敬具 位置。 ビジネス文書においての敬具の使い方と位置

「敬具」「拝啓」の位置はどこが正しい?意味や文書や手紙の正しい書き方を解説!

敬具 位置

「拝啓」はビジネスレターのはじめに使用する言葉です。 相手を敬った表現で、「これからお話しをさせて頂きます」という意味があります。 「記」も文書のスタートを示すものですが、「記」とは使うシーンが違います。 「拝啓」は手紙におけるお辞儀の挨拶のようなものです。 拝啓の後は、季節の挨拶やメインの用件に繋がっていきます。 ポイント:「拝啓」で始めた内容は「敬具」で終わらせる 「敬具」は、「拝啓」で始めた手紙を閉じるときに使う表現です。 やはり相手を敬って、「お話しは以上で終わりです」といった意味を込めています。 「以上」と近いニュアンスがありますが、こちらもやはり使用するシーンが違います。 「拝啓」で始めた内容は、「敬具」で終えなければいけないというルールがあります。 丁寧さを大切にするビジネスレターでは必須の表現です。 それでは、この敬意は「拝啓」や「敬具」でしか表せないのでしょうか。 「謹啓」「謹言」「敬白」は拝啓・敬具より丁寧な表現 実はビジネス文書で敬意を表す表現は他にもあります。 「謹啓」と「謹言」「敬白」などです。 こちらの表現は、「拝啓」や「敬具」よりもより丁寧な表現になります。 「記」と「以上」は、「拝啓」「敬具」とは使うシーンが違いましたが、「謹啓」と「謹言」「敬白」はほぼ同様のシーンで使用できます。 これらも同じく、ビジネスレターでいうお辞儀やあいさつの意味があります。 ポイント:上司や取引先に送る手紙にふさわしい表現 ポイントとしては、「謹啓」と「謹言」「敬白」の方が「拝啓」「敬具」より丁寧な言い回しという点に注目して下さい。 ビジネスレターの場合、丁寧であるに越したことはありませんが、「謹啓」と「謹言」「敬白」は特別お世話になった上司や取引先の人などに送る手紙にふさわしい表現と言えます。 その後に続ける季節のあいさつや用件の書き方は、「拝啓」と「敬具」と同様です。 それでは、「記」と「以上」の使われるシーンとは、どのような場合なのか、見ていきましょう。 「記」は宛名のあとに箇条書きで記載するときに使う 「記」と「以上」も、基本的には「拝啓」と「敬具」のようにセットで使用します。 ただし、「記」と「以上」は前述したように「拝啓」や「敬具」のような、ビジネスレターでのあいさつとして使用するわけではありません。 宛名のあとに箇条書きに記載するときに使用します。 「記書き」と呼ばれる表現です。 ポイント:行の中央に「記」、最終行の末尾に「以上」 使い方ですが、行の中央に「記」と書いて、改行してから箇条書きで事項を追加していきます。 横書きであれば「下記の通り」と書いてから、縦書きであれば、「左記の通り」と書いてからにするのを忘れないようにしましょう。 そして最終行の末尾に、「以上」と記載します。 「記」と「以上」はビジネスレターの中でも、特にお知らせ事項に特化して使用できる表現です。 見た目もシンプルで見やすく、伝えたいことが伝わりやすいというメリットがあります。 「拝啓」「敬具」はビジネス文書の挨拶に「記」「以上」は箇条書きの記載に使う 「拝啓」「敬具」と「記」「以上」の正しい使い方を見ていきました。 このように、ビジネス文書には多様な書き方のルールが存在しています。 ひとつひとつに意味があるので、適当に流さないで、きちんと把握して使えるようにしておきましょう。 もらった相手が分かりやすく、気持ちよく読める文書を目指してくださいね。

次の

「拝啓」と「敬具」、「記」と「以上」では、改行マークに注目!【Word・ワード】

敬具 位置

ビジネス文書の基本構成 社外向け文書は主に【前文】【主文】【末文】の3つのパーツで構成されています。 次の送付状を例に、各パーツをご説明します。 前文 書き出しのあいさつ文のこと。 「拝啓」などの【頭語】から始まります。 その後【時候の挨拶】・【相手の発展や健康を喜ぶ言葉】・【日頃のお礼】の順に続きます。 主文 本題のこと。 通常は「さて、」で区切ったあとに書きはじめます。 末文 締めのあいさつ文のこと。 【相手の発展や健康を祈る言葉】や、「今後ともご用命賜りますようお願い申し上げます」といった【締めの言葉】を書きます。 最後に「敬具」などの【結語】を書きます。 他に相手に伝えたいことがなければ【末文】で終わりです。 【主文】の内容について詳細を伝えたい場合には、この後に【記】を付け加えます。 記 【主文】の内容に関して、詳細を伝えたい場合に付け加えるパーツです。 「記」と書いた後に、伝えたいことを箇条書きにします。 例文は送付状なので、送付物を箇条書きにしています。 案内状の場合は、日時や場所・会場へのアクセス方法などを箇条書きにします。 【記】を書き終えたら「以上」で締めくくります。 頭語と結語の組み合わせ一覧 「拝啓には敬具」といったように、頭語・結語の組み合わせ方にはルールがあります。 基本は「拝啓・敬具」ですが、手紙の内容によっては他の頭語・結語を用いる場合もあります。 通常の手紙 【頭語】拝啓 【結語】敬具 一般的な手紙に使われる頭語・結語です。 儀礼的な手紙 【頭語】謹啓 【結語】敬白・敬具 「拝啓・敬具」より丁寧で改まった言葉。 普通の手紙よりもさらに強い敬意を示したい場合に使います。 「拝啓・敬具」との使い分け方に明確なルールはありませんが、次のような場面で使われることが多いです。 会社として出す手紙(役員交代のお知らせ、会社の設立や移転の連絡)やお礼状・重要な手紙。 相手が目上で、普段は直接やりとりのない方の場合(親しい相手には「拝啓・敬具」を使います)。 急ぎの手紙 【頭語】急啓・急白 【結語】草々 挨拶を省略してすぐ本題に入った方がよいような、急ぎの用件で使います。 「急啓(急白)」を使ったときは【前文】を省略し、いきなり【主文】から書き始めます。 お詫び状や、災害のお見舞いで使われることが多いです。 相手からの手紙に返信する場合 【頭語】拝復 【結語】敬具 相手からの手紙に返信する際に使います。 頭語・結語を入れない場合(年賀状、暑中見舞い、喪中礼状、お見舞い、弔事など) 年賀状や暑中見合い、喪中礼状、お見舞い、弔事の手紙には頭語・結語を用いません。 【前文】に入れる挨拶の書き方 前文の挨拶は、【時候の挨拶】・【相手の発展や健康を喜ぶ言葉】・【日頃のお礼】の順に書きます。 よく使われる言葉をご紹介します。 季節を問わずに使える「時下」 季節に関係なく使える、便利なワードが「時下」です。 時下は「このところ」という意味を持ち、「時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」といった使い方をします。 「時下」は手軽ですが、「時下」よりも季節の言葉を入れた方が相手に丁寧な印象を与えられます。 送付状など頻繁に送るものは「時下」、その他の手紙には季節の言葉を入れる、といったように使い分けるのがおすすめです。 相手の発展や健康を喜ぶ言葉 相手が企業や店舗の場合は【相手の発展を喜ぶ言葉】、相手が個人の場合は【相手の健康を喜ぶ言葉】を入れましょう。 例文をご紹介します。 」 3. 日頃のお礼 次のような【日頃の感謝の言葉】を述べます。 「平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。 」 「平素は一方ならぬご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 」 【末文】に入れる挨拶の書き方 主文を書き終えたら、末文で締めの挨拶をします。 【相手の発展や健康を祈る言葉】や【締めの言葉】を書き、最後に【結語】で締めくくります。 よく使われるものをご紹介します。 」 「今後ともご用命賜りますようお願い申し上げます。 」 ビジネスレターの例文(懇親会の案内・お礼状・お詫び状) 懇親会の案内・お礼状・お詫び状の3パターンについて、具体的な例文をご紹介します。 案内状(取引先宛ての、懇親会の案内) 拝啓 春暖の候 貴社ますますご発展のこととお喜び申し上げます。 平素はひとかたならぬご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて早速ではございますが、日頃のご愛顧、ご厚情への感謝の意を込めまして、以下の通り懇親会を開催させていただきたく存じます。 ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせの上、何とぞご来臨賜りますようお願い申し上げます。 以上 案内状の場合は【主文】【末文】で相手に出席をお願いし、そのあと【記】で詳細を伝えます。 相手に仕事などの予定を調整していただいて来ていただくことになりますので、「ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせの上〜」と 相手の忙しさを気遣う言葉を入れるのがマナーです。 お礼状(お中元をいただいたお礼) 謹啓 盛夏の候 貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。 さて、このたびはご丁重なお中元の品をお送りいただき、誠にありがとうございました。 心より御礼申し上げます。 貴社のますますのご発展をお祈りいたしますとともに、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願いいたします。 まずは略儀ながら書中にて御礼申し上げます。 敬白 正式なお礼状は縦書きの便箋に書きます。 小さな出来事に対するお礼であれば、略式でハガキに書くことが多いです。 お礼状の【頭語・結語】は「拝啓・敬具」でもOKですが、さらに丁寧な印象を与えたい場合には「謹啓・敬白」を使いましょう。 お詫び状(商品に不具合があったことを謝罪) 急啓 このたびは納品物に製本ミスがございましたこと、誠に申しわけなく、深くお詫び申し上げます。 ご返送いただきました商品を改めて確認いたしましたところ、1,000部中500部に同様の欠陥があることがわかりました。 お待たせしてしまい大変申し訳ございません。 原因につきましては現在調査を進めておりますので、わかり次第改めてご報告申し上げます。 今後は同様の失態が起きないよう十二分に注意を払ってまいりますので、どうか今後ともお引き立てを賜りますよう、伏してお願い申し上げます。 まずは取り急ぎ書中にてお詫び申し上げます。

次の

「謹啓」と「敬具」の間違いな使い方・位置・正しい使い方

敬具 位置

「謹啓」や「敬具」はこの後の項でも説明しますが、「手紙の挨拶」として使われる言葉です。 これは言い換えると、「おはよう」や「おやすみ」と同じような言葉であるということができます。 「おはようございます」と声をかけた後に、「良い夢を」という言葉が続いたり、「おやすみなさい」と言った後に「いい朝ですね」と言ったりしないのと同じように、「謹啓」や「敬具」にも、それぞれ「謹啓」・「敬具」を使ったときにはこの言葉と一緒に使うと決まっている、ペアになる言葉があります。 実は「謹啓」という言葉は手紙の最初に書く挨拶であり、「敬具」という言葉は手紙の最後に書く挨拶ですが、この点において「謹啓」と「敬具」を同じ手紙の中で使うのは誤りです。 これは「謹啓」には「敬具」とは別の、「敬具」には「謹啓」とは別のペアになる言葉があるからといえます。 「謹啓」と「敬具」は同じ手紙の中では使わないようにしましょう。 「謹啓」は前の項でも説明したように、「頭語」にあたる言葉なので、冒頭に挨拶として書きます。 「謹啓」とは「心を込めてうやうやしく言わせてもらいます」といった意味の言葉です。 手紙を送った相手に対して、敬意を示す言葉であるといえるでしょう。 この「謹啓」で始まった文章は、「謹言」や「謹白」で結ぶのが決まりとなっています。 丁度、「謹啓」と反対の意味を持つ言葉であるといえます。 「敬具」は前の項でもお話ししたように「結語」にあたる言葉です。 したがって、手紙の本文の最後に書く言葉だということができます。 「敬具」で終わる手紙は、「拝啓」で始まるという決まりになっています。 「拝啓」は「拝」という字が「お辞儀する」という漢字で、「啓」という字が「申し上げる」という意味なので、「へりくだって言わせてもらいます」という意味の言葉です。 「敬具」と「拝啓」は、かしこまった手紙を書くときに使う頻度の非常に多い、「頭語」と「結語」です。

次の