ビューカード 新幹線。 ビューカードは新幹線回数券買ってカード現金化するのに最適|クレジットカード現金化の評判まとめ

こんなにお得!?Suicaの定期券をビューカードにした時の4つのメリット

ビューカード 新幹線

エクスプレス予約のメリット エクスプレス予約は、 東海道・山陽新幹線の会員制予約サービスだ。 「EX予約」と表記されることもある。 エクスプレス予約は、 「JR東海エクスプレス・カード」もしくは JR西日本の「J-WESTカード(エクスプレス)」に入会することで利用できる(年会費1,000円+税)。 エクスプレス予約を利用することで、次のようなメリットがある。 当日予約・変更可!指定席・往復割引も エクスプレス予約では、 乗車日当日まで、ネットで東海道・山陽新幹線の予約を行うことができる。 また、乗車時刻までは 手数料無料で何度でも予約変更もできる。 1件の予約で 6名まで利用でき、発券は専用の発券機で行う。 すぐに発券できることもあり、普通の発券機や窓口に比べて混雑しにくく、急いでいるときや繁忙期に重宝する。 また、会員本人1名だけの利用であれば、 「EX予約専用ICカード」により、 チケットレスで改札を通過できる。 さらに、東海道・山陽新幹線の普通車 指定席・グリーン車の割引の他、 往復割引が適用される。 特急券のみの割引もある。 割引率は一定ではなく、乗車区間によって変わってくる。 往復割引は、 普通車指定席で片道の営業キロが601キロ以上ある区間の往復行程を一括購入する場合に利用できる割引で、エクスプレス予約を片道ずつするよりもさらにお得だ。 東京・品川からは西姫路より西のエリアまで行く場合に利用できる。 また、在来線を含む利用区間で、特急券のみを購入したい場合も、割引が適用される (e特急券)。 お得な早割商品がある! エクスプレス予約では 、3日前まで(一部21日前まで)の早めの予約で、さらにお得に新幹線を予約できる。 早割の種類としては以下の通りだ。 早割はすべて席数限定となっている。 繁忙期など除外日もあるので、予約時に注意しよう。 EX早特 3日前までの予約で、 長距離区間の「のぞみ」普通車指定席とグリーン車に割引が適用される。 土休日はさらに割引率が大きくなる。 東京からの場合、岡山より西のエリアが対象区間となる。 EC早特21 エクスプレス予約で最もお得な割引。 21日(3週間)前までの予約で、 早朝・日中の「のぞみ」普通車指定席が割引となる。 東京からだと、名古屋より西のエリアで利用可能。 条件として、乗車駅を朝6時台、昼11~15時台に出発する直通の「のぞみ」普通車指定席が対象となる。 ECグリーン早特 3日前までの予約で、 早朝の「のぞみ」(乗車駅を朝6時台に出発)と終日の「ひかり」のグリーン車がお得になる。 ECこだまグリーン早特 3日前までの予約で、 「こだま」グリーン車をお得に利用できる。 設定区間が多く、利用しやすい。 東京・品川からだと小田原より西のエリアで利用できる。 EXのぞみファミリー早特 3日前までの予約で、 土休日の「のぞみ」普通車指定席とグリーン車をお得に利用できる。 2名以上で利用可能な、ファミリーなど複数人での移動におすすめの割引。 ECこだまファミリー早特 3日前までの予約で、 「こだま」普通車指定席とグリーン車に関して、エクスプレス予約で最も得に利用できる。 2名以上でご利用でき、こども用の設定もある。 7日前から事前予約可能 通常、新幹線のチケットの発売開始は乗車日1ヵ月前の10時からとなっているが、クスプレス予約では 発売開始日の7日前5:30から発売開始日当日の9:30まで、事前予約でチケットを申し込むことが可能だ。 (1件につき第2希望まで申し込み可能) お盆や年末年始、連休などの申し込みが混み合う繁忙期に、なかなかチケットが取れないという事態を避けることができる。 事前予約分は、発売日の10:00以降順次、発売手続きが行われ、発売開始日の当日中に、申込結果が登録メールアドレス宛に送られる。 購入が保証されているわけではないが、発売時間直後に購入が難しい場合や、混雑をさけたい場合に便利だ。 プログラムでグリーン車をお得に利用 エクスプレス予約で乗車すると、利用区間に応じて、登録不要で自動的にポイントが貯まるようになっている。 このポイントを貯めると、 普通車指定席の料金でグリーン車を利用することができる。 たとえば、 東京・新大阪間では1乗車(片道)で90ポイントが貯まる。 のぞみのグリーン車利用に必要なポイントは 1,000ポイント。 東京・大阪間を6往復するとグリーン車利用1回分のポイントが貯まる。 ポイントの有効期限は1年間なので、夏冬の休みの旅行や帰省だけでは足りないかもしれないが、出張や旅行が多い人にとっては貯められるポイントなのではないだろうか。 JR関連の特典やポイントプログラム エクスプレス予約では、新幹線の予約の他に、 駅ビル・駅構内対象店舗の割引サービスや沿線ホテルの会員向けプラン、JR関連の旅行・ツアーが割引価格で利用できるなどの特典がある。 エクスプレス予約が利用できるカードのうち、「JR東海エクスプレス・カード」は、セディナが発行しているカードで、 ショッピング利用1,000円 税込 につき「ワンダフルプレゼント21」が1ポイント貯まる。 貯まったポイントは、さまざまな商品と交換可能だ。 「J-WESTカード(エクスプレス)」は、 利用金額1,000円 税込 ごとに「J-WESTポイント」が5ポイント貯まる。 貯まったポイントは、 SMART ICOCAへのチャージや、JR西日本ならではの商品や商品券などに交換可能。 また、 「J-WEST プレミア・プログラム」というプログラムでは、エクスプレス予約の利用に応じて「プレミア・スコア」が貯まり、年間のプレミア・スコア合計によって、翌年度、ボーナスポイントやポイントバックなどの特典が受けられる。 西日本エリアに住んでいる人であれば、「J-WESTカード(エクスプレス)」、関東や東海地方であれば「JR東海エクスプレス・カード」の方が使い勝手が良いだろう。 3つの注意点 エクスプレス予約を使うことで、新幹線をかなり便利かつお得に利用することができるが、注意点もある。 ここを見落とすと、損をしたり、乗車時に慌てたりすることになるので、気を付けてほしい。 発券後のキャンセルには要注意 エクスプレス予約では、乗車時刻までであれば手数料無料で何度でも予約が変更できる。 ただし、 切符を発券してしまうと、変更できる条件が限定され、変更がしにくくなるので注意しよう。 また、予約をキャンセルする場合は、 払い戻し手数料がかかってしまう。 通常のEX予約サービスと早特商品は330円、e特急券の場合、指定席が330円、自由席が220円となる。 切符を発券できる駅が限定されている エクスプレス予約は、会員本人1名だけの利用であれば、「EX予約専用ICカード」を使ってチケットレスで改札を通れるので、発券の必要はない。 ただ、2名以上で利用する場合は、切符を発券しなければならない。 エクスプレス予約で予約した切符は、 東海道・山陽新幹線各駅の「EX」表示がある指定席券売機、受取専用機の他、 JR東海・JR西日本の主な駅の窓口で受取が可能だ。 注意したいのが、 JR東日本の切符売り場など、JR東海・JR西日本の切符売り場以外では受取ができない点だ。 つまり、JR東海・JR西日本エリアでは、最寄りの駅で発券できることがほとんどだが、JR東日本エリアでは、通常在来線などを利用する駅では発券ができず、東海道新幹線の駅でないと切符の受取ができない。 その場合、乗車当日に発券することが多くなると思うので、時間に余裕を持つようにしよう。 還元率が高いわけではない 「JR東海エクスプレス・カード」に関しては、還元率が高いわけではなく、ポイントに関してはそこまでメリットがあるわけではない。 「J-WESTカード(エクスプレス)」はポイントに関してもそれなりにお得感があるが、西日本エリアの人向けのカードになっている。 一方で、ここまで見てきた、エクスプレスの予約システムや発券時の利便性、割引は、他にない大きなメリットだ。 特に、仕事で新幹線移動が多い方、国内旅行で新幹線を利用する機会が多い方にとっては、ぜひ利用していただきたいサービスと言える。 また、実は、JR関連のカード以外でも、エクスプレス予約のサービスを利用することもできる。 手持ちカードでエクスプレス予約を利用 2017年9月2日より、 手持ちのカードにサービスをプラスできる「プラスEX」でも、エクスプレス予約のサービスを利用できるようになった。 利用には年会費1,000円(税別)が必要だが、うまく活用すればよりお得な使い方ができる。 ただし、グリーンプログラムは「プラスEX」では利用できない。 プラスEXを利用できるクレジットカードは以下の通り。 一部対象外のカードがあり。 詳しくは、JR東海のエクスプレス予約「」で確認できる。 ・JCB発行およびJCB提携カードのうちカード番号が「354」から始まるカード ・三井住友カードが発行するカード ・三菱UFJニコス発行および三菱UFJニコス提携カードのうち個人向けのカード ・トヨタファイナンスが発行する個人向けのカード ・アメリカン・エキスプレス・インターナショナルが日本国内で発行する個人向けカードおよびビジネス・カード ・イオン銀行が発行する個人向けカード ・セディナが発行する個人向けカードのうちカード券面左下のアルファベットが「OM」および「SMBC JCB CARD」<ゴールドカード・クラシックカード>。 ・三井住友トラストクラブが発行するカード.

次の

Suicaで新幹線に乗る方法|新幹線旅行研究所

ビューカード 新幹線

新幹線でお得なクレジットカードを持つメリットは? クレジットカードで新幹線利用がお得になる理由がいまいち分からない方のために、3つのメリットを紹介します。 切符が割引料金で購入できて節約になる• 乗車数日前の急な予約変更も柔軟に対応できる• 窓口に並ぶ時間とストレスが0になる 切符が割引料金で購入できて節約になる 新幹線は早く購入すればするほど、遠くに行けば行くほど割引率が高くなる「割引きっぷ」があります。 飛行機の先得と似ていますね。 しかし、飛行機に早割と違って、新幹線の割引きっぷはだれでも買えるわけではありません。 割引きっぷを購入するには以下の2つの条件が必要になります。 JRの会員になる• 対象のクレジットカードを所有する 交通費を節約したいと思っているのんら、割引きっぷを利用してお得に新幹線を利用しましょう。 乗車数日前の急な予約変更も柔軟に対応できる クレジットカードできっぷを購入するメリットは料金だけではありません。 出張の時間が変更になったり、仕事が長引き予定していた新幹線に間に合わない…そんな特にスマホからすぐに予約内容を変更できます。 窓口に問い合わせたり、変更手続きをしたり…そういった手間が減り、いそがしいビジネスマンの味方になってくれます。 窓口に並ぶ時間とストレスが0になる クレジットカードで新幹線のきっぷを購入すると、窓口に並ぶ時間とストレスが0になります。 お盆や年末年始などは発券機に長い列ができます。 急いでいるときは中々すすまない列にイライラしてしまうこともあるでしょう。 また忙しい方は並んでいる時間もない!ということもあります。 しかし、クレジットカードで新幹線の切符を購入すれば、わざわざ窓口にならばなくても自宅で簡単に切符を購入できます。 時間の節約になりますよ。 クレジットカードで使える割引きっぷの種類 さっそく新幹線にお得なカードを紹介…する前に割引きっぷの種類について知っておきましょう。 どの割引きっぷを購入するかによって必要なクレジットカードは変わってくるので、この見極めは重要ですよ。 どの区間の新幹線を利用するかチェックして必要なクレジットカードを申し込みましょう。 区間 利用する割引きっぷ 必要なクレジットカード 東京~北海道 モバイルSuica特急券 ビューカードのどれか 東京~福岡間 エキスプレス予約(EX予約) ビューカードのどれか JR東海エクスプレス・カード 福岡~鹿児島 九州ネット早得 JQ CARD 東京~北海道は「モバイルSuica特急券」がお得 東京から北海道への新幹線は「モバイルSuica特急券」を利用しましょう。 モバイルSuica特急券とはJR東日本のサービスです。 モバイルSuica特急券の中でも特にお得なのが「スーパーモバトク」。 東京~北海道間の利用なら新幹線の料金を約7230円もお得にすることができます。 モバイルSuica特急券は以下の方法で購入できます。 おすすめのビューカードについてはまた後で紹介していきますね。 東京~福岡間は「エキスプレス予約(EX予約)」がお得 東京から福岡間の新幹線は「エキスプレス予約(EX予約)」での予約がお得です。 エキスプレス予約(EX予約)はJR東海のサービスです。 「モバイルSuica特急券」はJR東日本が発行していたので、それのJR東海バージョンと考えればわかりやすいでしょうか。 エキスプレス予約(EX予約)は通常料金が1000円安くなるだけでなく、早割の利用で片道2000円~6000円安くすることができます。 エキスプレス予約(EX予約)を利用するためには以下のカードが必要になります。 ビューカードのいずれか• JR東海エクスプレスカード JR東海エクスプレスカードでもエキスプレス予約は利用できますが、ビューカードの方がおすすめです。 ビューカードを持っていれば、東京~北海道間のモバイルSuica特急券も利用することができるので、日本全国に出張or旅行の予定がある方に大変おすすめです。 福岡~鹿児島は「九州ネット早得」がお得 福岡~鹿児島間の新幹線利用は「九州ネット早得」の利用がお得です。 JR九州が提供しているサービスで、新幹線だけでなく、博多~長崎、博多~大分の特急列車のきっぷも割引になります。 九州は新幹線が通っていないところもあるので、特急列車の料金も割引になるのは嬉しいですね。 また、九州以外にも新大阪までなら割引きっぷが用意されています。 九州を中心に西日本での新幹線利用がおおい方におすすめです。 九州ネット早得を利用するには以下のクレジットカードが必要になります。 JQ CARD 新幹線がお得になるおすすめクレジットカード 割引きっぷの紹介をしました。 主にビューカードがあれば、東から西まで割引きっぷが購入できることが分かったのではないでしょうか。 ビューカードがあれば「モバイルSuica特急券」と「エキスプレス予約(EX予約)」が両方利用できるので、新幹線に乗る方なら持っておきたいクレジットカードです。 【定期券も1つにできる】ビュー・スイカカード ビュー・スイカカードはビューカードの中で一番癖がなくスタンダードなカードです。 Suica・定期券・クレジットカードの機能が1つになったカードなので、JR関連のサービスをよく利用する方におすすめです。 通常のクレジットカード還元率は0. 5%ですが、定期券の購入やオートチャージでポイントが3倍貯まります(還元率1. 5%) 年会費は477円かかるのですが、1年間WEB明細にするだけで600円分のポイントを貰えるので特に損をするわけではありません。 モバイルSuicaと併用してビューカードを使えば「モバイルSuica特急券」と「エクスプレス予約」の両方が使えます。 東京~北海道間と東京~福岡間、つまり東から西まで幅広く割引きっぷに対応している1枚です。 【ポイント重視派に】ビックカメラSuicaカード ビックカメラSuicaカードはビックカメラとJR東日本が提携しているカードです。 ビューカードとの違いは以下の通りです。 ビックカメラSuicaカードは通常還元率が1. ビックカメラSuicaカードは定期券機能が付けられない ビックカメラSuicaカードはクレジットカードの利用でビックカメラのポイント0. 5%とJRE ポイントは0. 5%で貯まるので、合計1. 0%の還元率でポイントが貯まります。 さらに、年に1回以上ビックカメラSuicaカードを利用すれば、年会費は0円です。 年会費無料でポイントをたくさん貯めたい方におすすめです。 もちろんビューカードと同様に割引きっぷを貯めることができますが、定期券と一体型にはできない点に注意しましょう。 【ルミネユーザーにおすすめ】ルミネカード ルミネカードはルミネを利用している人からなかりお得なビューカードです。 まず、ルミネでの買い物は常時5%OFFなのがすごいです。 年に4回は10%OFFセールもあるので、これだけで年会費の元は取れてしまいますね。 ビューカードと同様に定期券と一体型にでき、Suicaのオートチャージでポイントが3倍(還元率1. 5%)貯まります。 年間利用額に応じてルミネ商品券がプレゼントされるなど、ルミネをよく利用する方にお得なビューカードになっています。 ビュースイカカード・ビックカメラSuicaカードと同様に東京~北海道間、東京~~福岡間で新幹線の早割きっぷが利用できますよ。 【九州での新幹線利用が多い方】JQ CARDセゾン カード年会費 1250円 年1回の利用で無料 ETC年会費 無料 ETC発行手数料 無料 還元率 0. 5% 電子マネー —• 九州ネット早得が利用できる• SUGOCAのオートチャージでポイントが貯まる• アミュプラザ・博多阪急でお得にポイントが貯まる 九州での新幹線利用や西日本での新幹線利用が多い方におすすめなのがJQ CARDセゾンです。 「九州ネット早得」が利用できるのはもちろん、SUGOCACのオートチャージでもポイントが貯まる・アミュプラザ・博多阪急でお得にポイントが貯まるなどの特典もあります。 九州で駅ビル利用が多い方にはおすすめですよ。 JR九州グループのホテルの宿泊料金が15%から最大40%割引きになるので、出張でホテルに泊まる方は併用してもいいですね。 SUGOCAを普段使っている方にもおすすめです。 【番外編】JR東海エクスプレス・カード 新幹線もお得に利用したいけど、マイルも貯めている!そんな方には、マイルが貯まってしかも早割きっぷの予約ができる「JALカードSuica」がおすすめです。 JALカードSuicaは200円の利用ごとにJALマイルが1マイル貯まります。 新幹線をえきねっとで予約するとねきねっとポイントとJRE POINTを同時に貯められます。 えきねっとポイントはJRE POINTに交換した後、マイルに交換可能です。 年会費3000円のショッピングマイル・プレミアムに加入すれば100円で1マイルが入手できる高還元率カードになります。 マイルを貯めている方はショッピングマイル・プレミアムを利用した方が効率よくマイルが貯まるので、多少の年会費は払うことおすすめします。 ビューカードのメリット ビューカードのメリットは新幹線の早割きっぷが予約できるだけではありません。 ビューカードのメリットをもう少し詳しくみてみましょう。 Suica利用でポイントが貯まる• モバイルSuicaの年会費無料• レンタカー・提携ホテルでお得 Suica利用でポイントが貯まる Suicaは普通に利用しただけではポイントは貯まりません。 しかし、SuicaポイントクラブにSuicaを登録すると「Suicaポイント」を貯めることができます。 ビューカードとは別のものです。 貯まったポイントはSuicaにチャージもできるので、うまく使えばポイントの2重取り、3重取りができるということです。 モバイルSuicaの年会費無料 モバイルSuicaを他社のクレジットカードで登録すると、年会費が税抜き954円かかります。 しかし、ビューカードならモバイルSuicaの年会費が無料です。 携帯電話にSuica機能を搭載できて非常に便利なのですよ。 レンタカー・提携ホテルでお得 ビューカードはJR東日本が発行しているクレジットカードです。 そのため、JR東日本と提携している様々なカードの会員限定サービスが受けられます。 提携ホテル• レンタカー• 引っ越しセンター• レジャー施設• カラオケ ビューカードのデメリット• 基本還元率は0. 5%で低め• 他社の電子マネーのチャージでポイントが付かない ビューカードの基本的な還元率は0. 5%と低めです。 定期券の購入・オートチャージでポイント還元率1. 5%にはなるのですが、通常還元率1. 0%の楽天カードなどに比べると還元率が低めです。 還元率が気になる方は、通常還元率が1. 0%もビックカメラSuicaカードに申し込むといいでしょう。 また、ビューカードはJRの発行しているカードのため、他社の電子マネーのチャージではポイントはつきません。 JR東日本のサービス、Suicaや新幹線を使わない方はサービス内容が不足と感じるかもしれません。 しかし、新幹線を利用するならビューカード一択です! 新幹線をお得にしたいならビューカードを持とう 新幹線でお得なクレジットカードを紹介しました。 飛行機と違って新幹線の早得を受けようと思ったら対応しているクレジットカードの発行が必要です。 全国の新幹線料金がお得になるビューカードがおすすめですよ。 ビュースイカカード…定期券と1つにしたい方 ビックカメラSuicaカード…ポイント還元率を重視する方 ルミネカード…ルミネをよく利用する方 この3つのうちから選べばまず間違いはないですが、自分の用途に合わせてどのビューカードがいいか検討てみてくださいね。

次の

ビックカメラSuicaカードで新幹線をエクスプレス予約するための準備(ビュー・エクスプレス特約を付ける)

ビューカード 新幹線

ビューカードとは ビューカードは、東日本旅客鉄道株式会社の子会社である株式会社ビューカードが発行するクレジットカードです。 元々はJR東日本が発行していたようですが、現在はクレジットカード事業部が独立し、ビューカードという会社になっています。 種類も様々で定期券機能付きやルミネのショッピングで割引が受けられるルミネカードもあります。 入会特典が豪華なゴールドカードも登場しています。 そしてビューカードにももちろん、国際ブランドがついています。 その為クレジットカードの加盟店であれば、普通にショッピング利用ができます。 選べる国際ブランドは、JCB、VISA、マスターカードになっています。 申込条件は特に普通のクレジットカードと変わりはありません。 日本国内に住所があり、満18歳以上であれば申込は可能です。 わざわざ窓口へ出向く必要もなく、インターネットで申し込めます。 ビューカードの審査は厳しい? ビューカードには色々と種類があります。 国際ブランドも3種類から選べ、Suicaの機能を持たせることもできます。 JR東日本の駅を利用する人であればSuica付き、定期付きなど生活スタイルに合わせてサービスを選ぶといいでしょう。 ビューカードもクレジットカードなので、ある程度審査は厳しいです。 日本在住の18歳以上という基本的な条件以外にも、引落口座は本人と同一名義でなくてはいけないというルールがあります。 しかし他のクレジットカードに比較すると、比較的審査は柔軟といえます。 未成年でも高校生以外であれば作れます。 通学で駅を利用するという目的があれば、学生へのカード発行も柔軟に行われています。 ビューカードの申込方法と審査時間は? ビューカードの申込方法は、以下4つです。 ・インターネット ・インターネット(書類郵送) ・郵送 ・来店 インターネット申込でも、必要書類を印刷して郵送する方法と、全ての手続きをネットで完結させる方法の2通りあります。 一番早くビューカードを発行できるのは、店頭申込です。 必要書類を持参して店頭で申し込めば、およそ30分で審査結果がでます。 その後仮カードが即日で発行され、後日本カードが郵送で届きます。 ただし店頭申込ができるのは場所が限られているので、インターネット申込が便利でしょう。 すべてネットで手続きを終了させる方法なら、申込・審査・カード発行までおよそ1週間です。 ビューカードのメリット ビューカードは鉄道を利用する人に、様々なメリットをもたらします。 Suicaオートチャージが設定できるため、改札ではもたつきません。 さらにオートチャージするたびポイントが貯まります。 また、 JR東日本グループのサービスを利用する時に、割引を受けられる事があります。 例えばホテルの宿泊料金、レンタカー、レジャー施設利用料などの割引サービスがあります。 そしてもちろん、切符購入ができます。 新幹線回数券するときにもビューカードを活用している人は多いです。 ビューカードがおすすめなのはなぜ? 新幹線回数券はクレジットカード購入ができるのですが、換金性が高い商品のため、現金化を疑われていきなり利用停止されてしまう事があります。 その後利用再開ができても、新幹線回数券のみなかなかカード購入ができなくなるかもしれません。 しかし、ビューカードは駅で便利に利用ができるクレジットカードなので、新幹線回数券の購入も不自然ではありません。 それに新幹線回数券の利用可能枠というものが設定されています。 その利用可能枠内であれば、ビューカードで新幹線回数券を購入しても安心なのです。 新幹線回数券の買取率は、ショップによっては驚きの97%を超えることもあります。 ちょっと現金が必要というときには、新幹線回数券買取でお金を調達することも可能になります。 ビューカードを利用する時の注意点 ビューカードは新幹線回数券を購入できる利用可能枠が予め設定されているから安心なのですが、 その利用可能枠以上は購入できないということになります。 そしてその設定枠は、人によって異なります。 例えば50万円のショッピング枠がある人でも、新幹線回数券は50万円分購入できるのではなく、10万円以下の可能性があるのです。 その利用可能枠確認をするには、ビューカードへ直接問い合わせるしかありません。 新幹線回数券をクレジットカード購入するには ビューカードで新幹線回数券を購入するには、JRのみどりの窓口を利用するのが便利です。 一応JRではVISAやマスターカードだけではなく、JCBやアメックスも受け付けているようです。 ビューカード以外でもクレジットカード購入できますが、 カードの利用状況が悪い人や普段と異なる不自然な使い方をしてしまった人は、利用停止になる恐れが高いです。 JCBやアメックスは最も現金化に厳しいカードなので、利用しない方が無難です。 ビューカードで新幹線回数券購入!完全に安心できる? ビューカードはショッピング利用可能枠の中に、さらに新幹線回数券購入枠が設定されています。 その利用可能枠内での利用であれば、他のクレジットカードを利用するよりも比較的安心して使えます。 ただし、ビューカードだからといって100%安心という訳ではありません。 ビューカードでももちろんカード現金化は規約違反です。 もしカード現金化が疑われる利用をすれば、利用停止されてしまう恐れは十分にあります。

次の