要件定義書 テンプレート。 要求仕様書の書き方は?要求定義書の項目や要件例・テンプレートも

要件定義工程の成果物一覧

要件定義書 テンプレート

No 作業 成果 1• 表紙に、システム名と履歴を記述します。 最初は「バージョン:0. 1 改訂内容:新規作成」に• 目次を確認します。 「1.はじめに」の内容を記述します。 システム概略、業務上の目的、業務説明、参照資料/文献 3• 「2.概説」の内容を記述します。 システムの背景、想定利用者、稼働環境、設計と実装の制約、仮定と依存性• システムを用いて提供する業務サービス 4• 「3.機能要件」の内容を記述します。 ユースケース図を元に、機能要件のリストを作成します。 ユースケースに番号(識別子)を付与• 各役割から見た重要度を検討し、総合的に判断して優先度を決めます。 付録Bにユースケース記述の内容を記載し、参照させます。 「4.外部インタフェース要求」の内容を記述します。 ユーザインタフェース、ハードウェアインタフェース、ソフトウェアインタフェース、通信インタフェース• ユーザインタフェースは、ユーザインタフェースに対する全般的な要求を記述し、UIイメージとして本質的UIを取り込んで示します。 通信インタフェースは、外部I/F仕様の内容を取り込みます。 「5.非機能要件」の内容を記述します。 非機能要件の内容を取り込みます。 「付録」の内容を記述します。 添付する各成果物の内容を記載します。 全体の記述内容をもう一度読み直し、整合性、抜け・もれ等を確認します。 必要に応じてテンプレートの説明等の不要部分を除いて体裁を整えます。 ワンポイント・アドバイス• 要件定義書のテンプレートに、各項目についての説明とサンプルが書かれていますので、それらを参考に記述していきます。 サンプルは完全ではありませんので、必ず検討の上、各項目を記述して下さい。 記述しながら、各項目の内容や項目間の整合性を確認し、必要であれば他成果物の内容も修正します。 不明な項目、未定な項目には「TBD」と記述します(空白は不可)。 チェック・ポイント• 全ての項目の内容が検討され正しく記述されていますか?• 読み手に分かりやすい表現になっていますか?• 概念モデルで定義された概念・言葉を用いていますか?• 不明な項目や未定項目に「TBD」と記載していますか?• 各項目間の内容に矛盾はありませんか?• 取り込んでいる図や表の内容は最新のものになっていますか? 参考情報•

次の

要件定義書サンプル・書き方

要件定義書 テンプレート

毎度書いてるのでテンプレートをここに書き起こします、ご自由にご利用ください。 はじめに 誰が何をどのように求めているのか、これをまずは整理してみます。 要件定義書=5W1Hを語るドキュメントです。 下記をご参考までに。 5W1H なにをする 備考 Who 登場人物を整理 各登場人物と責任を明確化、判断する人いないプロジェクトは燃える。 What 何を作るのか整理 口頭は危険!を見て。 When いつまでにやるのかを整理 時間に限りがある場合は・・やれることも限られます Where 範囲・スコープを整理 範囲決めないと、ここも後でもめます。 本当に始めに決めないともめます。 Why そもそもどうして作るのかを整理 共通認識大切 How どうやって作るのかを整理 環境や、簡単なロジックやらやら 要件定義書 ドキュメントのバージョン管理 更新がある度に、何をどうして更新し、だれがその更新内容を承認したのか記載してください。 概要 関係メンバー全員、誰が読んでもわかるように、今回開発するモノの概要をここに記載してください。 システム構成図 ここにシステムの構成図を、一目でシステムの構成がわかるといいです。 データと業務のフローがカバーされているといいかも。 背景 なぜ開発することになったのかここに記載。 お客さんも要求する事がミッション達成に寄与しない場合もありますので、ただ受けるよりもここで背景をちゃんと理解して正しアドバイスをしてあげられるといいですね。 定義 これから使う専門用語はここで簡単に説明しておきましょう。 最後でもいいかも? 2. 業務要件 A. 業務フロー ここに業務フローを1Pでまとめてみます。 フロー(流れ)が一目でわかるといい。 業務を行う人たちをグループ化して、フローを書いてみる。 規模 業務の規模をここに定義、どれぐらいの規模の業務を想定していますか? C. 時期・時間 業務フローに関しての時期と時間をここに定義。 時間軸大切、これを定義してください。 指標 業務フローでの指標を定義。 範囲 システムに関連する範囲をここで定義。 システムに関係ないことは・・関係ないので。 機能要件 A. 機能 ここに機能を大区分、中区分、小区分みたいにブレイクダウンしてください。 開発案件によってここはだいぶボリュームあるかも。 画面 細かいことは外部設計書に記載、もしくはここは外部設計書。 情報・データ・ログ データ項目、処理方法などを記載。 どんなデータを保存するの? D. 外部インタフェース 外部インターフェイスを定義して記載。 入力される項目なども。 非機能要件 A. ユーザビリティ及びアクセシビリティ 誰がどう使えればいいのか、ここに定義して記載。 なんとなく・・つかいずらいみたいなを回避。 システム方式 構成をここに定義。 規模 想定規模をここに記載。 性能 性能に関する事項+閾値をここに記載。 信頼性 信頼性に関する事項をここに記載。 拡張性 拡張性に関する事項をここに記載。 上位互換性 バージョン対応などなどをここに記載。 前のバージョンにどうやって対応するのか。 継続性 冗長性などなどここに記載。 セキュリティー要件 A. 情報セキュリティ 必要とされるセキュリティーレベルをここに記載。 稼働環境 環境に関してここに記載。 要されるセキュリティーを見てから最適な環境を決めましょう。 テスト テストに関してここに記載。 テストは(も)お金がかかりますからね。 移行要件 A. 移行 移行のプロセス、タイミングなどをここに記載。 引継ぎ 引継ぎ業務などをここに記載。 運用要件 A. 教育 運用・利用・活用方法の教育など。 運用 運用体制、運用業務をここに記載。 保守 保守に関して記載。 誰がどうやるのか。 保守に関するSLAはを参照してください。

次の

要件定義書(要求仕様書)の進め方とテンプレート

要件定義書 テンプレート

「要件定義書」とは、「開発するスケジュールを開発側と顧客側で合意したこと」をまとめたものです。 少しわかりにくいですが、単なる設計図やスケジュール表ではありません。 まず、顧客 お客様 が「こういった目的があるから、こんなシステムを開発して欲しい」という要望が届きます。 勿論、機能だけでなくセキュリティ等についての要望もあるでしょう。 開発側は顧客からヒアリングしたこれらの要望から、どういった手法で、いつくらいの期間をかけてそのシステム 成果物 を開発するのかを考えなければなりません。 方法やスケジュールといった内容を開発側が提案し、顧客がそのことに合意します。 何度も打ち合わせを重ね、その合意内容をまとめた成果物が「要件定義書」なのです。 【要件定義すべき項目】 最終目的 最終的に何を目指すのか・どんなものを作るのか 事前調査 その目的は達成可能か否かをヒアリングや統計で調査 内容の検討 調査結果をもとに、デザインや細かい内容を考える スケジュール 最終目的を達成するための運用を含めた日程 要件定義で必要な項目と内容はこのようになっています。 IT系のシステムに限らず、一般的な開発の工程は大きく分けて「要件定義」「設計」「製造」「検査」の4項目です。 「要件定義書」の書き方がどのようなものであっても、必ず内容はこれに沿ったものである必要があります。 詳しい「要件定義書」の目次サンプルやテンプレートについては後述しますが、良い「要件定義書」はこれらの基本事項をきちんと分かりやすくまとめているものを言います。 誰が見ても分かりやすいものを作成できれば、必ずプロジェクトを成功に導けるはずです。 「要件定義」をするべき内容は分かりましたが、では実際どのように進めていけばよいのでしょうか。 実際の企業でも要件定義の進め方が上手な人はいます。 誰でも初めての要件定義が上手くいくわけではないでしょうが、基本の進め方さえ押さえれば話をスムーズに進めることが出来ます。 実際、要件定義の進め方については特に決まった手法は存在しません。 会社によって「大体こんな感じの進め方で」と決まっていることもあれば、案件によっても進め方が変わっていく可能性もあります。 その人のやりやすい進め方のスタイルもあるので、柔軟な対応が求められます。 「要件定義」が済めば「要件定義書」にそのことをまとめます。 書く人のスタイルやその案件について書き方は様々ありますが、最初は基本に則った書き方をするべきでしょう。 目次も含め、この後紹介する具体的なサンプルを参考にしたり、テンプレートを使ったりするのも手です。 【階層構造の例】 大見出し 中見出し 小見出し 大見出し2 中見出し2 小見出し2 要件定義で決め、お互いの合意を得たことを「要件定義書」をまとめることになります。 その際書き方は階層構造が分かりやすいとされています。 この記事もそうなっていますが、一つの項目で「大見出し」「中見出し」「小見出し」の順に分かれていっていることを「階層構造」と言います。 目次のように見出しだけを並べてみると階層になっているのが一目瞭然です。 いずれの見出しも、数が多すぎると読んでいる方は内容の全体を掴めなくなってしまいます。 見出しの数は大体5つ前後、どんなに多くても10項目以下に抑えておきましょう。 もっと具体的なサンプルとテンプレートはこの後の「『要件定義書』のサンプル・テンプレート」の項で紹介します。 【要件定義書の基本的な目次サンプル】 目次に記す項目 その項目の内容 システムの概要 どんなシステムなのかについての説明 機能要求 そのシステムは何が出来るのかの説明 入力要求とシステム要求 どんな形で入力・出力できるのかについての説明 システム導入後の業務フロー 導入した後はどのように業務を進めるのかについて 品質・性能要求 求める品質と性能の明確化 セキュリティ要求 求めるセキュリティの明確化 システム導入の目的と目標 導入後何をするのか・何をどこまで到達させるのかについての明確化 プロジェクトによって若干違いますが、基本的な要件定義書の目次サンプルはこのようになります。 目次サンプルだけでもかなりのボリュームですが、どれも開発においてかなり重要な項目です。 プロジェクトによって必要な項目があれば付け足ししていきましょう。 かなりのページ数になることから、要件定義書には目次をつけなければなりません。 本文を作成した後でも良いので、必ず目次も作成するようにします。 また、これらの項目の前に「はじめに」として要件定義書の位置付けを説明するのも良いでしょう。 【本文サンプル】 2. システムの概要 2. 1 システムの開発範囲 今回のシステムは、主に基幹系業務 販売、生産、購買 を中心とした情報との共有に関わるものを対象とする。 尚、売上推移も範囲に含む 当該においては別紙のフローを参照。 2 業務要件 今回のシステム化において重要な項目は以下の4点である。 1 各店舗の営業情報の管理及び共有 進捗を各店舗の店長と本社の営業担当者が綿密に管理・共有することで、市場の推移を正しく反映し、今後生産計画を正確に作成できるよう支援をする。 2 … 要件定義書の本文の簡単なサンプルです。 「2」という大見出しから「2. 1」「2. 2」…とさらに細かく分かれていっているのが分かるでしょう。 経営理念等本文の内容によっては、他の部署や相手側のヒアリングを実施してから書く必要もあります。 ビジネスにおいて実態を掴むために、ヒアリングというのはとても大切なものです。 要件定義や要件定義書を作成する際は特に重要です。 ヒアリングを行う際は、きちんと裏付けもとるようにしましょう。

次の