常葉大学ポータル。 新入生の皆さんへ 新年度の学事日程の変更について

常葉大学公開講座「地域資源とSDGs」

常葉大学ポータル

新型コロナウイルス感染抑止のための基本方針• 学生・教職員の健康と命を守ることはもとより、学内外への感染被害抑止を最優先する。 そのため、行事の開催などにあたっては、厚生労働省が示す感染を拡大する次の3つの可能性「3つの密-感染拡大3条件-」が重なることのないよう十分留意する。 (1)換気の悪い密閉空間 (2)多数が集まる密集場所 (3)間近で会話や発声をする密接場面 首相官邸ホームページ()(別ウィンドウで開きます) 厚生労働省ホームページ()(別ウィンドウで開きます)• 常葉大学は、新型コロナウイルス感染症抑止のため上記基本方針に則り、学内外の皆様の健康と命を守るとともに、人権を尊重し、感染者及びその関係者への不利益及び差別的な扱いを禁止する。 【2020. 10】学生の皆さんへ(学生支援センター長からのメッセージ)• 【2020. 25】6月29 日以降の学内立ち入り及び施設利用について (「6月8日以降の学内立ち入り及び施設利用について」の一部改定)• 【2020. 24】新型コロナウイルス感染症防止のための常葉大学・短大部における行動指針を制定しました• 【2020. 23】6月29日からの授業実施について• 【2020. 03】6月8日からの対面授業の再開にあたって• 【2020. 03】6月8日以降の学内立ち入り及び施設利用について (適用期間:令和2年6月8日〜6月30日)• 【2020. 26】「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』の申請手続きについて• 【2020. 20】緊急事態宣言解除を受けての本学の対応について• 【2020. 20】前期授業開始日の再延期とポータルサイト等を活用した授業の実施について〔一部改定〕• 【2020. 20】【重要】6月7日までの大学立ち入りと施設利用について• 【2020. 11】新型コロナウイルス感染症対策に伴う遠隔授業開始にあたって -学生一人あたり5万円の特別修学支援金を給付し、教育の質を保証します-• 【2020. 08】【全科共通】【重要】5月11日授業開始にあたって配信事項再確認のお願い• 【2020. 24】【全科共通】学部長・研究科長からのメッセージ• 【2020. 20】【全科共通】緊急事態宣言拡大を受けての本学の対応について• 【2020. 13】【全科共通】前期授業開始日の再延期とポータルサイト等を活用した授業の実施について 【全科共通】【重要】5月末までの大学立ち入りと施設利用について• 【2020. 10】【全科共通】【学長メッセージ 2】前期授業開始日の再延期とオンライン授業の実施について• 【2020. 01】【静岡草薙・瀬名キャンパス】登校時の注意点について(新型コロナウイルス感染防止のための対策について)• 【2020. 27】【静岡草薙・瀬名キャンパス】オリエンテーション・ガイダンス等の変更について【3月27日更新】 【静岡草薙・瀬名キャンパス】オリエンテーション・ガイダンス等の変更について 【静岡草薙・瀬名キャンパス】健康診断について 【静岡草薙・瀬名キャンパス】日本学生支援機構の奨学金について 【静岡草薙・瀬名キャンパス】印刷用(奨学金 給付型・貸与型申請者)進学届入力下書き用紙 【静岡草薙・瀬名キャンパス】印刷用(奨学金 給付型申請者)授業料等減免の対象者の認定に関する申請書等• 【2020. 23】【全科共通】新型コロナウイルス感染症への対応(新年度の授業及び各種行事)について(3月23日更新)• 【2020. 17】【全科共通】令和2年度入学式の中止について(お知らせ).

次の

「常葉大学」に関するQ&A

常葉大学ポータル

概要 [ ] 高等学校は、と英数科、がある。 普通科は総合進学コースと総合芸術コースに分かれている。 総合芸術コースではさらに、美術専攻と吹奏楽専攻がある。 英数科と普通科の間では、実力試験を基に転科が認められている。 コース間の転コースも実力試験を基に認められる。 現在の男女の比率は6:4で現在でも男子生徒の数が多い。 近年は中高一貫教育の成果が現れ始め、野球部は2年連続で甲子園への切符を手にした。 沿革 [ ]• - 橘高等学校を男子校として開校。 (当時の住所表記:静岡市瀬名1268番地)• - 橘中学校開校。 - 橘高等学校音楽科を開設。 - 橘高等学校を「常葉学園橘高等学校」に、橘中学校を「常葉学園橘中学校」に改称。 - 橘高等学校英数科発足。 - 橘高等学校英数科が男女共学となる。 - 橘高等学校の全学科が男女共学となる。 - 常葉学園橘中学校校舎移転。 - 常葉学園橘高等学校商業科を廃止。 - 橘中と橘高校を統合して「常葉学園橘中・高等学校」とした。 - 常葉橘中学校サッカー部優勝。 - 常葉橘中学校女子サッカー部、出場。 - 常葉橘中学校野球部、出場。 - 常葉橘高等学校女子サッカー部、初出場(当時、部員は10人だった)。 常葉橘中学校野球部、出場。 - 常葉橘高等学校野球部、に出場。 - 常葉橘中学校野球部、出場。 2010年 - 常葉橘高等学校野球部、に出場。 2010年 - 常葉橘中学校野球部、で優勝、同校サッカー部、優勝。 - 常葉橘高等学校野球部、に出場。 第91回出場• - 校名を常葉大学附属橘中学校・高等学校 に変更 部活動 [ ] 運動部 [ ]• 陸上部• 野球部• 剣道部• 柔道部• サッカー部(男・女)• ラグビー部• テニス部(男・女)• 卓球部• バレーボール部(男・女)• 水泳部• バスケットボール部(男・女)• 空手部• 弓道部• 少林寺拳法部• 応援部 運動部のエピソード• 男子サッカー部も野球部も共に県大会決勝でを下して初めての全国への扉を開いている。 高校サッカー部 2005年県大会決勝 常葉橘1-0浜名• 高校野球部 2009年県大会決勝 常葉橘10-0浜名• 高校野球部は兄弟校の同様、旭川勢から全国大会初白星を挙げている。 常葉菊川 2006年明治神宮大会高校の部 常葉菊川6-2• 常葉橘 2009年全国高校野球選手権大会 常葉橘2-0• 2010年は地区大会決勝で常葉菊川との兄弟校対決が実現し、5-3で常葉菊川を下した。 2010年、中学校の野球部とサッカー部が相次いで全国大会優勝を果たす。 2012年、男女サッカー部が全国選手権にアベック出場 運動部の実績 [ ] 高校男子サッカー部 [ ]• 常葉橘0-2(兵庫)• 常葉橘0-0 PK4-5 (長崎) 中学校野球部 [ ] 第28回• 常葉橘0-1(佐賀) 第24回• 常葉橘7-1ヤングホークス(東京)• 常葉橘4-0(兵庫)• 常葉橘3-0(福岡) 高校野球部 [ ]• 常葉橘2-0(北北海道)• 常葉橘7-6(高知)• 常葉橘6-8(大分)(延長12回)• 常葉橘4-11(滋賀)• 常葉橘2-4(福井) 高校陸上部 [ ]• 全国高校駅伝に3度の出場実績がある 第53回駅伝競走大会• 35位 著名な出身者 [ ]• - 元プロサッカー選手• - プロサッカー選手• - サッカー選手• - サッカー選手• - プロサッカー選手• - プロサッカー選手• - サッカー選手• - 元プロ野球選手• - プロ野球選手• - プロ野球選手• - 元• - ・で音楽科卒• 望月貴史 -元日本道路交通情報センター交通情報キャスター(東京)元エフエム鹿児島契約アナウンサー,元エフエム青森アナウンサー、元FMしみずDJ• 白井功介 - TOKAIケーブルネットワークアナウンサー• - フリーアナウンサー、元・• - 俳優• - 政治家(静岡県議会議員) アクセス [ ]• 「東部団地」停留所から、徒歩3分• しずてつジャストライン・ 「常葉短大入口」停留所から、徒歩5分• しずてつジャストライン 「東高前」停留所から、徒歩10分 系列校 [ ]• 脚注 [ ] [].

次の

新入生の皆さんへ 新年度の学事日程の変更について

常葉大学ポータル

概観 [ ] 大学全体 [ ] により、1980年(昭和55年)に常葉学園大学として開学した。 2013年4月、、を統合し名称を常葉大学へ改称した。 10学部19学科を擁する静岡県内最大の私立大学である。 常葉大学の常葉は、にあるの御製「橘は実さへ 花さへ その葉さへ 枝に霜ふれど いや常葉の樹」に因んでいる。 建学の精神 [ ] 「より高きを目指して~Learning for Life~」 常に青々とした葉を繁らせ、純白な花を咲かせて黄金の実を結ぶ橘こそ、常葉の象徴。 美しい心を持ち、より高い目標に向かってチャレンジし、学び続ける姿勢こそ、常葉の精神。 沿革 [ ] 略歴 [ ] 常葉大学は、で教授であったがに北回廊を仮校舎として創立した静岡女子高等学院を源流とする。 に常葉学園大学を存続大学とし、・の3大学の統合により、常葉大学と改称した。 年表 [ ]• 4月 - 木宮泰彦が北回廊を仮校舎として静岡女子高等学院を創立• 2月 - 財団法人常葉学園の設置を認可• 12月 - 財団法人常葉学園の学校法人への組織変更を認可• 1月8日 - 常葉学園大学が開学。 初等教育課程を開設• 4月 - 英米語学科、スペイン語学科を開設• 4月 - 常葉学園浜松大学が開学、経営情報学科を開設• 4月 - が開学、、を開設• 4月 - 常葉学園浜松大学に国際経済学科を開設• 4月 - 常葉学園大学大学院が開学、国際言語文化研究科英米言語文化専攻、国際教育専攻を開設。 常葉学園浜松大学大学院が開学、経営学専攻開設• 4月 - 常葉学園大学教育学部に生涯学習学科(昼夜開講制)を開設。 常葉学園浜松大学をへ改称• 4月 - 常葉学園富士短期大学を改組しを開学 、流通経済学部流通経済学科、環境防災学部環境防災学科を開設• 4月 - 浜松大学経営情報学部に情報ネットワーク学科を開設• 4月 - 常葉学園大学に造形学科を開設• 4月 - 常葉学園大学教育学部に心理教育学科を、外国語学部にスペイン語学科を改組しグローバルコミュニケーション学科を開設• 4月 - 浜松大学に健康栄養学科、こども健康学科、心身マネジメント学科を、別科に留学生別科を開設• 4月 - 富士常葉大学に保育学部保育学科を開設、流通経済学部流通経済学科の名称を総合経営学科へ変更、別科に留学生別科を開設。 富士常葉大学大学院を開学、環境防災専攻を開設• 4月 - 浜松大学経営情報学部、国際経済学部を改組し、経営情報学科、サービスと経営学科を開設• 4月 - 常葉学園大学大学院に初等教育高度実践研究科初等教育高度実践専攻を開設• 4月 - 浜松大学に保健医療学部理学療法学科、作業療法学科を開設。 浜松大学大学院に健康科学研究科健康栄養科学専攻、臨床心理学専攻を開設• 4月 - 浜松大学健康プロデュース学部に健康鍼灸学科、健康柔道整復学科を開設。 富士常葉大学環境防災学部環境防災学科を改組し社会環境学部社会環境学科を開設• 12月 - 浜松大学、富士常葉大学の学部の統合、新設学部設置を認可• 4月 - 浜松大学、富士常葉大学を常葉学園大学に統合し、名称を常葉大学に変更。 法律学科、看護学科、静岡理学療法学科を開設• 4月 - 法人名を「学校法人常葉学園」から「学校法人常葉大学」に変更• 4月 - 静岡草薙キャンパス開校。 富士キャンパス閉鎖 基礎データ [ ] 所在地 [ ]• 静岡瀬名キャンパス(静岡県静岡市葵区瀬名一丁目22番1号)• 静岡水落キャンパス(静岡県静岡市葵区水落町1番30号)• 静岡草薙キャンパス(静岡県静岡市駿河区弥生町6番1号)• 浜松キャンパス(静岡県浜松市北区都田町1230) 象徴 [ ] の木のつねに青々とした葉を象徴としている。 教育および研究 [ ] 組織 [ ] 学部 [ ]• 初等教育課程• 生涯学習学科• 生涯スポーツ専攻• 心理教育学科• 教育カウセリング専攻• 心理発達専攻• 英米語学科• グローバルコミュニケーション学科• 造形学科• アート表現コース• ビジュアルデザインコース• デジタル表現デザインコース• 環境デザインコース• 法律学科• 看護学科• 静岡理学療法学科• 健康栄養学科• こども健康学科• 心身マネジメント学科• 健康鍼灸学科• 健康柔道整復学科• 理学療法学科• 作業療法学科• 経営学科• 社会環境学部• 社会環境学科• 保育学部• 保育学科 別科 [ ]• 留学生別科 大学院 [ ]• 英米言語文化専攻()• 国際教育専攻(修士課程)• 初等教育高度実践研究科• 初等教育高度実践専攻()• 健康栄養科学専攻(修士課程)• 臨床心理学専攻(修士課程)• 環境防災専攻(修士課程) 短期大学部 [ ]• 日本語日本文学科• 保育科• 音楽科 附属機関 [ ]• 附属図書館• 静岡瀬名図書館• 静岡水落図書館• 静岡草薙図書館• 浜松図書館• 学生支援機関• キャリアサポートセンター• 教職支援センター• 外国語学習支援センター• 学生生活支援センター• 基礎教育センター• とこは鍼灸接骨院• 臨床心理教育実践センター• 総合研究所• 社会災害研究センター• 地域法政策研究・実践センター• 社会貢献・ボランティアセンター「HUVOC」• 常葉リハビリテーション病院 大学関係者と組織 [ ] 大学関係者一覧 [ ]• 施設 [ ] キャンパス [ ] 静岡瀬名キャンパス [ ]• 使用学部:造形学部、短期大学部(音楽科)• 交通アクセス:からバス(休校日運休)で約15分。 ・(休校日運休) 「常葉大学静岡瀬名キャンパス入口」停留所から、徒歩5分 静岡水落キャンパス [ ] 浜松キャンパス• 使用学部:経営学部、健康プロデュース学部、保健医療学部• 使用研究科:健康科学研究科• 交通アクセス:から徒歩約7分、遠鉄バス 「常葉大学正門」停留所から、徒歩2分、浜松市内循環のスクールバス。 旧浜松大学のキャンパス 過去に存在したキャンパス [ ] 富士キャンパス [ ]• 使用学部:経営学部、社会環境学部、保育学部• 使用研究科:環境防災研究科 旧のキャンパスであり、富士市総合運動公園の一角に位置する。 校舎は、1990年(平成2年)に常葉学園短期大学が開学した当初からの1号館、2000年(平成12年)四年制大学に改組された時に新設された2号館、2005年(平成17年)保育学部設置に向けて建設された3号館からなる。 2018年3月、静岡草薙キャンパスに学部、研究科を移転し閉校。 対外関係 [ ] 他大学との協定 [ ]• 附属学校 [ ]• 常葉大学附属とこは幼稚園• 常葉大学附属たちばな幼稚園 脚注 [ ] [] 注釈• 留学生別科• 留学生別科日本語研修課程• 留学生別科]]• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 国際別科• 別科武道専修課程• 留学生別科• 留学生別科• 日本語・日本文化教育センター 別科• 留学生別科• 留学生別科日本語課程• 国際別科• 日本語予備教育課程• 留学生別科• 別科日本語研修課程• 留学生日本語別科• 留学生別科• 別科日本語研修課程• 留学生別科• 外国人留学生別科• 留学生別科• 別科日本語課程• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 外国人留学生別科• 別科日本語課程• 留学生別科• 別科日本語研修課程• 留学生別科日本語専修課程• 留学生別科 短期大学.

次の