気象庁 神奈川。 防災情報

気象庁 横浜地方気象台の天気(神奈川県横浜市中区)|マピオン天気予報

気象庁 神奈川

県内の風水害の危険度情報について• 「気象庁 高解像度降水ナウキャスト」(気象庁のページへ飛びます)• 「気象庁 土砂災害警戒判定メッシュ情報」(気象庁のページへ飛びます)• 「気象庁 大雨警報(浸水害)の危険度分布」(気象庁のページへ飛びます)• 「気象庁 洪水警報の危険度分布」(気象庁のページへ飛びます)• 「神奈川県土砂災害情報ポータル」(砂防海岸課のページへ飛びます)• 「神奈川県雨量水位情報」(河川課のページへ飛びます) 洪水や土砂災害に備えて 洪水や土砂災害に備えて確認すべきことについては、以下のページをご確認ください。 大規模地震に備えて 大規模地震に備えて確認すべきことについては、以下のページをご確認ください。 災害への備えについて 災害全般に関する備えについては、以下のページをご確認ください。 外国人向け防災情報 外国人旅行者などに向けた多言語による防災情報については、以下のページをご確認ください。 県の災害対策について 県の災害対策については、以下のページをご確認ください。

次の

気象庁 横浜地方気象台の天気(神奈川県横浜市中区)|マピオン天気予報

気象庁 神奈川

令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値) 梅雨期は大雨による災害の発生しやすい時期です。 また、梅雨明け後の盛夏期に必要な農業用の水等を蓄える重要な時期でもあります。 一方、梅雨期は曇りや雨の日が多くなって、日々の生活等にも様々な影響を与えることから、社会的にも関心の高い事柄であり、気象庁では、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、梅雨の入り明けの速報を「梅雨の時期に関する気象情報」として発表しています。 (発表後3日程度の間、に各地方別の情報として掲載しています。 地方に含まれる都府県は、をご覧ください。 ) このページは梅雨入りと梅雨明けの情報を発表したときに更新しています。 ただし、情報発表が休日の場合は休日明けの平日に更新となる場合があります。 後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、この情報で発表した期日が変更となる場合があります。 ここに掲載した期日は移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 ・「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。

次の

神奈川県の天気

気象庁 神奈川

神奈川県では、15日昼前まで強風に注意してください。 東部では、15日夜遅くまで高波に注意してください。 三陸沖の低気圧からのびる寒冷前線が関東地方を通過しています。 神奈川県は、曇りとなっています。 15日は、前線が伊豆諸島付近まで南下し、西からゆるやかに高気圧に覆われる見込みです。 このため、晴れで朝晩は曇りとなるでしょう。 なお、神奈川県では高温が予想されるため、熱中症など健康管理に注意してください。 16日は、高気圧にゆるやかに覆われますが、気圧の谷や湿った空気の影響を受けるため、曇りで昼前から晴れる見込みです。 神奈川県の海上では、15日は波が高いでしょう。 16日は波がやや高い見込みです。 船舶は高波に注意してください。 最新の記事 日直予報士.

次の