スコティッシュ 黒。 みんなの猫図鑑

スコティッシュフォールド子猫でお探しの方はこちらへ ペットショップワンラブ

スコティッシュ 黒

スコティッシュ・テリア 愛称 Scottie(スコッティ)、Aberdeenie(アバディニー) 原産地 特徴 体重 オス 8. 5—10 キログラム 19—22 ポンド メス 8—9. 5 キログラム 18—21 ポンド 体高 25 センチメートル 9. 8 インチ 外被 ダブル ハードワイリー&ソフトアンダーコート 毛色 黒、ブリンドル、小麦 寿命 11-13 年 主要畜犬団体による分類と標準 Group 3 Terriers Section 2 Small 73 Terrier Group 2 Terriers Group 4 - Terriers Terrier Terrier Terriers Canis lupus familiaris スコティッシュ・テリアは原産のテリア犬。 特有の性格、ブラックの毛色、および典型的なテリア・キャラクタで知られ、愛称はスコッティ。 アバディーン・テリアという別名もある。 スコットランド原産の5種類のテリア犬のひとつ(他は、、、)。 にダンバートン伯ジョージが名付けた「最後まで抵抗する頑固者 diehard 」というニックネームもある。 説明 [ ] 外観 [ ]• 体格 - 筋肉質、丸い胸、コビー型• 体重 - 8 - 10キログラム• 体高 - 25 - 28センチメートル• 被毛 - ダブルコート、アンダーコートは密で柔らかい、オーバーコートは密で粗い• 毛色 - ブラック、ウィートン、暗色のブリンドル• 頭部 - 体格に比べ長め、明確なストップ、彫りが深い• 歯 - シザーズ・バイト• 眼 - アーモンド型、ダークブラウンかほぼブラック、落ちくぼんでいる、鋭敏で知性を表す• 耳 - 適度な長さ、尖った立ち耳• 尾 - 体格に見合った適度な長さ、立尾• 脚 - 適度な大きさ、筋肉質• 寿命 - 11 - 13年 小型犬であるが、弾力にとんだ筋肉質の体格。 あご、まゆ、脚、腹は長くトリムされ(伝統的なトリムだと腹は地面をこする程度の長さ)、頭部、耳、尾、背は短くトリムされるのが一般的。 ウィートンのカラーバリエーション 被毛色はブラック、暗色が多く、ウィートン、ブリンドルなどの毛色もときおり見られるが、一般的な色でないからといってやなどと混同してはならない。 性質 [ ] スコティッシュ・テリアは他の多くのテリアと同様、あるいはそれ以上に警戒心が強く、敏捷、活動的である。 独立心と自意識が強く、遊び好き、知的なことで知られ、その厳しい性格と並外れた頑固さから「最後まで抵抗する頑固者 diehard 」と呼ばれるほどである。 非常に愛情深い半面、とても頑固でもある。 気難しい傾向のある犬種であるため、幼犬の頃からしっかりとしたしつけをしないと問題犬となることもある。 時に超然とした、よそよそしい犬種と見なさることもあるが、家人にはとても忠実であり、その中でも少数の特定の相手に対して非常に深い愛情をそそぐことが知られている。 また、騒々しい反面とても神経質であるともいわれている。 スコッティは優秀なになる。 必要なときにしか吠えない傾向にあり、これは見知らぬ人には概して無関心なためであるが、他の犬に対してはこの限りではない。 大胆不敵といえる犬種であり、幼犬の頃から知っている相手でなければ、他の犬に対して好戦的に向かっていく。 もともととして飼育されており、今でもリス、ネズミ、キツネなどを見かけるとその後を追いかけたり、地面を掘り返したりする傾向にある。 このため、リードで繋いでから散歩させることが望ましい。 健康 [ ] スコティッシュ・テリアには、他の純血種よりも発症する可能性の高いが存在する。 「 Veterinary Medical Data Program 1986 」によると、他犬種に比べて発症しやすい悪性腫瘍としては、身体下部から、、下部尿路の、、、皮膚の、と鼻部のである。 他に影響があるといわれる悪性腫瘍は、 、である。 研究によればスコッティは他犬種に比べ膀胱癌の発症率が20倍といわれ 、もっとも一般的なのは膀胱の移行上皮癌とされる。 パデュー大学獣医学研究所ドクターのデボラ・クナップは「およそ11歳くらいの老犬に発症し、1対2の割合でオスよりもメスに多く発症する」とコメントしている。 この疾病の兆候は血尿、排尿困難、頻尿であるが、これらは尿路感染症と同じ兆候であることに留意する必要がある。 獣医師による診察を受けさせ、超音波検査で確認するべきである。 この疾病に対する最も一般的で有効な療法は「癌細胞を自滅させる」非ステロイド抗炎症剤のPiroxicamである。 悪性腫瘍の予防のために、飼育者は除草剤、殺虫剤、溶剤、タバコの煙などに自分の犬がさらされる危険を最小限にしなければならない。 ノミ駆虫剤の使用にも注意を払う必要があるかもしれない。 安全で野菜類に多く含まれるビタミン豊富な食餌と、十分な運動をさせてやることも求められる。 遺伝的疾患としてはフォンウィルブラント病 、 、頭蓋骨下顎骨骨症 の二つがあげられる。 、、も、時折本犬種に見られる疾患である。 飼育者はフォンウィルブラント病の確認のためにDNA検査を受けさせたほうがよいだろう。 なお、スコッティの平均寿命は11 - 13年である。 歴史 [ ] 18世紀以前 [ ] スコティッシュ・テリアはハイランド原産のテリアとしては最古の犬種であると考えられているが、証明されているわけではない。 ハイランド原産のテリアはスコッティ以外にも数種類あり、昔はすべて「スカイ・テリア」という名前でひと括りにされていたことが、本犬種の血統における混乱となった。 初めに「スカイ・テリア」として記録されている犬が現在のスコッティの直接の先祖なのか、あるいはそうではないのか、さまざまな見解がある。 とはいえ、スコッティがウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアと非常に近い犬種であることは間違いない。 両犬種ともにのブラックマウント地方とラノッホ・ムーア がその起源とされている。 スコッティは農場での害獣駆除やアナグマ、キツネなどの狩猟犬として、ハイランドで飼育されてきた。 フランス語で「地面」を意味する「 terra」をその語源とするほかのテリア Terrier と同じく、穴を掘ったり潜ったりすることが得意な生まれながらの「炭鉱夫」である。 また、尾は丈夫になるように改良繁殖された。 それは害獣やネズミを追いかけ、地面を掘り起こして獲物の巣穴に潜りこんだときに、飼育者がスコッティの尾をつかんで引っ張り出すことができるようにするためである。 スコティッシュ・テリアほどの古い犬種になると、その起源はあやふやで文書として残っていない。 特徴がスコッティによく似た犬の最初期の記録はのもので、ドン・レズリーの「スコットランドの歴史 1436年 - 1561年 " The History of Scotland 1436-1561" 」に記述されている。 その200年後、画家のが本犬種に酷似した犬を可愛がっている少女の肖像画を描いている。 は、スコッティの歴史において重要な役割を果たした。 にジェームズ6世がイングランド王ジェームス1世を兼ねることになったとき、現在のスコッティの祖先であると思われているテリア6頭をフランス王に贈ったのである。 スコッティに対するジェームズ1世の愛情と敬慕は、世界中で本犬種の人気を高めることとなった。 19世紀以降 [ ] ダンディ・ディンモント・テリア 犬に関する著述者の多くが、初めにはイギリスに2種類のテリア種がいたということで意見が一致している。 粗い被毛のスコッチ・テリアと柔らかい被毛のイングリッシュ・テリアである。 トマス・ブラウンは「 Biological Sketches and Authentic Anecdotes of Dogs 1829 」で次のように述べている。 「スコッチ・テリアは間違いなく純血種といえるが、(柔らかい被毛の)イングリッシュ・テリアはスコッチ・テリアと別の犬種をかけあわせて作出されたものだろう」。 さらにスコッチ・テリアについて「低い体高、強靭な筋肉質の身体、短く頑丈な脚、体格に比べて大きな頭部」、「一般的な被毛の色はサンド(砂色)かブラック」、「密生していて粗く長い」被毛をもつと述べている。 この書物には本犬種の特徴が非常に詳細に記述されており、1800年代初めにはスコットランドのハイランド地方に小型鳥獣を狩猟する目的で作出された、小さく、頑丈で、粗い被毛を持ったテリアが存在していたことを明確に示している。 これが以前はアバディーン・テリアとして知られ、現在はスコティッシュ・テリアとして知られている犬の特徴を表した記述であろう。 また、動物絵画で有名なの絵画との「 Scottish Terriers at Work on a Cairn in the West Highlands」というタイトルのには、本犬種の最初に制定されたスタンダードと非常によく似た外見のテリアが描かれている。 1800年代、を含むハイランドには、「短毛 short-haired 」あるいは「小さなスカイ・テリア little Skye terriers 」として、ひとまとめに呼ばれていたテリアが多く存在していた"。 19世紀後半になって、これらのスコットランド原産のテリアを分離しそれぞれ純血種として確立するため、改良繁殖を行うことが決定される。 その結果、ダンディ・ディンモント・テリア とスカイ・テリア(現在のスカイ・テリア とは異なり、さまざまな特徴を持つスカイ島原産とされたテリアの総称)の二つのカテゴリに分類された。 1860年にで開催された でこれらのテリアのクラスが新設され 、以後数年間そのクラスで出陳されていたが、この中に現在のスコティッシュ・テリアの祖先がいた。 記録によると、本犬種の最初の改良作出はドッグショーの広まりとともに後半から始まっている。 ドッグショーへ出陳する犬にはその犬種のスタンダードとの比較が求められ、ここで初めてスコッティ特有の外観、性質が記録されたのである。 さまざまな特徴のテリアがまとめられていた「スカイ・テリア」のカテゴリは、スコティッシュ・テリア、スカイ・テリア、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、ケアーン・テリアに分類し直されることとなった。 犬種としての確立が1800年代終わりから求められていた一方で、スコティッシュ・テリアはさまざまな名前で呼ばれていた。 ハイランド、ケアーン、ダイハード、そしてもっとも一般的だったのがアバディーン・テリアであった。 本犬種がで多く見られたことと、アバディーンに住んでいたJ. アダムソンが1870年代にドッグショーに本犬種を出陳し、多くの賞を得ていたためである。 現在のスコッティの血統は1頭のメス犬(スプリンターII)と2頭のオス犬から始まったと言われている。 スプリンターIIのことが非常によく研究された本である「新しいスコティッシュ・テリア The New Scottish Terrier 」の著者シンディ・クックはスプリンターIIのことを「現代のスコティッシュ・テリアの生みの親」と位置づけ、「どういった理由か、初期のブリーダーたちは他の犬を事実上排除してまで、スプリンターIIを繁殖に使った。 スプリンターIIはタータンと掛け合わされて、後に4頭のチャンピオン犬の母犬となる ウォーリを産んだ。 ウォーリとボン・アコードの子供であるオスの ランバーは2系統の血統の始祖となった。 それはチャンピオン犬 ダンディー(ウォーリとの子)とチャンピオン犬 アリステア(ダンディーの娘との子)である」と書いている。 を挟んだ全てのチャンピオン犬が、スプリンターとその掛け合わされたオス犬の血を引いていることになる。 スコティッシュ・テリアの仔犬(ウィートン) ゴードン・マレー大尉とS. Eシャーリーは、に本犬種の特徴を確立することに重要な役割を受け持つことになる。 その翌年にかけて現在とほぼ同じ方法で分類され始める一方、1879年に独立犬種として初めて、イングランドのアレクサンドラ宮殿 でドッグショーに出陳された。 最初に本犬種のスタンダードとして記載されたのは、J. モリソンとD. トムソン・グレイによる草稿で、にヴェロ・ショウの「 Illustrated Book of The Dog」に記載、出版され、最終的に本犬種のスタンダードにおける特徴の決定と「スコティッシュ・テリア」という命名とに非常に大きな影響を与えた。 このスタンダードでは本犬種の被毛は「グレイ、斑あるいはブリンドル」とされたため、までブラックは流行せず人気の色とはならなかった。 には本犬種の最初の専門クラブである「スコティッシュ・テリア・クラブ・オブ・イングランド」が設立されており、現在のクラブ幹事であるH. ラドローはイギリス南部に本犬種を普及させることに注力している。 「スコティッシュ・テリア・クラブ・オブ・スコットランド」はイングランドに遅れること7年のまで設立されなかった。 以来、イングランドとスコットランドの両クラブにより、本犬種の正しい公式スタンダードはどうあるべきなのかという議論が何年も続いた。 に、その特徴を後世に残すことが可能であると見なされた4頭の犬をもとにして、スタンダードが改正され、最終的にこの議論の決着をみた。 その4頭の犬とは、ロバートとジェームズ・チャップマンの ヘザー・ネセスティ、AG・カウリーが繁殖した アルボーン・バーティ、ウィジクが繁殖した アルボーン・アニー・ローリーと マークスマン・オブ・ドッケン(アニー・ローリーの弟犬)である。 これら4頭の犬とその子孫はスコッティの外見、特に頭部の長さ、体高の低さ、体格がスクエア(四角)であることの改良に貢献することになる。 その後のドッグショーでの成功が英国民とブリーダーによる関心を高めることになり、この改良されたスタンダードが本犬種における大変革となった。 その後この新しいスタンダードは1930年ごろにイギリスのケネルクラブに認められた。 スコッティは初めにアメリカに紹介されたが、人気犬種となったのはとの間になってからである。 にアメリカでクラブが組織され、にスタンダードが制定された。 にスコティッシュ・テリアはイギリスのケネルクラブで公認された。 までにはアメリカで3番目の人気犬種となり、その流行は長くは続かなかったとはいえ、現在でも世界中の飼育者に広く親しまれ安定した人気を保っている。 有名なスコティッシュ・テリア [ ] G・W・ブッシュ合衆国大統領の愛犬バーニー スコッティは3度にわたってホワイトハウスに住んだことのある唯一の犬種である。 合衆国大統領が、従姉妹であるマーガレット・スタックリーから譲り受けたという名前のスコッティを飼っていたことで有名である。 ルーズベルトはファラをとても可愛がり、どこに行くにも一緒だった。 ルーズベルトはファラの前にも数頭のスコッティを飼育しており、そのなかにダフィー、別名ミスター・ダフィーという名前の犬がいた。 最近では合衆国大統領がバーニー とミス・ビーズリー という名前のスコッティを飼育している。 スコッティを飼育していた有名人• 君主、政治家 、合衆国大統領の、• 芸能人 、、、、、• その他 、• 架空のキャラクターなど• ディズニー映画の『』に登場するダック• ディズニー映画の『』に登場するジョック• ボードゲームののトークン(プレイヤーのコマ)• ペットフードのチャムブランドのマスコットとしてパッケージやコマーシャルに登場• アメリカのファッション・ブランド、ジューシークチュール のエンブレム• の公式マスコットのスコッティ• ディケータのアグネス・スコット大学公式マスコットのジョージア 出典、脚注 [ ]• mactavishscotties. "" ケネルクラブ スタンダード• "", Breeds of Dogs. com. "", Buzzle. com. "", Canismajor. com. Morrison, Wallace B. 1998. Cancer in Dogs and Cats 1st ed. Williams and Wilkins. "", scottiecancer. com. "", North of England Scottish Terrier Club. "", scottiecancer. com. - Breeder Retriever. Coile, Caroline, Ph. , Encyclopedia of Dog Breeds, Barron's Educational Series, 2002. Page 198. "", Britanica. com. "", Blurtit. An Owner's Guide to Scottish Terriers. TFH Publications. "", Scotty Appeal. com. "", Tartanscottie. "", UKC. "", passody. "", Bush's dogs. "", Scottie Comes Home 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 スコティッシュ・テリアの紹介• (英語)• バーニーとミス・ビーズリー公式サイト (英語) 関連項目 [ ]•

次の

ペットショップCoo&RIKU

スコティッシュ 黒

スコティッシュフォールドの毛色の種類やレアカラーとは? スコティッシュフォールドは単色だけでなく、2,3種類の毛色を持っていたり、長毛・短毛だったりと様々な組み合わせです。 そこで、スコティッシュフォールドにはどのような毛色があるかご紹介していきます。 単色(ソリッド) 全身が同じ色です。 スコティッシュフォールドの単色はそこまで多くないのでペットショップであまり見ることは無いと思いますが、ブリーダーで探せばいます。 白、黒、ブルー、クリームの子がいます。 色 特徴 白 真っ白、白は優位遺伝子なので出てきやすい色 長毛、短毛、耳垂れ、耳立ち等どの種類にも出てくる 黒 真っ黒は突然変異と言われており、数は少ない 短毛種に多い、耳立ち、耳垂れ、どちらも出てくる ブルー ブルーを帯びているビロードのようなグレー、またはシルバー 短毛種に多い、耳立ち、耳垂れ、どちらも出てくる クリーム 白より黄色がかった、ベージュより白っぽく、生成り色(きなりいろ)のような色 長毛、短毛、耳垂れ、耳立ち等どの種類にも出てくる 縞模様(タビー)の各色 スコティッシュフォールドと言ったら「タビー柄」が代名詞というような定番の模様です。 要は縞模様で、定番はシルバー、レッドが多いですが、様々な色があります。 縞模様も濃く出たり、薄く出たりと様々です。 色 特徴 シルバー 薄いグレーの縞模様、スコティッシュフォールドの定番カラー レッド 真っ黒は突然変異と言われており、数は少ない 短毛種に多い、耳立ち、耳垂れ、どちらも出てくる ブルーシルバー シルバーとブルーの間の濃さの色の縞模様 ブルー ブルーを帯びているビロードのようなグレー、またはシルバーの縞模様 クリーム 白より黄色がかった、ベージュより白っぽく、生成り色(きなりいろ)の縞模様 カメオ レッド系の毛色に、シルバーがかった白色やクリーム色の縞模様 サビ(トーティ、トータシェル) レッドと黒、レッドとシルバーのモザイク柄で全身を覆います。 顔の左右で模様がガラッと違うタイプもいます。 キャリコは繁殖が難しく希少価値があり人気です。 スコティッシュフォールドのレアカラーとは? 様々な毛色がある中、どの色がレアで人気があるのかまとめていきます。 ではなぜこの色がレアカラーとされているのかですが、キャリコのオスというところがポイントになってきます。 猫も人間と同様の遺伝子の組み合わせで、オスだとXY、メスだとXXです。 Xが2つあるメスは黒とレッドが出てきますが、Xが1つのオスだと黒かレッドのどちらかの色しか出てきません。 でも3万匹に1匹の確率でXXYという遺伝子を持つオスがいるのです。 そのため、ごくまれにオスのキャリコが出現してくるのです。 ではXXYの遺伝子を持つオスを保護し、繁殖させればいいと思いませんか? しかしこの遺伝子を持つオスは生殖能力が皆無なので、繁殖ができません。 よって希少価値が出てくるのです。 しかも外国の猫はレッドを出す猫があまりいないため、キャリコを出せるのは至難の業になってきます。 そして、外国にも希少価値が高いことで人気です。 ダイリュートキャリコ キャリコの中でもさらに希少価値が高いのが「ダイリュートキャリコ」になります。 しかし、レッドと黒を薄く出す遺伝子もあります。 父親・母親ともにその遺伝子を持ってないと子供に出てこないし、低い確率でしかでてきません。 これでオスとなったら本当にいるかどうかわかりません。 スコティッシュフォールドの性格は毛色ごとに違うの? 毛色が様々なスコティッシュフォールドですが、毛色が違うと性格も違ってくるのでしょうか。 スコティッシュフォールドの基本的な性格と毛色別に性格が違うか見ていきます。 スコティッシュフォールドの基本的な性格 ここでは、スコティッシュフォールドの基本的性格をご紹介します。 「おっとり」「穏やか」「人懐こく甘えん坊」と、さすが猫種人気No. 1で、誰もが飼いたくなる性格です。 またおっとりしているのであんまり動かないのですが、動くのが嫌なわけではなく、遊んであげると喜びます。 オス・メスでの性格の差はあるの? スコティッシュフォールドには限らず、猫全体で、オスは「やんちゃ」「遊ぶのが好き」「好奇心旺盛」等、感情表現がわかりやすいです。 それに対しメスは「クール」「感情を前面に出さない」等、ややどういう感情なのかわかりにくい性格です。 両者去勢したら、さらにおとなしさが加わるので、また性格が変化していきます。 スコティッシュフォールドの毛色別性格 「スコティッシュフォールドの毛色って性格に関係あるの?」と思う人も多いと思います。 「色」でというより毛色の濃淡を決める「メラニン色素」をどのくらい持っているかで行動力が違うと言われています。 「メラニン色素」は黒色や濃い茶色を作る色素です。 この色素を多く保持している個体は行動力が高く、積極的です。 メラニン色素が少ないとゆっくり、おっとりになりやすいそうです。 そうなると、毛色が多種のスコティッシュフォールドは、おっとり穏やかで、人懐こく甘えん坊の基本性格に、もう1つの性格要素が加わるので、様々な性格の子がいることになりますね。 スコティッシュフォールドの毛色別の性格は以下の通りです。 毛色 性格 白 昔から白は目立ち、狙われやすかったので、警戒心が強く、ちょっとした物音にびくつく 黒 白と真逆で目立たないので、警戒心が低くおとなしい ブルー おとなしい、穏やか、自分が主人と思った人にだけ懐く シルバー(タビー) 時に神経質になることもあるが基本明るく、好奇心旺盛 レッド(タビー) やんちゃで人懐こく、甘えん坊 クリーム(タビー) 温和で人懐こい、穏やか キャリコ キャリコはほぼメスなので、クール、マイペース、のんびり 赤サビ、黒サビ 行動派、マイペース 白色のスコティッシュフォールドの魅力は? 白色はどの色の遺伝子より優位に立つので、毛色としてはどの色より出やすい色となっています。 オッドアイ(両目の色が違うこと)が出やすいのが白猫の特徴ですが、白色が出てくる遺伝子によるものだと言われています。 スコティッシュの中でも白は多めです。 タビーに入る白、おなかだけ白、キャリコ等、ところどころに入る白も多いのですが、真っ白の猫も長毛、短毛、耳垂れ、耳立ち等、スコティッシュフォールドのどの種類にもいます。 スコティッシュフォールドの真っ白・真っ黒単色は、長毛・短毛共に毛並みが美しく、モコモコしており、かわいさが倍増します。 且つメラニン色素が一番少ないので、肉球、鼻の色がピンクなのがさらにかわいらしいです。 黒色のスコティッシュフォールドの魅力は? 日本の中で、黒猫は白猫よりも飼われている数が多いという結果が出ています。 また、人気猫種のNo. 1に君臨しているスコティッシュフォールドはペットショップ、ブリーダーも常時たくさん紹介している件数が多いです。 このように、黒猫、スコティッシュフォールドの数が多いのにも関わらず、探してもなかなか出てこないのが黒のスコティッシュフォールドです。 スコティッシュフォールドと言ったらタビーと思う人も多く、そこまで黒を繁殖させようとするブリーダーがいないのだと思われます。 しかし黒色のスコティッシュフォールド、実は魅力が満載なのです。 まず、白猫と同じく、長毛・短毛ともに毛並みが美しくフワモコです。 しかも、耳が目立たないので、本当にまんまるの顔に大きくクリっとした目で見つめられたら、卒倒ものです。 また、黒猫は突然変異と言われており、数が少なく人の目につかないせいか、欧米では黒猫を魔女の使いや、「目の前を横切ると不幸が訪れる」という不幸の象徴としていますが、日本では「福猫」と称されています。 かわいいフワモコの黒猫が幸福を運んで来たら、もう言うことないですよね。 ブルーのスコティッシュフォールドの魅力は? タビー柄はスコティッシュフォールドのスタンダード柄なのでグレー単色の毛並みは珍しいですが、黒よりも多いです。 タビー柄は、グレーと言われていますが、単色はブルーと呼ばれることが多いです。 「青の猫を見たことない」と思う人も多いと思います。 ブルーは「ブルーを帯びているビロードのようなグレー、またはシルバー」で、有名なところでロシアンブルーがまさしく「ブルー」と呼ばれる毛色でタビー柄のシルバーとは若干違います。 単色でビロードの様なグレー色でフワフワした毛だと、ずっと触っていたいですよね。 また、子の毛色をもつ猫は、穏やかでおとなしく、「この人が自分の信頼する人!」と思った人のみに懐きます。 自分だけ慕ってもらえるという優越感を抱けるのは飼い主冥利につきますね。 スコティッシュフォールドの色ごとの値段の違いは? スコティッシュフォールドは様々な毛色があり、性格もそれぞれ違う部分もあるのだということはお分かりいただけたかと思います。 今度は、毛色によって値段は違うのか見ていきます。 キャリコ 前述したとおり、キャリコとダイリュートキャリコはやはりどうしても高額になってきます。 オスが市場に出回ることはほぼないのでメスがほとんどですが、30~40万円くらいになります。 クリーム・長毛種 次に高額なのが長毛種です。 スコティッシュフォールドは短毛種が多いですが、長毛種も実は産まれるのです。 ただ、長毛種が産まれる確率が低いので希少価値がつきます。 長毛はクリーム色が多く高めで、次いで淡いシルバー、レッドで価格も30万円台となります。 単色 意外とシンプルなのに人気、且つ希少価値があり高額なのが、単色種です。 タビー柄がスコティッシュフォールドの定番カラーと思われているのか、「単色種もいるの?」という意見も多く、市場にもあまり出てこない色です。 白・黒・ブルーのなかでも黒が一番需要がありますが、3色まんべんなく人気で28~29万円です。 パステルカラー スコティッシュフォールドは様々な毛色・柄がありますが、その中でも定番であるタビーはやはり人気を博します。 そのタビー柄の中でもはっきりした色ではなく、パステルカラーが人気です。 淡い色がおっとりしたスコティッシュフォールドをさらに柔らかく見せるからでしょうか。 パステルカラーでフワフワとかわいい印象をひきたてるようです。 25~28万円前後で推移しています。 タビー柄以外の模様のスコティッシュフォールドも全体的にパステルカラーが好まれ、価格は同じくらいです。 はっきりした色 レッド、シルバー、ブラウン等はっきりした柄でも人気はあります。 ただ、供給が多いので、若干価格は下がります。 20~25万円程度となります。 更新日:2019年1月22日 提供元:.

次の

スコティッシュフォールドのロングヘア黒は珍しい?

スコティッシュ 黒

穏やかで甘えん坊 また、黒い毛のスコティッシュフォールド以外でも全般的に見られる性格の特徴として、穏やかでおっとりしていて、甘えん坊で人懐っこい、というものがあります。 そのため、黒いスコティッシュフォールドは、他のスコティッシュフォールドよりもさらに甘えん坊で穏やか、そして人懐っこいと言えるかもしれません。 黒など毛色によって猫の性格が決まるということは、はっきりと証明されているわけではありませんが猫の毛色と性格に関する研究も進んでおり、猫の毛色が性格になんらかの影響を与えている可能性も考えられています。 黒いスコティッシュフォールドをお迎えする時のおおまかな傾向として参考にしておくと良いでしょう。 ペットとして大人気のスコティッシュフォールドですが、単色の黒い被毛のスコティッシュフォールドとなると、なかなか出会えないかも知れません。 早く黒いスコティッシュフォールドをお迎えしたい時には、すでに黒いスコティッシュフォールドのいるブリーダーさんを探して、子猫が生まれたら譲り受けるという方法があります。 黒いスコティッシュフォールドといっても、折れ耳の特徴のものから、立ち耳のもの、長毛のもの、短毛のものと全ての組み合わせが考えられます。 折れ耳、立ち耳にかかわらず、黒いスコティッシュフォールドを見つけたら、ご縁があるのかも知れません。 黒いスコティッシュフォールドといっても他の猫と育て方に変わりはないので、大切に飼ってあげてくださいね。 黒いスコティッシュフォールドの猫ちゃんは、知りませんでした。 なので調べてみました、性格はとても穏やかでフレンドリーらしいです。 先住猫とも仲良くしてくれるみたいで助かりますね。 我が家のように、猫ちゃんの多頭飼いしている家庭には黒いスコティッシュフォールドの性格は向いていると思います。 スコティッシュフォールドを、飼っていた時期もありますが、性格が少しわがままで他の猫ちゃんとも仲良くできなくて別の部屋に隔離して飼っていました。 ご飯も別でした。 性格は生まれもってのものと、愛情で性格がよくなる場合がありますが、どうしてあげても、性格は変わりませんでした。 他の猫ちゃんが寛大だったので、丸くおさまっていました。 スコティッシュフォールドは、高齢になってからは、みんなの協力もあり他の猫ちゃんと一緒に飼うことができました。 黒いスコティッシュフォールドならば、性格もおとなしいらしいので、憧れます。 この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の