皇室ブログ菊の紋。 菊花紋 : 古代史探訪

菊の花は縁起が良い悪い?天皇家が家紋に使い始めた関係は?

皇室ブログ菊の紋

スポンサードリンク 菊は縁起が良い花?悪い花? 菊の花は、縁起が良いという説と、縁起が悪いという説があります。 どうして両極端の説があるのか疑問に思いませんか? どうして菊は縁起が悪いと言われるの? これは「お葬式で使われる花」「仏花(仏壇に)としてお供えする花」なので、どちらも死や死後の世界に関わる花なのです。 だから、祝いごとやめでたいときは場を汚すと考えられてきたからです。 代表的なのが、「お葬式の輪菊」と「お彼岸の仏花」でしょう。 古来から日本では、死にまつわる事は全て穢れているとか、不吉だと言われてきたので、菊も同様なのでしょう。 菊の花は縁起が良いと言われるのはなぜ? 菊は日本を代表とする花で、天皇家の家紋でもあります。 海外では国花とう国のシンボルの花が制定されていますが、実は日本の法律上、国花はありません。 代表的な花として「桜「菊」が上げてられています。 菊は中国伝来の植物で、古来から「寿命を延ばす力がある」と言われていました。 だから日本に伝わったときも「長寿の霊薬」「重陽の節句に用いる花(別名:菊の節句)」と言われてきました。 菊の花の長寿にまつわるお話し 因みに、中国には次の様なお話が伝わっていて、この長寿の話を元に、日本では能の「菊慈童」「枕慈童」が演じられているんですよ。 スポンサードリンク 天皇家が菊の家紋を使うのはなぜ? 天皇家の家紋、日本のシンボルの花といえば「菊」!と直ぐにイメージできると思います。 それでは、いつ頃天皇家に使われるようになり、当時どの様に扱われてきたのでしょうか? 菊が天皇家に使われたのはいつ頃? 平安時代頃、菊花の紋は様々な美術品や工芸品になどに使われていました。 菊を最初に皇室に用いたのは「後鳥羽天皇」で、鎌倉時代(1185年~1333年)です。 後鳥羽天皇は 「備前則宗に16枚の花弁の菊紋を刀剣に刻ませた」というのが皇室に最初に使われた菊の紋です。 因みに、この剣の名は 「菊一文字」と名付けられました。 菊はいつ頃から詩で読まれているの? 菊が日本に伝わった詳しい経緯は解明されていませんが、飛鳥・奈良時代頃だと考えられています。 当時の漢詩では、中国文化や仙人や不老長寿を現す花として、菊を使った詠われています。 ただし「万葉集(奈良時代)」では一首も菊は使われていません。 和歌で最初に菊が使われたのは、平安時代の797年(延暦16年)10月11日に、桓武天皇が宮中の宴で、次の様な詩を詠みました。 「このごろの 時雨の雨に 菊の花 しりぞしぬべき あたらその香を」 その後、嵯峨天皇(786~842年)が、「凌雲集」や「経国集」に菊の花を使った詩を10首くらい残しています。 菊の伝来について! 菊は中国から日本に伝わったと説明しましたが、原産地は東アジアとなります。 どの様に菊の種類が変化して、「菊」という漢字がつけられたのか説明しますね。 菊とはどんな種類の植物? この植物は「キク科・キク属」に分類されていて、日本には20種類以上が自生しています。 つまり、私達が「菊」と呼ぶのは「キク属の総称」のことなのです。 そしてこの花は、観賞用、食用、薬用、装飾用など幅広く活用されていて、決してお葬式専用の花だけではありません。 昔の菊の種類は少なくてその内の2種類、「チョウセンノギク(白や紅色の花)」と「シマカンギク(濃い黄色い花)」がありました。 中国が唐の時代の頃、大陸でこの2種類が混ざった菊が日本に伝わったと考えられています。 菊の伝来と漢字の 中国から日本に様々な物が伝わる時、漢字と呼び方が変化する事がよくありますが、この菊は、中国語のまま日本に定着しました。 実は、平安時代頃は「カハラヨモギ」や「カハラオハギ」と日本語の別称で呼ばれていたのですが、一般的には浸透せずに中国語の「キク」がそのまま定着したのです。 最後に一言 菊は、仏教行事の先祖供養や葬儀に用いる事が多いので、「死=縁起が悪い」と一部では考えているようです。 本来の菊という意味では、出産、結婚、他の様々なお祝いで「不老長寿」「長続きする」など縁起の良い花なのですね。

次の

ユダヤ王家と日本の皇室に共通すること

皇室ブログ菊の紋

Contents• 文/宮本タケロウ 「元宮内庁職員」とやらのブログ 本年11月ごろから皇室ファン界隈で話題になっているブログがある。 小内誠一という自称・元宮内庁職員とやらが開設した皇室「是々非々」自録というブログがそれだ。 この小内誠一という自称「元宮内庁職員」は、「平成こそが皇室のあるべき姿を歪ませた時代」として、上皇后をディスる記事を連発している。 ここ数日ではこのようなラインナップだった。 雅子さまが、美智子さま「吐血」の原因!?• 美智子さまは、国民が苦しむのを楽しんでいる• 美智子さま「隠し財産」の貯蓄術• 美智子さま「震災」に大喜びして「慰安ツアー」の準備 ここ5日間だけでも毎日毎日このような記事がサイトに上げられているが、記事の中に内在する世界観は一貫している。 ようは 「 平成の皇室をサゲて令和の皇室をアゲる」帰結をもたらすために、ありもしない「嫁と姑の不仲」という古典的なシチュエーションを取り出し、 「 雅子さまをアゲるために美智子さまをサゲる」という演出である。 2000年初頭に、 「美智子さまは自分が嫁入りで香淳皇后に苛められた意趣返しを雅子さまにしている」という根拠不明の噂がネット上を流れたが、その再来だろう。 小内誠一の不可解な動機 小内誠一はサイトの自己紹介にこう述べる。 昭和と平成の時代に、宮内庁に務めておりましたが、いろいろあり定年前、令和となる前に退職しました。 退職後は故郷の千葉に戻り、ゆっくり過ごしておりましたが、昨今の皇室ニュースを読むにつけ、 皇室の未来に不安を覚えるようになりました。 皇室の弥栄を願い本サイトを立ち上げました。 皇室「是々非々」自録 自己紹介 この談を信用すると、彼は義憤に駆られてウェブサイトを立ち上げたということだそうだが、これは不可解だ。 なぜなら、「不安を覚えるようになった」のなら、「このままではいけない」と 現状を批判するのが当然の帰結になるはずなのに、名実ともに過ぎ去った美智子上皇后と平成皇室という 過去を躍起になって批判しているからである。 仮に現状が、「令和になったのに天皇皇后両陛下よりも、上皇と上皇后に国民の尊敬が集まっている」状況ならば、小内氏のような上皇后バッシングは理にかなっているかもしれないが、状況はむしろ逆で、令和になり、新天皇や雅子皇后が十分すぎるほどに国民から受け入れられているのが現在の状況である。 「皇室の未来に不安を覚えるようになりました」 と小内は言うが、なにが不安なのかサッパリ私には分からない。 むしろ、 新天皇・皇后両陛下を賛美する一方で、上皇・上皇后をバッシングするのが現在主流の論調だからだ。 小内誠一は現代の大内糺か さて、 時代は遡るが、1993年に、昭和天皇と香淳皇后が住んでいた吹上御所に代わる新御所の建設を機に、週刊誌『宝島30』で「美智子さまバッシング」という現象が宮内庁職員を自称する「大内糺」なる人物によってなされたことがあった。 彼の世界観は 「昭和の皇室をアゲて、平成の皇室をサゲる」というもので、美智子さまの皇后としての振舞いを批判するものだった。 例えばこのような文章。 本来、ご皇室にとって 皇后陛下は、あまり意味のある存在ではない。 ご公務はもちろん、大抵の儀式も天皇陛下がおいでになれば事足りる。 (中略)それなのに、 最近では国際親善の場面にとどまらず、あらゆるところにご夫妻として参加されるようになってきているのである。 (「皇室の危機」『宝島30』1993年8月号) 昭和の香淳皇后があまり表に出なかったのに対して、平成の美智子皇后が、まるでショーか演出であるように夫妻で一緒に活動をすることを批判した記事だ。 ジャーナリストの工藤美代子によれば、「大内糺」は実在せず、両陛下の側で使用人として使える内舎人(うどねり)かそれに近い人物から週刊誌のライターが得た断片的情報を面白おかしく脚色したものであったらしい。 「大内糺」等による一連の皇室批判に対して、美智子皇后は失語症に陥り、同年の誕生日に際して、以下のような反論をした。 どのような批判も,自分を省みるよすがとして耳を傾けねばと思います。 今までに私の配慮が充分でなかったり,どのようなことでも,私の言葉が人を傷つけておりましたら,許して頂きたいと思います。 しかし 事実でない報道には,大きな悲しみと戸惑いを覚えます。 批判の許されない社会であってはなりませんが, 事実に基づかない批判が,繰り返し許される社会であって欲しくはありません。 幾つかの事例についてだけでも,関係者の説明がなされ,人々の納得を得られれば幸せに思います。 皇后陛下お誕生日に際し(平成5年) 事態は右翼が出版社を銃撃する事態にまで発展した後、皇后を失語症に追いやったことを流石に反省したのか、または単純に、ネタに飽きたのか分からないが、週刊誌による美智子さまバッシングは約1年で収束していった。 根拠のない「アゲ・サゲ」を信じるヒトタチ… ここで改めて、小内誠一のブログを考えたい。 彼のブログを読んだことがある人間なら分かると思うが、大内糺の記事と小内の意見は論調が瓜二つであることが分かると思う。 それは 「皇室の誰かをサゲて、代わりに誰かをアゲる」という構造である。 90年代は、美智子さまサゲで昭和アゲ。 2000年代になると、雅子さまサゲで上皇夫妻&秋篠宮アゲ。 そして現在になると、両陛下アゲで上皇夫妻&秋篠宮サゲ。 アゲ・サゲの対象は入れ替わるが、 「皇室の誰かをサゲて、代わりに誰かをアゲる」という構造は変わらない。 客観的根拠の有無は全くの別問題である。 小内誠一のブログは、まるで 現代の日本の宮中で朝鮮王朝歴史ドラマのような嫁・姑の争い、兄嫁・弟嫁の争いが行われているようなタッチで皇室の内実が描かれるが、意外なことに、それを信じる人が多いのだと言う。 実に不可解だ…なぜ人間はそんなことをわざわざ信じたがるのだろう… 不思議なことに、雅子さまと愛子さまを慕う人に限って、 「美智子さまと紀子さまは雅子さまを嫌っていて、愛子さまを苛めている」と信じているのだ。 人はなぜ、 「自分の好きな人が苦しんでいる」とわざわざ信じたがるのだろうか。 私としては、最もあり得そうな皇室の内実は、 兄一家を支える弟一家と、それを見守る隠居した穏やかな老夫婦 なのだが。 小内氏への再反論 寧ろ国民は長年の疑念が氷解したことにざわついているのだ。 平成の時代、辻褄の合わない報道や、内容が二転三転する報道、雅子様に関する胡散臭い報道(明らかに結婚前の映像と違った内容が報道されていたりした)を全く否定しない宮内庁、国民は自分たちが騙されているのではないかという懐疑的な思いで宮内庁(皇室)を眺めていた。 昭和は「全面的にマスコミを信じる」時代だったが、平成は「マスコミがヤラセ等で国民を騙す」ことが当たり前だと知れ渡っている時代だ。 多くの国民が報道を疑っていた。 平成でのマスコミ報道の疑念に答えてしまっているのだよ、このブログは。 多くの読者が「あ~そうか、だからあんな報道が…。 」と頷いてしまった。 そして宮本氏のこの文章。 平成時代に感じた違和感そのままだ。 矛盾だらけ。 テレビ放映されてしまった秋篠宮の言動はもう覆水盆に返らないのだよ。 あれを見た人々の記憶に刻み込まれてしまった。 そしてその映像に反する事象を文章にしたところで、ヤラセにしか見えないのは当たり前だ。 どうせ「国民は何も覚えていないだろう」と高をくくってこの文章を書いたのだろう。 国民を舐めるのも大概にしろ。 宮本、「あげ、さげ」とかそのような尺度でしか見れないとは、記事を書く人間としては害悪でしかないと思う。 対抗して議論するなら堂々としたらどうだ。 宮本の敬宮愛子さまの女系天皇を否定する記事も、全く説得力なかった。 良心から、一国民として発している議論に見えないんだよね。 結果ありきで、装飾しているだけのうわっぺらの議論だと思う。 反論してもいいが、この印象を正面から受けたらどうだ? 紀子の試験官ベビーの否定記事も最悪だった。 あの夫婦は12月にすでにこうのとりの歌を歌会に提出していた。 12月初旬なんだよ。 正直に言おう。 宮本よりも小内さんのブログがはるかに信じられるよ。 両陛下の真のお姿を記事にして、とても良い記事だと思ったのに… 読者をバカにして、弄んだんだ? こんな事する位ならペンを置いてください。 兄一家を支える?どこが? 種違いの、優秀な兄が憎くて憎くて仕方なくて、いつまでも経ってもガキみたいに拗ねて、楯突いて、兄一家を困らせ、皇室の品位まで貶めた秋一家のどこが立派なんですか? 元天皇夫妻はおとなしい?どこが? 権力バリバリ発動中ですけど? 二重権威どころか、令和の天皇陛下ご一家を差し置いて、権力振りかざして好き勝手し放題ですが? もういいや… 何を言っても分からないんですよね。 もう二度と信じません。 相変わらずですな、宮本は。 さすが秋篠宮一派寄りの方だからね。 何が兄天皇陛下ご一家を支える弟一家だよ、バカも休み休み言いなよ。 兄である徳仁天皇が皇太子時代の時に雅子様と愛子様を含めて散々貶めることをし続けた首謀者は弟である秋篠宮と嫁の紀子、そしてあろうことに当時の明仁天皇と美智子婆がグルになってお抱えの週刊誌記者やマスコミを使ってある事無い事バッシングを煽ったことを忘れたのかな、これは文書にも残っている。 明仁天皇は退位し上皇に、美智子婆は上皇后になったにも関わらずに出者張り続けるは、〇〇の秋篠宮は皇太子というのが嫌だから皇嗣などという訳のわからない階級を作って。 秋篠宮は内廷皇族になるのを拒否した癖に。 拒否したのは公務の度に謝礼金がもらえ無くなるからだろうがよ、公務と言ったってアルバイトみたいなもんでしょうよ。 兄である陛下の会見や大嘗祭には難癖を付けるわりに自分の娘眞子の結婚問題をいつまでだっても放置して解決出来無い秋篠宮。 上皇と美智子婆にいたっては相変わらずの贅沢三昧し続けて遊びにばかり行って引っ越しは後回しの上にほったらかし。 こんな秋篠宮一家と上皇と美智子婆を褒め称える宮本はバカ。 どうせ秋篠宮一家と美智子婆から金を貰ってんだろう。 もしかして、このブログの作者は、お若い方、30代半ば〜40前半 ぐらいなんですかね? だったら、さほどリアルな昭和の皇室をわかってないのでしょうね 昭和の人間からすると、平成の天皇皇后が最初にバッシングされたのは しっかり理由がありますし、このご夫妻がまだ東宮だった頃の 問題も沢山あったわけで 庶民は薄々気がついてましたよ ただ、「皇室のことだから」と生暖かく見守っていただけで それが、一気に、あの違和感は正しかったのか、って腑に落ちる 方々が多々あって、これからも増えるだろうということです 自明の理というか、因果応報というか 平成の粉飾しまくられた皇室、開かれた皇室と謳いながら 実際は昭和よりもはるかに閉ざされた皇室 ネット時代には感謝です 宮本さん、貴方のような方がいるから 小内さんのような方が本当の事を書かざるをえなくて 敢えて良心に従ってブログを立ち上げられたのだと思いますよ! 宮内さんのなさっている事は、小内さんの正しい行いの真逆で、貴方が小内さんのブログに対して納得が行かない思いを抱いているのと同じ、いえ、もっと もっと多くの方々が宮内さんの一貫性の無い不愉快なブログに対して腸の煮えくりかえる思いをして貴方のブログに反論しているのですよ! コメント欄のポチ数を見ても一目瞭然なのがお解りにならないのでしょうか? 宮内さんって 皆様のご自分に対するコメントをご覧になって恥ずかしくないのかといつも思っておりましたが、それすらも理解出来ないなんて 本当に残念な方ですね!.

次の

【日本とイスラエル】菊の御紋とエルサレムの紋

皇室ブログ菊の紋

同じ紋章 日本人の信仰と文化には古代ユダヤ系渡来人の影響があると私は思っています。 坂東誠著「秦氏の謎とユダヤ人渡来伝説」から日本の皇室の紋章とユダヤ王家の紋章が同じであるという驚くべき事実をお伝えしたいと思います。 月曜日のテーマは「日本とイスラエル」です。 イスラエルにある菊の紋 伊勢神宮の灯籠にはダビデの星が刻まれているが、イスラエルのエルサレムの城壁には、なんと天皇家の御紋(十六菊家紋)である菊の紋が刻まれている。 この菊の紋はエルサレムの七つの門の一つ、ヘロデ門といわれる門の上についている。 この菊の紋はユダヤ王ヘロデの王家の紋章であった。 ヘロデ王は今から約二千年前、ちょうどイエス・キリストの時代の王様である。 壮麗なエルサレムの神殿を初め、多くの建築物を築いた偉大な王様なのである。 第二神殿時代と呼ばれるユダヤ王国の紋章と日本の皇室の家紋が同じなのは、大変不思議なことだ。 日本では鎌倉時代初期に、後鳥羽上皇がこの菊の紋を天皇家の家紋として用いたのが始まりだという。 中東においてはユダヤに限らずシュメールや古代バビロニアの王朝などで家紋として使われた図柄らしい。 イラン・イラク戦争の時、サダム・フセイン大統領が十六菊家紋の指輪をしていた。 西欧のジャーナリストが、日本の皇室の家紋と似ていることを尋ねたところ、フセイン大統領は「この紋章は、イラクの祖先が世界最古の文明を築いたシュメール王朝時代に用いていた王家の家紋だ」と答えたという。 古代王朝の復活を夢見ていたフセイン大統領が、シュメール王国の紋章を用いて自分の権威を高めようとしていたのだろう。 マークや紋章は偶然似てしまうということもよくあるが、花びらが十六枚の菊が用いられているのである。 偶然にしては出来過ぎではないだろうか。 現在、世界中の王家のなかで、菊の紋章を家紋としているのは、日本の皇室だけだという。 (本からの抜粋は以上です。 ) 日本とイスラエルは無関係ではない これは日本の皇室が古代ユダヤ王国と何らかの関係があることを示す一つの証拠ではないかと私は思います。 日本人の信仰、文化、伝統、高い倫理観などは古代ユダヤ人の信仰、聖書の信仰と無関係ではないと思います。 神様を中心とした生活 私は全ての日本の皆様に自己中心ではなく、神様を中心とした生活を取り戻していただきたいと願っていますが、そのためにも聖書を読むことが大切ではないかと思っています。 聖書と言えばキリスト教をイメージする方が多いと思いますが、キリスト教ではなく、太古の昔から日本人が崇めて来た神様をよく知るために聖書を読んでいただきたいのです。 それでは、今日も聖書の続きをご一緒に読みましょう。 新約聖書 ルカの福音書22章39~46節 それからイエスは出て、いつものようにオリーブ山に行かれ、弟子たちも従った。 いつもの場所に着いたとき、イエスは彼らに、「誘惑に陥らないように祈っていなさい」と言われた。 そしてご自分は、弟子たちから石を投げて届くほどの所に離れて、ひざまずいて、こう祈られた。 「父よ。 みこころならば、この杯をわたしから取りのけてください。 しかし、わたしの願いではなく、みこころのとおりにしてください。 」 すると、御使いが天からイエスに現れて、イエスを力づけた。 イエスは、苦しみもだえて、いよいよ切に祈られた。 汗が血のしずくのように地に落ちた。 イエスは祈り終わって立ち上がり、弟子たちのところに来て見ると、彼らは悲しみの果てに、眠り込んでしまっていた。 それで、彼らに言われた。 「なぜ、眠っているのか。 起きて、誘惑に陥らないように祈っていなさい。 」 過越の食事の後、イエスは弟子たちといつものようにオリーブ山に行った オリーブ山からは、ケデロンの谷を挟んで、向かいの丘の上に荘厳なエルサレム神殿が見えたと思います。 イエスはそこで弟子たちから少し離れた所に行って祈りました。 この杯 「この杯」とは、人類の身代わりとなって、その代価を支払って、人類を神様のもとに買い戻すための十字架の死を指していると思います。 それがイエスにとってどれほど苦しいものであったのかということを思わされます。 それほどの大きな犠牲をイエスは私たちのために支払ったことを思います。 これは神様が私たちに示してくださった愛だと聖書には記されています。 神様の愛に応える人生 神様を中心とした生活をするとは、この神様の愛に応えることだと言うことができると思います。 日本人の価値観、倫理観はこの神様の愛を土台としているものであったと私は思っています。 人に親切にすること。 秩序を守ること。 心から人々をもてなし、サービスし、仕えること。 私たちは自分で生きているのではない、生かされているんだという考え方。 感謝すること。 それは世界の人々からは驚かれる日本人の特質のようですが、私たち日本人にとって当たり前のことではないかと思います。 それが日本人の心 なぜ私たちにとって、それは当たり前なのでしょうか。 それは神様が私たちを愛して、私たちのために文字通り命まで捨ててくださったことを日本人は知っていたからだと思います。 このように神様の愛をいただいている私たちが人に仕えること、親切にすることは当たり前のことだと思います。 私の危機感 でも、そのような日本人の特質が失われ、日本人も打算的になり、自己中心になっていくことに私は危機感を感じています。 今一度、神様が私たちにこのような愛を注いでいることを知る必要があると私は思って、「日本人の信仰と聖書について考える会」を始めました。 神様の愛に応えて生きましょう。 それはクリスチャンになるとか、何かの宗教を信仰することではないと思います。 それは人間として当たり前の生き方だと思っています。

次の