パート 社会 保険 料。 パートの掛け持ち、社会保険はどうなるの?加入の要件や手続き先、保険証など疑問を解説

【働き損】パートをフルタイムにするとどうなる?社会保険料や収入への影響

パート 社会 保険 料

パートやアルバイトに社会保険の加入が求められる理由と加入のメリット 企業には一定の条件以上働く労働者を社会保険に加入させる義務があり、また従業員は正社員などばかりではなく短時間労働者であるパートやアルバイトも含まれるのです。 社会保険の加入が求められる理由 年金や医療、介護といった公的な保障は、長寿化が進んでいくリスクを大きく関わっています。 寿命が延びれば生活費も掛かるのでお金が必要です。 パートは女性のケースがまだ多いでしょうが、特に女性は男性よりも寿命が長いためなおさらです。 お金を貯めて・増やす方法は色々ありますが、その一つが公的年金を手厚くすることです。 自分の年金を増やすために国民年金だけでなく、厚生年金の加入も重要なのです。 働き方改革の流れの中で高齢になっても働ける人は働く、パートやアルバイトも働き、収入を増やし厚生年金などに加入することが求められはじめているのです。 パートやアルバイトが社会保険に加入するメリット 厚生年金などに加入することで社会保険料の負担が増えるというのが、目先考えるデメリットでしょう。 その社会保険料負担が増えても、受けられるメリットは次のことがあります。 将来貰える年金が増額される(老齢厚生年金)• 障害になった場合、亡くなった場合に障害厚生年金・遺族厚生年金が支払われる• 健康保険の加入により病気やけが、出産などで仕事を休まなければならない場合、傷病手当金や出産手当金が賃金の3分の2程度の給付 社会保険料負担をするので、貰えるものが増えるわけですが、単純に「老後の(老齢)」年金だけが増えるのではなく、障害や遺族年金も増額されます。 傷病手当金や出産手当金も同様です。 なお、社会保険料負担が増えるのは事実ですが、全額をパートである従業員が負担するのではなく、会社も半分負担する労使折半ですのでこれもメリットと考えていいでしょう。 パート・アルバイトの厚生年金・社会保険の加入条件 パートやアルバイトが厚生年金や健康保険といった社会保険に加入する条件について確認しましょう。 すでにこれまで何度か改定されています。 現行(2017年4月以降~) 現行の短時間労働者であるパートやアルバイトの社会保険の加入条件があります。 下記2つのいずれかの条件を満たしていると加入義務がでてきます。 勤務時間及び日数が、正社員の4分の3以上• 以下の5つの条件を満たしていること• 1時間あたりの決まった労働時間が20時間以上• 1ヶ月あたりの決まった賃金が88,000円以上(年収約106万円以上)• 雇用期間の見込みが1年以上• 学生でない(夜間・通信・定時制の学生は除く)• 従業員数501人以上の会社(特定適用事業所)で働いている、500人以下の会社は社会保険の加入に労使合意 改正後(2022年10月1日・2024年10月1日) 上記のことを前提として、特定適用事業所の範囲について企業規模要件を緩和する方向で改定されます。 2022年(令和4年)10月1日以降:従業員数の総数が常時101人以上• 2024年(令和6年)10月1日以降:従業員数の総数が常時51人以上 このように段階的に緩和していくので、2022年10月から、2024年10月からと覚えておいてください。 他にも弁護士・公認会計士等の法律や会計に係る業務を行う事業所は、「常時5人以上」の従業員を使用する場合は適用対象となります。 パートやバイトで社会保険に加入したくない 社会保険に加入できるならした方がいいと思いますが、家庭の事業などで働く時間を増やせない、手取りが減ってしまうだけでメリットがないケースがでるかもしれません。 このようにパートやアルバイトも社会保険に加入するかたちになる人が段階的に増えていく一方で、社会保険に加入したくないという人もいるでしょう。 厚生年金などの社会保険の加入条件はここまでお話した内容になります。 社会保険料は労使折半ですから、パートなどの従業員はもちろん企業側の負担も増えます。 適用事業所としての条件が定められている以上、どうしても加入したくないなら、この条件を満たさない企業でパートやアルバイトをするしかありません。 働くことを考えると社会保険料の負担が増えることだけでなく、その他の労働条件も関係します。 社会保険料という一つの項目だけでなく、他の労働条件やその他のメリットデメリットを勘案して検討してください。 パート・アルバイトの今後の働き方・考え方 子育てやその他家庭の事情等でパートやバイトで働くのが精一杯という人も多いでしょう。 厚生年金や健康保険などの社会保険に加入することで、目の前にある手取りが減ることを恐れて社会保険に入りたくない人もいます。 家計の手取りを減らさないためには、扶養の範囲内で働くか、社会保険料(+所得税・住民税)などの負担があっても年収を増やす意識が大切です。 キャリアやスキルを上げることにも繋がれば働く選択肢も増やすことができます。 将来の生活も大切ですが、いまの生活はもっと大切です。 但し、日々のやりくりが大変なので将来の備えなどは後回しになりがちなのはいまの時代に限った話ではありません。 職業柄、年金受給世代の方とも話をしますが、若いときに頑張って個人年金などを支払っていた知人がいた人が、あの人は頑張って支払っていたけど自分では無理だったと言っていた人がいました。 目先の負担を避ける行動だけではなく、長い目でみてプラスになる選択を考えてください。 子どもの手がかからなくなってから、働く時間を増やすというのもあるでしょう。 柔軟に対応してください。 まとめ パート・アルバイトの社会保険・厚生年金の加入条件が改正【2022-2024年】、についていかがでしたか。 2020年からの2年から4年で、パートやアルバイトの社会保険(厚生年金・健康保険)加入を取り巻く状況が変わります。 できれば収入を増やす、世帯年収を増やす、自分の稼ぐ能力をアップすることを考えてください。 結果的に将来の自分自身のさまざまな選択肢を増やすことにも繋がります。 ライター紹介 平野 敦之 ひらの あつし 平野FP事務所代表。 東京都出身。 大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。 ・個人のライフプラン、お金の悩みやお困りごとのサポート。 ・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。 ファイナンシャルプランナー歴20年以上。 相談業務の他TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。 同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。 講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。 総合情報サイトAll Aboutにて2003年よりマネーガイドを務め、15年以上に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。 その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は600本以上。 「お金の当たり前を、当たり前に。 」するために、現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。 com•

次の

パートの社会保険料いくら【計算方法】年収の手取りを増やす方法│保険相談おすすめ口コミ!保険見直し窓口比較 評判

パート 社会 保険 料

パートで働く主婦も、社会保険に加入した方がいい? でも、社会保険に加入すると手取り収入が減って、損してしまうのでは? パートで働く主婦の場合、年収125万円未満、あるいは年収153万円未満の方は社会保険に加入すると働き損になってしまいます。 どんな条件なら社会保険に加入しても損しないのかについて、詳しく解説します。 ) 社会保険の加入条件 パートで働く主婦が社会保険に加入するためには、以下の条件を満たす必要があります。 勤め先が法人事業所、または常時従業員が5人以上の個人事業所• 1週間の所定労働時間および1ヶ月の所定労働日数が正社員の4分の3以上 また、正社員の4分の3未満であっても、以下の条件をすべて満たす場合は加入となります。 週20時間以上の契約で働いている• 1年以上働く見込みである• 月額88,000円以上の給与がある(残業、交通費、賞与は除く)• 学生ではない• 勤務先の従業員数(社会保険加入者)が501人以上 さらに、配偶者の扶養に入っている方は、年収が130万円(残業代や通勤手当を含む)を超えると扶養家族になることができないので、自身で保険加入しないといけません。 主婦が社会保険に加入するメリット 主婦が社会保険に加入するメリットは主に3つあります。 将来的にもらえる年金額が増える 社会保険に加入することで、老後にもらえる年金額を増やすことができます。 平成30年度の国民年金の平均月額が55,809円であるのに対し、厚生年金の平均月額は145,865円となっています。 扶養内のままだと国民年金しかもらえませんが、社会保険に加入することで 厚生年金分が上乗せされるので、大幅に年金の受給額を増やすことができます。 (参考:) 2. 支払う保険料の額が国民健康保険よりも安い たとえば配偶者が会社を辞めたり、独立してフリーランスになったら、国民健康保険と国民年金へ切り替える必要があります。 その場合、 保険料は全額自己負担となってしまいますが、社会保険なら 企業と個人の双方で負担するため、保険料が安くなるケースが多いのです。 働けなくなった時や出産時に手当が支給される 病気や出産などで働けなくなった際に、お金が支給されるのも社会保険加入の大きなメリットです。 事故や病気で障害を負った際に受け取ることのできる「 障害厚生年金」• 治療中で働けない間に支給される「 傷病手当」• 出産時に支給される「 出産手当」 など、その種類は幅広く家庭を持っている身としては安心できますね。 主婦が社会保険に加入するデメリット 1. 手取り収入が少なくなる 社会保険料を支払っても十分な収入があればよいのですが、そうでない場合は社会保険料の分だけ 手取り収入が減ってしまいます。 特に「106万円の壁」や「130万円の壁」といった基準をギリギリ超えてしまう場合、自分で社会保険料を支払うと 働き損になってしまいます。 配偶者の会社から出ている手当がもらえなくなる もし配偶者が勤めている会社に「 配偶者手当」などがある場合、扶養を抜けて個人で社会保険へ加入すると、この手当がもらえなくなる可能性があるので注意が必要です。 派遣やパートで働く主婦が損をしない働き方とは? 社会保険へ加入した方が良いかどうかは、妻の勤務先の規模や、家庭でどのようなルールで暮らしているかによって変わってきます。 それぞれのケースについて確認してみましょう。 社会保険に加入しない方が良いケース 従業員数が501人以上の会社で働いている:年収106万円以上125万円未満は働き損に 大手スーパーなどでパートをしている方は、こちらに該当する方が多いと思います。 手取り減収分を取り戻すためには、 年収125万円以上が必要です。 上記以外で年収が130万円を超えている:年収130万円以上153万円未満は働き損に 年収130万円以上で社会保険加入となる方は、153万円までは手取り収入が減ってしまいます。 手取り 減収分を取り戻すためには、 年収153万円以上が必要です。 こちらの記事も参考にしてください。 社会保険に加入にしても良いケース• 手取り減少分を超えるだけの十分な年収がある。 将来的に受け取る年金額を増やしたい。 配偶者が自営業などで社会保険に加入していない。 上記のケースであれば、扶養から外れて社会保険へ加入しても問題ありません。 長く働いてしっかり稼ぎたい、老後に備えたい、自分の稼ぎが生活を支えているといった状況であれば、扶養を外れて働いた方が世帯収入アップにもつながります。 また、配偶者が社会保険に加入しておらず、自営やフリーランスとして働いている場合、社会保険へ加入することで、収入によっては配偶者を自分の扶養に入れることも可能です。 まとめ パートで働く主婦が社会保険に加入するかどうかは、それぞれのライフスタイルや何を重視するかによって決めるのが良いでしょう。 「スキルアップのために扶養を外れて働く時間を増やしたい」 「子育てにお金がかかるから、老後のことよりも今手元に多くのお金を残しておきたい」 など、現在の働き方が皆さんの思いとマッチしているかどうか考えてみてはいかがでしょうか。 当サイト「派遣deパート」では、扶養内で働ける派遣のお仕事を中心にご紹介しております。 興味のある方は下記よりエントリーいただければ、担当よりご連絡いたします。

次の

アルバイトも社会保険の加入が必要?! 社会保険加入条件と手続き方法

パート 社会 保険 料

パートの社会保険料の計算式 社会保険料の計算式は以下の通りです。 この数字は都道府県によって異なるので、他県の数字をあてはめないよう気を付けてください。 ここで一つ気を付けなければいけないのが、標準報酬月額を出すために参照する報酬月額は、働いている期間によって算出方法が違うという点です。 具体的な計算方法の違いについて見ていきましょう。 社会保険料を計算(パートを始めたての人) 報酬月額を計算する場合、パートを始める人、若しくは初めてすぐの人が参照する数字は、初月の給与見込み額に通勤手当を足した数字です。 給与見込み額は、シフトの時間に時給をかけて求めます。 一か月分であればシフトも発表されていると思うので、シフト表を確認してみましょう。 通勤手当は忘れやすいですが、この金額も報酬月額に含まれます。 税金の計算等には含まれないので間違いやすいのですが、報酬月額を計算する際には忘れずに含めてください。 続いて、ある程度同じ場所でパートを続けた人の計算方法を見ていきましょう。 社会保険料を計算(ある程度パートをしていた人) 一定期間以上同じところで働いている人の報酬月額の求め方は以下の通りです。 つまり、年間で支払う保険料は4~6月の収入に左右されるという事です。 そのため4~6月の労働を減らせば、年間で支払う社会保険料を減らすことができます。 とはいえパートやアルバイトが4~6月だけ意図的にシフトを減らすのは現実的に難しいので、知識に留めておくのが無難です。 さて、以上の方法で算出した標準報酬月額に各都道府県ごとの保険料率をかける事で、社会保険料を計算する事ができます。 ですが、この数字は単純に比例して大きくなるわけではありません。 収入が一定の額を超えた時に新たな支払いが発生し、かえって収入が減る事もあるのです。 ではそのボーダーとなる額について見ていきましょう。 事前に計算してパートの社会保険料を減らす! 基本的に、パート主婦は夫の扶養に入っていれば保険料の支払い義務はありません。 ですが、妻の収入が一定額を超えると特例が適用されなくなり、保険料を支払う必要が出てくるのです。 そしてその一定額のボーダーとなる金額が「106万円」と「130万円」です。 金額以外にも条件があり、それを全て満たすと保険料支払いの義務が生じる事となるのです。 106万円 以下の条件を満たすことで社会保険料を支払う義務が発生します。 ただし社会保険料の負担は会社と折檻するので、将来貰える年金や保障内容を考えれば悪くないといえます。 130万円 130万円に到達し、以下の条件を満たすと国民保険と健康保険に加入しなければなりません。 可能であれば社会保険に加入することをお勧めします。 社会保険料を計算して効率のいいパートタイムを 上記の通り、収入が105万円と106万円、129万円と130万円では実際の手取りは大きく変わってきます。 ぎりぎりになって調整しようとしても手遅れの場合が多いので、普段から計算しておいた方がいいでしょう。 社会保険に関しては一概にデメリットばかりではありませんが、手取りが減ってしまうのは事実です。 ですから将来の事を考えるのか、今の収入を増やすのかを天秤にかけ、パートの時間を調整しましょう。 また、扶養にも入っている主婦が国民保険に加入するメリットはほとんどありません。 保険料の支払い損になる場合も多いので、会社の社会保険に加入するか、年収を130万円以下に抑えるのが無難です。 まとめ パート主婦やアルバイトの社会保険料は、働きはじめとそうでない場合で計算方法が違います。 各都道府県によっても数値が違うので、間違えないよう気を付けてください。 保険料は、年収が106万円と130万円を超えると負担額が増大します。 手取りを減らしたくない場合は、年収をこの額以下に抑えるよう普段から計算を怠らないようにしましょう。 給与や労働時間は年間で見ていくものなので、保険料がかかるからと急にシフトを激減させることは難しいです。 普段からいくら働けばいいかを計算しておくことが大切なのです。 出来るだけ保険料を抑えたいという人は、今回紹介した社会保険料の仕組みを参考にパートの時間を調整してみましょう。

次の