アメブロ 妊娠。 妊娠と糖尿病

アイドル界が騒然!アメブロで「ももち、妊娠発覚」がクリック数トップに

アメブロ 妊娠

2月23日のアメブロにて、クリック数ランキングの1位に「ももち、高2の夏に妊娠発覚」が急浮上した。 このタイトルにはアイドル好きをはじめとする多くのネットユーザーがビックリ。 しかも、ももちは本当に妊娠していたというのだから二度びっくりだ。 そんなブログの内容について、芸能ライターが解説する。 「ももちは妊娠しただけでなく、18歳で出産もしています。 現在は芸能活動と並行して、シングルマザーとして子育てしていますね。 もっとも子供もすでに18歳ですからほとんど手離れしているはずですが。 芸能ライターが続ける。 「ヤンキース・田中将大投手の妻・里田まいが2月15日に第一子を出産し、ハロプロの後輩でもある嗣永に報告メールを送ったそうです。 一昨年にはプリクラ騒動もあった嗣永ですが、最近はこれといって浮いた話もないようです」 ともあれ、ネットでの情報拡散力を如実に見せつけた今回の一件。 嗣永ファンとしては二重の意味で胸を撫で下ろしているのかもしれない。 (金田麻有).

次の

マタニティーブログ 人気ブログランキングとブログ検索

アメブロ 妊娠

1993年東邦大学医学部卒業。 2001年同大学院医学研究科卒業後、東邦大学医学部助手、東邦大学医療センター大橋病院講師を経て、2010年より医療法人晧慈会浅川産婦人科へ。 東邦大学医療センター大橋病院客... 妊娠すると体調が大きく変化し、妊娠前には考えられなかったトラブルに見舞われることがあります。 そのなかでも注意したいのが「妊娠糖尿病」。 「体重が増えすぎないように注意していたのに、まさか糖尿病なんて…」と驚く人もいますが、妊娠中は誰でも発症する可能性があります。 今回は、妊娠糖尿病の原因や症状、治療法についてご説明します。 妊娠糖尿病とは? 「妊娠糖尿病」とは、妊娠の影響で発症する糖代謝異常の一種です。 妊娠糖尿病の原因は? 私たちの体内では、食事によって血糖値が上がると、膵臓(すいぞう)からインスリンが分泌されます。 インスリンの働きによって、脳や筋肉ではブドウ糖が取りこまれ、肝臓や脂肪組織でブドウ糖からグリコーゲンや脂肪が作られるようになることで、血糖値が上がりすぎないようにコントロールされています。 しかし妊娠中、特に妊娠後期は、肝臓や筋肉、脂肪細胞などでインスリンが正常に働きにくく、軽度の糖代謝異常が起こりやすい状態になります。 関連記事 妊娠糖尿病は産後にも影響するの? 妊娠糖尿病は、胎盤から分泌されるインスリンを抑えるホルモンが影響していると考えられており、ほとんどの場合、出産後に胎盤が排出されると自然治癒します。 ただし、妊娠糖尿病と診断された人は、産後6~12週間後に再びぶどう糖負荷試験を受け、血糖値が元に戻っているか医師に見てもらいましょう。 また、一度妊娠糖尿病を発症した人は、発症したことがない女性と比べて、将来的に糖尿病になる確率がかなり高いといわれています。 産後も定期的に検診を受けることをおすすめします。 産後も生活習慣に気をつけながら、定期的に検査を受けましょう。

次の

ニッチェ・江上、妊娠後期に入り困っていること「爪を切るのが辛い」(2020年7月16日)|BIGLOBEニュース

アメブロ 妊娠

妊娠しやすい体づくり!7つの改善ポイントで体質を変えよう! 2018年4月16日 こそだてハック 赤ちゃんがほしいと思ったら、まずは妊娠しやすい体作りからはじめましょう。 「なかなか妊娠しない」と悩んでいたところ、妊娠しやすい体を目指して生活習慣を改善したら赤ちゃんを授かったというケースもあります。 今回は、妊娠しやすい体になるために今日からできる7つの改善ポイントをご紹介します。 妊娠しやすい体ってあるの? 健康な女性の体は本来、妊娠できる機能を備えています。 しかし様々な要因によって、卵巣や子宮といった生殖器の機能が弱まったり、生殖機能を司る女性ホルモンの分泌が妨げられたりして、「妊娠しにくい体」へと変化してしまうこともあります。 なかなか妊娠できないと悩んでいる人は、卵巣や子宮などの機能や女性ホルモンの分泌がスムーズに働くようにすることで、「妊娠しやすい体」を取り戻すことができる可能性があります。 ただし、妊娠できない原因として、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、卵管閉塞、子宮内膜症といった疾患が関係していることもあります。 生活習慣を改善してもなかなか妊娠ができないときには、一度婦人科を受診してみてくださいね。 関連記事 妊娠しやすい体作りに大切なことは? 妊娠しやすい体を作るために、まずは生活習慣を見直してみましょう。 これまで積み重ねてきた生活習慣によって、妊娠しにくい体へと変化しているかもしれないからです。 下記に、妊娠しやすい体作りに大切なことを7つご紹介します。 自分の生活習慣や体の症状に合わせて、妊娠しやすい体作りを進めていきましょう。 ストレスを発散する 女性ホルモンは脳の視床下部という部位から分泌指令が出ていますが、視床下部はストレスに弱いことが知られています。 そのため、過度なストレスを受けると、正常な指令を出せなくなり、生殖ホルモンの分泌が滞ってホルモンバランスが崩れる可能性があります。 長時間労働による疲労や睡眠不足といった身体的ストレス、職場や家庭の人間関係やプレッシャーによる精神的ストレスなど、身の回りにはたくさんのストレスがあります。 すべてのストレス源を避けることは難しいですが、意識的にリラックスできる時間を増やすようにしましょう。 関連記事 3. 禁煙する(タバコの煙を避ける) 少なくとも妊活・妊娠生活において、タバコは百害あって一利なしです。 体に活性酸素が溜まると、卵子の質が落ち、妊娠しにくくなることもあるといわれています。 また、タバコの煙によって血管が収縮し、体が冷えやすくなるとも考えられているため、副流煙にも注意しましょう。 体の冷えは、卵巣や子宮を始めとする臓器に影響を与えるとも考えられています。 急にパッタリと止めるとストレスが溜まってしまうかもしれないので、少しずつ減らしていきましょう。 できれば、パートナーと一緒に禁煙に取り組めるといいですね。 お酒が好きで普段からよく飲む人は、妊娠前から少しずつ回数や量を減らして、慣らしておくといいでしょう。 いざ妊娠したときに、「妊娠に気づく前に過度な飲酒をしてしまった」ということを避けるためにも、大切なことですね。 関連記事 5. 冷えを解消する 女性は男性に比べて筋肉が少なく、血圧が低くて血管も細いため、冷えやすい体となっています。 体の冷えは、様々な臓器の働きを妨げてしまいます。 「冷えが不妊の原因になる」と必ず言えるわけではありませんが、冷えによって子宮や卵巣の働きが悪くなると、女性ホルモンが正常に分泌されなくなり、卵巣機能や黄体機能の低下、卵子の発育悪化、排卵障害、着床障害などを引き起こす可能性もあります。 首や手首、足首などの大きな血管が通っている部位はストールや靴下で温めるようにしましょう。 気温が下がる冬だけではなく、夏場の冷房対策も重要です。 お風呂あがりにストレッチをして、手足の先まで血行をよくするのもおすすめですよ。

次の