福井 バス。 福井市バス路線一覧

ばすでんしゃねっと・ふくい

福井 バス

夜行便とは違う魅力が昼行便にはあって選択肢が広がるよ 東京から福井へ昼行便の高速バスを往復で利用しました。 大学の4年間を過ごした福井は私にとって大切な場所のひとつです。 夜行便の高速バスは利用したことがあってもなかなか昼行便は利用したことがないという方も多いのではないでしょうか。 昼行便ならではの魅力を交えながらアラフィフの私が往復で利用した実体験をご紹介します。 年に何度か帰省される福井県出身者の方々も 昼行便を試してみてはいかがでしょうか。 昼行便の高速バスの良いところ! 帰省や用事で東京と福井間を移動しなければならない人にとって、節約という点で高速バスは非常にありがたい存在ですよね。 これまで夜行便しか利用したことがない人にとって昼行便という選択肢が増えれば、単なる 移動に楽しみが加わります。 そんな昼行便の高速バスの魅力をまずはご紹介します。 移動自体が観光気分になっちゃう! これまで夜行便の高速バスを利用したことがありますが、確かに最近の高速バスは設備も充実し、乗客もマナーを守る人が多く、不快な思いをすることなく目的地まで連れて行ってくれます。 夜行便は眠ることを重視されておりスマホの画面からの光すら眩しい存在で、ただ眠ることに集中する必要があります。 昼行便では車窓を楽しみ、サービスエリアやパーキングエリアでの休憩時も太陽の光を気持ちよく感じます。 まるで 観光バスに乗っているような感覚で過ごし、到着は移動の目的地という、なんともお得な気分を味わえます。 ただ観光バスと違うところはサービスエリアで魅力的なレストランを見つけてもゆっくり食事を楽しむというわけにはいかない点でしょう。 食事や飲料については乗車前に忘れずにお気に入りのものを用意しておくと良いでしょう。 そもそも移動日は活動が制限されるちゃう! 夜行便の高速バスなら眠っている時間を移動に使えるので非常に効率的です。 ただ自宅のベッドと同様の眠りの質を求めるのは難しく、目的地に到着してから午後まで眠ってしまうということもあるでしょう。 たとえ高速バスよりも移動時間が少ない鉄道や飛行機を利用したとしても、移動日はどうしても活動が制限されるという経験は多くの方が思い当たるところだと思います。 ましてや観光だと、鉄道にしろ、飛行機にしろ、 移動自体に体力を使ってしまうもので、観光地の閉館時間なども関係すると、現地に滞在中に比べれば活動が大きく制限を受けます。 移動日は制限を受けるものだと割り切れば、移動を昼行便にして観光気分を味わうという手もあるのではないでしょうか。 アラフィフにとっては身体に優しい!? 「徹夜なんてもう何年もしていないな」というアラフィフも多いのではないでしょうか。 確かに若い頃は、たとえ夜行便の高速バスで思うように眠りを取れなかったとしても、翌日は朝からスキーをしたという経験はあっても、今もあの頃と同じことができる自信はあるでしょうか。 少なくとも私はありません。 最近の高速バスは若い頃から利用してきた4列シートだけでなく、3列が独立したシートを採用されているものもあります。 3列独立シートは私のようなアラフィフにとっては 体力的にありがたいです。 一人旅で利用する人にとってもシートが独立している3列シートは利用しやすいのではないでしょうか。 昼行便高速バスの往路:東京から福井へ 【図表】東京〜福井を結ぶ福井鉄道・京福バス一覧 体力的に不安のある世代にも快適な「3列シート」で「昼行便」で東京と福井を結んでいるのが、福井鉄道・京福バス運行の「昼特急」です。 最近の高速バスが進化しているということを耳にすることも多いと思いますが、確かに快適性が増しているのを実感するでしょう。 鉄道、飛行機、夜行便の高速バスに、さらなる選択肢として昼行便の高速バスを加えれば節約しながら楽しく東京と福井を移動できます。 アラフィフの私が実際に体験した 「昼特急」での往復の旅をご紹介します。 図表の作成に参考にした福井鉄道と京福バスの公式サイトは文末の参考文献でリンクさせていますので、ご利用の際は最新情報をご確認ください。 東京駅八重洲南口の目の前から出発 直行便の高速バスは乗車してしまえば目的地まで乗り換えなしで到着できるのが気楽です。 出発時間に遅れると鉄道のように次の便というわけにはいかないので、乗車場所に無事にたどり着くことに気を付けなければなりません。 福井へ向かう「昼特急」を東京駅から乗車しました。 東京駅の 八重洲南口の改札をそのまま駅舎の外に出ると「昼特急」に乗車する停車場に到着できます。 非常にわかりやすく便利です。 出発予定時刻の10分前に福井駅行きの「昼特急」が無事に到着し、乗車券を渡して乗り込みます。 ちなみに乗車券はネットで予約し、コンビニで支払って受け取りました。 あとは気楽なバス旅のスタートです。 トイレ付き3列シート 今回の福井への往路では福井鉄道が運行で、東京駅を出発すると乗務員さんの車内アナウンスが少し福井弁訛りでほっこりとしました。 福井県出身者の方で長らく帰省していない人にとっては、すでに高速バスの車内から福井感を味わえて故郷が恋しくなるでしょう。 シートは3列が独立しており、カーテンが用意されており、特に 一人旅でも気楽に過ごせます。 個人的には座席のフットレストが快適でした。 前のシートの背面下に取り付けられた大きめのフットレストで長時間の車内でリラックスして過ごせます。 アラフィフの私の高速バス選びの必須条件である車内のトイレもしっかりと存在していて、これでどんな渋滞に巻き込まれても安心です。 東名渋滞のため中央道を利用 東京駅を出発しバスタ新宿に立ち寄った後、再び乗務員さんの車内アナウンスが流れました。 「通常の東名高速ルートが渋滞のため本日は 中央道ルートで福井へ帰ります」 鉄道や飛行機で通常のルート以外で目的地に向かうということはなかなか起こることではないですが、こんな特別なことが起こるのが 高速バスの楽しいところです。 東名とは異なる中央道の車窓の風景とサービスエリアやパーキングを楽しむことができました。 もう一つ微笑ましく感じたのが、福井鉄道の乗務員さんの「 福井へ帰ります」という先程の車内アナウンスです。 一般的には「福井へ向かいます」というところを「福井へ帰ります」という言葉に福井愛が溢れている感じがしました。 「昼特急」は中央道の境川パーキングエリア、阿智パーキングエリア、神田パーキングエリアで休憩を取りながら予定時刻を遅れることなく無事に目的地へと到着することができました。

次の

福井市バス路線一覧

福井 バス

曹洞宗大本山永平寺へのお出かけには、ぜひ「永平寺乗継きっぷ」でお出かけください。 (名鉄バスセンター、JR東海バス名古屋旅行センター) ご購入後の変更払い戻しは、乗車券記載の発車時刻までに乗車券発売窓口でお手続きをお願いします。 「安全輸送こそ名鉄バスの根幹であり、最優先するものである」という基本方針のもと、お客さまに安心してご乗車いただくため、日常の点呼・点検から長期的な教育体系に至るまで、安全輸送に向けた確固たるシステムを確立し、日々継続しています。 当社高速バスに搭載している主な安全装置 デジタルタコグラフ 運転速度やエンジン回転数等を記録し、個人別に分析に安全運転指導に活用しています。 ドライブレコーダー 事故防止と安全性向上を目的に、車内外の様子を記録し、お客様の安全確保の一助としています。 ABS装置(アンチロックブレーキシステム) タイヤをロックする力を制御できるので、急ブレーキ時や滑りやすい路面でも、車両の安定性が向上します。 運転注意力モニター、車間距離・車線逸脱警報装置 乗務員の運転状態を常にモニタリングし、注意力低下を警告するシステムです。 前車との距離や、車線の逸脱状況等を各種センサーで認識し、運転席にある表示器及び音声で、乗務員に警告します。 各車両の入口付近に掲示していますのでご乗車時にご確認ください。 運輸安全マネジメント(安全方針) 取り組みの詳細はでご紹介しています。

次の

福井市バス路線一覧

福井 バス

夜行便とは違う魅力が昼行便にはあって選択肢が広がるよ 東京から福井へ昼行便の高速バスを往復で利用しました。 大学の4年間を過ごした福井は私にとって大切な場所のひとつです。 夜行便の高速バスは利用したことがあってもなかなか昼行便は利用したことがないという方も多いのではないでしょうか。 昼行便ならではの魅力を交えながらアラフィフの私が往復で利用した実体験をご紹介します。 年に何度か帰省される福井県出身者の方々も 昼行便を試してみてはいかがでしょうか。 昼行便の高速バスの良いところ! 帰省や用事で東京と福井間を移動しなければならない人にとって、節約という点で高速バスは非常にありがたい存在ですよね。 これまで夜行便しか利用したことがない人にとって昼行便という選択肢が増えれば、単なる 移動に楽しみが加わります。 そんな昼行便の高速バスの魅力をまずはご紹介します。 移動自体が観光気分になっちゃう! これまで夜行便の高速バスを利用したことがありますが、確かに最近の高速バスは設備も充実し、乗客もマナーを守る人が多く、不快な思いをすることなく目的地まで連れて行ってくれます。 夜行便は眠ることを重視されておりスマホの画面からの光すら眩しい存在で、ただ眠ることに集中する必要があります。 昼行便では車窓を楽しみ、サービスエリアやパーキングエリアでの休憩時も太陽の光を気持ちよく感じます。 まるで 観光バスに乗っているような感覚で過ごし、到着は移動の目的地という、なんともお得な気分を味わえます。 ただ観光バスと違うところはサービスエリアで魅力的なレストランを見つけてもゆっくり食事を楽しむというわけにはいかない点でしょう。 食事や飲料については乗車前に忘れずにお気に入りのものを用意しておくと良いでしょう。 そもそも移動日は活動が制限されるちゃう! 夜行便の高速バスなら眠っている時間を移動に使えるので非常に効率的です。 ただ自宅のベッドと同様の眠りの質を求めるのは難しく、目的地に到着してから午後まで眠ってしまうということもあるでしょう。 たとえ高速バスよりも移動時間が少ない鉄道や飛行機を利用したとしても、移動日はどうしても活動が制限されるという経験は多くの方が思い当たるところだと思います。 ましてや観光だと、鉄道にしろ、飛行機にしろ、 移動自体に体力を使ってしまうもので、観光地の閉館時間なども関係すると、現地に滞在中に比べれば活動が大きく制限を受けます。 移動日は制限を受けるものだと割り切れば、移動を昼行便にして観光気分を味わうという手もあるのではないでしょうか。 アラフィフにとっては身体に優しい!? 「徹夜なんてもう何年もしていないな」というアラフィフも多いのではないでしょうか。 確かに若い頃は、たとえ夜行便の高速バスで思うように眠りを取れなかったとしても、翌日は朝からスキーをしたという経験はあっても、今もあの頃と同じことができる自信はあるでしょうか。 少なくとも私はありません。 最近の高速バスは若い頃から利用してきた4列シートだけでなく、3列が独立したシートを採用されているものもあります。 3列独立シートは私のようなアラフィフにとっては 体力的にありがたいです。 一人旅で利用する人にとってもシートが独立している3列シートは利用しやすいのではないでしょうか。 昼行便高速バスの往路:東京から福井へ 【図表】東京〜福井を結ぶ福井鉄道・京福バス一覧 体力的に不安のある世代にも快適な「3列シート」で「昼行便」で東京と福井を結んでいるのが、福井鉄道・京福バス運行の「昼特急」です。 最近の高速バスが進化しているということを耳にすることも多いと思いますが、確かに快適性が増しているのを実感するでしょう。 鉄道、飛行機、夜行便の高速バスに、さらなる選択肢として昼行便の高速バスを加えれば節約しながら楽しく東京と福井を移動できます。 アラフィフの私が実際に体験した 「昼特急」での往復の旅をご紹介します。 図表の作成に参考にした福井鉄道と京福バスの公式サイトは文末の参考文献でリンクさせていますので、ご利用の際は最新情報をご確認ください。 東京駅八重洲南口の目の前から出発 直行便の高速バスは乗車してしまえば目的地まで乗り換えなしで到着できるのが気楽です。 出発時間に遅れると鉄道のように次の便というわけにはいかないので、乗車場所に無事にたどり着くことに気を付けなければなりません。 福井へ向かう「昼特急」を東京駅から乗車しました。 東京駅の 八重洲南口の改札をそのまま駅舎の外に出ると「昼特急」に乗車する停車場に到着できます。 非常にわかりやすく便利です。 出発予定時刻の10分前に福井駅行きの「昼特急」が無事に到着し、乗車券を渡して乗り込みます。 ちなみに乗車券はネットで予約し、コンビニで支払って受け取りました。 あとは気楽なバス旅のスタートです。 トイレ付き3列シート 今回の福井への往路では福井鉄道が運行で、東京駅を出発すると乗務員さんの車内アナウンスが少し福井弁訛りでほっこりとしました。 福井県出身者の方で長らく帰省していない人にとっては、すでに高速バスの車内から福井感を味わえて故郷が恋しくなるでしょう。 シートは3列が独立しており、カーテンが用意されており、特に 一人旅でも気楽に過ごせます。 個人的には座席のフットレストが快適でした。 前のシートの背面下に取り付けられた大きめのフットレストで長時間の車内でリラックスして過ごせます。 アラフィフの私の高速バス選びの必須条件である車内のトイレもしっかりと存在していて、これでどんな渋滞に巻き込まれても安心です。 東名渋滞のため中央道を利用 東京駅を出発しバスタ新宿に立ち寄った後、再び乗務員さんの車内アナウンスが流れました。 「通常の東名高速ルートが渋滞のため本日は 中央道ルートで福井へ帰ります」 鉄道や飛行機で通常のルート以外で目的地に向かうということはなかなか起こることではないですが、こんな特別なことが起こるのが 高速バスの楽しいところです。 東名とは異なる中央道の車窓の風景とサービスエリアやパーキングを楽しむことができました。 もう一つ微笑ましく感じたのが、福井鉄道の乗務員さんの「 福井へ帰ります」という先程の車内アナウンスです。 一般的には「福井へ向かいます」というところを「福井へ帰ります」という言葉に福井愛が溢れている感じがしました。 「昼特急」は中央道の境川パーキングエリア、阿智パーキングエリア、神田パーキングエリアで休憩を取りながら予定時刻を遅れることなく無事に目的地へと到着することができました。

次の