訪れ、第65回青少年読書感想文全国コンクールの表彰式に出席された。 秋篠宮さまは式典で、自身も幼少期から読書に親しんできたことなどに触れ、受賞者らに「経験にも照らし合わせながら読んでおられることに感心するとともに、そのことを上手に表現されていることに感銘を受けました」と述べられた。 小学校低学年の部で最優秀作品に選ばれた千葉県柏市立柏第一小2年の関口結子さんが感想文を朗読すると、ご夫妻はさかんに拍手を送られていた。

次の

Koshitsu

皇室ななめ読み

日本一出世した人物というと、農民の子として生まれ、天下人にまで上りつめた豊臣秀吉でしょう。 では中国で一番はだれか? 多くの人は明王朝を開いた朱元璋の名を挙げるのではないでしょうか。 朱元璋(1328~98年)。 廟号(びょうごう)(中国をはじめとする漢字文化圏において、先祖である皇帝や王を祭るための「廟」に載せるための名前のこと。 日本はこれを用いていない)は太祖。 治世の年号を取って(中国では明王朝から一世一元の制を用いた。 日本では周知のごとく明治から一世一元)、洪武帝と呼ばれます。 後に皇帝となる彼は、現在の安徽省鳳陽県の貧農の子として生まれました。 家族は貧しさのゆえに餓死しましたが、彼だけは寺に身を寄せ僧になって、生き延びた。 ただ生活は苦しく、物乞い同然であったといいます。 紅巾の乱に参加して頭角を現し、江南を制圧して1368年に応天府(南京)で即位。 そののち北伐の軍を起こして大陸を統一しました。 朱元璋は同じ農民出身の劉邦(漢の皇祖)を強く意識し模倣したといわれますが、2人は共に、功成り名遂げた後に功臣を粛清しています。 朱元璋の粛清事件は数度に及びますが、その一つが洪武14年(1381年)の「文字の獄」。 これは「光」や「禿」といった字を使用した知識人層を、かつて貧乏僧であった皇帝を揶揄(やゆ)しているとして処罰したものです。 このとき、薛祥(せっしょう)という功臣は杖で殴り殺されています。 この頃、日本は南北朝時代で、京都と吉野に2人の天皇が並び立っていました。 このうち京都の北朝は「光厳-光明-崇光-後光厳」と歴代が「光」の字を用いています。 崩御された年次は順に1364年、1380年、1398年、1374年となりますので、同時期の「文字の獄」のことは伝わっていたのでしょうが、北朝の天子の「光」とは直接の関係をもちません。 だが、両者の関係性は興味深い。 今はまだ何の「思いつき」も浮かびませんが、どうにか両者を結びつけて考えてみたいと思っています。 それはさておき。

次の