ウイイレ 2020 マスター リーグ。 LICENSE

LICENSE

ウイイレ 2020 マスター リーグ

ライセンス FIFAのファンがウイニングイレブンに対して批判することといえば、これまでのどのバージョンでも公認チームが少ないことだ。 EA Sportsは、多くの登録チームで実名を使う権利を長く保有し続けている。 一方のコナミは、最近ユヴェントスと独占契約を締結するに至った。 つまりFIFA 20では、イタリアで最も成功を収めるこのチームは「ピエモンテ・カルチョ」という架空名で登録されている。 37のリーグにわたる700以上のチームのうち、ユヴェントスだけがライセンスされていないのだ。 その他すべてのチームは実名で登録されており、ユニフォームやエンブレムも本物のままだ。 ウイニングイレブンでは、登録される24のリーグのうち19のリーグの公認を得ている。 リーグ・アンやセリエAなどが含まれるが、プレミアリーグではアーセナルとマンチェスター・ユナイテッドだけが実名で登録されている。 マンチェスター・シティは「マンチェスター・ブルー」という名前になっている。 バルセロナからはライセンスを受けているが、レアル・マドリーからはライセンスを受けていない。 ロス・ブランコス(レアル・マドリーの愛称)は「マドリー・チャマルティンB」という名前になっている他、それ以外のラ・リーガのチームにも偽名が使われている。 ウイニングイレブンには、クラブの名前とエンブレム、ユニフォームを自分で編集する機能がある。 この編集記録はオプションファイルとして保存することができ、エクスポートやインポートが可能。 「PES World」をはじめとするファンサイトからオプションファイルをダウンロードすることができるため、それを利用すればUSBデバイス経由で自分のゲーム機に反映することができる。 FIFA 20はチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)と独占契約を結んでいる。 さらに最近コパ・リベルタドーレス杯やコパ・スダメリカーナなどのCOMMEBOL主催のコンペティションも追加され、ロゴやスタジアム、特徴的なブロードキャストも再現されている。 「キャリアモード」と「マスターリーグ」 ほとんどのプレイヤーにとって、 「キャリアモード(FIFA)」と 「マスターリーグ(ウイニングイレブン)」は非常に似たモードに感じるだろう。 このモードではクラブを経営し、移籍、契約、スカウト、試合といったクラブの重要な部分を自分でコントロールすることができる。 ウイニングイレブン2020のマスターリーグには、選手と契約したときや契約交渉をするときに発生するイベント映像が新たに追加された。 FIFA 20にも同様のコンテンツはすでに収録されている。 マスターリーグでは、自分で作成したアバターの代わりに、ディエゴ・マラドーナやヨハン・クライフのような伝説の監督を動かすこともできる。 キャリアモードでは監督としての責任を果たすだけでなく、一人の選手のキャリアを経験することもできる。 試合をしたり、自身のレートを上げたり、より格が上のクラブに移籍したりすることでキャリアの進歩を見ることができる。 「ULTIMATE TEAM」と「myClub」 それぞれのゲームで最も有名なモードといえば、 「ULTIMATE TEAM」と 「myClub」だ。 このモードでは、自分のドリームチームを作ることができる。 「FIFA ULTIMATE TEAM」(FUT)ではスターターパックを受け取るところからゲームが始まり、移籍マーケットで選手を獲得していく。 一方「myClub」ではもっと簡単にスーパースターを獲得できるが、チームにスターを留めておくために「GP」と呼ばれるポイントを十分に稼いでいかなければならない。 myClubはFUTに比べれば単純なモードだ。 学ばなければいけない細かなギミックがなく、選手を一つのポジションに限定せず配置することができる。 そのためウイニングイレブンでは、リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドをチームに組み込むようなことがFIFAよりずっと簡単にできるのだ。 最高レートの選手たち ウイニングイレブンはバルセロナとユヴェントスの両方からライセンスを受けているが、このゲームでの最高の選手はリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドだ。 二人の総合レートはともに「94」となっている。 FIFA 20ではバルセロナのメッシがレート「94」で最高の選手となっており、ピエモンテ・カルチョのC・ロナウドは「93」で2位となっている。 以下、二つのゲームのレートの合計点で上位の選手を10人紹介しよう。 Player FIFA 20 Rating PES 2020 Rating Lionel Messi 94 94 Cristiano Ronaldo 93 94 Neymar 92 92 Eden Hazard 91 91 Kevin De Bruyne 91 90 Jan Oblak 91 90 Virgil van Dijk 90 91 Mohamed Salah 90 90 Sergio Aguero 89 91 Luis Suarez 89 91 「アイコン選手」と「レジェンド」 FIFA 20とウイニングイレブン2020には引退した選手も登場する。 FIFA 20では「アイコン選手」、ウイニングイレブン2020では「レジェンド」という名称だ。 片方のゲームにしか登場しない選手たちもいるが、たとえばディエゴ・マラドーナやパオロ・マルディーニ、ローター・マテウスといった一部の選手は両方のゲームに登場する。 ブラジルのペレとロナウドはFIFA 20のアイコン選手としてしか登場しないが、一方でドイツのオリバー・カーンやイングランドのデイヴィッド・ベッカムはウイニングイレブン2020でしか登場しない。 グラフィック ウイニングイレブン2020の最大の売りのひとつが、細部にこだわったグラフィックだ。 選手たちは本物そっくりで、アニメーションもスムーズ。 これらの効果でゲームがさらにリアルな雰囲気になっている。 FIFA 20はライセンスの幅を広げてきた結果、すべての欧州トップリーグとコンペティションのブロードキャストを演出することができるようになっている。 つまり、例えばプレミアリーグの2チームが対戦すれば、本当のプレミアリーグの中継を見ているようになるということだ。 二つのゲームは共に3Dスキャンを使って本物そっくりの顔に仕上げている。 双方ともにシーズン通じて新しいプレイヤーのスキャンを追加更新しており、よりリアルな雰囲気を醸し出している。 操作法 FIFA 20とウイニングイレブン2020で最も異なるのが操作法だ。 FIFAのアーケードゲームのような感じが好きな人もいる。 操作法を覚えるのは簡単なので、新規プレイヤーがプレーしやすくなっている。 試合展開は速くエキサイティングだが、得点を奪い合う試合をときどき見かける結果になっている。 ウイニングイレブンでは、この点に関して慎重な姿勢を取っている。

次の

【ウイイレ2019】マスターリーグ序盤攻略、0円移籍の未所属選手を狙い撃ち

ウイイレ 2020 マスター リーグ

ウイイレ2020おすすめ若手の選考基準 ・ウイイレ2020に収録される10代の若手選手(19歳以下)から選考する ・2019-20シーズンの成績 ・海外サイト「transfermarkt」の市場価値 ・僕の主観 今回は若手選手の紹介ということなので 10代の選手から選出していきます。 また、 2019-20シーズン途中までの成績であったり、 移籍情報や選手の市場価値をまとめた海外サイト「transfermarkt」をもとに選んでいます。 最終的には僕の主観で選考していますが、その点ご了承ください。 ウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい注目の若手選手 それではここからウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい注目の若手選手を紹介していきます。 まずはゴールキーパーからです。 ウイイレ2020マスターリーグの注目若手ゴールキーパー 名前(年齢) 国籍 ポジション 総合値 所属クラブ(リーグ) イラン メリエ(19) フランス GK 75 リーズ W(イングランド2部リーグ) べケル エゼル(19) トルコ GK 73 未所属 フリスティアン フリュートル(19) ドイツ GK 68 バイエルン ミュンヘン(その他ヨーロッパ) ウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい若手ゴールキーパーは上記の5名です。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 まず1人目はリーズ Wに所属するイラン メリエです。 2018-19シーズンまではフランス2部リーグのFCロリアンでプレーしていました。 各年代のフランス代表でプレー経験がある十分な実績を持つ若手選手になります。 また、移籍情報サイト「transfermarkt」では10代のゴールキーパーでNo. 1の市場価値をマークしています(2020年1月時点)。 2人目は未所属のべケル エゼルです。 現実世界ではフェネルバフチェからベルギー2部リーグのKVCウェステルローというクラブにレンタル在籍中です(記事執筆時点)。 各年代のトルコ代表でプレーしており、A代表に招集されたこともあります。 3人目はバイエルン ミュンヘンに所属するフリスティアン フリュートルです。 実際はドイツ3部リーグにあるバイエルン ミュンヘンのリザーブチームでプレーしています。 年代別のドイツ代表でもプレーしており、将来が楽しみな若手選手です。 ウイイレ2020マスターリーグの注目若手ディフェンダー 名前(年齢) 国籍 ポジション 総合値 所属クラブ(リーグ) ウィリアム サリバ(18) フランス CB 75 サン テティエンヌ(Ligue 1 Conforama) ベノワ ベディアシレ(18) フランス CB 74 モナコ(Ligue 1 Conforama) マックス アーロンス(19) イングランド RSB 74 ノリッジ YG(イングランドリーグ) イーサン アンパドゥ(19) ウェールズ CB 73 未所属 ライアン アイト ヌーリ(18) フランス LSB 63 アンジェ(Ligue 1 Conforama) ウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい若手ディフェンダーは上記の5名です。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 1人目はサン ティティエンヌに所属するウィリアム サリバです。 2019年夏にはアーセナルやトッテナムといったビッククラブが争奪戦を繰り広げた注目の若手有望株です。 結局サリバはアーセナルが獲得し、2019-20シーズンはサン ティティエンヌにレンタル中です。 2人目はモナコに所属するベノワ ベディアシレです。 各年代のフランス代表でプレーする注目の若手選手で、現在はU-19フランス代表でプレーしています。 チェルシーやレアル・マドリードといったビッククラブが関心を示すフランス期待の若手選手です。 3人目はノリッジ YGに所属するマックス アーロンスです。 ノリッジユースからトップチームのレギュラーまで駆け上がったノリッジ期待の若手選手になります。 チェルシー、アーセナル、トッテナムといったプレミアリーグの強豪が獲得に興味を示す逸材です。 4人目は未所属のイーサン アンパドゥです。 現実ではチェルシーが保有権を持っていて、2019-20シーズンはドイツ1部リーグのRBライプツィヒにレンタルで在籍しています。 すでにウェールズ代表にも召集され、数試合プレーしている注目の若手選手です。 5人目はアンジェに所属するライアン アイト ヌーリです。 「総合値めちゃくちゃ低いじゃねーか!」と思った方もいるでしょうが、現実では10代の左サイドバックの中で世界最高額になります(2020年1月時点:1200万ユーロ)。 ウイイレ2020での初期総合値は低いためみなさんのマスターリーグで育ててあげてください。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 1人目はPSVに所属するモハメド イハターレンです。 PSVの生え抜き選手で、2019-20シーズンのオランダリーグで輝きを放っている1人になります。 各年代のオランダ代表でもプレーしている注目の逸材です。 2人目はべレス サルスフィエルドに所属するトリスタン アルマダです。 U-20アルゼンチン代表の選手です。 現実ではマンチェスター・シティが獲得を狙っているようでNEXTメッシとも言われています。 3人目はフラメンゴに所属するヘイニエル カルヴァーリョです。 2019シーズンにフラメンゴでトップチームデビューを果たしたブラジル期待の新星になります。 FCバルセロナ、マンチェスター・シティなどビッククラブが注目する逸材で、レアル・マドリードが獲得間近とされています。 4人目はレンヌに所属するエドゥアルド カマヴィンガです。 今季、リーグ・アンで輝きを放っている注目の若手です。 移籍情報サイト「transfermarkt」によると10代のセントラルミットフィルダーの中ではNo. 1の市場価値(2020年1月時点:3500万ユーロ)になります。 5人目はマヨルカ RNに所属する久保 建英です。 日本人としては日本人選手を獲得してマスターリーグで活躍させたいのではないでしょうか。 そこで当ブログでは2019年夏、レアル・マドリードに加入した日本期待の若手選手、久保建英の獲得をおすすめします。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 1人目はサン パウロに所属するアントニです。 サンパウロの下部組織で育ち、今やトップチームの中心選手として欠かせない存在となりました。 アーセナルやミランといった複数の欧州クラブが獲得に興味を示すほどの逸材です。 2人目はラヌースに所属するペドロ デ ラ ベガです。 ラヌースの下部組織で順調に成長したデ ラ ベガは2018年9月にトップチームデビューを果たしました。 U-20アルゼンチン代表でもプレーしていて今後が楽しみな期待の逸材です。 3人目はバルセロナに所属するアンスマネ ファティです。 バルセロナの下部組織で育ったアンスマネ ファティは16歳という若さでトップチームデビューを飾りました。 その後、出場機会を与えられた試合では結果を残し、ここ数ヵ月で市場価値が爆上げしている若手選手です。 4人目はAZに所属するマイロン ボアドゥです。 AZの下部組織で育ったマイロン ボアドゥはAZ史上最高の逸材とも言われています。 各年代のオランダ代表でもプレーしていて、2019年11月にはすでにA代表デビューも飾っています。 5人目はマンチェスター ユナイテッドに所属するメイソン グリーンウッドです。 マンチェスター ユナイテッドの下部組織で育ち、現在はトップチームでプレーするまでに成長しました。 ウイイレ2020では初期総合値が低い気がしますが、今後の成長が楽しみな注目の若手です。 まとめ 今回はウイイレ2020のマスターリーグで獲得をおすすめしたい若手選手まとめということでいろいろな若手選手を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。 現実世界で活躍していたり、注目されている若手選手をまとめたので、ウイイレ2020の総合値については低い選手もたくさんいます。 その点お許しください。 今後、ウイイレ2020のマスターリーグをテーマに取り扱った記事をどんどん書いていくつもりなので興味がある方は当ブログを是非チェックしてみてください。 また、もやっていますので心優しい方はぜひともフォローしてあげてください。

次の

ウイイレ2020の評価は正直どう?プレイした感想とみんなの評価

ウイイレ 2020 マスター リーグ

お久しぶりです。 これからまた土日どちらかに1記事投稿する形式で新しい記事の毎週更新を再開していこうと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします! 今回は、3CFのクロップ監督を使用して、SIM試合でGPが稼げるフォーメーションと戦術をご紹介します。 そして、CFの三人だけ総合力90オーバーのチームの中で能力が高い選手を配置してください。 他の選手は総合値80前後の選手で固めます。 詳細は個々のポジション説明でご説明します。 FW:左CF 役割は、チームのエースストライカー。 ここに一番得点能力のある選手を配置してください。 競り合うこともあるので、身長もある程度持っている選手が好ましいです。 おすすめ選手• クリスティアーノ ロナウド• レヴァンドフスキ• ジエゴ コスタ FW:真ん中CF 後ほど説明しますが、偽9番として動いてもらうので、チームの役割としてはチャンスメイカーの役割。 一列下がってから2枚のフォワードにスルーパスを供給したり、自分でシュートをしたりすることを期待します。 持っておいてほしいスキルは「スルーパス」です。 純粋なフォワードよりもCF適正のあるフォワードの選手を配置するとうまくいく場合も多いです。 色々試してみてください! おすすめ選手• ロベルト フェルミーノ• デレ アリ FW:右CF ここのポジションには、チームの中で心臓になるような選手を配置します。 コンセプトアレンジ「カウンターターゲット」を使用し、守備も免除させます。 配置する選手はテクニカルな左利きな選手が好ましいです。 おすすめ選手• リオネル メッシ• アントワーヌ グリーズマン MF:左CMF ここには決定的なパスを出せるプレースタイル「プレーメーカー」の選手を配置します。 総合力は80前後の選手を配置してください。 MF:右CMF ここには寄せる守備で貢献できるようにプレースタイル「ハードプレス」の選手を配置します。 できたらディフェンス能力が高い選手が好ましく、その理由は中盤でカットする確率が上がるからです。 総合力は80前後の選手を配置してください。 MF:DMF ここには守備を安定させるためにプレースタイル「アンカー」の選手を配置してください。 そして、CMF同様に総合力は80前後の選手を配置してください。 DF:LSB&RSB 特に指定はありませんが、スタミナが高い選手だと後半まで戦えるので良いです。 総合力は80前後の選手を配置してください。 DF:CB 総合力80前後の選手で、できたらスキル「低弾道ロブ」を持っているセンターバックが好ましいです。 また、プレースタイルは「ビルドアップ」の選手であることが必須です。 GK フライパス精度が高ければ高いほど良いでしょう。 スキル「低弾道パントキック」は必須です。 こちらも総合力は80前後の選手を配置してください。 コンセプトアレンジ 攻撃のコンセプトアレンジ 偽9番 クロスポジショニング 守備のコンセプトアレンジ カウンターターゲット 右CFに設定してください スルーパス警戒 最後に 今回は省エネでGPを稼げるフォーメーションをご紹介しました。 しかし、その分失点も増える可能性もあるので、ぜひともバランスを見ながら設定してみてください! chrono0520.

次の