ウィンドウズ 10 バックアップ。 Windows10

Windows10

ウィンドウズ 10 バックアップ

今回は「Windows 10 で OS をまるごとバックアップする方法」を紹介したいと思います。 すべての初期設定が完了し、一番良い状態になっている時にバックアップをとっておけば、何か OS に不具合が生じたときにすぐその状態に戻すことができます。 初期化ではなく、一番調子の良い状態に戻すことができるので、アプリをインストールし直したりという手間も省け、戻したらすぐに PC が使えるところが魅力のバックアップ方法です。 このバックアップ方法はWindows 7 と同じやり方ですからわかりやすいですし、何よりもOSに付随している「Windows の標準機能」なので特にバックアップアプリを購入しなくても良いところが利点です。 手順の説明 長めのノウハウ記事になりますので、まず手順をざっくり紹介しておきます。 回復ドライブ(またはシステム修復ディスク)を作成します。 (1ページ目)• システムイメージ(現在の環境の完全バックアップ)を作成します。 (2ページ目)• バックアップしたものを復元します。 (2ページ目) 用意するもの OS が入っているドライブよりも最大容量が大きい外付け HDD 外付け HDD はシステムイメージ(現在の設定のままの OS のバックアップ)を作るのに使用します。 OS をまるごとバックアップするのですから、それよりも最大容量の大きい、または同等の外付けハードディスクを用意しなければなりません。 外付け HDD 商品例• 回復ドライブを作成する為のツール システムイメージは現在の環境をまるまる保管するためのバックアップですが、そのバックアップを起動させる為に必須になる「鍵(キー)」が「回復ドライブ」になります。 これは必ず作成しなければなりません。 回復ドライブの作成は、CD-R や DVD-R などの「光学ディスク」で作成する方法か「USB フラッシュメモリ」で作成する方法の2パターンから選択することができます。 光学ディスクメディアで作成するパターン 光学ディスクメディアで回復ドライブを作成する場合は、空の CD-R または DVD-R が必要になります。 このパターンでつくる回復ドライブは「 システム修復ディスク」という名称でです。 光学ディスクメディアで作成するメリットは、USB フラッシュメモリよりも回復ドライブ作成待ち時間が短いことです(数分で作成完了します)。 デメリットはたまに作成に失敗することがあり、失敗するとディスクが無駄になること。 また、光学ディスクで作成した「システム修復ディスク」は、USB メモリで作成した回復ドライブと違い、それだけでパソコンを初期化することはできません。 ディスクメディア 商品例 ここがポイント! ディスクは保管することを考えてケース付きのものを選択するとよいでしょう。 USB フラッシュメモリで作成するパターン ノート PC などでは光学ディスクドライブがないものも多くあります。 その場合に、回復ドライブは USB メモリで作成することになります。 USB フラッシュメモリは 32GB くらい容量があると安心です(個体によっては 16GB で足りない場合があるので)。 USB フラッシュメモリで回復ドライブをつくるメリットは、光学ディスクドライブが無い、もしくは光学ディスクドライブが壊れた環境でも回復ドライブがつくれること。 そして、USB フラッシュメモリで作成した回復ドライブは、それ単体でパソコンの初期化を行うことができることが最大のメリットです。 デメリットは、回復ドライブ作成の待ち時間が長いこと。 30分~60分くらい待つかな。 USB フラッシュメモリ 商品例 まずは回復ドライブをつくります まずは回復ドライブ作っておきます。 後でも全然作れるのですが、先に作っておいたほうが忘れるという失敗がない?ような気がします。 (あくまで私見) 回復ドライブとは そもそも回復ドライブとは、HDD にバックアップしたシステムイメージ(PC のまるごとバックアップデータ)を呼び出すための「鍵」または「トリガー」になるもので、バックアップを復元する時には必ず必要になります。 システムイメージと回復ドライブはふたつでワンセットなのです。 USB メモリで作ったものを「回復ドライブ」と言い、DVD-R などの光学メディアで作ったものを「システム修復ディスク」と表現しますが、どちらで作っても機能は同じです。 光学ディスクでシステム修復ディスクを作成する場合• コントロールパネルを開いたら「バックアップと復元(Windows 7)」を選択します。 コントロールパネルはスタートボタンを右クリックするとあります。 次に、左側にある「システム修復ディスクの作成」を選択します。 空のCD-Rをディスクドライブに挿れたら「ディスクの作成」を選択。 成功すると、画像と同じウィンドウがでてくるので「閉じる」で、ドライブからディスクを取り出して大事にしまっておきましょう。 しまう際には、「Windows 10 のシステム修復ディスク」と油性マジックなどでわかりやすく記載しておきましょうね。 ぼくは光学ディスクドライブがあるPCはディスクメディア作成をしています。 USB メモリで回復ドライブを作成したい場合のやり方• まずは USB メモリを PC に挿します。 タスクバーの「ここに入力して検索」フォームの中に「 回復ドライブ」と入力して検索します。 「回復ドライブ(アプリ)」と表示されるので、それをクリックします。 「システム ファイルを回復ドライブにバックアップします」にチェックが入っていることを確認して「次へ」を選択します。 回復ドライブにできそうなドライブがあるかを検索します。 検索が終わると自動的に画面が切り替わります。 使用可能なドライブが用意した USB メモリであることを確認して「次へ」を選択してください。 回復ドライブ作成の注意点です。 よく読んで理解したら「作成」を選択。 回復ドライブの作成が始まります。 思いのほか長いので、待ちきれずにキャンセルしないように注意してください。 作成が終わると画面は自動で切り替わります。 無事に回復ドライブの作成が完了しました。 「完了」をおして終了です。 以後 USB メモリは取り外してかまいません。 しっかり保管しておきましょう。 回復ドライブの注意点 回復ドライブは一度つくれば、その PC(OS)であれば以後ずっと使うことができます。 ただし、Windows 7 のものは、Windows 10 では使えないので、OS ごとに新たに作成するようにしてください。 長いので2ページに分けました。 これで準備が終わりましたので、次のページから現在の環境(OS)のバックアップ「システムイメージ」の作成方法と作成したバックアップから復元する方法を紹介します。

次の

Windows 10 で OS をまるごとバックアップする方法

ウィンドウズ 10 バックアップ

ウィンドウズ10のバックアップとシステムイメージ作成の違い ウィンドウズ10標準バックアップには2つありますが色々なサイトで出てますのでシステム的説明は不要でしょう。 バックアップ• システムイメージの作成 があります。 プログラマーでもないしそんなことよりもっと分かりやすくいうと、 1:バックアップ 個人ファイルやエクセルのデータなどを復旧します。 写真や動画など有る人向けで時間も短い。 多くの人はこれをしがちですが今の状態にしたいならこれではいけません。 このウィンドウズのバックアップの場合は外付けディスクにファイルや写真をコピーしているだけと思ってください。 インストールしたソフトやOSなどは無視となります。 2:システムイメージの作成 まさに今現在の状態にしたい場合です。 上記バックアップに加えて、さらにOSからファイルからインストール済ソフトまで全てが「今」パソコン作業をしている状態になります。 簡単に言うとこちらが完全バックアップになりますので、多くの人が求めているのはこちらのはずです。 今の現在の状態に全て復活できるからです。 なんて分かりにくいんだって思いますよね。 という事は大事なのは「 システムイメージの作成」という事になります。 けっきょくバックアップという言葉が「日本人」の頭をこんがらがせます。 じゃあなぜ「バックアップ」と「システムイメージの作成」と2つあるの? 1:バックアップは写真やエクセル用などなのでしょっちゅう増えたり消したりしますよね?なのでしょっちゅうバックアップする用と考えてOK。 フォトショップやイラストレーター、マイクロソフトオフィスアプリ等は一つ一つ再インストールが必要です。 2:一方システムイメージはアプリやウィンドウズ10の更新も全て復旧してくれますのでたまにでOKという考え方。 けどね、インストールしてるアプリなどの復旧も普通にいるでしょ!? バックアップだけだとファイルは守れますが、一からアプリなどインストールが必要です。 めっちゃ手間かかる。 なのでシステムイメージの作成を暇な時か寝る時にでもしておけば良いやとなるわけです。 気を付けないといけないのはウィルスが入っていたらそれも保存します。 ウィンドウズ10のシステムイメージの作り方手順|バックアップ まずはコントロールパネルを開きます。 システムとセキュリティを開きます。 どうみても「 今すぐバックアップ」をクリックしそうですが、「 システムイメージの作成」をクリックします。 もちろんファイルだけ助かれば良い人は別ですが普通全部復旧したいのが「当たり前」なはず。 外付けハードディスクを付けます。 必ず外付けです。 ディスクを選んで次へをクリック。 保存したい中ハードやシステムを選択します。 次へをクリック。 必要領域を確認して「 開始」をクリック。 開始されます。 これで何かあった場合でも安心です。 全てが元気な時に戻りますので安心安全です。 何もしてない人は全てを失いますのできちんとしておきましょう。 完了するとディスクを作りますか?が出てきますが外付けHDDに入れたので「いいえ」をクリックします。 これで完了です。 最後に外付けハードの中にバックアップフォルダがある事を確認して閉じるを押します。 必要なのは空きHDDのみですので簡単です。 一つだけパソコンのバックアップ用の外付けHDDを買っておきましょう。 パソコンが死んだときの地獄の事を考えると安いものです。 おすすめはI-Oデータの3TB。 2つの会社を経営し、個人投資家としても活動していますので、リアルタイムを意識した、本気の仕事とおちゃらけた日記を綴ってます。

次の

Windows 10へアップグレードする前にやるべきこと――バックアップと復元をやさしく解説 (1/6)

ウィンドウズ 10 バックアップ

【目次】• さて改めまして今回の投稿は、「Windows 10」のシステム修復ディスクに関する投稿になります。 「Windows 10」のシステム修復ディスクに関しては、仮にお使いの「Windows 10」が不測の事態によって起動しない等のトラブルに遭遇する場合に、「Windows 10」のシステムを修復したり、「Windows 10」のバックアップイメージから、「Windows 10」を復元する際に必要となる緊急ディスクです。 特に「Windows 10」のバックアップと復元という機能においては、非常に重要な緊急ディスクとなるために、「Windows 10」を使用するユーザーは、必ずシステム修復ディスクを一枚作成することをお勧めいたします。 そこで今回の投稿では、「Windows 10」のシステム修復ディスクを作成する手順について、記事を記載してまいりたいと思います。 それでは本題に入りましょう。 【スポンサーリンク】 「Windows 10」のシステム修復ディスクを作成する手順 1、【光学メディアを準備する】 それでは初めに「Windows 10」のシステム修復ディスクを作成する手順について記載いたします。 まずは「Windows 10」のシステム修復ディスクを作成する際の光学メディアを準備することについて記載します。 「Windows 10」のシステム修復ディスクを作成する場合は、以下のように光学メディアを準備することが必要になります。 <システム修復ディスクを作成することができる光学メディア>• 「CD-R」及び「CD-RW」• 「DVD-R」及び「DVD-RW」、「DVD-R DL」• 「BD-R」及び「BD-RE」• 「BD-R DL(50GB)• 「BD-R XL(100GB) 以上が「Windows 10」のシステム修復ディスクを作成することができる光学メディアになりますが、基本的に「CD-R」を一枚準備するのみでシステム修復ディスクを作成することができることを覚えておいてください。 また「Windows 10」のシステム修復ディスクの作成に関しては、「USBメモリ」等のリムーバブルメディアに作成することができません。 そのため「Windows 10」のシステム修復ディスクを作成する場合は、必ず「CD-R」等の光学メディアを準備するようにお願いいたします。 「Windows 10」のシステム修復ディスクを作成する際の光学メディアを準備することに関する記載は以上です。 2、【システム修復ディスクを作成する】 それでは次にシステム修復ディスクを作成する手順について記載いたします。 まずはお使いのパソコンの光学ドライブに 「CD」または 「DVD」等の光学メディアを挿入してください。 次にお使いのキーボード上の 「Windows ロゴマーク」及び 「R」というキーを同時に押してから、ファイル名を指定して実行という画面を表示します。 次に 名前という欄に以下の文字列を入力してから、 OKという項目をクリックしてください。 <文字列> ・ sdclt 次にバックアップと復元という画面が表示されてから、 システム修復ディスクの作成という項目をクリックします。 次に ドライブという欄で システム修復ディスクの作成先となるドライブ項目を指定してから、 ディスクの作成という項目をクリックしてください。 次に「Windows 10」のシステム修復ディスクの作成が開始されます。 なお「Windows 10」のシステム修復ディスクを作成している間は、システム修復ディスクの作成先となるドライブを開いたり、お使いの「Windows 10」をサインアウトすると、システム修復ディスクの作成が失敗してしまうことに注意してください。 次に 閉じるという項目をクリックします。 次に OKという項目をクリックします。 以上で「Windows 10」のシステム修復ディスクを作成することができました。 「Windows 10」のシステム修復ディスクを作成する手順に関する記載は以上です。 「Windows 10」のシステム修復ディスクを起動する手順 それでは次に「Windows 10」のシステム修復ディスクを起動する手順について記載いたします。 当記事の冒頭で記載するように「Windows 10」のシステム修復ディスクに関しては、仮にお使いの「Windows 10」が不測の事態によって起動しない等のトラブルに遭遇する場合に、「Windows 10」のシステムを修復したり、「Windows 10」のバックアップイメージから、「Windows 10」を復元する際に必要となる緊急ディスクです。 そして実際に「Windows 10」のシステム修復ディスクを使用して実行することができる修復操作は以下のようになります。 <システム修復ディスクを使用して実行することができる修復操作> 1、スタートアップ修復 2、バックアップイメージからの復元 3、システムの復元 そこで「Windows 10」のシステム修復ディスクを使用して実行することができる修復操作に関する詳細を把握する場合は、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載しているために、以下の「Windows 10」のシステム修復ディスクを使用して実行することができる修復操作に関連する過去記事を参照してください。 <「Windows 10」のシステム修復ディスクを使用して実行することができる修復操作に関連する過去記事> 1、スタートアップ修復 ・ 2、バックアップイメージからの復元 ・ 3、システムの復元 ・ 「Windows 10」のシステム修復ディスクを起動する手順に関する記載は以上です。 「Windows 10」の回復ドライブを作成する手順 それでは次に「Windows 10」の回復ドライブを作成する手順について記載いたします。 「Windows 10」の回復ドライブに関しては、「Windows 10」のシステム修復ディスクと同様に、仮にお使いの「Windows 10」が不測の事態によって起動しない等のトラブルに遭遇する場合に、「Windows 10」のシステムを修復したり、「Windows 10」のバックアップイメージから、「Windows 10」を復元することができる回復機能になります。 そのため「Windows 10」の回復ドライブを作成する手順の詳細を把握する場合は、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載しているために、以下の「Windows 10」の回復ドライブを作成する手順に関する過去記事を参照してください。 <「Windows 10」で回復ドライブを作成する手順について> 1、URL ・ 「Windows 10」の回復ドライブを作成する手順に関する記載は以上です。 あとがき さて今回の投稿は以上となります。 今回の投稿で記載する記事以外の「Windows 10」の使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめを参照してください。 <「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ> 1、URL ・ それでは以上です。 【全カテゴリーの人気記事】.

次の