生前整理アドバイザー。 【協会認定】全国の生前整理の料金相場と買取・口コミを比較【みんなの遺品整理】

生前整理アドバイザーとは? 難易度や合格率、稼げる資格かを確認する!

生前整理アドバイザー

生前整理とは 資格の説明の前に、 生前整理について知っておきましょう。 生前整理は、老後に備え、元気なうちに不要なものを処分し、身の回りの整理をすることです。 身の回りの整理とは、財産や家、土地など相続に関わるものだけでなく、思い出の品や生活用品も対象に、人生を最後まで快適に暮らせるよう行います。 自分の死後、周囲が困らないよう、エンディングノートを作成することも、生前整理のひとつです。 生前整理アドバイザーの資格について 生前整理アドバイザーは民間資格で、自分自身をはじめ、身近な人が生前整理をしたいと思ったときに手伝いをするための資格です。 資格を取る場合は、『 一般社団法人生前整理普及協会』の主催する講座を受ける必要があります。 2級は自分自身の生前整理 2級、準1級、1級とあり、飛び級はないため、2級からひとつずつクリアしていく必要があります。 2級では、まず自らの生前整理を行うべく、エンディングノート作成や模擬葬儀プロデュース、思い出のものを片付けるなどを学びます。 自分自身の生前整理を行うことで、考え方や方法を学びます。 準1級は親や身近な人の生前整理に役立つように 準1級では、自分だけでなく、身近な人にも生前整理の大切さを伝えられるよう、どうすれば親や身近な人が片付けをはじめてくれるか、提案の仕方や心構えを学びます。 1級はより具体的で実践的な内容 1級では、自分自身の生前整理は、法律家の先生による遺言書の作成、スクラップブッキング作成など、より実践的になります。 自分にとってはより具体的に、親や身近な人にとってもさらに役立つような内容です。 生前整理アドバイザーの仕事内容 生前整理アドバイザーの資格は、それ単独で仕事に結びつくことは少ないようです。 ですが、遺品整理業者や、リサイクル業を営む人や、保険、介護、葬儀、清掃業界に勤める人などが、プラスアルファで持っていると実務に役立つことが多いようです。 ビジネスとして活用するのであれば、生前整理アドバイザー2級を取得後、生前整理認定作業士や生前整理診断士の資格をとるという選択肢があります。 生前整理認定作業士や生前整理診断士になれば、実際に依頼者の家に出向き、生前整理を手伝うことで収入を得る、という選択肢も生まれるからです。 生前整理アドバイザーの資格自体はまだ知名度が低いですが、高齢化社会の現在、需要は高まると考えられます。 終わりに 生前整理アドバイザーは、自分自身をはじめ、誰か身近な人で「自分が亡くなったあと、周りが困らないように整理しておきたい」、と思っている人の手助けをすることです。 資格を持っていれば、誰か困っている人がいたときに寄り添うこともできるでしょう。 今の仕事の質をさらに高めたい、という人にもおすすめの資格です。

次の

岩手 盛岡 生前整理 整理収納サービス エス ステージ 佐藤さちよ

生前整理アドバイザー

生前整理とは 資格の説明の前に、 生前整理について知っておきましょう。 生前整理は、老後に備え、元気なうちに不要なものを処分し、身の回りの整理をすることです。 身の回りの整理とは、財産や家、土地など相続に関わるものだけでなく、思い出の品や生活用品も対象に、人生を最後まで快適に暮らせるよう行います。 自分の死後、周囲が困らないよう、エンディングノートを作成することも、生前整理のひとつです。 生前整理アドバイザーの資格について 生前整理アドバイザーは民間資格で、自分自身をはじめ、身近な人が生前整理をしたいと思ったときに手伝いをするための資格です。 資格を取る場合は、『 一般社団法人生前整理普及協会』の主催する講座を受ける必要があります。 2級は自分自身の生前整理 2級、準1級、1級とあり、飛び級はないため、2級からひとつずつクリアしていく必要があります。 2級では、まず自らの生前整理を行うべく、エンディングノート作成や模擬葬儀プロデュース、思い出のものを片付けるなどを学びます。 自分自身の生前整理を行うことで、考え方や方法を学びます。 準1級は親や身近な人の生前整理に役立つように 準1級では、自分だけでなく、身近な人にも生前整理の大切さを伝えられるよう、どうすれば親や身近な人が片付けをはじめてくれるか、提案の仕方や心構えを学びます。 1級はより具体的で実践的な内容 1級では、自分自身の生前整理は、法律家の先生による遺言書の作成、スクラップブッキング作成など、より実践的になります。 自分にとってはより具体的に、親や身近な人にとってもさらに役立つような内容です。 生前整理アドバイザーの仕事内容 生前整理アドバイザーの資格は、それ単独で仕事に結びつくことは少ないようです。 ですが、遺品整理業者や、リサイクル業を営む人や、保険、介護、葬儀、清掃業界に勤める人などが、プラスアルファで持っていると実務に役立つことが多いようです。 ビジネスとして活用するのであれば、生前整理アドバイザー2級を取得後、生前整理認定作業士や生前整理診断士の資格をとるという選択肢があります。 生前整理認定作業士や生前整理診断士になれば、実際に依頼者の家に出向き、生前整理を手伝うことで収入を得る、という選択肢も生まれるからです。 生前整理アドバイザーの資格自体はまだ知名度が低いですが、高齢化社会の現在、需要は高まると考えられます。 終わりに 生前整理アドバイザーは、自分自身をはじめ、誰か身近な人で「自分が亡くなったあと、周りが困らないように整理しておきたい」、と思っている人の手助けをすることです。 資格を持っていれば、誰か困っている人がいたときに寄り添うこともできるでしょう。 今の仕事の質をさらに高めたい、という人にもおすすめの資格です。

次の

岩手 盛岡 生前整理 整理収納サービス エス ステージ 佐藤さちよ

生前整理アドバイザー

近年話題を集め取り組む方も増えている生前整理ですが、多くの人は処理する物が多いため、なかなか進まないようです。 そのような時に効率の良い生前整理のアドバイスをしてくれるのが、生前整理アドバイザーです。 こちらでは、 生前整理アドバイザーの資格について解説していきます。 どんな資格なの? 生前整理アドバイザーは、 生前整理普及協会が認定する民間資格です。 生前整理普及協会の代表は、大津たまみさんという方です。 大津さんは、家事代行・ハウスクリーニング・整理収納を専門とする会社「アクションパワー」の設立者です。 生前整理普及協会は、生前整理をした方が今より幸せに生きる「あったかい生前整理」をすること活動理念に掲げています。 確かに、生前整理をすると、ご自身が亡くなった後も家族が片付けや財産管理に追われることがありません。 また生前整理をすることで、ご本人が自分の人生を振り返り、今後の人生をどのように過ごすか考えることができます。 このような ご家族や自分自身のためになる生前整理を可能にするのが生前整理アドバイザーです。 どんな仕事をするの? 生前整理アドバイザーの仕事は、自分や家族、身近な人が きちんと生前整理をできるようにするのが仕事です。 生前整理アドバイザーには2級・準1級・1級があり、段階を追って学習と仕事ができるようになっています。 まず第一段階目の2級ではエンディングノートの作成や、やり残したことをピックアップするなど、まずは自分自身が生前整理をきちんとできるようになるのが目標です。 次の段階の準1級では、 身近な人に生前整理に興味を持ってもらうことを目標にします。 写真整理など、家族や身近な人に生前整理に関心を持ってもらうきっかけ作りなどを学びます。 1級では、家族や親しい人の遺言書作成サポートなど、 本格的な生前整理を手伝うことを仕事内容にしています。 このため1級では法律関係の知識や本格的な生前整理の手法など幅広く学び、それをもとに活動します。 また、生前整理関係でどのような悩みが出やすいのか、寄り添うにはどうすれば良いのかについては生前整理協会のブログなどにも情報がアップされています。 こちらを読むことで生前整理アドバイザーの仕事のイメージもしやすくなるため、気になる方はぜひチェックしてみてください。 求人・収入はあるの? 生前整理アドバイザーの活動は、対象が家族や身近な人であり、収入を得ることを目標とした資格ではありません。 また、生前整理アドバイザー資格がないとできないという仕事もありません。 このため、生前整理アドバイザーの 求人・収入はほとんどないのが現状です。 ただし、後程ご紹介しますが、 ほかの仕事や資格と組み合わせて生前整理アドバイザーの資格を活かすことは十分に可能です。 このため現在は、収入のためというより、自分や家族の生前整理について学びたい、または仕事上生前整理の知識があったほうがいいといった方たちが主に取得しています。 生前整理アドバイザーになるには? 生前整理アドバイザーになるには、いくつかの講座を受講し、認定テストを受けなければなりません。 また2級から順番に受けて受講しなければいけませんので、上級を取得するまである程度の時間がかかかることは覚悟が必要です。 しかし、講座自体は北は札幌から南は那覇まで全国で開講されているため、比較的チャレンジしやすいでしょう。 では実際に生前整理アドバイザーは各級で何を学び、費用はどれくらいかかるのでしょうか? ここでは、 講座の概要と費用について解説していきます。 それぞれの資格取得の流れについて 生前整理アドバイザーは2級・準1級・1級の順番で取得していくことが決められています。 各級の特徴と費用は以下のとおりです。 生前整理アドバイザー2級 生前整理アドバイザーは 300分の講座を受講し、 認定テストを受けると取得できます。 1日で取得可能で、近くに講座が開かれていない方のためにスカイプ講座もあるため、どなたでも取りやすい級です。 生前整理アドバイザー2級取得は、生前整理普及協会が認定するほぼ全ての資格を取得するうえで必ず取得しなければなりません。 生前整理アドバイザー2級の受講費用は 1万9500円 税抜 です。 生前整理アドバイザー準1級 生前整理アドバイザー準1級は2級を取得した人のみ受講可能です。 こちらもやはり、 1日かけて300分の講座を受け、 認定テストに合格することで取得できます。 スカイプ講座もあるため、遠方の人や外出が難しい人にも便利です。 準1級の受講費用は 2万4800円 税抜 です。 生前整理アドバイザー1級 生前整理アドバイザー1級は準1級受講後に受けることができます。 段階を踏まずに、1級のみ受けることはできません。 取得方法ですが、 300分の講座を受け認定テストに合格すると取得可能です。 こちらのみスカイプ講座は用意がないため、会場へ行かなければなりません。 受講費用は 3万4800円 税抜 です。 講座はどんな人が講師をやっているの? 講座は、2級認定指導員・準1級認定指導員・1級認定指導員が担当します。 2級認定指導員は、生前整理アドバイザー1級取得者でないとなることができず、準1級認定指導員は2級認定指導員取得後でないとなることができません。 このように 段階を踏み経験を積んだ認定指導員が、生前整理アドバイザーの講座を教えています。 2級認定指導員と準1級認定指導員は大阪や東京など全国に複数名いますが、1級認定指導員は協会設立者の大津たまみさんのみです。 講座の内容とは? 講座の内容ですが、学習内容はかなり多岐に渡ります。 その中の主な内容は以下のとおりです。 生前整理アドバイザー2級 協会の理念について知る 片付けとマイベストショットアルバムの作成 生前整理実践帳、やり残しリストの記入 模擬葬儀のプランニング 大切な人をリストアップし、メッセージを書く 五年後の自分について考える• 生前整理アドバイザー準1級 親や身近な人に生前整理や片付けについて考えてもらう 写真整理を学ぶ 親や身近な人の人生を振り替えり、エンディングについて考える 動産・不動産・相続関係など気にかかる情報を整理する方法について 親や身近な人の生前整理に必要な心構え• 生前整理アドバイザー1級 遺言書の種類と自筆証書遺言が無効になるケーススタディ 法定相続分と遺留分の特徴を知る 遺言書を作成する 生前整理スクラップブッキングについて知り実践する スクラップブッキング作品発表 各級の最後には認定テストがあり、それに合格すると無事資格取得となります。 生前整理アドバイザーの活かし方 生前整理アドバイザー取得後はさらに学習を重ね、学んだ内容を活かすことができます。 ここでは、 遺品整理アドバイザーの活かし方について解説していきます。 さらに他の資格を取得する 生前整理普及協会には、 生前整理アドバイザー以外にも、複数の資格認定講座が開設されています。 生前整理アドバイザーは親や身近な人の片付けが主でしたが、これからご紹介する資格では全くの他人の生前整理について学びます。 つまり、この認定講座でしっかり学び、知識を身に付けると活躍の場が広がるのです。 生前整理作業士 生前整理作業士は、 お客様の自宅へ伺い生前整理のお手伝いをすることを想定して学びます。 お客様と接する心構えや効率の良い作業手順を身に付けます。 お客様の生前整理ということで、さまざまなパターンが考えられますが、過去の事例を徹底して学び色々な場面に対応できる力を付けていきます。 受講費用は 8万円 税抜 で、生前整理アドバイザー2級取得後に受講可能です。 生前整理診断士 生前整理には片づけ以外にも介護・葬儀・相続などの悩みが絡んできます。 生前整理診断士は複雑に絡み合うお客様の悩みを聞き、 必要に応じて専門家を紹介する知識などを身に付けます。 生前整理診断士はお客様の総合的な窓口を目指す資格であり、独立開業にも役立つ資格です。 受講費用は 13万5000円 税抜 と高額になりますが人気の講座です。 こちらも生前整理アドバイザー2級取得後に受講可能となります。 またこれらの他に終活カウンセラーという資格もあります。 そちらにつきましては以下の記事で詳しく解説しておりますので、ぜひあわせてご覧ください。 生前整理アドバイザーは生前整理普及協会が認定する民間資格• 生前整理アドバイザーは自分や親など身近な人の生前整理を円滑に行うための資格である• 生前整理アドバイザーには2級・準1級・1級がある• 生前整理アドバイザーの講師はアドバイザー資格を得てさらに認定指導員を取得した人が担当する• 生前整理アドバイザー資格は、さらに他の資格を取ったり、他の職業と組み合わせたりという活かし方もできる 生前整理を体系的に学べるところはまだまだ少ないため、生前整理について知りたい方はこの生前整理アドバイザー講座の受講を考えられてみてはいかがでしょうか? 今回の記事が生前整理に興味を持たれている方のお役に立てれば幸いです。 また講座では生前整理だけでなく日々の掃除にも役立つ内容が満載ですので、20~30代の方にもおすすめです。 「終活ねっと」では生前整理について、方法や注意点を詳しく解説した記事もご用意しております。 よろしければこちらもあわせてお読みください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• よく読まれている記事一覧•

次の