逆seo方法。 逆SEO等の技術的な削除対応|削除依頼ならベリーベスト法律事務所

SEO対策のリライト方法【適当にしたら逆効果】

逆seo方法

の方法は、価値の高いサイトやWEBページを多く作成し、それらを検索結果の上位に次々と送り込むのが基本です。 良質なポジティブサイトによって、個人名や会社名で検索したときに表示されるネガティブなサイトの順位を下落させます。 やり方 逆SEOには様々なやり方があります。 個別のケースごとに最適な手法を慎重に考えたうえで行う必要があります。 ただ、いかなる事案においても、何らかの新しいWEBページやWEBコンテンツをつくらなければ、対策を成功させるのは困難です。 新規のWEBページ/コンテンツを作成し、それらを検索の上位表示させる必要があります。 中身が重要 逆SEO対策のためのWEBページ作成にあたって重要なカギを握るのが、その中身です。 グーグル(Google)などの検索エンジンから高く評価されるような「質の高いオリジナル・コンテンツ」が不可欠になります。 その1:WEBコンテンツ 逆SEO対策の最初のステップとして欠かせないのが、新しいWEBサイト・WEBページの作成です。 既存のサイトだけでは、誹謗中傷サイトの検索順位を大きく下げることは困難です。 逆SEOのためのサイトや新規ページの制作・構築には、独特の技術やノウハウが必要となります。 通常のWEBサイトをつくっても、中傷サイトを押し下げる効果はあまり期待できません。 当社(WEB広報)のような逆SEOの専門会社に制作・運用をお任せいただくのがベストです。 中身の質 逆SEO用のサイトやページには、優れたコンテンツが必要になります。 中身のないページやブログではSEO効果は発揮できません。 Googleなどの検索エンジンは、検索順位を決めるにあたって、コンテンツの「質」を何よりも重視しており、中身が貧弱だと、検索結果を変えられません。 文章 コンテンツの中でも特に重要なのが文章です。 中身が充実していて、かつ独自性の高い文章を配置しなければなりません。 高品質の文章で構成されたサイトなら、長期にわたって順位が安定しやすいです。 コピペはペナルティ対象 既存のサイトからコピー(コピペ)したり、中身がない低品質のコンテンツを使用したりすると、逆SEO対策そのものがスパム行為と見なされて、ペナルティの対象となり得ます。 その結果、誹謗中傷サイトの評価が相対的に高くなり、順位がかえって上昇してしまう恐れもあります。 ブログやSNSも中身が重要 通常のWEBサイトに限らず、ブログやSNSを展開してSEO対策を行う場合でも、コンテンツの質が重要です。 FacebookやTwitter(ツイッター)も、投稿する文章のクオリティによって、逆SEOの効果が大きく変わります。 どうようなコンテンツが検索エンジンに評価されやすいかは、当社のような専門会社が熟知しています。 その2:分散 逆SEOと被リンク 逆SEO対策を行う際には、良質な外部リンク(被リンク)を確保する必要があります。 ポジティブなサイトに対して、質の高いリンクを貼ることで、ポジティブサイトの順位が上がります。 それによって、結果的に誹謗中傷サイトの順位を押し下げることができます。 良質なリンクの条件 「良質なリンク」とは、以下の条件を備えたものです。 (1)リンク元のコンテンツの質が高く、かつリンク先のコンテンツの内容と関連性がある (2)リンク元のサイトが検索エンジンから高い評価を得ている (3)IPアドレスがCクラス以上で分散されている 見られて恥ずかしくないリンク 逆SEO対策用の被リンクを設置する際の大前提として、リンクの上に表示される文字(アンカーテキスト)が、対策ワードと一致してなくてはなりません。 つまり、会社名で対策を行いたいのなら、リンクは社名にかぶせる形で貼る必要があります。 注意しなければならないのは、質の悪いサイトにリンクを貼ると、それ自体が風評被害の元になる恐れがあるということです。 逆SEO対策の一環としてリンクを貼る際には、どのようなサイトにリンクを貼るのかをしっかりと見極める必要があります。 WEB広報では、品質の高いメディアサイトを多数保有しており、そこから逆SEOに最適なリンクを配置します。 その4:サイトの更新 「ドメイン」が中傷対策のカギ 法人様のインターネット上の誹謗中傷対策は、マルチドメインの運用が成功のカギを握ります。 複数の有力なドメインを上手に活用できれば、自社で検索結果の順位をコントロールしやすくなります。 とはいえ、乱暴なやり方で多数のドメインを使ったSEO(マルチドメインSEO)を行うと、Googleなどの検索エンジンからスパム行為と認定され、ペナルティが課される可能性があります。 当社のように、Googleの最新のアルゴリズムを熟知した専門会社にご依頼いただくことをおすすめします。 ドメイン1個は時代遅れ? 企業が常にレピュテーションリスクにさらされているネット時代において、ホームページ(公式サイト)のドメインが1個しかないという状況は是非とも避けたいところです。 ドメインが1個しかないと、誹謗中傷されたときに、そのサイトの上位表示を簡単に許してしまうことになります。 単独ドメインに多数のページは非効率 また、通常のSEOの観点からも、1個のドメインに数十ページ以上にわたるコンテンツを集約させるのは非効率です。 複数ドメインに分散させることで、SEO効果を高めることができます。 ドメイン分散型SEOについては、業界トップの技術を誇るWEB広報にお任せ下さい。 「有益な情報を伝える」という発想 逆SEOの目的は、ネガティブサイトの検索順位を下げることです。 ただ、実際に対策を行うにあたっては、「有益な情報の発信」という視点が必要になります。 消費者やクライアントに様々な角度から情報を伝えるのです。 役に立つ情報や知識を共有することで、結果として検索対策で有利な立場に立つことができます。 よりスピーディーにネガティブサイトの順位が下がり、企業のレピュテーション(評判)の早期改善につながります。 すなわち、逆SEOは検索エンジン対策であると同時に、企業の広報活動の手法一つということです。 悪評やネガティブな口コミのもみ消しを図るのでなく、ネガティブ情報とも正面から向き合いつつ、企業としての姿勢や活動内容を明かにしていくという発想を持つことが、成功への近道です。 WEB広報だからできる独自の対策.

次の

逆SEO対策が成功する方法!料金プランや注意点を解説|風評被害対策ラボ

逆seo方法

ちなみにネガティブサイトには、2ちゃんねる(2ch)や5ちゃんねる(5ch) などの掲示板サイトや個人ブログサイト、口コミサイトといったものが多く見られ、これらのサイト内で悪意のあるコメントなどが記載されてるケースがあります。 このようなコメントに企業名(会社名)など含まれてれば、それを目にしたユーザーは、その会社に不信感を抱くため企業にとってマイナスの要素となります。 なので、 もし誹謗中傷を記載したWebサイトが検索結果に表示されていたら、そのサイトを対象に逆SEOを検討することとなります。 また、誹謗中傷サイトのドメインパワーが強ければ、自分のサイトの質もそれなりに向上させるように最適化する必要があるので、その分、逆SEOの難易度も高くなります。 逆SEOの目的 逆SEOは、 当事者となるネガティブサイトの検索順位を下げて、そこに送客される検索トラフィックを減らし、ユーザーに悪い情報が広く認知されるのを防ぐことを目的とします。 なので、ネガティブサイトが消える(検索結果から削除される)わけではないので、悪意のある情報を根絶するという完全な対策までには至らないでしょう。 このような風評被害対策(誹謗中傷対策)においてベストなのが、 当事者に依頼して、ネガティブな情報の削除にその当事者が素直に応じてくれることです。 もしこれが厳しい場合に、といった法的措置や逆SEOという選択肢があるということを念頭に入れておくといいでしょう。 逆SEOを行う前に意識すること ネガティブサイトの順位を下げるべく、逆SEOに取り組む前に意識しておかなければいけないことがあります。 それは、スパム的な手法を使わないことです。 つまり、 Googleウェブマスター向けガイドラインで定義されてるスパム的な対策やネガティブSEO(相手サイトに対して攻撃的な対策)を行うのはNGということです。 ちなみにネガティブSEOとしては、コピーコンテンツ(コピーサイト)を量産、質の低い被リンクを設置するなどがあります。 このような方法で自サイトを最適化したり、当事者のサイトの順位を下落させようとしても根本的な対策となりません。 なぜかというと、自サイトであればペナルティとして罰せられ順位下落し、当事者のサイトであれば、ネガティブSEOの原因を対処すれば順位が元に戻るため、結果的に誹謗中傷サイトの存在を減退させることに繋がらないからです。 なので、 Googleガイドラインに準拠して自サイトの最適化に注力することが、逆SEOを進めるうえでのポイントとなります。 逆SEOの対策手法について(逆SEO対策の方法) 逆SEOは、基本的に、自分の管理サイトを最適化して、ネガティブサイトよりも上位化させる手法となります。 なので、 誹謗中傷サイトが表示されてる検索クエリで自分の管理サイトを上位表示させ、かつ当事者サイト(対象サイト)の検索順位を相対的に下落させてオーガニック検索流入を減退させることが逆SEO対策のポイントとなります。 そのために、以下2つの視点から逆SEO対策を推し進めていくこととなります。 自サイトを上位化させる 誹謗中傷サイトが表示されてる検索クエリを見つけ、そのサイトが上位表示してる場合、検索流入してる可能性が高く、ユーザーにネガティブな情報が認知されやすい状況と言えます。 この場合、 まず該当の検索クエリでインデックスされるように、そのキーワード(検索クエリ)に特化したWebページを作成する必要があります。 先述しましたが、このWebページを作成する際に、 Googleガイドラインに準拠したユーザーファーストのWebページを作成することが、自サイトを上位化させるポイントとなります。 なので、該当の検索クエリで実際に検索してみて、上位表示してるサイトのタイトル名やコンテンツ内容を参考にしながら、ユーザーが求めてる情報(検索意図)を盛り込んだWebページを作成しましょう。 そうすることで、 ネガティブサイトが表示されてる検索クエリで自サイトが上位化できる可能性が高まり、逆SEOの効果が期待できます。 また、該当の検索クエリで上位化してるサイトの傾向がいくつかあれば、それらの傾向に習ってページ作成し、複数ページインデックスさせることも可能です。 (Googleガイドラインの規定で最大5ページ程度同じ検索クエリでインデックスされる) これは難易度が高いですが、 該当の検索クエリで自サイトの複数ページを上位化させて、ネガティブサイトを相対的に順位下落させることができれば、逆SEOの効果が大いに見込めます。 ちなみに、複数ページインデックスさせるためには、各ページの品質だけでなく、サイト自体の質(ドメインパワー)を高めていく必要があります。 そうすることで、最終的にGoogle(検索エンジン)に評価されやすくなり、より上位化しやすく、優先的に関連ページがインデックスされるようになります。 この状況になるためには、時間や知識を要するため難易度が高い対策というわけです。 関連記事• 自サイトの上位化を維持する で、 うまく逆SEOの効果が発揮できた場合、この効果を持続させるために、上位化させた自分のサイトを管理してくことが重要となります。 なぜかというと、ネガティブサイトが再度上位化したり、検索意図の変化によりGoogleアルゴリズム調整が施され自サイトの順位が下落して、逆SEOの効果が薄れる可能性があるからです。 なので、 順位推移がわかる検索順位チェックツールを導入するなどして、順位下落したときにすぐ自サイトを改善できるようにしておくことが逆SEOの効果(自サイトの上位化)を維持するためのポイントといえます。 ちなみにネガティブサイトが再度上位化するなどして逆SEOの効果が落ちた場合は、改めて自サイトのWebページのコンテンツ内容を見直してユーザーの検索意図に沿ったものとなるようにリライトすることが必要となります。 また、リライトしたのに、うまくネガティブサイトの順位を上回ることができない場合は、サイト内の各Webページの質を上げてドメイン単位で(ドメインパワーを上げるように)対策を進めていく必要があります。 このように、 Googleに評価されやすいサイトに改善して、上位化しやすいサイトを運用することが、逆SEOの効果をより高めて持続させるためのポイントとなります。 逆SEO対策のポイントまとめ自サイトを最適化するために、ユーザーファーストを考慮したSEO対策が基本となります。 なので、これをベースに自サイトを上位化させて、そのサイトを運用していくことで逆SEO効果の持続に繋がります。 基本となるユーザーファーストを考慮したSEO対策のポイントについては以下記事でまとめてますので、ぜひ合わせてご覧ください。 どういうことかというと、例えばドメインパワーの強いネガティブサイトが上位化していれば、そのサイトの順位を上回ることが容易でないため、自サイトに時間かけて対策をしないと思った効果が得ずらいということです。 実際に上位化してるサイトは、基本的にドメインパワーが強い傾向です。 なので、 このようなサイトの順位を上回るためには、技術、知識、インフラをベースとしたうえで先述した逆SEO対策が必要となり、素人が自分でやるとなるとかなり時間を要するため、早急な解決には至りずらいでしょう。

次の

逆SEO対策(風評被害対策)の必要性と方法について

逆seo方法

こんにちは!webパト隊員の峯です! 今回はネガティブサイトの逆SEOの方法を紹介いたします! 逆SEOとは、 企業の誹謗中傷を目的としたネガティブサイトの検索順位を下げる手法のことです。 基本的な逆SEOの手法としては、ネガティブサイトに対して直接何かするのではなく、自分のサイトを最適化してネガティブサイトの順位を上回るようにSEO対策を実施することとなります。 そうすることで、 誹謗中傷サイトの順位を相対的に下げて、検索トラフィックの流入を減らすことができるので、結果的にユーザーへ知れ渡るネガティブな情報の抑止が期待できます。 このような点踏まえて、今回は、逆SEOの手法について中心に初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。 逆SEOとは? 逆SEOとは、 風評被害の原因となる特定のネガティブサイトの検索順位を相対的に下げるように施すSEO手法のことです。 別名、「リバースSEO」とも呼ばれてます。 もう少し言うと、 根拠のない企業や個人の誹謗中傷を目的としたインターネット上の悪質なサイトの検索順位を下げるために、自分のサイトを最適化して、ターゲットとなるネガティブサイトの検索順位を上回るようにSEO対策(逆SEO)を進めます。 ちなみにネガティブサイトには、2ちゃんねる(2ch)や5ちゃんねる(5ch) などの掲示板サイトや個人ブログサイト、口コミサイトといったものが多く見られ、これらのサイト内で悪意のあるコメントなどが記載されてるケースがあります。 このようなコメントに企業名(会社名)など含まれてれば、それを目にしたユーザーは、その会社に不信感を抱くため企業にとってマイナスの要素となります。 なので、 もし誹謗中傷を記載したWebサイトが検索結果に表示されていたら、そのサイトを対象に逆SEOを検討することとなります。 また、誹謗中傷サイトのドメインパワーが強ければ、自分のサイトの質もそれなりに向上させるように最適化する必要があるので、その分、逆SEOの難易度も高くなります。 逆SEOの目的 逆SEOは、 当事者となるネガティブサイトの検索順位を下げて、そこに送客される検索トラフィックを減らし、ユーザーに悪い情報が広く認知されるのを防ぐことを目的とします。 なので、ネガティブサイトが消える(検索結果から削除される)わけではないので、悪意のある情報を根絶するという完全な対策までには至らないでしょう。 このような風評被害対策(誹謗中傷対策)においてベストなのが、 当事者に依頼して、ネガティブな情報の削除にその当事者が素直に応じてくれることです。 もしこれが厳しい場合に、Googleからコンテンツ削除するといった法的措置や逆SEOという選択肢があるということを念頭に入れておくといいでしょう。 逆SEOを行う前に意識すること ネガティブサイトの順位を下げるべく、逆SEOに取り組む前に意識しておかなければいけないことがあります。 それは、スパム的な手法を使わないことです。 つまり、 Googleウェブマスター向けガイドラインで定義されてるスパム的な対策やネガティブSEO(相手サイトに対して攻撃的な対策)を行うのはNGということです。 ちなみにネガティブSEOとしては、コピーコンテンツ(コピーサイト)を量産、質の低い被リンクを設置するなどがあります。 このような方法で自サイトを最適化したり、当事者のサイトの順位を下落させようとしても根本的な対策となりません。 なぜかというと、自サイトであればペナルティとして罰せられ順位下落し、当事者のサイトであれば、ネガティブSEOの原因を対処すれば順位が元に戻るため、結果的に誹謗中傷サイトの存在を減退させることに繋がらないからです。 なので、 Googleガイドラインに準拠して自サイトの最適化に注力することが、逆SEOを進めるうえでのポイントとなります。 逆SEOの対策手法について(逆SEO対策の方法) 逆SEOは、基本的に、自分の管理サイトを最適化して、ネガティブサイトよりも上位化させる手法となります。 なので、 誹謗中傷サイトが表示されてる検索クエリで自分の管理サイトを上位表示させ、かつ当事者サイト(対象サイト)の検索順位を相対的に下落させてオーガニック検索流入を減退させることが逆SEO対策のポイントとなります。 そのために、以下2つの視点から逆SEO対策を推し進めていくこととなります。 自サイトを上位化させる• 自サイトの上位化を維持する 自サイトを上位化させる 誹謗中傷サイトが表示されてる検索クエリを見つけ、そのサイトが上位表示してる場合、検索流入してる可能性が高く、ユーザーにネガティブな情報が認知されやすい状況と言えます。 この場合、 まず該当の検索クエリでインデックスされるように、そのキーワード(検索クエリ)に特化したWebページを作成する必要があります。 先述しましたが、このWebページを作成する際に、 Googleガイドラインに準拠したユーザーファーストのWebページを作成することが、自サイトを上位化させるポイントとなります。 なので、該当の検索クエリで実際に検索してみて、上位表示してるサイトのタイトル名やコンテンツ内容を参考にしながら、ユーザーが求めてる情報(検索意図)を盛り込んだWebページを作成しましょう。 そうすることで、 ネガティブサイトが表示されてる検索クエリで自サイトが上位化できる可能性が高まり、逆SEOの効果が期待できます。 また、該当の検索クエリで上位化してるサイトの傾向がいくつかあれば、それらの傾向に習ってページ作成し、複数ページインデックスさせることも可能です。 (Googleガイドラインの規定で最大5ページ程度同じ検索クエリでインデックスされる) これは難易度が高いですが、 該当の検索クエリで自サイトの複数ページを上位化させて、ネガティブサイトを相対的に順位下落させることができれば、逆SEOの効果が大いに見込めます。 ちなみに、複数ページインデックスさせるためには、各ページの品質だけでなく、サイト自体の質(ドメインパワー)を高めていく必要があります。 そうすることで、最終的にGoogle(検索エンジン)に評価されやすくなり、より上位化しやすく、優先的に関連ページがインデックスされるようになります。 この状況になるためには、時間や知識を要するため難易度が高い対策というわけです。 自サイトの上位化を維持する 先述したような方法で、 うまく逆SEOの効果が発揮できた場合、この効果を持続させるために、上位化させた自分のサイトを管理してくことが重要となります。 なぜかというと、ネガティブサイトが再度上位化したり、検索意図の変化によりGoogleアルゴリズム調整が施され自サイトの順位が下落して、逆SEOの効果が薄れる可能性があるからです。 なので、 順位推移がわかる検索順位チェックツールを導入するなどして、順位下落したときにすぐ自サイトを改善できるようにしておくことが逆SEOの効果(自サイトの上位化)を維持するためのポイントといえます。 ちなみにネガティブサイトが再度上位化するなどして逆SEOの効果が落ちた場合は、改めて自サイトのWebページのコンテンツ内容を見直してユーザーの検索意図に沿ったものとなるようにリライトすることが必要となります。 また、リライトしたのに、うまくネガティブサイトの順位を上回ることができない場合は、サイト内の各Webページの質を上げてドメイン単位で(ドメインパワーを上げるように)対策を進めていく必要があります。 このように、 Googleに評価されやすいサイトに改善して、上位化しやすいサイトを運用することが、逆SEOの効果をより高めて持続させるためのポイントとなります。 逆SEO対策のポイントまとめ自サイトを最適化するために、ユーザーファーストを考慮したSEO対策が基本となります。 なので、これをベースに自サイトを上位化させて、そのサイトを運用していくことで逆SEO効果の持続に繋がります。 基本となるユーザーファーストを考慮したSEO対策のポイントについては以下記事でまとめてますので、ぜひ合わせてご覧ください。 どういうことかというと、例えばドメインパワーの強いネガティブサイトが上位化していれば、そのサイトの順位を上回ることが容易でないため、自サイトに時間かけて対策をしないと思った効果が得ずらいということです。 実際に上位化してるサイトは、基本的にドメインパワーが強い傾向です。 なので、 このようなサイトの順位を上回るためには、技術、知識、インフラをベースとしたうえで先述した逆SEO対策が必要となり、素人が自分でやるとなるとかなり時間を要するため、早急な解決には至りずらいでしょう。

次の