絶滅 動物 研究 所。 絶滅動物研究所@名古屋市科学館2019

名古屋市科学館

絶滅 動物 研究 所

研究概要 国内外の研究機関、動物園等と連携して絶滅危惧種の遺伝資源(培養細胞、組織標本、DNA等)を長期凍結保存する体制を構築する。 また、凍結保存した遺伝資源を活用して遺伝学的研究(遺伝的多様性評価、全ゲノム解析等)を行い、適切な絶滅危惧種の保全計画立案等に役立てる。 それに加え、凍結保存中の絶滅危惧種由来培養細胞を研究資源化(細胞株及びiPS細胞樹立等)を図る。 研究の性格• 主たるもの:モニタリング・研究基盤整備• 従たるもの:技術開発・評価 全体計画 絶滅危惧種の遺伝資源を収集し長期に凍結保存する体制を構築するとともに、収集した遺伝資源を活用し絶滅危惧種の保全に寄与する研究を行う。 また、関連分野の所外研究者と連携できる体制を新たに作り、研究活動の効率化を図る(新組織名:野生動物ゲノム連携研究グループ)。 野生動物ゲノム連携研究グループは下記の研究を行う。 (1)遺伝資源保存バンク機能の強化 絶滅危惧種(環境省レッドリスト掲載種、IUCN Red List of Threatened Species掲載種等)の死亡個体や飼育個体から遺伝資源(培養細胞、組織標本、DNA等)を両機関で収集・凍結保存する。 また、予測不可能な事態による遺伝資源の損害を最小限にするため、バックアップ体制として収集した遺伝資源を相互に移送し凍結保存する。 (2)保全遺伝学研究の推進 凍結保存中の遺伝資源を活用して、絶滅危惧種のゲノム解析を行う。 その解析結果をもとに新規の各種遺伝的マーカー(マイクロサテライトマーカー、SNPマーカー等)を開発し、絶滅危惧種の遺伝的多様性、系統解析等の研究に活用する。 (3)遺伝資源の有効利用法開発 絶滅危惧種由来の培養細胞から株化細胞およびiPS細胞を樹立するための手法開発を行う。 また、始原生殖細胞を活用した絶滅危惧種の個体増殖手法に関して鳥類をモデルに研究を行う。 今年度の研究概要 (1)遺伝資源保存バンク機能の強化 絶滅危惧種(環境省レッドリスト掲載種、IUCN Red List of Threatened Species掲載種等)の死亡個体や飼育個体から遺伝資源(培養細胞、組織標本、DNA等)を両機関で収集・凍結保存する。 また、予測不可能な事態による遺伝資源の損害を最小限にするため、バックアップ体制として収集した遺伝資源を相互に移送し凍結保存する。 (2)保全遺伝学研究の推進 凍結保存中の遺伝資源を活用して、絶滅危惧種のゲノム解析を行う。 その解析結果をもとに新規の各種遺伝的マーカー(マイクロサテライトマーカー、SNPマーカー等)を開発し、絶滅危惧種の遺伝的多様性、系統解析等の研究に活用する。 (3)遺伝資源の有効利用法開発 絶滅危惧種由来の培養細胞から株化細胞およびiPS細胞を樹立するための手法開発を行う。 また、始原生殖細胞を活用した絶滅危惧種の個体増殖手法に関して鳥類をモデルに研究を行う。 外部との連携 共同研究機関:京都大学野生動物研究センター、岩手大学大学院連合農学研究科、筑波大学生命環境科学研究科、酪農学園大学獣医学群獣医学類.

次の

「絶滅動物研究所」を見に名古屋市科学館に行ってきました!

絶滅 動物 研究 所

2019年7月6日 土 ~9月8日 日 の期間、名古屋市科学館で生命館開館30周年特別展「守ろう!地球のたからもの 絶滅動物研究所」を開催します。 夏休み期間中での開催ということもあり、お子さんの勉強も兼ねてぜひお出掛け先候補の一つに加えてみてはいかがでしょうか? 今回は、現時点で明らかになっている情報やイベントの概要についてご紹介します。 生物と人間の関わり方を考える特別展 特別展「守ろう!地球のたからもの 絶滅動物研究所」では、人間によって絶滅させられてしまった動物たちについて知ることができます。 いま絶滅の危機に瀕している動物たちをどのように守っているのかについても動物園の活動を例にして解説しているので、これを機会に今後の生物と人間の関わり方について考えてみてはいかがでしょうか? 展示構成は主に4つ 【1】絶滅した動物たち 人間が原因で絶滅した動物たちを剥製などで紹介します。 絶滅に至った原因と、それによって引き起こされた生態系の擾乱なども総合的に解説します。 【2】地域と絶滅 日本国内の地域的な絶滅の状況や絶滅危惧種を紹介します。 生物多様性保全についてもあわせて解説します。 【3】映像ROOM 実際に絶滅に瀕している動物を貴重な映像で紹介します。 【4】種の保全の取り組み 東山動物園の取り組みを取り上げて、普段は見ることのできない種の保全の場としての動物園の活動を紹介します。 中京テレビ 開局50周年企画との連動 今回の企画展「絶滅動物研究所」は、中京テレビの開局50周年記念企画のひとつ「『守ろう! 地球のたからもの』~絶滅動物研究所~」と連動しているようです。 中京テレビが迎える50周年という節目に「絶滅危惧種」「絶滅した動物」を通して、これから50年先の地球の生態環境・動物たち・人間のことなどを真剣に考えようという企画はとても素晴らしいですよね。 日本の愛知県岡崎市に拠点を置く6人組YouTuber「東海オンエア」をキャンペーンキャラクターとして特別番組やイベントが展開される予定なので、今後の情報にぜひご注目ください。 特別番組 2019年7月に「動物たちの箱舟ミュージアム ~絶滅と再生の行方~ 仮 」が放送予定です。 生息地の破壊や地球温暖化などによって世界各地で絶滅の危機に瀕している動物たちの姿や絶滅してしまった動物たちについて知ることができるので、企画展に行く前に観ておくと絶滅動物についてより深く理解することができそうですね。 特別展「絶滅動物研究所」をはじめ、名古屋市科学館展示室を観覧することができますが、プラネタリウムを除くのでご注意ください。 ピンバッジ付きの特典付きチケットも販売! セブンイレブンにて、ドードーピンバッジと入場券が一緒になった「ドードーピンバッジセット券」が1,400円で限定販売されます。 イベント期間中、会場入口で特典付きチケット1枚につきドードーピンバッジ1個と引換えすることができるので、ぜひいかがでしょうか? まとめ 人間と自然について考えるきっかけにもなる絶滅動物という題材は、お子さんの夏休みの自由研究のテーマとしても最適です。 特別展「絶滅動物研究所」だけでなく、さまざまな情報を取り入れながら自分なりの人間と自然の共存について考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか?.

次の

【人間のしわざ】もう会えない!絶滅した動物たち一覧と絶滅原因│ネット動物園 〜生き物全般からペットまで〜

絶滅 動物 研究 所

人間が発見してわずか27年。 一瞬にして絶滅しました。 本当に絶滅して欲しくなかった。 その性格といい、大きさといい、なんとも言えない可愛らしさといい、「なんで絶滅させたんだ!」と感情的になるくらい惜しいです。 ステラーカイギュウは完全に絶滅したということですが、ベーリング海でまだ生存や目撃情報もあるのでそれに賭けるしかない! 生きているうちに姿を見たかった!博物館では見ることはできる?! 最速絶滅動物「ステラーカイギュウ」特集!目撃、生存の可能性は? — 動物とマリンバも netdoubutsuen 博物館や展覧会などで、実物大骨格模型なら見ることができるかも? 第2位「タスマニアタイガー」 出典:PIXTA オーストラリアに生息していた希少な種。 ディンゴの出現で、タスマニア島のみに生息するようになりました。 目撃情報は?生存の可能性はある? タスマニアタイガー(フクロオオカミ)の生態!絶滅の原因は? — 動物とマリンバも netdoubutsuen 当時は野生保存をする考えを持っていないため、絶滅。 タスマニアタイガーはオオカミでありながら、カンガルーみたいに袋がある有袋類で珍しすぎました! 第3位「ジャイアント・モア」 ジャイアントモア ジャイアント・馬場ではない、ジャイアントモアです。 ニュージーランドにいました。 石を飲み込む習性が命取り?! デカすぎ!巨鳥「ジャイアントモア」絶滅原因と生存可能性を探った — 動物とマリンバも netdoubutsuen ダチョウよりもさらに一回り大きいのだからそのデカさが分かる。 1度生で見たかったなぁ〜。 ここからは個別解説です。 最後にはかわいそうな理由で絶滅したランキングトップ3を用意しました。 同じことを繰り返さない優しさを身につけて欲しいと思っております。 ハルパゴルニスワシ 翼を広げると3メートルを超えるでっかいワシ。 英語ではハーストイーグルです。 なんとあのでかいジャイアントモアを捕食していたとの伝説もあるが真実はいかに? テラーバードとも呼ばれていた! ジャイアントモアの天敵?怪鳥「ハルパゴルニスワシ」とは? — 動物とマリンバも netdoubutsuen ハルパゴルニスワシとテラーバードの伝説との関係は? エピオルニス 出典:shutterstock ジャイアント・モア以上のデカさのエピオルニス。 重さはキリン並みで鳥類最大とされていた。 世界1重かった!? エピオルニスは絶滅した巨鳥。 キリン並みの体重!上野動物園で目撃情報? — 動物とマリンバも netdoubutsuen 上野動物公園で目撃情報があるがいかに? ディアトリマ 出典:shutterstock わりと昔に絶滅した恐鳥類。 巨大さからディアトリマ・ギガンテアともいいます。 キック力は6トン以上?! 昔の最強鳥類ディアトリマ(ガストルニス)!その生態とは? — 動物とマリンバも netdoubutsuen ディアトリマはかつて最強とされ、生態系のトップに君臨していた恐竜の生き残りだった! クアッガ ロンドン動物園で飼育されていたクアッガです。 現在はすでに絶滅した、「前はしま模様、後ろは普通の馬」という珍しい動物です。 復活できる? 絶滅動物クアッガ!前はシマウマ、後ろはウマ。 復活は? — 動物とマリンバも netdoubutsuen なにやらクアッガを復活させるためのプロジェクトが始まっているらしい。 研究の進捗状況はどうなった? ここまで、人間の仕業と言える理由ばかりでした。 まだまだ紹介していきます。 かわいそうな理由で絶滅したランキングトップ3 オオウミガラスやリョコウバトなども人気です。 第1位「オオウミガラス」 目に見えない金にくらんだ人間によって滅ぼされた。 北極方面に生息していた! 元祖ペンギン「オオウミガラス」その絶滅の原因と生存可能性は? — 動物とマリンバも netdoubutsuen オオウミガラスはかわいいペンギンの祖先です。 第2位「リョコウバト」 なんと世界で最も生息数の多い鳥と言われていたにもかかわらず、リョコウバトは100年足らずで1匹もいなくなったのだ! 電報の発明のせい?! 50億から0羽に!?「リョコウバト」の絶滅原因と復活の兆しの真相は? — 動物とマリンバも netdoubutsuen アメリカ大陸に生息していたが原因は何? 第3位「ドードー」 NEW YORK, USA — JULY 31, 2016: Dodo bird from American Museum of Natural History in New York. Museum is established at 1869 and today is one of the largest museums in the world. 出典:123rf いわずとしれたモーリシャスの有名なドードーです。 化石を発見? マダガスカル島の近くに生息していた! 「ドードー鳥」絶滅した幻の鳥の真実!その理由と生存可能性は? — 動物とマリンバも netdoubutsuen いろいろなゲームのキャラクターにもなっています。

次の