松平 広 忠。 「松平広忠」徳川家康の父。清康が殺害されて訪れた苦難の道とは

「松平広忠」徳川家康の父。清康が殺害されて訪れた苦難の道とは

松平 広 忠

2代藩主、のち主を経て、初代藩主。 桜井松平家10代。 略歴 [編集 ] 2年()(異説として天和3年()1月9日)、飯山藩初代藩主・の長男・の次男として誕生。 父の忠継は病弱だったために廃嫡され、忠喬の兄・が祖父の世子に指名されていたが、その忠敏も早世したため、忠喬が祖父から世子として指名された。 9年()の祖父の死去により家督を継いだ。 3年()1月28日、遠江掛川に移封される。 宝永8年()2月11日に摂津尼崎に移封され、その初代藩主となった。 幕命によりの接待役、西の丸大手門番、の警護役などを務めている。 4年()、家督を次男・に譲って隠居する。 宝暦6年(1756年)2月5日に死去した。 享年75。 系譜 [編集 ]• 母:娘• 正室:娘• 次男:• 側室:岩崎氏• 側室:土屋氏• 生母不明の子女• 三男:松平忠義• 女子:正室• 女子:雲鏡院 - 正室• 女子:正室• 女子:秋江院 - 正室• 女子:正室 - のち正室、飛鳥井雅重室 関連項目 [編集 ]• 桜井松平氏当主 信広 長勝 勝茂 信吉 親長 由重 信和 尚澄 親相 信乗 信言 信汎 頼載 信英 九洲男 信泰 英男 弘久 輝夫 … 宗家 守親 清直 清当 義堯 義著 義峯 守惇 守誠 善長 清良 清倫 敬信 … 宗家 大給 宗家 宗家 重忠 忠清 断絶 康定 清長 清吉 清忠 清政 清次 祐義 義清 祐教 清門 義崇 義理 健三郎 鉄太郎 富次郎 … 親次 親俊 康親 康盛 康俊 康兆 康永 断絶 清定 忠養 … 断絶 藤井 乗清 乗遠 乗高 乗次 正貞 正勝 重信 滝脇信成 滝脇信鑰 滝脇平人 … 貞副 信興 信美 忠正 … 昌久 三光 正親 正朝 正永 断絶 五井 忠益 忠明 忠根 忠寄 忠命 忠元 忠凱 弘之助 … 忠威 忠諒 忠貞 … 能見 親則 親益 親清 勝宗 一忠 親広 直信 昌興 親孝 親応 親芳 忠道 忠徳 ….

次の

松平康忠

松平 広 忠

松平忠俔 時代 中期 生誕 元年() 死没 3年() 改名 芳喬(幼名)、忠長(初名)、忠俔 戒名 玉竜院殿譚水源澄大居士 墓所 深溝の 官位 幕府 主君 藩 主 氏族 父母 、 兄弟 、 忠俔ら 子 継室、 松平 忠俔(まつだいら ただみ)は、中期の。 3代藩主。 8代当主。 略歴 [ ] 元年()12月1日、代々島原藩深溝松平家の大老を務めた松平勘解由家の当主・の四男として誕生(4年()生まれとの説もある)。 はじめ奥平芳喬と名乗る。 本家の島原藩2代藩主・は、実子が早世したため、養子として芳喬の実兄である(定方)を迎えた。 このとき、松平勘解由家当主となった(の子)が幼かったため、芳喬が広教の補佐を命じられる。 また松平姓を許され、通称を図書と称した。 19年()10月15日、忠救が早世したため、芳喬が享保20年()5月16日に忠雄の養子となった。 12月2日に忠雄が隠居したため家督を継いだ。 このとき、従五位下主殿頭に叙任され、名を忠長と改める。 その後、忠俔と改名。 忠雄の治世で藩主の寵愛を良いことに専権を振るっていたを元年()12月に処刑するなどして綱紀粛正を図り、家臣への貸銀貸米を免除する救恤策も採ったが、もともと病弱だったことから元文3年()3月21日、吐血して間もなく死去した。 享年28。 跡を養子・が継いだ。 系譜 [ ]• 母:不詳• 養父:(1673-1736)• 婚約者:娘 - の妹• 生母不明の子女• 女子:継室• 男子:(1716-1749) - の次男 脚注 [ ].

次の

松平家広 (形原松平家)

松平 広 忠

松平忠俔 時代 中期 生誕 元年() 死没 3年() 改名 芳喬(幼名)、忠長(初名)、忠俔 戒名 玉竜院殿譚水源澄大居士 墓所 深溝の 官位 幕府 主君 藩 主 氏族 父母 、 兄弟 、 忠俔ら 子 継室、 松平 忠俔(まつだいら ただみ)は、中期の。 3代藩主。 8代当主。 略歴 [ ] 元年()12月1日、代々島原藩深溝松平家の大老を務めた松平勘解由家の当主・の四男として誕生(4年()生まれとの説もある)。 はじめ奥平芳喬と名乗る。 本家の島原藩2代藩主・は、実子が早世したため、養子として芳喬の実兄である(定方)を迎えた。 このとき、松平勘解由家当主となった(の子)が幼かったため、芳喬が広教の補佐を命じられる。 また松平姓を許され、通称を図書と称した。 19年()10月15日、忠救が早世したため、芳喬が享保20年()5月16日に忠雄の養子となった。 12月2日に忠雄が隠居したため家督を継いだ。 このとき、従五位下主殿頭に叙任され、名を忠長と改める。 その後、忠俔と改名。 忠雄の治世で藩主の寵愛を良いことに専権を振るっていたを元年()12月に処刑するなどして綱紀粛正を図り、家臣への貸銀貸米を免除する救恤策も採ったが、もともと病弱だったことから元文3年()3月21日、吐血して間もなく死去した。 享年28。 跡を養子・が継いだ。 系譜 [ ]• 母:不詳• 養父:(1673-1736)• 婚約者:娘 - の妹• 生母不明の子女• 女子:継室• 男子:(1716-1749) - の次男 脚注 [ ].

次の