喜ばしい限りです。 「嬉しいです」の目上に使える敬語?ビジネスでの言い換えは?英語表現も解説!

「嬉しい限り」の意味は「大変喜ばしい」?類語やメールでの敬語表現も

喜ばしい限りです

「嬉しい限り」の敬語 「嬉しい限りです」は敬語だが丁寧さにかける 「嬉しい限りです」は、 丁寧の意をもつ断定の助動詞である「です」を使用した言い回しであるため敬語表現であると言えます。 しかし、目上の人に使用するのには丁寧さにかけるので、目上の人に使用するのであればさらに丁寧な言い回しを使用することが望ましいと言えるでしょう。 「嬉しい限りでございます」が目上に使うには最適 「嬉しい限り」を目上の人に使用するのであれば、「 嬉しい限りでございます」が最適です。 「ございます」は、補助動詞「〜である」「〜です」の丁寧な表現で、「〜である」の丁寧表現「ございます」は、「〜だ」の丁寧表現「です」よりもさらに丁寧な言い回しになります。 したがって、目上の人に対しては「嬉しい限りです」と伝えるよりも「嬉しい限りでございます」と表現するほうがより丁寧と言えます。 「嬉しい限り」の注意点 「嬉しいです」は親しい上司や取引先に使う 「嬉しいです」は、上述したように、「だ」の丁寧語である「です」を使用した丁寧語であるため丁寧さには欠けますが、目上の人に使用することができます。 場面や相手によっては相応しい表現ではないという場合もありますが、特に 社内の親しい上司や取引先相手には使用しても問題ないと言えるでしょう。 「嬉しく思います」の方が自然な場合も 場面によっては、「 嬉しく思います」という表現のほうが自然な場合もあります。 例えば、親しい上司や取引先相手に対して「〜させていただけて嬉しいです」と伝える場合など、「嬉しい限りです」は堅苦しすぎてしまう・場の雰囲気に合わないというような場合には「嬉しく思います」と言い換えます。 「嬉しく存じます」の方がより丁寧 「嬉しく思います」を 謙譲語を使用して丁寧に表現すると「嬉しく存じます」となります。 「存じます」は、「思」「の謙譲語「存ずる」+丁寧語「ます」で成り立っていて、「存じます」は「思います」の謙譲表現です。 自分自身をへりくだった言い方であるため目上の人に対して使うことができます。 謙譲語は敬語の一つで、自分の行いをへりくだることで相手に敬意を示せます。 「思います」の「ます」も丁寧語なので敬語ですが、謙譲語「存じます」を使うと、より丁寧な表現になります。 「嬉しい限り」はメールではなく口語で使うのが普通 「嬉しい限り」は、 メールではなく交互で使うのが一般的です。 「嬉しい限り」は「口語体」で、一般的には「話し言葉」として直接言葉で話して相手に伝える場面で使用される言葉として使用されます。 「嬉しい限り」をメールなどの文章内で使用する場合は、「喜ばしい限りです」と言い換えましょう。 とくにビジネスシーンでは誤った使い方をすることのないよう注意しましょう。 「嬉しい限り」は目下や同等の者には使わない 「嬉しい限り」は丁寧な言葉で、少々堅苦しいイメージのある言い回しであるため。 目下や自分と同等の立場の人間に使用するのは不自然です。 目下や、同等の立場の人間には「嬉しい」とシンプルに表現しましょう。 幸福・幸せ ・運が良いこと・都合が良いこと ・そうしていただければ幸せだと人に頼む気持ちを表す になります。 「幸い」は、「こうしてくれると嬉しい・ありがたいこと」を表す言葉です。 つまり「幸いです」は、「 自分にとって嬉しいことです」「 〜であれば幸せになります」といった意味になります。 主に、 幸いです 幸いでございます 幸いに存じます というような言い回しで使用されます。 例文 「お中元のご挨拶代わりに、お菓子の詰め合わせを送らせていただきました。 お口に合えば幸いです」 「果物を詰め合わせてクール便で送りました。 気に入ってもらえたら幸いです」 「大変申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちいただけますと幸いに存じます」 「こちらの資料をご高覧いただければ幸いに存じます」 「手伝っていただけると幸いでございます」 「明日までにお返事をいただけると幸いでございます」 幸甚 「幸甚」は「 こうじん」と読みます。 「幸甚」には、 ・何よりの幸せ ・この上ない幸せ ・最上級の幸福 ・幸せの極み ・大変ありがたい思う といった意味があり、「幸甚」は「 もし〜してくれたら嬉しい」というニュアンスで、どの意味でもありがたい・嬉しいといったポデティブなことを表します。 幸甚です 幸甚でございます 幸甚に存じます というような言い回しで使用されます。 「幸甚」は元々は手紙で多く使われていましたが、最近ではビジネスメールでもよく使われます。 例文 「この度は食事会にお招きいただき幸甚です」 「オープンから今日まで、たくさんの人たちにご来店いただき幸甚です」 「〇〇様にお会いできましたことを、幸甚に存じます」 「本日はこのような素晴らしい会にお招きいただき、幸甚に存じます」 「このような素晴らしいステージにお招きいただき大変幸甚でございます」 「この度は、素晴らしい賞をいただき幸甚んでございます」 感無量 「感無量」は、「 かんむりょう」と読みます。 「感無量」は、「 はかりしれないほど見にしみて感じる」という意味の言葉で、正式には「 感慨無量」という四字熟語になります。 「感慨」が「物事に感じてしみじみとした気持ちになること」という意味で、「無量」は「量がはかり知れないほど大きい」ということを表現している言葉です。 「大変」は、「程度がはなはだしいさま」を表現している言葉で、「光栄」は、「名誉に思うこと」という意味があります。 つまり、「大変光栄」は「 栄誉を受けてうれしい心持ち」を言い表した表現です。 例文 「身に余るお言葉をいただき大変光栄でございます」 「弊社の商品がお役に立てたなら、大変光栄です」 「このような素敵な会にお招きいただい大変光栄です」 有り難い 「有り難い」は、「 ありがたい」読みます。 「有り難い」の意味は、「 感謝に絶えない・かたじけない」です。 自分にとって好都合な状態で嬉しいという気持ち気持ちを相手に対して、「〜していただき感謝します」「〜していただけて嬉しいです」という気持ちを表現することが多い言葉です。 例文 「まだまだ初心者なので、アドバイスをいただけて大変有り難いです」 「たくさんの方にご協力いただけて有り難い限りです」 「有り難いことに、本日は目標としていた売れ上げ金額を上回る結果となりました」 「〜限り」のその他の表現 「〜の限り」は上述したように、「嬉しい」「悲しい」といった人間の感じる感情を強調する言葉として使用されている言葉です。 「嬉しい限り」とは別の「〜の限り」を使用した表現をいくつか紹介いたします。 頼もしい限り 「頼もしい限り」は、「 頼りにできそうで心強い」という意味で使用される表現です。 また、「将来に期待が持てる」「経済的に心配がない」ということを表現している場合もあります。 ・お店は息子が継いでくれると言うので頼もしい限りです。 幸せの限り 「幸せの限り」は、「 しあわせのかぎり」とよみます。 「幸せの限り」は「 その人にとって望ましいこと・不満がない」をいう気持ちを表現した言葉です。 また、運が良いこと・幸福・幸運についても「幸せ」と表現することができます。 例文 ・努力が身を結ぶ結果となり幸せの限りでございます。 素晴らしい限り 「素晴らしい限り」は、 思わず感嘆するような様子を言い表した言葉です。 現代語では、「この上なく優れている」といった好ましい状況について使用される言葉です。 また、程度が甚だしい様子についても「素晴らしい限り」と表現することがあります。 例文 ・ここから見える夜景の景色は何度きても素晴らしい限りです。 ・教え子が優秀な成績を残すなんて素晴らしい限りですね.

次の

喜ばしいの意味

喜ばしい限りです

「嬉しい限り」の意味と類語 「嬉しい限り」の意味は「この上なく嬉しい」 「嬉しい限り」という言葉は「この上なく嬉しい」という意味です。 「限り」には「この上なく」「至り」「極み」という意味が含まれているため、合わせると「この上なく嬉しい」となります。 「嬉しい限り」を言い換えると「大変光栄」 「嬉しい限り」を類語に言い換えると「大変光栄」「感無量」「感激している」「至極の喜び」などの言葉になります。 どれも嬉しい様子が伝わる言葉ですので、シーンによって使い分けてください。 例えば、「このようなお言葉をかけていただき嬉しい限りです」を言い換えると「このようなお言葉をかけていただき大変光栄です」となります。 意味自体は変わらず、両方喜ばしい様子が伝わってきます。 「嬉しい限り」の敬語表現 目上へ使う際は「嬉しい限りです」 目上の上司や取引先の担当者へ使う場合は「嬉しい限りです」と使います。 「嬉しい限り」という言葉自体は敬語表現ではありません。 「嬉しい限りです」や「嬉しい限りでございます」と言い回しを変えて使いましょう。 「嬉しい限り」を丁寧に言う際は「喜ばしい限り」 「嬉しい限り」をより丁寧に言う場合は「喜ばしい限り」という言葉になります。 「嬉しい」という言葉は形容詞に分類されるため、「嬉しい」自体には敬語表現がありません。 敬語表現はないのですが、ビジネスにおいて「嬉しい」を丁寧に言い換えるならば「喜ばしい」が適切であるという意見があります。 「喜ばしい限り」となりますが、同じく「この上なく嬉しい様子」を表している言葉ですので、意味自体に変化はありません。 初対面の上司や自社の社長へなど、丁寧に表現したい場合は「嬉しい限り」ではなく「喜ばしい限り」を使う方が良いでしょう。 「嬉しい限り」の注意点 場面によっては「嬉しく思います」 使うシーンによっては「嬉しい限り」を使うのではなく「嬉しく思います」を使う方が良い場合もあります。 「嬉しい限り」という言葉が仰々しく、場に似つかないと思う際や不適切と感じる時は「嬉しく思います」や、素直に「嬉しいです」と言い換えましょう。 例えば、取引先の担当者や他部署の上司に対して「嬉しい限りです」を使うことに違和感はありません。 毎日顔を合わせる親しい上司に「嬉しい限りです」を使うと堅苦しく、相手に距離があるように感じられます。 ある程度親しく、会話の流れで自然に使う際は「嬉しく思います」が無難です。 「嬉しい限り」をメールで使わない 「嬉しい限り」という言葉を、メールや手紙などの書面で使うことは控えてください。 言葉には「文語体」と「口語体」というものがあり、一般的に口語体を書面で使うことは非常識とされています。 分かりやすく言えば、「話し言葉」と「書き言葉」の違いです。 「嬉しい限り」という言葉は口語体ですので、文面で使うことができる文語体に言い換えると「喜ばしい限り」となります。 昔に比べ、口語体をメールなどの書面で使う機会は多くなったのですが、礼儀を大切にするビジネスの場では正しく使った方が良いでしょう。 目下や同等な立場の人へは使わない 目下の部下や同等な立場の同僚へ、「嬉しい限り」を使うことは適切ではありません。 「嬉しい限り」という言葉自体は敬語ではないのですが、使うことで仰々しく堅苦しい文章になってしまいます。 受け取り方によっては、距離を置かれていると感じる人もいるでしょう。 部下や同僚へ使う際は素直に「嬉しい」と表現しても問題ありません。 シーン別「嬉しい限り」の使い方 「本当に嬉しい限りです」を使う場合 例えば、社内の営業成績トップの人に贈られる賞を受賞した場合、「このような賞をいただけて、本当に嬉しい限りです。 これからもより一層頑張らせていただきますので、よろしくお願い致します。 」という文章になります。 「嬉しい限りでございます」を使う場合 例えば、初対面の他部署の部長から、「君の営業成績はトップクラスだと、僕の部署内で噂になっているよ」と言われた場合「そのように言って頂けて嬉しい限りでございます。 」となります。 「嬉しい限り」を「大変光栄」に言い換えても、違和感ない文章となるので場面によって使い分けてください。 電話で「嬉しい限り」を使う場合 電話対応の際にも「嬉しい限り」を使うことができます。 例えば、経営している飲食店の新店舗開店を祝う電話が、お世話になっている会社からかかってきた場合「無事に開店することができ、嬉しい限りでございます。 またご迷惑をお掛けするかと思いますが、何卒よろしくお願い致します。 」となります。 まとめ 「嬉しい限り」とはビジネスにおいて「この上なく嬉しい様子」を表しています。 使う場面を間違うと、堅苦しい文章や礼儀に欠けることがあるので注意してください。 「嬉しい限り」に違和感を覚える場合は「喜ばしい限り」や「大変光栄です」など類語を使って、伝えたいことを上手に表現できるようになりましょう。

次の

「嬉しい限り」の意味と使い方・ビジネスでの使い方

喜ばしい限りです

「嬉しい限り」の意味と類語 「嬉しい限り」の意味は「この上なく嬉しい」 「嬉しい限り」という言葉は「この上なく嬉しい」という意味です。 「限り」には「この上なく」「至り」「極み」という意味が含まれているため、合わせると「この上なく嬉しい」となります。 「嬉しい限り」を言い換えると「大変光栄」 「嬉しい限り」を類語に言い換えると「大変光栄」「感無量」「感激している」「至極の喜び」などの言葉になります。 どれも嬉しい様子が伝わる言葉ですので、シーンによって使い分けてください。 例えば、「このようなお言葉をかけていただき嬉しい限りです」を言い換えると「このようなお言葉をかけていただき大変光栄です」となります。 意味自体は変わらず、両方喜ばしい様子が伝わってきます。 「嬉しい限り」の敬語表現 目上へ使う際は「嬉しい限りです」 目上の上司や取引先の担当者へ使う場合は「嬉しい限りです」と使います。 「嬉しい限り」という言葉自体は敬語表現ではありません。 「嬉しい限りです」や「嬉しい限りでございます」と言い回しを変えて使いましょう。 「嬉しい限り」を丁寧に言う際は「喜ばしい限り」 「嬉しい限り」をより丁寧に言う場合は「喜ばしい限り」という言葉になります。 「嬉しい」という言葉は形容詞に分類されるため、「嬉しい」自体には敬語表現がありません。 敬語表現はないのですが、ビジネスにおいて「嬉しい」を丁寧に言い換えるならば「喜ばしい」が適切であるという意見があります。 「喜ばしい限り」となりますが、同じく「この上なく嬉しい様子」を表している言葉ですので、意味自体に変化はありません。 初対面の上司や自社の社長へなど、丁寧に表現したい場合は「嬉しい限り」ではなく「喜ばしい限り」を使う方が良いでしょう。 「嬉しい限り」の注意点 場面によっては「嬉しく思います」 使うシーンによっては「嬉しい限り」を使うのではなく「嬉しく思います」を使う方が良い場合もあります。 「嬉しい限り」という言葉が仰々しく、場に似つかないと思う際や不適切と感じる時は「嬉しく思います」や、素直に「嬉しいです」と言い換えましょう。 例えば、取引先の担当者や他部署の上司に対して「嬉しい限りです」を使うことに違和感はありません。 毎日顔を合わせる親しい上司に「嬉しい限りです」を使うと堅苦しく、相手に距離があるように感じられます。 ある程度親しく、会話の流れで自然に使う際は「嬉しく思います」が無難です。 「嬉しい限り」をメールで使わない 「嬉しい限り」という言葉を、メールや手紙などの書面で使うことは控えてください。 言葉には「文語体」と「口語体」というものがあり、一般的に口語体を書面で使うことは非常識とされています。 分かりやすく言えば、「話し言葉」と「書き言葉」の違いです。 「嬉しい限り」という言葉は口語体ですので、文面で使うことができる文語体に言い換えると「喜ばしい限り」となります。 昔に比べ、口語体をメールなどの書面で使う機会は多くなったのですが、礼儀を大切にするビジネスの場では正しく使った方が良いでしょう。 目下や同等な立場の人へは使わない 目下の部下や同等な立場の同僚へ、「嬉しい限り」を使うことは適切ではありません。 「嬉しい限り」という言葉自体は敬語ではないのですが、使うことで仰々しく堅苦しい文章になってしまいます。 受け取り方によっては、距離を置かれていると感じる人もいるでしょう。 部下や同僚へ使う際は素直に「嬉しい」と表現しても問題ありません。 シーン別「嬉しい限り」の使い方 「本当に嬉しい限りです」を使う場合 例えば、社内の営業成績トップの人に贈られる賞を受賞した場合、「このような賞をいただけて、本当に嬉しい限りです。 これからもより一層頑張らせていただきますので、よろしくお願い致します。 」という文章になります。 「嬉しい限りでございます」を使う場合 例えば、初対面の他部署の部長から、「君の営業成績はトップクラスだと、僕の部署内で噂になっているよ」と言われた場合「そのように言って頂けて嬉しい限りでございます。 」となります。 「嬉しい限り」を「大変光栄」に言い換えても、違和感ない文章となるので場面によって使い分けてください。 電話で「嬉しい限り」を使う場合 電話対応の際にも「嬉しい限り」を使うことができます。 例えば、経営している飲食店の新店舗開店を祝う電話が、お世話になっている会社からかかってきた場合「無事に開店することができ、嬉しい限りでございます。 またご迷惑をお掛けするかと思いますが、何卒よろしくお願い致します。 」となります。 まとめ 「嬉しい限り」とはビジネスにおいて「この上なく嬉しい様子」を表しています。 使う場面を間違うと、堅苦しい文章や礼儀に欠けることがあるので注意してください。 「嬉しい限り」に違和感を覚える場合は「喜ばしい限り」や「大変光栄です」など類語を使って、伝えたいことを上手に表現できるようになりましょう。

次の