中日ドラゴンズ ブログ 竜速。 中日ドラゴンズ優勝祈念 野球ブログ・テーマ

中日ドラゴンズ最下位転落・・・

中日ドラゴンズ ブログ 竜速

さらに先頭打者で迎えた2回には初球を叩いてヒットで出塁。 続く京田陽太がゲッツーに倒れ、惜しくも得点には結びつかなかったが、「今日は石川駿の日になるぞ!」と確信するには十分な序盤の活躍だった。 その期待感が暗転したのが4回表のことだった。 同点に追いつかれ、なおも1死満塁という場面。 こちらも久々にスタメン出場の倉本寿彦が放った力ない打球がショートに転がり、まずはセカンドに送ってフォースアウト。 かく言う私もその一人だ。 相手は前回打てそうで打てなかった濱口遥人で、こっちは松葉。 松葉には悪いが、ポジティブになれと言う方が無茶な話である。 松葉は昨年、シーズン途中に先発候補としてオリックスからやってきたものの、一軍での登板はわずか1試合。 今日と同じDeNA戦で、3回もたずにノックアウトを食らった。 今季もキャンプから読谷組に振り分けられ、開幕も当たり前のように二軍で迎えた。 結果は2-1でドラゴンズの勝利。 連敗を3で止めたドラゴンズ。 注目の岡田投手に代わるクローザーは、Rマルティネス投手が務めた。 では、本日の中日ドラゴンズアカデミー賞を発表する。 今シーズン初登板を6回途中1失点の好投で、嬉しいドラゴンズ移籍後初勝利。 梅津投手や山本投手・岡野投手など、いつの間にか若手の力投派が増えたドラゴンズ先発陣。 『そんなに力を入れなくても良いんだよ』 そんなメッセージ… 福岡県福岡市出身(生まれは長崎県対馬市)。 右投げ右打ち。 現在の守備位置は外野手(中堅手)。 2004年から北海道日本ハムファイターズに所属し、同時に登録名を「SHINJO」と改めた。 強肩と俊足を生かした球界屈指の守備力は脅威的。 そのためか不思議な雰囲気とキャラクターの濃さを持つ。 一方、メジャーリーグ、日本球界双方で打率は2割5分前後で、その意味では成績で目立つ選手ではない。 日本球界ではこれまでに、ゴールデングラブ賞とベストナインをそれぞれ複数回受賞している。 オールスターゲームのファン投票でも常に上位に入り、出場回数も多い。 2000年12月に志保夫人(旧姓・大河内)と結婚。 2006年4月18日、今季限りでの引退を表明。 フロントはおろか、ヒルマン監督や同僚の選手も寝耳に水であったらしく、日本ハム本社は「どんな手を使っても残留させる」数日後に「5年後に新庄監督ってのはどうよ?」とコメントしている。 yahoo. 正直2軍や練習試合での評判が良くなかったので、「松葉か・・・」という感じでしたが 始まってみると松葉が予想外(失礼)の好投を見せ、序盤はほぼランナーも出さず無失点。 打線は3回裏、大島と溝脇の連打で作ったチャンスでビシエドが2点タイムリー。 溝脇のナイスラン&ナイスヘッスラが目立った得点でした。 松葉は5回まで無失点、6回にソトのソロホームランで1点を失うものの見事なピッチングでした。 6回途中からは藤嶋、7回祖父江、8回福、9回ライデルと繋いで逃げ切り勝利です。 8回にピンチがありました..

次の

中日ドラゴンズアンテナ

中日ドラゴンズ ブログ 竜速

<竜盛再び>第2章 ファン獲得のヒント(1) 広島・松田オーナー「リピーターを増やすには地域密着の努力が必要」 ドラゴンズがかつてのように強く、また魅力ある球団になるためにはどうすれば良いか。 第1章では他球団の戦力補強や育成方法などを紹介しながら今後の道筋を探った。 第2章では地域密着や新たなファン開拓に成功した球団の例を挙げながら、球団の理想像を追い求める。 第1回は今や球界屈指の人気球団となった広島の松田元(はじめ)オーナー兼球団社長(66)に球団経営の考え方や、マツダスタジアムのコンセプトなどを聞いた。 -地域密着についての考えは 「(自治体や企業とは)小まめに付き合うとる。 街が狭いというのもあるがの。 地域とつながる部署(営業企画部の地域担当やファンサービス担当など)があって、いろんな要望を受けとる。 また、新しい監督になったら福山や三原といった瀬戸内海沿いや庄原、三次など主だった町には必ず行って市長と面会する。 県外も岩国までは行っとるよ」 【中日】広島を退団する梵をリストアップ 中日が、広島を退団する梵英心内野手(36)の獲得に向けてリストアップしていることが9日、分かった。 既に日本ハムを退団する武田久投手(38)の調査も進めているが、球団関係者は「2人とも環境が変わればまだまだやれる」と説明。 梵は俊足と勝負強い打撃が持ち味で、小技の達人でもある。 森監督が、大ベテランの荒木を除き不在を嘆いた2番打者として適任だ。 広い守備範囲の遊撃手で2010年にゴールデングラブ賞を受賞。 近年は両膝の故障や田中の台頭で出番が減少したが、本人は故障の完治をアピールしている。 広島 2012 144試合. 627 遊梵梵 137試合. 572 中丸丸 106試合. 780 右廣瀬 102試合. 668 三堂林 144試合. 716 左天谷 108試合. 783 タグ :.

次の

中日ドラゴンズ 人気ブログランキングとブログ検索

中日ドラゴンズ ブログ 竜速

<竜盛再び>第2章 ファン獲得のヒント(1) 広島・松田オーナー「リピーターを増やすには地域密着の努力が必要」 ドラゴンズがかつてのように強く、また魅力ある球団になるためにはどうすれば良いか。 第1章では他球団の戦力補強や育成方法などを紹介しながら今後の道筋を探った。 第2章では地域密着や新たなファン開拓に成功した球団の例を挙げながら、球団の理想像を追い求める。 第1回は今や球界屈指の人気球団となった広島の松田元(はじめ)オーナー兼球団社長(66)に球団経営の考え方や、マツダスタジアムのコンセプトなどを聞いた。 -地域密着についての考えは 「(自治体や企業とは)小まめに付き合うとる。 街が狭いというのもあるがの。 地域とつながる部署(営業企画部の地域担当やファンサービス担当など)があって、いろんな要望を受けとる。 また、新しい監督になったら福山や三原といった瀬戸内海沿いや庄原、三次など主だった町には必ず行って市長と面会する。 県外も岩国までは行っとるよ」 【中日】広島を退団する梵をリストアップ 中日が、広島を退団する梵英心内野手(36)の獲得に向けてリストアップしていることが9日、分かった。 既に日本ハムを退団する武田久投手(38)の調査も進めているが、球団関係者は「2人とも環境が変わればまだまだやれる」と説明。 梵は俊足と勝負強い打撃が持ち味で、小技の達人でもある。 森監督が、大ベテランの荒木を除き不在を嘆いた2番打者として適任だ。 広い守備範囲の遊撃手で2010年にゴールデングラブ賞を受賞。 近年は両膝の故障や田中の台頭で出番が減少したが、本人は故障の完治をアピールしている。 広島 2012 144試合. 627 遊梵梵 137試合. 572 中丸丸 106試合. 780 右廣瀬 102試合. 668 三堂林 144試合. 716 左天谷 108試合. 783 タグ :.

次の