入れる 類語。 「水を差す」の意味と使い方、類語、例文、「横槍を入れる」との違い

「入れる」の類義語や言い換え

入れる 類語

喝を入れる正しい漢字と意味は? そもそも「喝を入れる」と「活を入れる」は違う言葉なのでしょうか?さっそくその疑問に迫ってみましょう。 「喝」と「活」の違いにヒミツが 「かつを入れる」を変換する時に「喝を入れる」か「活を入れる」で迷ったことはありませんか?口語ではよく使う言葉ですが、文章にして漢字に置き換えるとどちらも正解のような気もするでしょう。 しかし「喝を入れる」と「活を入れる」で原則的に正しいほうは「活を入れる」です。 それは「喝」と「活」という2つの言葉の意味の違いを知ることで明らかになります。 「喝」は「大声で叫ぶさま」 「喝」は僧侶が修行者を叱責するときに放たれる言葉で、警策(きょうさく)という竹の棒で肩を「バシッ」と叩くことで修行僧の仏性になげかけることを指します。 それは「以心伝心」の世界であり「禅」に通じる教えであるといわれています。 この世には言葉では表すことができない「絶対の真理」があり、それを「喝」という叫びで表現しているのです。 「活」は「気合」「生きる鼓動」 「活」は「喝」と違い「気合」「やる気」「モチベーション」「生きる力」などの意味があり、「命の鼓動がある」「元気に働く」そして「生き生きとすること」を表しています。 また、格闘技やボクシングの試合で気絶した人を生き返らせたり、転んで元気をなくした人を励まし勇気づけることも意味しています。 これを「活を入れる」と言います。 元気がない時に「活を入れる」のは相手にやる気やモチベーションを与えて元気になってほしいという気持ちがあるからであり、決して大声で怒鳴ることではありません。 勘違いせず理解する方法は? 「喝」は寺での修行で肩を叩く際に、和尚が「喝」と声を高く響かせるイメージがあるため、 「喝という気合を他人の入れ込む」というニュアンスで「喝を入れる」と誤用してしまいがちです。 「喝を入れる」は正しい漢字ではなく「活を入れる」が正しいと解説をしましたが、勘違いせず理解するには「喝」と「活」のもともとの意味の違いを把握しておくことが大切です。 「喝」は「一喝」という言葉がある通り「大声」「叱る」を意味し、「活」は「気合」を表していると覚えておきましょう。 「活を入れる」での類語 正しい漢字である「活を入れる」での類義語は「ムチを入れる」「やる気を出させる」「モチベーションを上げる」「動機付けをする」などがあります。 やる気を高めエネルギッシュに行動させることを表しています。 状況や相手によって上手に使い分けをしましょう。 「喝」を使った例文 「喝を入れる」は「活を入れる」の誤用となりますが「喝」を使った言葉はいくつかあります。 例文をみてみましょう。 「喝を飛ばす」 「喝を飛ばす」は励ましの言葉を相手に送るときに使う言葉です。 似た言葉に「檄(げき)を飛ばす」がありますが、「檄(げき)」は古代中国で信義や主張を書き記したもので、「檄を飛ばす」で人々に向かって考えを告げて堂々と立ち上がるさまを表現しています。 第一志望に落ちた弟に喝を飛ばした。 「自分に喝を入れる」 「自分に喝を入れる」は気弱になって元気のない自分に「がんばれ!」と生きる力を送ることです。 仕事で失敗しモチベーションがダウンしているときや、プライベートで悲しい出来事があったときは「自分に喝を入れて」自分の心を奮起させましょう。 就職活動に難航している自分に喝を入れた 「かつを入れる」の英語表現と英文例 最後に「喝を入れる」の英語表現についてみてみましょう。 職場でモチベーションを上げるために気合の一言を英語で表現してしましょう。 「かつを入れる」は「fire up」 「かつを入れる」は英語でいくつかの表現に分かれます。 たとえば「気合を入れる」は「fire up」「奮起する」は「get hyped up」、また多少やわらかい表現で「励ます言葉をかける」の「give a pep talk」や「活気を出す」の「breathe life into」と表現します。 「かつを入れる」の英文例• Fire up! We are going to smash it! 気合を出していこう!やっつけよう!• I gave one of my staff member a pep talk because he was so upset with his error. ミスで落ち込んでいた部下に喝を入れた 「喝を入れる言葉」と名言 くじけそうになった時、逃げ出したくなった時、あなたはどうしますか?ここでは「かつを入れる言葉」と「心に響く名言」を紹介します。 試練は人を選ぶもの 何度やっても失敗ばかりしてしまうとき「なぜ私ばかり試練は訪れるのだろう」と泣きたくなることがあります。 試練ばかりにぶち当たっているとき、その重さにつぶされないようにこう奮い立たせてみてください。 「 「試練は決して乗り越えられない人にはやってこない」 弱い自分には試練すら近寄ってこないということでしょう。 「自分は誰よりも強い」「選ばれた特別な人」だと信じるのです。 決して退くべからず 幕末から明治にかけて活躍をした教育者「福沢諭吉」の名言です。 どのような試練が待ち構えていても「やり続けることが大切」という教えを説いた言葉です。 「進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む」 現状維持をしているだけでは衰退するのみであり、チャレンジし続けさえすれば状況は良く なるという意味です。 まとめ 「かつを入れる」の正しい漢字は「活を入れる」となり「喝を入れる」は誤用となりますので気を付けるようにしましょう。 「喝」は座禅で和尚が大声で叫ぶ言葉であり、「活」は「気合」や「生き生きとする」という意味があります。 両者とも間違えやすい言葉ですが、意味から使い方を導いて正しく使うようにこころがけましょう。

次の

茶々を入れるの意味や語源(由来)とは?英語や類語も調査!淀殿の言葉なの?

入れる 類語

スポンサーリンク 「ご贔屓」の読み方と意味は? まず最初に 「ご贔屓」の読み方や意味について見ていきましょう。 「ご贔屓」は 「ごひいき」と読みます。 「贔屓」の元来の読み方は「ひき」だったと考えられますが、その後長音化したようです。 「贔屓」の「贔」という漢字は、「貝」が三つ重なっています。 貝は古代中国から財貨、家財を意味していました。 財貨を三つ合わせることで、重い荷を背負うことを示しています。 転じて、「力を込める」という意味合いを表す字となりました。 また「屓」はもともとは「鼻息を荒くする」ことを表す字です。 息を荒くして力んだり、力を込めるという意味で用いられ、転じて「特定の人を助けるために力を入れる」ことや、「だれかに目をかける」といった意味になりました。 すなわち「贔」も「屓」も「大いに力を入れる」、「強く力を用いる」という似たような意味の漢字の連なりです。 こうした成り立ちが転じて、現代では 「贔屓」とは、 「特定の人や団体、ものを特に引き立てること」という意味合いが一般的になりました。 何か気に入った人やものについて、非常に好意を示してかわいがったり、目をかけて世話をしたり、後援したりすることを指します。 例えば「贔屓の芸人」、「片方ばかり贔屓するな」といった使い方です。 そのような行為をする人自体、いわゆる「後援者」や「パトロン」を指し示す場合もあります。 「贔屓の客」、「贔屓筋」といった用法がこれに当たります。 慣用的な表現も多い言葉です。 例えば 「判官贔屓(ほうがんびいき)」という言葉があります。 これは 「力が弱い、負けそうな人や団体を、同情して応援する」といった意味です。 鎌倉時代に民衆から人気のあった源義経が、謀反の疑いをかけられ兄の頼朝に討たれた故事から、義経の官位名であった「判官」さんを贔屓する、という由来で成り立ちました。 また、 「偏愛」を揶揄するような表現では 「身贔屓(みびいき)」、「えこ贔屓」といった語句もあります。 スポンサーリンク さて「ご贔屓」は、「贔屓」に丁寧な接頭語「ご」を冠した表現です。 やはり特定の相手を引き立てる行為を敬って述べる言い方ですが、一般には自分や自分側の組織について「ご贔屓ください」など、愛顧をお願いしたり、お礼を言ったりする用法が多いといえるでしょう。 主にビジネスや芸能、芸術分野などで、支持してくれるお客さんに対して用いることが多い言葉です。 「ご贔屓」の正しい使い方は? 次に 「ご贔屓」の正しい使い方について見ていきましょう。 「ご贔屓」は、主にはビジネス上でのお得意先の顧客や、大口で長年付き合いのある取引先、あるいは芸能・芸術関係での「タニマチ」、支援者、熱烈なファンなどに対して、日頃の支援へのお礼を述べる際に使うことが多い表現です。 「いつも引き立てていただき感謝します」、「今後も末永くご愛顧いただきたい」といったあいさつなどで使用する事例が一般的だといえるでしょう。 あるいは「これからぜひ、支援をお願いしたい」と依頼する際にも用いることができます。 ただ「ご贔屓」は漢語で字が難しく、やや難読でもあり、通常は挨拶状などの書面での使用が多いといえるでしょう。 また平仮名書きで用いたり、後述するように「お引き立て」や「ご愛顧」といった語句で言い換えることも可能です。 「ご贔屓」の類語と例文を教えて? 最後に 「ご贔屓」の類語と例文を見ていきましょう。 「ご贔屓」の類語には次のようなものがあります。 ご支援• ご寵愛• ご恩顧• ご後援• おなじみ• ご常連 「ご贔屓」の例文としては次のようなものが挙げられます。 今後とも変わらずご贔屓くださいますよう、お願いいたします。 平素は格別のご贔屓にあずかり、心よりお礼申し上げます。 今日の弊社がありますのも、お客様の長年のご贔屓のたまものと、誠に感謝いたしております。 「ご贔屓」の類語と例文をご紹介しました。 もし使う機会がありましたら参考にしてくださいね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「ご贔屓(ごひいき)」の 正しい使い方や読み方、意味、類語、例文について詳しくご紹介しました。 ビジネスシーンで主に活用する言葉なので、使う機会が多い人は正しい意味や使い方を理解しておくといいかもしれませんね。 言葉について理解を深めてから活用すると相手にもしっかりと正しく伝わると思います。 言葉の奥深さというのは本当に毎回、勉強になるなと思いました。

次の

入れる/容れる(いれる)の意味

入れる 類語

スポンサーリンク 「ご贔屓」の読み方と意味は? まず最初に 「ご贔屓」の読み方や意味について見ていきましょう。 「ご贔屓」は 「ごひいき」と読みます。 「贔屓」の元来の読み方は「ひき」だったと考えられますが、その後長音化したようです。 「贔屓」の「贔」という漢字は、「貝」が三つ重なっています。 貝は古代中国から財貨、家財を意味していました。 財貨を三つ合わせることで、重い荷を背負うことを示しています。 転じて、「力を込める」という意味合いを表す字となりました。 また「屓」はもともとは「鼻息を荒くする」ことを表す字です。 息を荒くして力んだり、力を込めるという意味で用いられ、転じて「特定の人を助けるために力を入れる」ことや、「だれかに目をかける」といった意味になりました。 すなわち「贔」も「屓」も「大いに力を入れる」、「強く力を用いる」という似たような意味の漢字の連なりです。 こうした成り立ちが転じて、現代では 「贔屓」とは、 「特定の人や団体、ものを特に引き立てること」という意味合いが一般的になりました。 何か気に入った人やものについて、非常に好意を示してかわいがったり、目をかけて世話をしたり、後援したりすることを指します。 例えば「贔屓の芸人」、「片方ばかり贔屓するな」といった使い方です。 そのような行為をする人自体、いわゆる「後援者」や「パトロン」を指し示す場合もあります。 「贔屓の客」、「贔屓筋」といった用法がこれに当たります。 慣用的な表現も多い言葉です。 例えば 「判官贔屓(ほうがんびいき)」という言葉があります。 これは 「力が弱い、負けそうな人や団体を、同情して応援する」といった意味です。 鎌倉時代に民衆から人気のあった源義経が、謀反の疑いをかけられ兄の頼朝に討たれた故事から、義経の官位名であった「判官」さんを贔屓する、という由来で成り立ちました。 また、 「偏愛」を揶揄するような表現では 「身贔屓(みびいき)」、「えこ贔屓」といった語句もあります。 スポンサーリンク さて「ご贔屓」は、「贔屓」に丁寧な接頭語「ご」を冠した表現です。 やはり特定の相手を引き立てる行為を敬って述べる言い方ですが、一般には自分や自分側の組織について「ご贔屓ください」など、愛顧をお願いしたり、お礼を言ったりする用法が多いといえるでしょう。 主にビジネスや芸能、芸術分野などで、支持してくれるお客さんに対して用いることが多い言葉です。 「ご贔屓」の正しい使い方は? 次に 「ご贔屓」の正しい使い方について見ていきましょう。 「ご贔屓」は、主にはビジネス上でのお得意先の顧客や、大口で長年付き合いのある取引先、あるいは芸能・芸術関係での「タニマチ」、支援者、熱烈なファンなどに対して、日頃の支援へのお礼を述べる際に使うことが多い表現です。 「いつも引き立てていただき感謝します」、「今後も末永くご愛顧いただきたい」といったあいさつなどで使用する事例が一般的だといえるでしょう。 あるいは「これからぜひ、支援をお願いしたい」と依頼する際にも用いることができます。 ただ「ご贔屓」は漢語で字が難しく、やや難読でもあり、通常は挨拶状などの書面での使用が多いといえるでしょう。 また平仮名書きで用いたり、後述するように「お引き立て」や「ご愛顧」といった語句で言い換えることも可能です。 「ご贔屓」の類語と例文を教えて? 最後に 「ご贔屓」の類語と例文を見ていきましょう。 「ご贔屓」の類語には次のようなものがあります。 ご支援• ご寵愛• ご恩顧• ご後援• おなじみ• ご常連 「ご贔屓」の例文としては次のようなものが挙げられます。 今後とも変わらずご贔屓くださいますよう、お願いいたします。 平素は格別のご贔屓にあずかり、心よりお礼申し上げます。 今日の弊社がありますのも、お客様の長年のご贔屓のたまものと、誠に感謝いたしております。 「ご贔屓」の類語と例文をご紹介しました。 もし使う機会がありましたら参考にしてくださいね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「ご贔屓(ごひいき)」の 正しい使い方や読み方、意味、類語、例文について詳しくご紹介しました。 ビジネスシーンで主に活用する言葉なので、使う機会が多い人は正しい意味や使い方を理解しておくといいかもしれませんね。 言葉について理解を深めてから活用すると相手にもしっかりと正しく伝わると思います。 言葉の奥深さというのは本当に毎回、勉強になるなと思いました。

次の