エビデンス 意味。 「エビデンス」の意味や使い方とは?ビジネスや医療分野も解説

エビデンスの意味とは?IT・医療・銀行での使われ方の違い

エビデンス 意味

後で、顧客や取引先などとの話の食い違いを防ぐためにエビデンスは使われます。 エビデンスはビジネスでは重要な、まさしく「証拠」となるもの。 エビデンスがしっかりとられていないと会社に損害が及ぶ可能性もあるので注意が必要です。 エビデンスの例文 エビデンスを例文で解説すると下記のように使われます。 エビデンスを使った例文1:打ち合わせ内容のエビデンスを先方に送ってください。 顧客、または取引先との打ち合わせ内容の議事録を取って先方に送り、承認をもらう行為を指しています。 先方からの了承連絡がないとエビデンスとしては成り立ちませんので、注意が必要です。 もしもメールでエビデンスを取るならば「相違があった場合には、ご連絡ください」などと一言添えて送るといいでしょう。 エビデンスを使った例文2:エビデンスを提出してください。 例文2では、話が食い違っていると感じるシーンで使われます。 照合するために、先方に対して、証拠の提出を依頼する場合に使う文章です。 エビデンスの提出を要請された場合には、すぐに提出できるように整理しておく必要があります。 エビデンスは、ビジネスシーンでは重要になってきます。 上司にエビデンスを依頼されたら、しっかり取るようにしてくださいね! 文書がいいのか、メールなどのデータでいいのか、媒体も会社によって異なるため、あらかじめ確認するようにしてください。 場合によっては、押印やサインが必要になることもあります。 会社にとっての大切な証拠ですので、エビデンスは大切に保管しておくことも必要でしょう。 文・学生の窓口編集部.

次の

エビデンスとは

エビデンス 意味

医学・保健医療の用語 [ ] 一般には、およびの分野では、ある法がある・・症状に対して、効果があることを示すや結果・結果を指す。 エビデンスは、医療行為において治療法を選択する際「確率的な情報」として、少しでも多くの患者にとって安全で効果のある治療方法を選ぶ際に指針として利用される。 言いかえれば、患者の治療に際して、効果の確率(効果量effect size を知るための手段がエビデンスであり、この効果量がどの程度の確率で正しいかを知るための手段の客観的な基準がエビデンスである。 高いエビデンスを求める方法として、ランダム化比較試験、コホート研究、症例対照研究が挙げられる。 ただし、生物にはによるゆらぎがあるため、これらの一般的な確率は個々の患者の状態によって適切に修正されなければならない。 この分野において、「エビデンスがある」と言えば、一般的には「的根拠」という意味であり 、「エビデンス・」は、個々の修正が適切であれば、確率の「度」と言い換えることができる。 詳細は「」を参照 食品・サプリメントの用語 [ ] また、保健医療に通じるものとしての維持・向上・回復等を謳うやの分野や、それを主題として発信される情報でも、肯定的と否定的の両面で用いられることがある。 つまりそれは、「エビデンスがある」という意味での使用のほか、それが認められない、すなわち、謳っている健康効果が疑問視されているだけなら偽薬の効果の説明でまだ認められる部分があるところを、安全性まで危惧されるものとして問題視される場合に、「欠けているもの」として挙げられることも少なくない、ということである。 IT用語 [ ] IT の専門用語としては、の開発分野において、作成した、サブシステムが想定どおりに動く(動いた)ことを示す証拠や検証結果を指す。 このエビデンスに基づいて、1763年に発表されたを用いてプログラム、サブシステムを改変する前に、その改変が必要なものであるかを確率的なデータに基づいて結果を推測する方法で注目されている。 一般的用法 [ ] 一般的には、発言の証拠や提案の根拠を指す用語として使われる。 ただ、広く普及しているというわけではない。 また、処理のための、証憑性を担保するやを指す場合がある。 文化用語 [ ] の登録審査に際しては、その学術的価値を証明する必要があり、「真正性(オーセンティシティ)」と呼ばれるが 、その検証過程においてはエビデンスという表現がしばしば用いられる。 に登録されたの提案に際しても、(ユネスコ)へ提出した書類では、和食の健康性について科学的見地に基づいて報告している [ ]。 脚注・出典 [ ].

次の

「エビデンス」の意味とは? 使い方を例文つきで解説!【スグ使えるビジネス用語集】

エビデンス 意味

[関連] まずこれだけは 証拠 この治療法がよいといえる証拠 少し詳しく 「この治療法がよいといえる証拠です。 薬や治療方法,検査方法など,医療の内容全般について,それがよいと判断できる証拠のことです」 時間をかけてじっくりと 「この治療法がよいといえる証拠です。 医療の分野では,たくさんの患者に実際に使って試す調査研究をして,薬や治療方法がどれぐらい効き目があるかを確かめています。 その調査研究によって,薬や治療方法,検査方法などがよいと判断できる証拠のことです」 言葉遣いのポイント• 「エビデンス」の認知率は23. 6%,理解率は8. 5%であり,一般にはほとんど理解されない言葉であるので,患者に対しては使わないで説明する方がよい。 「エビデンスがある薬」と言いたい場合は「よく効くことが研究によって確かめられている薬」,「エビデンスに基づく治療」は「研究の結果,これがよいと証明されている治療」など,文脈に応じて日常的な表現で言い換えるのがよい。 ここに注意 「エビデンス」という言葉は使わない方がよいが,医学の進歩により,薬や治療法の選び方が以前とは変わってきていることは,患者には理解してもらった方がよい。 例えば,次のような説明をして,最近の医療の考え方を分かってもらう努力をすることは,大事なことである。 専門用語を使わなくても,大事な考え方を伝えることはできるはずである。 「最近では,治療法が高度になり,薬の種類も増えました。 そこで,どういった場合にどのような治療法や薬が最も効果があるのか,実際にたくさんの患者さんを対象に調査研究を行っています。 医師は個人的な経験や勘に頼らず,そうした幅広い調査研究に基づいて,診療をしているのです」 関連語 EBM(類型A) Evidence Based Medicine [説 明] 「病気にかかった人に実際に使って効果が確かめられている医療です」 [注意点] 「EBM」という言葉は「エビデンス」以上に知られていないので(認知率8. 7%,理解率2. 7%),患者に対しては使わないようにしたい。 しかしその考え方は重要なので,必要に応じて,上記の [ここに注意]に記したような表現で分かりやすく説明したい。

次の