子宮 筋腫。 子宮筋腫について

子宮筋腫とはどんな症状?原因や種類、治療方法など徹底解説

子宮 筋腫

産婦人科の病気:子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症• 月経困難症の原因は女性3大良性疾患 月経困難症とは、月経期間中に月経に伴って病的な症状が起こる状態です。 月経痛・吐き気・頭痛・いらいら・下痢などの症状が含まれます。 原因疾患がないものを機能性月経困難症、原因疾患があるものを器質性月経困難症と呼びます。 原因疾患としては子宮筋腫・子宮腺筋症・子宮内膜症などのいわゆる女性3大良性疾患が挙げられ、複数合併している場合もあります。 治療はまず鎮痛剤による対症療法から始めますが、重症例や子宮内膜症がある場合は低用量エストロゲン・プロゲステロン配合剤(LEP剤)やLNG-IUS (レボノルゲストレル子宮内システム)等による治療が行われます。 機能性月経困難症と考えられても初期の子宮内膜症がある場合や将来的に子宮内膜症を発症する可能性が高いとのデータもあり積極的な治療を考えることも重要です。 子宮筋腫 30~50代の半数弱に発症 子宮は平滑筋という筋肉と内腔を縁どりする子宮内膜(粘膜)からできており、子宮筋腫は子宮の平滑筋細胞からなる良性の腫瘍(コブ様の塊)です。 10~20代の女性でもみられることがあります。 その発育には女性ホルモン(エストロゲン)が関係しています。 子宮筋腫はその発生部位により筋層内筋腫、漿膜下筋腫、粘膜下筋腫に分けられます(図1)。 その大きさや形状は米粒大から骨盤内や腹腔を占拠する大きなものまでさまざまです。 子宮筋腫の発育は、小さいままでとどまるものから、徐々に大きくなるもの、あるいは急に大きくなる場合もあり予測することは困難です。 子宮筋腫は良性の腫瘍であり、悪性化をすることはないと考えられていますが、もともと悪性である子宮肉腫との鑑別診断が難しい場合もあります。 子宮肉腫は非常にまれですが急に大きくなる腫瘍や画像診断で疑わしい場合は注意を要します。 月経の量が増加し血液の塊が出ることも 子宮筋腫があっても症状のない場合も少なくありませんが、症状で最も多いのは月経の変化です。 月経の量が増え血液の塊が出ることもあります。 そのためしばしば貧血をきたします。 次に多い症状が下腹部痛・腰痛で、その他に性交痛、頻尿、排尿困難(尿を出しにくい)、便秘などがみられることもあります。 大きな筋腫では腹部の腫瘤を自分で触れるようになります。 不妊や流産の原因となる場合もあります。 まれではありますが筋腫の内部で壊死が起こったり(変性)、茎をもった漿膜下筋腫が捻転を起こすことにより急激な腹痛をきたすこともあります。 巨大な筋腫では、尿管の圧迫による水腎症や深部静脈血栓症の原因となることもあります。 自覚症状が軽度なら経過観察も可能 子宮筋腫の診断は、内診(触診)・画像検査(超音波検査・MRI等)により、比較的容易に診断されます。 子宮腺筋症との鑑別にはMRI検査が有用です。 粘膜下子宮筋腫では子宮鏡検査(外来で可能です)も有用です。 漿膜下子宮筋腫の場合、卵巣腫瘍や他の腫瘍との鑑別が難しい場合もあります。 子宮筋腫と診断されても、腫瘍が大きくなく自覚症状がないか軽度なら経過観察が可能です。 治療が必要と考えられるのは以下の場合ですが、今後の妊娠希望の有無によっても異なってきます。 日常生活に影響を及ぼす症状(過多月経・月経痛・腹痛・腰痛・排尿困難等)がある場合。 高度の貧血をきたす場合。 腫瘍が急速に大きくなった場合。 不妊や流産を繰り返す場合。 子宮肉腫や卵巣腫瘍など他の腫瘍の可能性があり鑑別が難しい場合。 手術には子宮を温存する方法も 子宮筋腫の治療法は、腹痛や貧血に対しては、薬物療法(鎮痛剤・鉄剤)を行います。 閉経が近い年齢の場合や、手術までの期間、薬で月経をとめ症状を改善させることはできますが一時的で、子宮筋腫そのものを薬だけで完全に消失させることはできません。 また、現在のところ長期的に子宮筋腫の増大(発育)を予防する薬はありません。 手術療法には子宮を温存する方法として子宮筋腫核出術・子宮動脈塞栓術(UAE)・子宮鏡下子宮内膜焼灼術・マイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA)等があります。 根治的手術としては子宮摘出術(全摘・亜全摘)が行われます(図2、各手術の詳細は「婦人科手術」の項をご参照ください)。 治療が必要かどうか、どのような治療法が適しているのかについては、担当医とよく相談し方針を決めていくことが重要です。 図1 子宮筋腫の発生部位 図2 子宮筋腫の治療マップ 子宮内膜症 子宮内膜が外側の組織に発生する病気 子宮内膜症とは、子宮の内腔を縁どりする子宮内膜(粘膜)が子宮の外部の組織(骨盤腹膜・卵巣など)に発生する病気です。 月経のたびに出血、炎症、癒着を繰り返し増殖・進行します。 好発部位は骨盤内の腹膜、卵巣、ダグラス窩、まれに膀胱・尿管・腸管・臍、手術の傷、胸膜などに発生します(希少部位子宮内膜症)。 子宮内膜症の治療が必要かどうかは、広がりや症状の程度(病気の進み具合、卵巣チョコレート嚢胞の有無)、症状の程度、妊娠の希望の有無、または不妊との関連等を踏まえて判断します。 長期的に治療を取り組む気持ちが大切 治療については原則薬物療法で、長期の治療戦略を必要とする慢性疾患としてとらえることが重要です。 薬物療法には疼痛に対する対症療法と内膜症そのものに効果を持つ内分泌療法があります。 内分泌療法の目的は内膜症病巣の消褪、または進行阻止、手術後の再発の予防ですが不妊症に対する直接的治療効果はありません。 薬物としては、低用量エストロゲン・プロゲステロン配合剤または合成黄体ホルモン剤(ディナゲスト)GnRHアゴニストが使われます。 卵巣チョコレート嚢胞や深部子宮内膜症などでは手術療法が必要な場合もあります。 卵巣チョコレート嚢胞のみを摘出する手術では卵巣の機能の温存が期待されますが再発率も高く、近年手術後に低用量エストロゲン・プロゲステロン配合剤または合成黄体ホルモン剤(ディナゲスト)を服用することで再発率が低下することがわかっています。 卵巣チョコレート嚢胞からは卵巣がんが発生することもあり(0. 図3 子宮内膜症の治療 子宮腺筋症 内膜類似組織が増殖して子宮が腫大化 子宮腺筋症とは、子宮内膜に類似する組織が子宮の壁である子宮筋層内で増殖し、子宮全体または筋層の一部が厚くなり、子宮が腫大する病気です。 腺筋症が子宮筋層全体に広がる「びまん型」、一部に限局する「限局型(腫瘤形成型)」に分けられます(図4)。 子宮筋腫を合併する場合もあります。 発生原因は現時点では明らかになっていません。 好発年齢は30歳代後半から40歳代です。 かなり痛い月経痛が数日続くことも 症状は月経痛、過多月経、貧血症状などですが、痛みはかなり強く月経が終了しても数日続く場合もあります。 多くの症例で子宮の腫大がみられるため、診断では子宮筋腫との鑑別が必要となります。 症状や内診所見から診断を推定し、画像診断を行います。 超音波検査で診断が可能な場合が多いですが、MRI検査が最も有用です。 過多月経などの症状が強い場合は治療必要 子宮の腫大が軽度で症状が軽い症例では経過観察とします。 閉経により症状はなくなります。 月経困難や過多月経などの症状が強い場合や子宮の腫大が高度の場合は治療を必要とします。 治療は薬物療法ではまず症状をおさえる対症療法を行います。 痛みに対しては鎮痛剤を使用しますが、子宮がそれほど大きくない場合は黄体ホルモン剤(ディナゲストまたはミレーナ)の併用も考慮されます。 貧血があれば鉄剤を使用します。 子宮腺筋症を薬で根治することは困難ですが、早期に閉経が予想される場合は対症療法のみ、またはGnRHアゴニストの投与により経過をみる場合もあります。 症状が強く40歳代後半ごろまでの年齢であれば根治的治療として手術により子宮を摘出することを考慮します。 手術は開腹手術または腹腔鏡手術のよる子宮全摘術が行われます。 子宮頸部を残し子宮本体(体部)のみを摘出する子宮膣上部切断術が選択される場合もあります。 卵巣は異常がなければ原則として残します。 限局性の腺筋症で妊娠の希望が強ければ腺筋症病巣を取り除く「核出術」が行われる場合もあります。 症状の軽減は期待されますが、妊娠した場合、子宮破裂のリスクがあります。 過多月経に対してはマイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA)も有効です。 子宮動脈塞栓術(UAE)も効果がありますが、再発や長期的な治療効果に関しては十分なデータがありません(各手術の詳細は「婦人科手術」の項をご参照ください)。

次の

子宮筋腫の手術に踏み切れません。未婚、出産経験のない40代前半...

子宮 筋腫

子宮筋腫とは 子宮筋腫とは、子宮にできる腫瘍のことで、これができることで 生理不順などの症状を引き起こすことがあります。 良性の腫瘍で、命にかかわるような病気ではありませんが、放置しておくと2㎏を超えるような大きさになる事もあります。 女性ホルモンの影響で大きくなり、複数個できることが多く、筋腫の位置によっては早産や流産につながることがあります。 子宮筋腫はできる場所によって、子宮の内側にできる粘膜下筋腫、子宮の筋肉の中にできる筋層内筋腫、子宮の外側にできる漿膜下筋腫に分けられます。 子宮筋腫の主な症状は、月経量の増加や月経痛、不正出血、腰痛などです。 筋腫の診断方法は、一般的な問診と超音波検査で発見でき、大きさによってはMRI検査を受けることもあります。 治療方法には薬物療法と手術があり、良性の腫瘍ということもあり、大きさによって必ず手術しなければならないということはなく、 早期の発見と治療が大事です。 子宮筋腫の原因 子宮筋腫は、子宮の筋肉の細胞が増殖してできる良性の腫瘍です。 放置すると大きく成長するのが特徴で、生理不順などの症状を引き起こす可能性があります。 子宮筋腫ができる原因について詳しくはいまだ解明されていません。 初潮前の女性には筋腫が見られることはなく、閉経後に筋腫が小さくなることから、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが原因ではないかと考えられています。 エストロゲンが活発に働くことで、子宮筋腫が発生し、増大させる作用があるのではないかと、考えられているのです。 子宮筋腫の初期症状 「こんな症状があるけど、もしかして子宮筋腫かも……」そう思う人は、まず、次のセルフチェックを行ってみてください。 月経時、出血量が多くて、レバー状の塊が出ることもある• 月経中、下腹部や腰に鈍痛や生理痛がある• 月経の期間が10日以上も続く• 貧血を起こすことがある• 仰向けに寝て下腹部を触ると、こぶのようなものが感じられる• 便秘がち• 排便の際、下腹部(子宮のあたり)に痛みを感じる• 尿の間隔が短い 40歳以上の女性の4人に1人はあると言われるほどの子宮筋腫ですが、 自覚症状がないことが多く気がついていない人も多いようです。 自覚症状がある場合でも、 悪性の病気と似ている症状のこともあるので、上記のような症状がある場合には、 まずは専門医を受診しましょう。 いま現在こうした症状が見られないという人も、病気を早めに見つけられるよう、 定期的に婦人科検診を行うようにしましょう。 子宮筋腫の種類・症状 筋層内筋腫 筋層内筋腫は、子宮内膜の外側にある子宮筋層という部分に形成される子宮筋腫です。 小さいときは症状が現れませんが、筋腫が大きくなるにつれて子宮が大きくなり、子宮の形が変形します。 筋層内筋腫ができることで、子宮が強く収縮すると、下腹部痛や腰痛などの痛みを引き起こし、過多月経・頻尿・便秘などを引き起こすこともあります。 筋層内筋腫ができると、下腹部を触ればしこりを感じるのがわかりますが、自覚しにくいことがあるので、下腹部のしこりが太ったからできたものだという認識をされる人も少なくありません。 できた場所や大きさによって、不妊や流産の原因になる事があり、全体の約70%がこのタイプといわれています。 漿膜下筋腫 漿膜下筋腫は、子宮の外側を覆う漿膜のすぐ下にできる子宮筋腫で、子宮の外側に向かって大きくなるのが特徴です。 無症状の場合がほとんどなので、自分で気づくことが少なく、他の子宮筋腫のタイプと比べると過多月経の症状が少ないです。 漿膜下筋腫は、 かなり大きくならないと症状が現れません。 子宮は普段60~70gの重さですが、漿膜下筋腫を持っている人なら、1~2㎏の筋腫ができることもあります。 外からしこりだと感じる大きさになっても、月経に関する症状がほとんどないことが多いので、見過ごされることが多いです。 この筋腫がねじれると、茎捻転が起こり、急激な腹痛が起こります。 しこりを感じている人は、このタイプの筋腫かもしれませんので、気になる人は診断を受けましょう。 粘膜下筋腫 粘膜下筋腫は、子宮の内側を覆う子宮内膜のすぐ下にできる子宮筋腫です。 子宮の内部に向かって大きくなっていくので体の外側からはわかりにくく、診断を受けたらできていたことがわかるということも多いです。 子宮筋腫の中では発生頻度は低いものの、筋腫が小さくても症状が重くなるのが特徴です。 不正出血や月経時の出血量増加、月経が10日以上続くといった症状があり、ひどい月経痛や貧血、動悸や息切れなどを引き起こすこともあります。 子宮内部にできることもあって、これができると妊娠しにくくなるともいわれています。 不妊や早産の原因になるので、場合によっては手術が必要になるケースが多いです。 大きな筋腫が押し出される筋腫分娩になれば、出血量が多くなります。 子宮筋腫の診断・検査方法 子宮筋腫は自覚症状がないので、ある程度大きくならないと症状が現れないといったケースが多くあります。 子宮筋腫を早期で見つけたいなら、診断を受ける必要があります。 自覚症状の有無や、子宮筋腫の大きさやできる場所によって、実施する検査が異なります。 従来の検診では内診が行われ、これは子宮筋腫の場合でも行われます。 内診では、医師が直接膣に指を入れて、膣内や子宮内にしこりがないか調べます。 この内診では、子宮の大きさや硬さ、内部の凹凸の有無などがわかります。 大きくなった子宮に硬いしこりができていたら、それが子宮筋腫だったということがわかるのです。 超音波検査も子宮筋腫の検査で行われ、超音波を体に当てて、跳ね返ってくるエコー画像をモニターで見て、子宮の内部を調べます。 この検査方法で、内診ではわかりにくかった小さい子宮筋腫まで発見できます。 超音波検査ではプローブという機械を使い、それをお腹の上にあてる経腹法と、直接膣内に入れて調べる経腟法があります。 内診と超音波検査の結果で、子宮筋腫の疑いが出た場合は、MRI検査でその大きさや位置、状態を調べるために、精密検査をします。 MRI検査では、悪性の子宮肉腫や子宮内膜症の一種である子宮腺筋症を見分けることができます。 子宮筋腫の治療方法 薬物療法 薬物療法であれば、GnRHアゴニスト療法という治療法が行われます。 これは排卵を促すホルモンを分泌する下垂体に働きかけ、女性ホルモンの一種であるエストロゲンを減少させるという手法です。 エストロゲンが減少すると、生理がなくなり、子宮筋腫の成長が止まり、子宮筋腫をある程度小さくさせることが期待されます。 以前は点鼻薬が主流でしたが、現在では4週間に1回皮下に注射を打つ方法がとられています。 薬物療法は、通常半年間を1つの単位としています。 この方法は手術を希望しない人、または手術前にある程度子宮筋腫を小さくしておきたい人に行われます。 外科手術 子宮筋腫の手術には2通りの方法があります。 子宮をそのまま温存して筋腫だけを取り除く 筋腫核出術と、子宮をすべて取り除く 子宮全摘出手術です。 どちらの方法をとるかは、子宮筋腫の大きさや位置、現れる症状によって検討さます。 子宮筋腫だけを取り除く 筋腫核出術は、子宮はそのまま残すので、手術後は月経が起こります。 また、 妊娠することもできるので、赤ちゃんが欲しい人ならこちらの方法がいいでしょう。 一方 子宮全摘出なら、子宮筋腫だけでなく子宮そのものも取り除くので、今後の子宮筋腫の再発や子宮がんの発症を予防することができます。 手術方法は、筋腫核出術なら開腹手術や内視鏡手術などが行われ、子宮全摘出なら開腹手術や膣式手術、腹腔鏡手術が行われます。 子宮筋腫の手術は今後の人生に関わるので、医師やパートナーと相談して、手術方法を決めましょう。 子宮筋腫と妊娠、出産の関係 子宮筋腫があっても妊娠できる? 子宮筋腫があっても、妊娠できることはあります。 妊娠中に子宮筋腫が見つかることもあり、発生する頻度は0. 5~2%といわれています。 子宮筋腫がある状態での妊娠は子宮筋腫合併妊娠といわれ、胎児共々きちんとした管理が必要になります。 子宮筋腫の数が多かったり、ある程度の大きさになっていたりすると、悪化しないようにしなければなりません。 子宮筋腫ができると、それだけを取り出す筋腫核出術が行われますが、妊娠時はそれをしないようにしています。 筋腫が大きくなり、変性による症状が妊娠12週より前に現れたら、妊娠12~13週の時期に手術を検討することがあります。 妊娠中に子宮筋腫ができると、流産や早産につながることもあり、注意が必要です。 子宮筋腫があっても出産できる? 子宮筋腫ができても妊娠できるので、出産もできます。 ただし、子宮筋腫ができていたら、流産や早産の可能性があるので、それらに注意しなければなりません。 正常な妊娠なら陣痛が始まって出産しますが、子宮筋腫があると、子宮の収縮が妨げられる微弱陣痛になる事があります。 微弱陣痛と判断されたら、子宮の収縮が回復するのを待ち、場合によっては陣痛促進剤を投与することがあります。 子宮の出口付近に子宮筋腫ができている場合には、出産時に赤ちゃんが産道を通過するのを妨げる可能性があるので、母体と胎児のことを考えて、帝王切開になる事が考えられます。 帝王切開になると、大量出血が想像されるので、注意が必要になります。 子宮筋腫といわれたけど手術はしたくない・・・ 子宮筋腫は良性の腫瘍なので、検査で見つかったらすぐ手術するということはありません。 見つかっても経過観察という診断がされることがあるので、今後の状態によっては手術を行わないといった方向になるかもしれません。 放置しておくと症状が重くなるので、症状が悪くなってから診断を受けると、子宮筋腫がかなり大きくなっていたということもあります。 子宮筋腫の大きさによっては手術が必要になるので、日ごろから健康管理に気を付けたほうがいいのかもしれません。 早期の改善が大事なので、体に異変を感じたら、すぐに検診を受けたほうがいいでしょう。 もし手術をすることになったら、子供のことやその後の生活のことなどをよく考えて、どの方法がいいかを決めるのも大事です。 また手術という方法以外に、子宮筋腫の 症状に効果があると言われている成分を取り入れる 民間療法や サプリなどを利用した栄養療法もあります。

次の

子宮筋腫の手術に踏み切れません。未婚、出産経験のない40代前半...

子宮 筋腫

婦人科良性腫瘍の内視鏡手術のエキスパートとして、数多くの実績を持つ藤東院長。 子宮筋腫が原因で月経痛や貧血で苦しんでいる人もいれば、症状がほとんどなく「経過観察」と言われてそのままの人も・・・。 子宮筋腫は、婦人科系の疾患の中でも頻度が高く、誰にでもかかるありふれた病気ですが、どんな時に治療が必要になるのか、知らない方も多いようです。 そこで、今回は「藤東クリニック」の院長、藤東淳也先生に、子宮筋腫の症状や治療についてお話を伺いました。 藤東先生は、全国に330名ほどしかいない「日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医」の資格を持つ、婦人科良性腫瘍の内視鏡手術のエキスパート。 女性特有の疾患だからこそ、手術の際に心掛けていることなどもお話し下さいました。 子宮筋腫とはどんな病気ですか?「筋腫(きんしゅ)」とは、筋肉から発生する腫瘍(しゅよう)のことをいいます。 子宮は筋肉でできており、子宮を作っている筋肉の一部がこぶ状に大きくなった状態を子宮筋腫といいます。 「腫瘍」と聞くと癌のような怖い病気をイメージするかもしれませんが、腫瘍には良性と悪性があり、子宮筋腫は良性腫瘍です。 発生した場所でのみ大きくなるもので、肉腫と呼ばれる悪性腫瘍のように転移したり、組織を破壊して繁殖することはなく、命にかかわる危険なものではありません。 子宮筋腫は非常に頻度の高い病気で、30、40代の女性の2、3人に1人は、子宮筋腫があるのではないかと考えられています。 ごく小さな筋腫を含めるとほとんどの方がお持ちのありふれた病気です。 症状についてお聞かせください。 子宮筋腫は1個だけポコっとできるよりも複数個できることが多く、数や形は様々です。 筋腫ができた場所や大きさによって症状は異なり、中には無症状の方もいます。 子宮の主な役割は胎児を育てることで、妊娠をしていない普段の時は、月に一回生理を起こす働きをしています。 なので、子宮内側の生理を起こすような場所にできた場合は、筋腫が小さくても月経過多や月経痛などの症状が強く出てしまうことがあります。 生理の量が多くなることで、貧血になる方もいます。 また、子宮の前方にできた場合は膀胱が圧迫されて頻尿になりやすく、後方だと腸があるので便秘がちになることがあります。 大きくなった筋腫が骨盤の神経を圧迫することで、腰痛を訴える方もいます。 筋腫が見つかっても「経過観察」と言われることが多いようですね。 健康診断やがん検診の際に、「筋腫があります」と言われて、びっくりされた方も多いと思います。 自覚症状がなく、たまたま検診などで筋腫が見つかったケースでは、治療の緊急性が低いことがほとんどです。 子宮筋腫では、筋腫自体が体に悪さをするわけではありませんから、筋腫が見つかっても自覚症状がなかったり症状が比較的軽い場合は、必ずしも治療する必要はなく経過を観察することになります。 経過観察と言われたら、様子を見ていく中で生理の変化に気を付けて頂ければと思います。 半年もしくは1年に1度、診察を受けてもらい、筋腫が大きくなっていないか確認し、過多月経や月経痛がひどくなるなど、症状に変化が見られた時は早めに産婦人科に相談しましょう。 では、治療や手術が必要になるのはどんな時ですか?子宮の内側に筋腫ができると、筋腫が小さくてもいろんな症状が出やすくなります。 1、2センチ程度でも過多月経や月経痛の症状がひどいことがあり、治療を検討する必要があります。 逆に、子宮の外側に筋腫ができた場合は、大きくなっても症状があまり出ないことが多く、5、6センチの大きさに育っても、手術をせずに経過観察することは珍しくありません。 ただ、筋腫があると妊娠にとって不利になることが多いです。 最近は出産年齢が上がり、30代、40代で妊娠される方が増え、妊娠する年代と子宮筋腫になりやすい年代が重なってきました。 将来の妊娠を希望される場合は、症状が軽くても手術を検討する場合があります。 また、閉経が近いため手術を見送ることもあります。 筋腫は女性ホルモンの影響で大きくなるのですが、閉経になると女性ホルモンが分泌されなくなり、筋腫が小さくなることが多いのです。 子宮筋腫の治療方針は、症状、筋腫の状態(大きさ、場所、数)、年齢、妊娠希望の有無を考慮しながら、患者さんと相談して決めていくことになります。 子宮筋腫では、どんな治療をするのですか?治療には薬物療法と手術療法があります。 薬物療法には2通りあり、痛いところがあれば痛みを和らげる、便秘があれば便秘を改善するお薬を使うというように、症状を一時的に抑えるための対症療法と、筋腫自体を小さくしていくホルモン治療があります。 ホルモン治療とは、女性ホルモンの分泌を抑制することで筋腫を小さくする治療法で、分かりやすく言うとお薬を使って体を閉経の状態に近づけるものです。 手術をしなくても筋腫を小さくできるのがメリットですが、継続して長期治療をすることができません。 女性ホルモンは、女性の体にとって必要なホルモンです。 それがずっとない状態が続けば、骨量が減少するなど、体に様々な悪影響が出てしまいます。 なので、ホルモン治療をする場合は、半年なら半年と、期間を限定して行います。 ホルモン治療を選択するケースとしては、今すぐ筋腫を小さくしてとにかく症状を緩和させたい方や、忙しくてすぐに手術が受けられないという方に向いており、更年期の方だとそのまま閉経に持ち込むのを狙ってホルモン治療を行うこともあります。 手術の前に筋腫を縮小させて、手術を安全に進めるために行われることも多いです。 手術について教えてください。 手術では、子宮ごと筋腫を摘出する子宮全摘術と、子宮は温存して筋腫だけを取り除く筋腫核出術があります。 子宮筋腫の手術に腹腔鏡・内視鏡が導入されるようになり、筋腫だけを取る手術の技術が向上したことで、最近の傾向としては筋腫核出術が増えました。 内視鏡手術では開腹手術のようにお腹に傷をつけないので、手術後の痛みが少なく、入院期間が短いうえ手術痕が残らないなどメリットは多いです。 ただ、特殊な手術なので、内視鏡に特化した訓練を受けた医師でないと難しく、特殊な器具や設備が必要です。 当院は「日本産科婦人科内視鏡学会 認定研修施設」として、内視鏡手術に熟練した医師が手術を行いますので、子宮筋腫や卵巣腫瘍の内視鏡手術をお考えの方はご相談ください。 藤東先生が手術で心掛けているのはどんなことでしょうか?手術を受けられるのは、30、40代の方が多いですが、この年代の女性はこれからも仕事をして、妊娠もしていくといった大切な時期です。 社会的にも家庭的にも必用とされている世代ですので、常にその方のその後の生活を念頭に置いて診療を行っています。 また、女性にとって大きな手術痕が残るのは大きな問題ですから、美容的なことも考慮しなければなりません。 体への負担を少なくするだけでなく、精神的にもダメージのない手術を心掛けるようにしています。 快適に過ごせる院内。 最新設備が施されており、産科、婦人科ともに充実した医療が受けられる。 子宮筋腫の治療を検討されている方に伝えたいことはありますか?悪性の子宮肉腫が見つかる可能性も0ではないですが、子宮筋腫は基本的には命に係わる病気ではありません。 筋腫があっても特に不調がないのであれば過度に心配する必要はなく、筋腫があることで生理痛がひどいとか、貧血に苦しんでいるとか、あるいは妊娠のためとか、ご自分の体や生活に影響があるために治療が必要になります。 ですから、治療を選択する時は、「筋腫があるから取る」というのではなく、「どうして治療が必要なのか?」を考えて、主治医と相談してください。 また、施設や医師によって治療方針も変わってきますから、場合によっては複数の施設で相談してみてもいいと思います。 受け身ではなく、自分がどうしたいのか自分の考えを持つことが大切です。 最後に「広島ドクターズ」の読者にアドバイスをお願いします。 婦人科は女性の身体を専門に診る科ですので、気軽に相談できて、気楽に検診を受けられるような、かかりつけ医をもつことが大切です。 子宮の病気、卵巣の病気は、生理の不調から気付くことも多いので、生理で不安に思う症状がありましたら、産婦人科を受診して頂ければと思います。 【内科】内科全般、消化器科内科、循環器科内科、呼吸器科、腎臓科、内分泌科、糖尿病科、膠原病科、リウマチ科、アレルギー科、血液内科、神経内科、感染症科、腫瘍科• 【外科】一般外科、消化器外科、呼吸器外科、心臓血管外科、乳腺外科、甲状腺外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、美容外科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科、リウマチ科• 【眼科】眼科• 【耳鼻咽喉科】耳鼻咽喉科、耳鼻科• 【小児科】小児科、小児外科• 【産婦人科】産婦人科、産科、婦人科• 【皮膚科】一般皮膚科、美容皮膚科• 【泌尿器科】泌尿器科、腎泌尿器科、人工透析科• 【肛門科】肛門科• 【精神科】精神科、心療内科、メンタルクリニック• 【歯科】一般歯科、小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科• 【その他】健康診断 在宅診療 人間ドック 性病科 デイケア• 【総合病院】大型病院、大学病院.

次の