ストックホルム 症候群 と は。 ストックホルム症候群とは

ストックホルム症候群〜人質が犯人に好意を抱くワケ

ストックホルム 症候群 と は

スポンサードリンク 「ストックホルム」の由来は? 「ストックホルム症候群」という言葉の元になったのは… 1973年、スウェーデンの首都ストックホルムで起きた、「銀行強盗人質立てこもり事件」です。 人質が犯人をかばう この事件では、人質が犯人に協力して警察に対抗する、というような非常に奇異な現象が見られました。 また、事件後も、人質は警察の取り調べに対し、強盗犯をかばうような態度を取っていました。 こうした、被害者が加害者に対して共感や親近感を得る現象を指して、「ストックホルム症候群」と呼びます。 ストックホルム症候群の二つの原因 ストックホルム症候群には二つの原因が考えられています。 「良い人だ」と思うようになる 一つ目は「強盗がときに人質に対して優しさを見せることがある」という理由。 つまり、人質が犯人から食料を分けてもらったり、トイレの許可を得たりしているうちに、犯人たちを「良い人だ」と思い込み始める…ということです。 運命共同体になる ストックホルム症候群が起きるもう一つの理由は、閉鎖的な環境下で、人質と犯人とが「運命共同体」になっているためです。 この状況で犯人制圧のために特殊部隊が突入したら、犯人のみならず人質にも犠牲者出る可能性は極めて高いでしょう。 こうなると、人質が「できれば強行突破をやめてほしい」という心理を抱くのは、いわば当然のことなんです。 病気ではない ストックホルム症候群は、「症候群」という言葉がついているために、「病気のようなもの」だと勘違いされがちです。 しかし、ストックホルム症候群とは、決して病気や疾患などではなく、「こういう状況になると人はこうなる」という、人間心理の「法則」に近いものです。 よく使う言葉? ここまでをお読みになって… スポンサードリンク 「ストックホルム症候群の意味は分かった、でも『強盗と人質』なんて、普段の生活にはあんまり関係ないんじゃないの?」 と、お考えになるかもしれません。 しかし近年、この「ストックホルム症候群」という言葉が、ネット記事などを中心に使用頻度が上がっている傾向にあります。 この言葉がよく使われる場面は、主に二つあります。 DVとストックホルム症候群 一つ目は、DV(家庭内暴力)や児童虐待など、家庭内の問題に関する話題です。 例えば… 両親から、連日虐待を受けているはずの子供が、警察の取り調べに対して、両親をかばうなどのケース。 あるいは… DVを受けている妻が、いざという時に警察や支援センターを追い出して、自ら夫をかばう…というようなケースです。 こうした現象も、「被害者が加害者をかばうケース」として、よく「ストックホルム症候群」の用語が使われることがあります。 つまり、ストックホルムで起きた銀行強盗人質立てこもり事件と同じように… 加害者(DV夫)から暴力や拘束を受けているはずの被害者(妻や子供)が、極限状況の中で加害者に対して共感や親近感を覚えるケースがある…ということです。 例えば… 散々激しい暴力を妻に加えたあと、何事もなかったかのように妻を愛する、というような男も世の中にはいますよね。 これにより、妻は、「本当は夫は良い人」だと思い込まされてしまいます。 こうした現象も、広義のストックホルム症候群と称されることがあります。 政治とストックホルム症候群 もう1つは、「政治」の場面です。 例えば、国民を散々欺いて、搾取し続けるような政策が行われていたとしても、国民は特に政治家を糾弾するでもなく、選挙では同じ政権がまた選ばれる…というケース。 これもいわば、加害者(政治家)の悪政に対して、被害者(国民)がマヒしてしまっている、という証しですよね。 そのため、こうした政治に関する話題でも、「ストックホルム症候群」の用語が使われるケースがある…ということです。 まとめ いかがでしたか。 今回は、近年ニュースやネット記事などで、頻繁に使用される「ストックホルム症候群」という言葉の意味や使い方についてご紹介してきました。 ストックホルム症候群は、まるで「病名」のような響きですが、決して病名などではなく… 「特殊な閉鎖された環境においては、被害者が加害者に対し、共感や親近感、一体感などを抱くことがある」 という、人間心理の傾向を言い表したものです。

次の

ストックホルム症候群とは?恋愛に発展することもある?症状や原因、治療法を知ろう!

ストックホルム 症候群 と は

ストックホルム症候群とは? 1973年8月に ストックホルムで起きた銀行強盗・立てこもり事件が由来になって生まれた言葉です。 犯人のヤン=エリック・オルソンは計9人 立てこもった日に交渉により5人が解放 の人質を取って銀行に立てこもりました。 6日間にわたる立てこもりの末、人質は大きな怪我なく解放、オルソンも無事に逮捕されたのです。 と、まぁここまではよくある銀行強盗、立てこもり事件です。 ところが、後に警察が捜査したところによると、オルソンが寝ている間に 警察に銃を向けていたのは人質だということが発覚。 おまけに、すでに解放されているのに 人質がオルソンをかばうような証言をしたこともわかりました。 これにより、ストックホルム症候群 シンドローム という心理状態に注目が集まりました。 特徴は以下です。 ・犯人と被害者には連帯感、共感がある ・犯人と被害者は閉鎖空間で長時間一緒にいる、同じ非日常体験を共有する ・ケースによっては恋愛感情を抱くこともある なぜストックホルム症候群になるの? ストックホルム症候群は病気ではなく心理の一種で、『極限の状態が生み出す合理的判断』と言われることがあります。 突然命の危機を感じる状況に陥ると 誘拐・監禁等 、 人間の心は『生き延びる』ことだけを考えるようになります。 そこに欠かせないものの1つが『共感力』。 強大な力を持つ犯人の主張に共感し、少しの親切 食べ物の供給など に好意と深い感謝を持つことは自分が生き残るためにはもっとも適した方法です。 つまりもともと自分に犯人の主張や主義に同意する部分があったのではなく、 生き残る・生き延びるために心理の錯覚を起こしている状態ということです。 吊り橋効果とストックホルム症候群 恋愛をうまく運ぶためのちょっとしたテクニックとしても使われることがあるのが吊り橋効果。 2人で高い場所にある吊り橋を渡ると、 吊り橋への恐怖を恋愛と勘違いして好意が生まれやすいという効果です。 実際の効果や実験方法についての疑問はいろいろありますが… 恐怖や不安を感じた時に出るノルアドレナリンは恋愛のドキドキ感を感じる時にも出るので、錯覚が起きてしまいます。 ストックホルム症候群と吊り橋効果がまったく同じというわけではありませんが、 『恐怖のノルアドレナリンを恋愛と誤解』という点は共通している部分の1つです。 誘拐・監禁などは多くの人にとってまず体験することのない特殊な環境。 通常では考えられないほどの緊張・恐怖で出たノルアドレナリンを恋愛と勘違いしてしまう可能性もけして低くはないですよね。 犯人が人質に影響を受ける『リマ症候群』 誘拐・監禁といった特殊な現場にいる人間は人質だけではありません。 犯人もこの特殊な環境の心理的な影響を受けると言われているんです。 ストックホルム症候群の反対とされる リマ症候群は、犯人が被害者に親近感を持つこと。 この言葉が生まれたのは1996年12月から1997年4月まで、なんと4ヶ月にもわたった『在ペルー日本大使公邸占拠事件』のときでした。 このとき、犯人であるトゥパク・アマル革命運動の構成員の一部は、 日本語を学んだり他国の文化に興味を示すことが多かったとのこと。 最終的には強行突入によって解決した事件ですが、その際も人質に銃を向けることをためらい、部屋を飛び出した構成員が確認されています。 この『リマ症候群』が起きるにはいくつかの条件が必要なようです。 原理的には『自分の命を守るための合理的な判断』がある点ではストックホルム症候群と似ていますが言葉としては使いません。 例えば合理的な判断に加えて、被害者の支配性 加害者の問題に振り回される自分にしか価値を感じないなど があれば共依存です。 また、最近では家族関係やパートナー関係におけるストックホルム症候群のような心理を 『トラウマティック・ボンディング』と呼んだりもします。 言葉の上での違いはありますが、基本的な心理は似たようなものと考えても問題ありません。 特にサポートする側としては、被害者がサポートに応じない時の心理として一考する必要があると思います。 ここでは国内外の事件の中からいくつか紹介していきますね。 パトリシア・ハースト誘拐事件 画像出典: ストックホルム症候群が実際に起きた例として紹介されることが多いのがパトリシア・ハースト誘拐事件。 1974年、新聞社社長の娘であるパトリシア・ハーストが左翼過激派組織に誘拐されたのですが、パトリシアは 2か月後には組織とともに銀行を襲撃。 さらに2か月後にはタニアという名前を名乗り、 組織の同志になったことを伝えるカセットテープを放送局に送りました。 その後1年3ヶ月の逃亡の末逮捕、裁判、懲役7年の判決 後に特別恩赦 と仮釈放を経て出所、その後は映画に出たり社交の場で活動しています。 ショーン・ホーンベック誘拐事件 アメリカ・ミズーリ州で起きたショーン・ホーンベック誘拐事件もストックホルム症候群の代表例と言えるでしょう。 2002年、11歳のときにレストラン従業員の男に誘拐・監禁されたショーンは4年間を犯人の家で過ごしました。 インターネットにアクセスできる環境にあったことや逃げるチャンスが何度かあったにも関わらず逃げられなかったのはストックホルム症候群の影響ではないかと考えられています。 よど号ハイジャック事件 1970年に 日航機『よど号』が共産主義者同盟赤軍派の学生9人にハイジャックされた事件です。 ハイジャックされたのが3月31日、乗客が解放されたのが4月3日ということで、人質は数日にわたって異常な環境の中で生き延びなければなりませんでした。 ある乗客は解放される際に犯人グループに対して 『頑張って下さい』と激励したそうです。 犯人側も緊迫した環境にいたのは同じで、乗客解放の前にはリーダーの田宮高麿が別れを主題にした詩吟を謡い、 乗客の1人が旧制旅順高等学校の愛唱歌である『北帰行』を返歌としたという話があります。 このことから、ストックホルム症候群だけではなくリマ症候群 に近いもの も見られたのではないかと思います。 犯人が人質よりも学識のレベルが確実に低いことはなかったと思いますが、犯人の人数が人質よりも少なかった、人質がストックホルム症候群に陥っているといった条件は満たしています。 治療は環境を変える・PTSD治療 命の危険を感じて現れる心理状態の1つともいえるストックホルム症候群。 精神医学上分類される病気ではないので、そのものに対する治療の枠組みが決まっているわけではありません。 ただ、もともと特殊な環境で起こり得る心理状態ということで、 解放されその環境を離れることこそが治療・対処の要と言えます。 そこにプラスして、 PTSDの治療が必要となるケースも多いようです。 特に数か月、数年単位での暴行を伴う監禁では、その後長い期間フラッシュバックを始めとした症状に悩まされる危険性があるからです。 欧米のサイトだとストックホルム症候群の当事者によるインタビューなども掲載されていて、なかなか読みごたえがありました! いざその状況になったら私もストックホルム症候群になるんだろうなぁ…。 関連記事.

次の

ストックホルム症候群〜人質が犯人に好意を抱くワケ

ストックホルム 症候群 と は

「」は心理学の専門用語ですが、これをテーマにした映画などがたくさんあるので一般的にもよく知られた言葉ですね。 このブログで、による洗脳について書いたことが何回かありましたが、もしかしてとを辞められない状態は似ているのじゃないかと、ふと思いついてを調べてみました。 では社長や上司に自分の考えや希望を言うことができません。 また、という面から見ても、会社に監禁されていると言ってよいと思います。 さらに、関連項目の「」を見てみます。 一般的に「」と言うと、病的な人間関係などを指すことが多い。 者は・が低いため、相手から依存されることに無意識のうちに自己の存在価値を見出し、関係を形成し続けることが多いと言われる。 例えば、暴力を振るう夫とそれに耐える妻の関係、支配的なと愛情を受けたいの関係、相手からされることが目的となっている関係などがある。 この観点から自立できない子供の、恋愛における的な、にまでの概念が検討され、使用されるようになっている。 また、から離れられない状態は、恋人に依存している状態と似ているのでは…ということも書きましたが、まさしくこの「」の項目に書かれていることが言いたかったのだ!と思いました。 というのは一種の監禁状態です。 そのものの状態を経験したことのある人はほとんどいないと思います。 しかし、普段の生活においてもの洗脳の手口と似たような状況があるようです。 先日、会社員の友人に聞いた話ですが、同僚のミスで取引先に迷惑がかかったことがあったそうです。 その取引先から怒りの電話がかかってきて、さんざん怒鳴られた挙げ句、最後は、 「君だけが悪いんじゃないんだ、これからもよろしく」 と言って、電話を切られました。 怒鳴られた同僚は、 「事情を分かってくれるから本当は良い人だ」 と言ったそうです。 こういう状況なら経験したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか? ブラック社長も、従業員をさんざん怒鳴ってから、少し褒めるという方法を用いて感覚を麻痺させます。 この手口には引っかかりやすいので要注意です。 のの対処策の項には、こういったことも書かれていました。 被者は、援助が少ないことに見捨てられた気持ちを抱く可能性もあるが、「自分の人生は自分で切り開いていくしかない」と気づかせることが、結果として被者の回復に繋がる。 被者は、支援を受けることに感謝し、関係者を操作することなく、自分自身の置かれている境遇を受け入れることが、回復の第一歩である。 洗脳によって、自分にはこの会社しか無いと思い込まされているかもしれないからです。 私も、人生設計を会社に頼らなくても生きていけるようになればいいなと思います。 sponsored link 【零細に関するその他の記事】 まずは自尊心を破壊すべし!ブラック企業の作り方まとめ - むけいかくなひと、しごとをさがす ブラック企業の洗脳を自覚した「口癖」事件…の巻。 - むけいかくなひと、しごとをさがす 零細ブラック企業の社長による、洗脳の恐怖ー激怒編 - むけいかくなひと、しごとをさがす sponsored link and-number-9318-42.

次の