大阪 市立 大学 ウェブ クラス。 国公立大学ランクの格付け

WebClass(教育支援システム)│各種サービス│情報科学センター│大阪産業大学

大阪 市立 大学 ウェブ クラス

生熊 茜 2011年3月 大阪府立夕陽丘高等学校音楽科卒業。 2015年3月 東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。 2018年3月 京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。 現在、夕陽丘高等学校音楽科にて指導も務める。 2002年 第56回、2003年 第57回 全日本学生音楽コンクール 小学校の部 大阪大会入選。 2006年 ピティナピアノコンペティション Jr. G級 金賞。 2007年 第61回 全日本学生音楽コンクール 中学校の部 全国大会 第1位。 2009年 ピティナ福田靖子賞選考会 奨励賞。 2009年 第63回 全日本学生音楽コンクール 高校の部 全国大会 第1位。 2016年 第20回松方ホール音楽賞受賞 平成22~24年度 財 ヤマハ音楽振興会音楽奨学生。 音高・音大受験のレッスン内容 「クラシックピアノ マスタークラス(音高・音大受験コース)」では、下記の段階を踏まえてレッスンを進めていきます。 目指す学校に合わせたソルフェージュを行います。 苦手な部分は、徹底的にレッスンします。 より多くの曲に取り組む事・繰り返し訓練することが必須ですので、受験迄の期間によっては、ハイペースでレッスンを進めることになる事もあります。 テクニックだけに集中してがむしゃらに演奏するだけではなく、楽曲分析を行い、譜面を通して作曲家の意図を理解することにも取組みます。 楽曲分析をすることで、どのように弾けばいいのか、どのように表現すべきかが自然と見えてくるようになるレベルまで目指します。 講師が生徒様と年齢が近いので、講師としての経験が足りないことはありません。 現在の音高・音大をよく理解しており、生徒様が感じられる不安や疑問にも対応できる大きなメリットがあります。 音高・音大では、次々と課題が与えられ、ソルフェージュも集団授業である等、これまでの個人レッスンとは大きく異なってきます。 また、同世代の演奏者が集まりますので、入学後、自信を無くすことがあるかもしれません。 希望校の合格はもちろん、学校生活や授業にスムーズに取り組めるよう、入学の先も見据えてレッスンに取り組んで行きます。 希望校合格に向けて、具体的な練習方法や心構えを覚え、更なる技術・演奏力の向上に取り組んでいきます。 レッスン期間中に、受験までの準備期間及び技術等が足りないと講師が判断した場合は、受講者様及び保護者の方にもその旨をお伝えすることがございます。 必ずしも、希望校合格を保証するものではないことをご理解下さい。 Performance by instructors講師演奏の様子.

次の

データサイエンティストを目指す方にオススメの大学ランキング(関西編)

大阪 市立 大学 ウェブ クラス

so-net. 担当分野 まちづくり、観光、不動産、都市経済論。 略歴 1982年 京都大学理学部(物理系)卒業。 1985年 東京大学大学院理学系研究科修士課程(統計物理学)修了。 大阪府立大学講師を経て、 1996年より大阪市立大学経済研究所助教授。 2003年より大阪市立大学大学院創造都市研究科助教授。 2005年~2017年創造都市研究科教授。 2016年~2017年大阪市立大学都市経営研究科開設準備委員会副委員長。 2018年 都市経営研究科研究科長・教授。 2019年 都市経営研究科副研究科長・教授。 学会等活動 日本都市学会常任理事(本部事務局)、近畿都市学会理事・事務局長、日本観光研究学会理事・関西支部副支部長、応用地域学会運営委員・編集委員(元)、GIS学会理事・学術編集委員・土地利用/地価分科会代表(元)、日本経済学会、日本都市計画学会、計画行政学会、日本商業学会、経済地理学会ほか。 社会活動 環境庁地球環境保全土地利用検討会委員。 関西データベース協議会委員・電子地図の会幹事、近畿地域をモデルとした広域的・総合的な情報化戦略の策定調査副座長。 地理情報システム研究会副座長。 近畿地域におけるクリアリングハウス構築(GIS)に向けての調査研究副座長。 関西産業活性化のためのグランドデザイン策定委員。 関西総合研究所・都市産業研究会委員。 大阪ガス近畿圏部・IT都市研究会。 通産省・国別通商政策事業調査委員。 日本学術会議地球環境研連土地利用被覆変化委員会委員・幹事。 国土交通省「都市に活力をもたらす主体を支える都市環境に関する研究」評価委員。 国土交通省「大規模集客施設等を利用した地域活性化方策検討調査委員会委員」。 国土交通省・GIS利用の定着化に関する実証調査委員会委員。 大阪市・大阪湾ベイエリア開発推進機構安治川グランドプラン策定委員会委員。 都市基盤整備公団・都市構造と郊外論研究会委員。 (財)大阪科学技術センター(地域開発委員会・情報通信部会)「デジタルティ構想研究会」主査。 大阪市・都市基盤整備公団他「船場デジタルタウン構想研究会」座長。 大阪市・都市基盤整備公団他「船場デジタルタウン推進会議」座長。 大阪府地区労働審議会委員。 大阪地方労働審議会臨時委員。 大阪府・大阪商工会議所・大阪ブランド戦略推進会議委員。 大阪商工会議所地域政策委員会リノベーション研究会副座長。 大阪商工会議所 情報家電・ウェブ・携帯産業振興フォーラム委員。 大阪商工会議所・都市再生委員会委員。 大阪市港湾局・大阪港長期整備構想懇話会専門部会委員。 大阪市計画調整局・おおさかユビキタスシティ推進会議委員。 大阪市・京都市・神戸市産業競争力研究会講師。 大阪市計画調整局人口予測研究会委員。 大阪市計画調整局・大阪都市政策研究会委員。 大阪市経済局・都市経済調査会企画委員。 大阪市北区中崎北天満地区活性化委員会委員長。 大阪市北区役所広報紙企画審査委員。 大阪市天王寺区・JR天王寺駅北地区の活性化まちづくり調査検討業務受託者選定委員会委員長。 大阪市天王寺区・天王寺区9つの地域をつなぐラリー企画及び実施業務にかかる企画提案会及び受託者選定委員会委員長。 大阪市港区・築港・天保山エリア魅力創造検討会アドバイザー。 大阪市港区・戦後70年記念大阪港周辺戦争体験・復興記録事業委託先選定委員会委員。 大阪市港区「次世代を担う人材育成支援事業(企業によるキャリア教育プログラム開発等)業務委託」にかかる公募型プロポーザル選定委員。 梅田東連合町会・大阪市北区役所・梅田東地域アーカイブ事業運営・編集委員。 (財)大阪市都市工学情報センターGISによるまちづくり産業研究会主査。 (財)大阪市都市工学情報センターナレッジキャピタル勉強会委員。 八尾市管理職研修委員。 箕面市建築審査会委員。 尼崎市都市政策セミナー講師。 尼崎市定光寺小学校跡地活用懇話会座長。 尼崎市提案型事業委託制度設計会議委員。 尼崎市創生有識者会議委員。 尼崎市立地適正化計画策定に係る懇話会座長。 豊中市新産業支援方策研究会委員。 堺市企業投資の促進と緑地のあり方に関する検討会議委員。 堺市オフィス事業所集積促進プログラム策定調査検討会議委員。 堺市みちづくり懇話会委員。 堺市第2期ルネッサンス計画検討会委員。 堺市マスタープラン懇話会委員。 堺市事業仕分け委員会委員(みんなのしんさかい委員)。 高槻市・㈱全国商店街支援センターテーマ別研修事業(中小企業庁支援事業)委員。 泉佐野佐野町場活性化委員会副委員長。 富田林市きらめき創造館運営協議会座長。 和泉市外部評価委員。 京都府京都首都機能バックアップ委員会委員。 京都府南田辺・狛田地区基本調査委員会。 京都府山城東部地域における南北展開に係る勉強会委員。 兵庫県・パナソニック等潮芦屋地産地消型再生可能エネルギー面的利用等促進事業。 文化庁・高槻市・山岳地域の伝統文化活用計画検討委員会(ノハラボ高槻計画)委員長。 文化庁・文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業委員会(ノハラボたかつき)委員長。 明日香村商工会・飛鳥ニューツーリズム協議会顧問。 (財)大阪市北区商業活性化協会理事。 (社)港まちづくり協議会大阪顧問・評議員。 ITガイド推進協議会理事。 (財)日本SOHO協会常務理事。 (特)ITカフェ理事。 (特)再生職人機構顧問。 (特)GIS総合研究所顧問。 (特)観光力推進ネットワーク・関西理事。 (特)観光力推進ネットワーク・関西「地域創造型観光マネジメント講座」講師。 兵庫県いきがいサポート事業・NPO法人いきがいサポートセンター「CB大学(コミュニティビジネス大学)」講師。 賞罰 「毎日出版文化賞」2005年、「日本都市学会特別賞(学術部門)」2010年、「日本都市学会特別賞(学術部門)」2015年、「大阪大学全学共通教育賞」2004年、「メディア政策参考図書100選」2012。 業績 『地域活性化戦略』(共)、晃洋書房、2012. 『経済効果入門』(編共)、日本評論社、2012. 『角川インターネット講座 第10巻 経済と労働』(共)、角川書店、2015. 『地域創造のための観光マネジメント講座』(共)、学芸出版社、2016. 『都市経済再生のまちづくり』(単)古今書院、2005. 『マルチメディア都市の戦略』(編)東洋経済新報社、1999. 『アジアの大都市2』(編)日本評論社、1999. 『Land Use Cover Change』(共)、Science Publishers, Inc. 、2001。 『Modelling Geographical Systems』(共)、Kulwer Publishing、2003。 『創造都市への戦略』(編著、単著2、共著2)、晃洋書房、2007. 『創造村をつくろう』(共)晃洋書房、2006. 『創造の場と都市再生』(共著3)、晃洋書房、2010. 『クリエイティブ都市経済論』(単訳)日本評論社、2010. 『創造経済と都市地域再生』(単著1、共著1)、大阪公立大学共同出版会、2011. 『創造経済と都市地域再生2』(単著1、共著1)、大阪公立大学共同出版会、2012. 『クリエイティブ経済』(共訳)ナカニシヤ出版、2014. 『シリーズ都市再生1、大都市はいま』(共)日本経済評論社、2005. 『コンバージョン、SOHOによる地域再生』(共)学芸出版社、2005. 『都市構造と都市政策』(共)、古今書院、2014. 『大都市圏再編への構想』(共)東京大学出版会、2002. 『いのちを守る都市づくり【課題編】』(共)、大阪公立大学出版会、2012. 『いのちを守る都市づくり【アクション編】』(共)、大阪公立大学出版会、2013. 『都市社会地理学(上)』(単訳)地人書房、1993. 『都市社会地理学(下)』(単訳)地人書房、1995. 『精華町史』(共)精華町、1996. 『地理学辞典』(共)、2002、大明堂。 『地理情報科学事典』(共)、2003、朝倉書店(「土地利用と地価のモデル」「空間計量経済学」等5項目)。 『日本の地誌8近畿圏』(共)、2006. 4、朝倉書店。 「80年代イギリスの地域構造と投票行動地図の分析」『人間科学論集』第22巻、1990。 「80年代アメリカの都市構造と都市交通地理学の課題」『東北地理』第43巻第4号、1991。 「アメリカ方言地図」『人文学論集』第9・10巻、1991。 「大阪市における建造環境(立体的土地利用)の変化」西川治編『アトラス日本列島の環境変化』朝倉書店、1995. 「新中間層のアジア都市論」『アジアの大都市』第3号、1996. 「マレーシアの地域格差構造と地域開発」『季刊経済研究』第19巻第4号、1997. 「都市史と都市の形」『形の文化誌』第4巻、1997. 「祇園祭と都市の形」『形の文化誌』第4巻、1997. 『平成8年度国別通商政策事業(マレイシア分科会)』(共)アジア経済研究所、1997. 「アジア都市経済と都市構造」『季刊経済研究』第20巻第1号、1997. 「DKIジャカルタの都市計画と都市構造」『季刊経済研究』第20巻第2号、1997. 「MSC(マルチメディア・スーパー・コリドール)の経済地理学」『季刊経済研究』第20巻第3号、1997. 「土地利用と一般チューネンモデル」『理論地理学ノート』第10号、1997. 「インドネシアの王宮都市と建築」『形の文化誌』第5巻、1998. 『平成9年度国別通商政策事業(インドネシア分科会)』(共)アジア経済研究所、1998. 「チューネン型ロジスティックモデル」『地球環境保全に関する土地利用・被覆変化研究』環境庁、1998. 「インドネシアの工業団地開発と首都圏Jabotabek・拡大郊外の投資環境」『季刊経済研究』第21巻1号、1998. 「土地利用地球環境保全プロジェクトと一般チューネンモデル」(共)『地球環境シンポジウム』第6巻(土木学会)、1998. 「都市経済基盤からみた都市再生戦略」『季刊経済研究』第21巻2号、1998. 「地球環境保全のための土地利用研究とジャワモデル」(共)『環境システム研究』第26巻(土木学会)、1998. 「中国土地利用構造と一般チューネン=リカードモデル」(共)『環境システム研究』第27巻、1999。 「立地論」『アエラムック』第48巻(朝日新聞社)、1999. 「ジャカルタ大都市圏の住宅開発構造」『大都市圏研究 上 』大明堂、1999. 「Generaliszed Thunen-Alonso Model applied to the Indonesian Spatial Land Markets」『Osaka City University Economic Review』, vol. 34,no. 2, 1999. 「大きな可能性を秘めた大阪の情報産業」『大阪の経済』1999年版(大阪市経済局)、1999. 『個性豊かな創造都市・大阪をめざして〜大都市・大阪のリノベーションに関する調査研究報告「実践編」』(共)大阪商工会議所・リノベーション研究会、1999. 『近畿地域をモデルとした情報化戦略の策定調査』(共)近畿通産局、1999. 76-91, 1999. 「アメリカ都市再生の情報産業モデル」『季刊経済研究』第22巻第1号、1999. 3,no. 2, Califax Publishing, 1999. 「内湖産業の経済モデル」『エコフロンティア』第4号(京都大学生態学研究センター)、2000. 「近畿自治体のクリアリングハウス(GIS)構築に関する研究」(共)(関西情報センター)、2000. 『活力企業の集積メカニズムと新規事業創出に関する調査研究』(共)近畿通産局、2000. 『都市の再構築に向けた産業動向に関する調査』(共)都市基盤整備公団、2000. 「21世紀大阪流〜これからの「大阪流」まちづくりを考える」(共)(大阪市・大阪都市 「A Land-use Model based on Thunen and Ricardo Rent Theories applied to Chinese Land-use Prediction」『Osaka City University Economic Review』, vol. 35,no. 2, 2000. 「大阪市におけるソフト情報産業の立地可能性」『季刊経済研究』第23巻第1号、2000. 『中央区活性化:船場デジタルタウン構想』(座長として執筆)船場デジタルタウン構想研究会、2001. 「新産業振興と大阪の可能性」『市政研究』第131号、pp. 17-25(大阪市政調査会)2001. 「大阪におけるIT産業の集積」『産業立地』第6号、pp. 23-30(日本立地センター)2001. 13-36、2001. 「デジタルシティ/デジタルタウン構想と大阪における都市型産業の展望」『市政研究』第133号、pp. 102-106(大阪市政調査会)2001. 「シリコンアレー」『地理・地図資料』帝国書院、2001. 13、2002. 「都市におけるIT系新産業振興のためのSOHO需要調査について」『季刊経済研究』第25号第1巻、pp. 189-232、2002. 「空間計量経済学(Spatial Econometrics)における空間的外部性の取り扱い方について」『季刊経済研究』第25号第4巻、2002. 「まちづくり自治体紹介:奈良市・ならまち」『都市研究』第2号、日本都市学会近畿支部、2002。 「都市経済学における空間に依存する効用関数の一般的取り扱いについて」『季刊経済研究』第26巻第1号、2003. 「空間計量経済学(Spatial Econometrics)における固有値問題」『季刊経済研究』第26巻第2号、2003. 『自治都市・大阪の創造』(共)、敬文堂、2004. 「まちづくりとソーシャル・キャピタル」(共)『創造都市研究』創刊号、2006. 「東大阪における産業クラスター空間の抽出」『創造都市研究』創刊号、2006. 「21世紀の都市像」『学士会報』2007年第1巻(通巻862号)、2007. 「まちづくりと都市観光マーケティング」『観光&ツーリズム』第11号、pp. 3、木沢誠名、渡邉公章と共著。 「梅田東・中崎・北天満レトロストリート構想」、(財)大阪市北区商業活性化協会商店街調査研究支援制度2007年度報告書、2008. 4、(財)日本建築家協会。 「大阪駅前ビル活性化計画プロジェクト調査報告書」、(財)大阪市北区商業活性化協会商店街調査研究支援制度2008年度報告書、(財)大阪市北区商業活性化協会、2009. 「タワービル建設ラッシュに見る大阪経済」(共)『月刊島民』9月号、2009. 「あまがさき回遊 ミュージアム 都市構想」『南部再生』34号、2009. 「地域の概念と都市の立地」『地域と環境』10号、2009. 10、(社)都市住宅学会。 12、日本観光研究学会。 1、(財)大阪市都市型産業振興センター。 2、リクルート。 「キタのむかし・いま・みらいを、感じる写真コンテスト(応募者属性)調査報告書」、(財)大阪市北区商業活性化協会商店街調査研究支援制度2010年度報告書、2011. 「津波防災と都市構造」『創造都市研究』第7巻第1号(通巻10号)、2011. 「観光まちづくりにおける新しい概念・観光要素/リーダー論について」『観光研究論集』(共)第10巻、pp. 「パークアベニュー活性化提言調査」、(財)大阪市北区商業活性化協会商店街調査研究支援制度2011年度報告書、2012. 「再生可能エネルギー政策は郊外の空洞化問題を緩和しうるか?」(共)『創造都市研究』第8巻第2号(通巻13号)、2012. 「特集:公園経営 都市マーケティングと公園緑地」『公園緑地』73巻4号、2013. 3(共著)。 「観光による地域活性化と「時間空間一致の法則」」『観光政策フォーラム』第41号、2013. 「ファッションタウンプロジェクト」、(財)大阪市北区商業活性化協会商店街調査研究支援制度2012年度報告書、2013. 「梅田東地域史アーカイブ(資料集)」(監修)、梅田東連合町会、2013. 「地域振興に資する観光列車戦略の分類と経済効果」(共)『総合観光研究』第13号、2014. 「梅田東地域史アーカイブ(本編)」(監修)、梅田東連合町会、2014. 「ファッションタウンプロジェクト」によるエリアマネジメントに関する調査研究報告書、((財)大阪市北区商業活性化協会商店街調査研究支援制度2014年度報告書)、2015. 「温泉観光の再生におけるクリエイティブ経済と社会的共同消費手段」(共)『観光研究論集』第14号、大阪観光大学観光学研究年報、2015. 「パークアベニュー活性化に関する調査研究報告書、((財)大阪市北区商業活性化協会商店街調査研究支援制度2015年度報告書)、2016. 「おわりに 地域ブランドをどうつなげていくか「総合ブランド化戦略」」『人口減少社会における地域ブランド戦略』大阪府商工労働部・大阪産業経済リサーチセンター、2016.3。 「文献解題「フィリップ・コトラー・ミルトン・コトラー著、竹村正明訳 2015 『コトラー・世界都市間競争 : マーケテイングの未来 364ページ、碩学舎 』」『創造都市研究』第11巻第1号(通巻16号)、pp. 「商店街情報発信機能の自律化・モバイル化に関する調査研究報告書、((財)大阪市北区商業活性化協会商店街調査研究支援制度2016年度報告書)、2017.

次の

大阪市立大学 学術機関リポジトリ簡易検索

大阪 市立 大学 ウェブ クラス

大阪市立大学医学部附属病院は大阪市制100周年記念事業の一環として、「市立医療機関の体系的整備」をはかるべく平成5年に新築オープンしました。 現在、本院では31診療科で運営し、多様化かつ細分化する医学・医療に対応しています。 また、大阪市の基幹病院としての最新の設備、医療機器を備え、高度先進医療を提供するとともに、優れた医師の養成と先端医療の研究開発を行う我が国有数の大学病院として、その体制を整え、平成19年2月に財団法人日本医療機能評価機構の病院機能評価(Ver. 0)の承認を受けました。 さらに、平成20年7月に大阪府の肝疾患診療連携拠点病院、平成21年4月には厚生労働省の地域がん診療連携拠点病院の指定、平成22年2月に大阪府より救命救急センターの承認及び救急病院の認定、10月には地域周産期母子医療センターの認定を受け今日に至っています。 医薬品・食品効能評価センターは、特定保健用食品などの保健機能評価のための臨床試験と医薬品・医療機器の治験の両方を実施できる体制を目指し、平成17年12月に立ち上げ、平成18年7月には、おおさか臨床試験ボランティアの会を創設し、平成19年7月には、治験拠点病院活性化事業の治験拠点医療機関の一つに選定されました。 治験拠点病院として治験の活性化のためのスピード、コスト、品質の向上に積極的に取り組み、治験依頼者との意見交換による情報収集を基にした治験依頼者のニーズにあった業務分担の明確化、症例集積性の向上に向けた南大阪治験ネットワークの拡大、治験業務の更なる効率化のための新たなIT化への取り組み、また、「治験中核病院」に相応する大学病院を目指し、臨床研究支援機能強化・充実をはかっています。 平成22年9月には、これまでの取り組みも評価され、引き続き治験拠点病院活性化事業の継続が認められました(全国で20拠点)。 受託実績としては、平成22年度の新規受託は46件(うち国際共同治験10件)で、平成23年度の新規受託は60件で、そのうちの半数は国際共同治験です。 平成24年4月1日現在は、平成23年度の新規治験受託に加えて継続を含め150件と国内トップクラスの治験を実施しております。 イベントカレンダー.

次の