お こぼれ に あずかる。 「恩恵にあずかる」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「恩恵にあずかる」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

お こぼれ に あずかる

weblio. dareka no tsukah! ta amari wo morau koto gutai rei : bentou ya de urenokoh! ta , suteru hazu no bentou wo muryou de morau 2. tanin no kouun ya seikou wo takumi ni riyou si te jibun no rieki wo hakaru koto gutai rei : dizuniirando no chikaku ni mise wo hirai te , dizuniirando wo mokuteki ni atsumah! te ki ta hito wo jibun no mise ni yobikomu 3. tanin ga e ta rieki no ichibu wo jibun mo wake te morau koto gutai rei : yuujin ga takarakuji de 1 tou ga atari , yuujin ga ooganemochi ni nah! ta node , sono yuujin kara koukyuu ryouri wo ogoh! weblio. だれか の つかっ た あまり を もらう こと ぐたい れい : べんとう や で うれのこっ た 、 すてる はず の べんとう を むりょう で もらう 2. たにん の こううん や せいこう を たくみ に りよう し て じぶん の りえき を はかる こと ぐたい れい : でぃずにーらんど の ちかく に みせ を ひらい て 、 でぃずにーらんど を もくてき に あつまっ て き た ひと を じぶん の みせ に よびこむ 3.

次の

【おこぼれにあずかる】はどういう意味ですか?

お こぼれ に あずかる

さらっと使いたいんだけど、どっちだったかねー? どっちでも大丈夫だったような気もするし…ハテ。 goo辞書によると、「ご(お)相伴」には次のような意味があると記載されています。 連れ立って行くこと。 また、その連れの人。 饗応の座に正客の連れとして同席し、もてなしを受けること。 または、人の相手を務めて一緒に飲み食いすること、もしくはその人。 他とのつり合いや行きがかりで利益を受けること。 また、他の人の行動に付き合うこと。 簡単に言い換えると、他人と一緒に何かをしたり、他人の連れとして何かしてもらうことに対し、 謙遜や感謝の気持ちを込めて言う言葉になります。 もともと「 相伴」という言葉は、 茶道で使われる言葉です。 お茶席においては、一番上位に座るメインゲストのことを「正客(しょうきゃく)」といい、その正客と一緒にもてなしを受ける連れの客のことを「相伴」と言います。 また、正客がお茶をもてなされ、次に2番目の客である相伴がお茶をいただく際には、正客とホストに対して「お相伴させていただきます」と言います。 このように茶道では、正客の相手を務め、同様のおもてなしを受ける事に対して思いやりと感謝を込めた言葉として使われるのです。 ご相伴は、「ご相伴にあずかる」という形で使われることが多く、「あずかる」は平仮名で書かれたり、「与る」と漢字で書かれたりします。 「あずかる」には、「物事にかかわりをもつ。 関係する。 」・「目上の人から好意を受ける。 こうむる。 」という意味があります。 ですので、「ご相伴にあずかる」とは、「 自分はメインゲストではないけれども、そのお供としてご馳走になる。 もてなしを受ける。 」という意味になります。 「ご相伴にあずかる」どんな時に使う? 若い子でも使えると、あらっしっかりしてるわネ、と感じます 家族との会話の中ではなかなか使われないかもしれませんが、 ビジネスシーンや年配の方との会話の際には使われることが多いです。 例えば、会社の上司に飲みに連れて行ってもらった時や、接待の席に同席させてもらった時のような、主賓ではない宴席に招かれた時によく使われます。 「社長のご相伴にあずかって高級料理をいただいた。 」・「昨日は先輩のおかげでご相伴にあずかれました。 」・「ゴルフなら私もぜひご相伴にあずかりたい。 」のように使うことができます。 「ご相伴」と「お相伴」、どちらが正解? 「ご相伴」と「お相伴」という2通りの使われ方があるのですが、どちらが正解なのでしょうか? 「ご」と「お」の違いは、 訓読みする言葉には「 お」を、 音読みする言葉には「 ご」をつけるのが基本的なルールです。 例えば、「お」手紙とはいうけれど「ご」手紙とはいわないし、「ご」飯というけれど「お」飯とはいわないですよね。 しかし例外として、「返事」や「利息」、「会計」などのように、 どちらを付けても大丈夫な言葉があります。 「相伴」に関しては、このどちらを付けてもいい言葉とされており、「ご」相伴でも「お」相伴でも良しとされています。

次の

【おこぼれにあずかる】はどういう意味ですか?

お こぼれ に あずかる

「恩恵にあずかる」の意味とは? 「恩恵にあずかる」を分解して意味を紹介します• 「恩恵にあずかる」の言葉の使い方• 「恩恵にあずかる」を例文と解説• 「恩恵にあずかる」の類語や似た意味の言葉 「恩恵にあずかる」の意味とは? 「恩恵にあずかる」という言葉を知っているでしょうか。 ある程度年齢を重ねている人は知っていて、若い人は知らないという感じかもしれません。 「恩恵にあずかる」という言葉は、日常生活でも、ビジネスシーンでも使えるような使い道が多い便利な言葉です。 ぜひ今のうちに 「恩恵をあずかる」の意味を知り、実際に 「恩恵にあずかる」チャンスを増やしてみましょう。 そこで 「恩恵にあずかる」の読み方や意味を紹介して行きます。 「恩恵にあずかる」の言葉の使い方 「恩恵にあずかる」は、 「目上の人や巨大な存在などから、情けを受けて何かをもらう」という意味があります。 そのため、 「目上の人や巨大な存在」から、 「何かを受け取る」という二つの条件がそろった時に、 「恩恵にあずかる」という言葉を使うようにしましょう。 例えば 「制度」は大きな存在だと思います。 受験の制度が変わった事により、苦手科目を受験科目にせずに済んだ。 そして志望する大学に合格できたという場合は、 「制度」から 「合格という成果を受け取った」と考える事ができます。 そのため 「新しい制度の『恩恵にあずかり』、私は志望校に合格できた」という文章を作る事ができます。 このような条件がそろったら、 「恩恵にあずかる」という言葉を使ってみましょう。 「恩恵にあずかる」の例文2 日常生活で 「恩恵にあずかる」を使った例文を紹介します。 「町内会の炊き出しがあった。 私も『恩恵にあずかり』、無料で豚汁を飲む事ができた」、 「突然バケツをひっくり返したような大雨が降り、雨宿りをするしかなくなった。 私は天候のきまぐれの『恩恵にあずかり』、片想いをしている女性と軒下で二人きりになる事ができた」、 「サンタクロースとトナカイの『恩恵にあずかり』、私は今年もプレゼントをもらった』」という感じです。 大きな力の 「恩恵にあずかり」、素敵な出来事が起こると、とてもハッピーな気持ちになります。 サンタクロースの活動によるプレゼントは、まさに 「恩恵にあずかる」の具体例かもしれません。

次の