拝見 拝読 メール。 「拝見」の意味とは?目上への敬語表現や類語を解説【例文つき】

「拝見しております」の使い方と例文・敬語の種類・別の敬語表現

拝見 拝読 メール

「させていただく」は「させてもらう」の謙譲語 「させていただく」は、 「させてもらう」の謙譲語です。 文化庁は「基本的に他者の許可を得た上で、自分が行うことについて、その恩恵を受けることに対して敬意を払っている場合」に使うのが適切であるとしています。 つまり「させていただく」は、 ・相手や第三者の許可を受けて行う場合 ・それを行うことで恩恵を受けるという事実がある場合 の2つの条件を満たすときに使用するのが正しい使い方になります。 「させていただく」は、「 図々しくて申し訳ないが、相手が許可してくれたから〜する」という意味合いになります。 例えば、相手の資料をコピーしたい時に「その資料、コピーを取らせていただきますか」という場合。 これは相手にコピーして良いか確認してからその後行動に移しているため適切な使い方になります。 例文 「今回の件に関しては殘念ですが、コメントは控えさせていただきます」 「本日は急用のため、欠席させていただきます」 「誠に勝手ながらのスケジュールを変更させていただきます」 「一部内容に誤りがございましたので、訂正させていただきます」 「拝見」の誤用に注意! 「拝見いたします」も二重敬語 「拝見いたします」はよく使われる言葉ですが、 文法的に正しい使い方ではありません。 「拝見いたします」は 「見る」の謙譲語「拝見する」+「する」の謙譲語「いたす」になるため、二重敬語になってしまいます。 二重敬語は回りくどい印象を与えてしまうため、良くないとされていますが、ビジネスシーンで「拝見いたします」「拝見いたしました」は頻繁に使用されています。 文法的には正しくありませんが、慣習的によく使う表現なので、ほとんどの人にとってそこまで違和感のある表現ではありません。 ただ、実際には「拝見します」が正しい使い方なので覚えておきましょう。 「拝見していただく」は誤った敬語 「拝見していただく」は、誤った敬語です。 「拝見」という言葉は上述いているように、「見る」という言葉の謙譲語です。 そして、「〜していただく」は「〜してもらう」の謙譲語となります。 したがって、 「拝見していただく」という表現は、謙譲語を二つ重ねた二重敬語であるということになるため、誤った表現であるということになります。 相手に、「見てもらう」ということを丁寧な敬語で言い表すのであれば、 「拝見」の部分を尊敬語にして言い表した「ご覧いただく」が正しい表現です。 「見る」の尊敬語については後述します。 「見る」の尊敬語は「ご覧になる」 「見る」の尊敬語は、「 ご覧になる」「 見られる」になります。 尊敬語の場合、相手の行為に対して使います。 目上の人が何かを見る場合に、「ご覧ください」や「ご覧くださいましたか?」というのが正しい言い方です。 また、自分自身のものや会社のものなどを見てもらう場合には、「ご覧になる」に謙譲語「いただく」を付け加えた「ご覧いただく」を使います。 「ご覧いただく」は「見る」の尊敬語「ご覧になる」+「〜してもらう」の謙譲語「いただく」となるので、へりくだった印象を与えます。 また、「ご覧になる」のさらに丁寧な表現に「ご覧くださり」があります。 「ご覧になる」+「〜してくれる」の尊敬語「くださり」になるので、相手が行ってくれたことに感謝の意を表します。 ちなみに 「ご覧になられる」は二重敬語となるので、注意しましょう。 「ご拝見」も誤った敬語 「拝見」は、上述しているように、 謙譲語であるため自分の動作をへりくだって表現する言葉です。 したがって、「ご拝見ください」だと、 相手の動作に謙譲語を使っているので誤用となります。 相手に「見る」ということをお願いしたい場合は、「ご確認お願いします」といったように尊敬語を使用して表現します。 また、「ご拝見させていただく」は、 「ご」は謙譲語、「拝見」も謙譲語、「させていただく」も謙譲語なので、明らかに二重敬語となり誤用となりますので注意しましょう。 「拝見」の正しい使い方と例文 「拝見」は自分の動作のみ使う 「拝見」は、上述している通り、 「見る」という動作の謙譲語です。 「謙譲語」は 相手に敬意を示すために自分の行為をへりくだった表現にすることです。 したがって、 「拝見」という言葉を相手の見るという動作に使用することはできません。 相手の「見る」という動作を敬語表現に言い換える場合は、「ご覧になる」というような表現を使用します。 「ご覧」については上述していますので参考にしてください。 「拝見します」「拝見しました」「拝見したいです」の形で使うの正解(謙譲語+丁寧語) 「拝見」という言葉は自分の「見る」「見た」ということを相手に敬意を示すためにへりくだった意表現をする謙譲語です。 「拝見させていただく」や「拝見いたします」というように使われがちですが、これらは二重敬語となるため誤った表現になります。 「拝見」という言葉が謙譲語であるため、 ・拝見します ・拝見しました ・拝見したいです というように、 うしろにつく言葉は「丁寧語」になることが基本です。 「拝見いたしました」というような表現は、 日常的に使用されている言葉ではありあますが、正しい文法ではないので、使用することは避けるべきだと言えるでしょう。 例文 「今から、本日公開の最新作を拝見します」 「それでは、お持ちいただいた企画書を一人ずつ拝見します」 「まずは、人気のある作品を一通り拝見します」 「先日公開された募集要項を拝見しました」 「参考文献を送ってくださりありがとうございます。 さっそく拝見しました」 「先週募集した企画書をすべて拝見しました」 「とても話題になっている作品なのでぜひ拝見したいです」 「先週話題にあがった企画の進捗状況を拝見したいのですが」 「作者のメッセージを汲み取りたいのでゆっくり拝見したいです」 「お顔を拝見」「元気なお姿を拝見」など人に対しても使える 「お顔を拝見」「元気なお姿を拝見」などは、人に対して使うことができる言い回しです。 「お顔を拝見」は、「 お顔を見ることができて」「元気なお姿を拝見」は、「 元気な姿を見ることができて」という意味です。 「会うことができて嬉しいです」というニュアンスで使用される言葉で、「元気なお姿を拝見でえきて大変うれしく思います」というように使用します。 例文 「先日は、素敵な会にお呼びいただきありがとうございます。 本日は、久しぶりにご家族の元気なお姿を拝見し大変うれしく思います。 「読む」の謙譲語で、「 つつしんで読む」と言う意味です。 「拝見」と同じ自分のことをへりくだった言葉なので、相手の動作には使えません。 「この間送ったメール拝読いただけましたか?」といった表現は間違いになります。 「拝覧」は、「 見るということをへりくだっていう語」です。 「謹んで見る」ということを、「拝覧」と言います。 元々、神仏や仏像など高貴な人やものに対して使用される言葉で、 主に建物や美術品といったものを見る場合に使用される言葉です。 例文 「はじめて奈良の大仏を拝覧することができ、感動した」 「美術館で歴史ある作品を拝覧することが私の趣味だ」 「ぜひ、一度直接拝覧したいものだち常々思っている」.

次の

「拝見する」の適切な使い方と例文は?

拝見 拝読 メール

「拝見いたしました」は二重敬語か 「拝見いたしました」は文法的に正しい使い方ではありません。 「拝見」は「見る」の謙譲語であり敬語の1つです。 さらに「いたしました」も「する」の謙譲語であるため、2つを重ねてしまうと二重敬語になります。 二重敬語は、相手に丁寧すぎる印象を与えることや回りくどい表現になることから良くないとされています。 同じ理由で「拝見いたします」、「拝見させていただきます」も当てはまります。 文法上正しいのは「拝見します」になります。 しかし、実際のビジネスの現場では「拝見いたしました」も「拝見いたします」も日常的に使われています。 文法的には正しくはありませんが、受け手が不快に感じることは少なく、ビジネスシーンで使用する上で問題はありません。 「拝聴」「拝読」の意味 「拝見」との使い分け 「拝」がつく熟語には、自分のことをへりくだる意味が含まれています。 「拝見」とともによく使われる、「拝聴」「拝読」も同様です。 「拝聴」は「つつしんで聴く」という意味です。 ビジネスの場では、目上の人のプレゼンテーションや講演会、取引先からの話を聴くときなどに使われます。 使い方は、「拝聴します」、「拝聴しました」となります。 「拝読」は「つつしんで読む」という意味です。 ビジネスの場では、「拝見」と同じく、メールや資料などを読んだり確認したことを伝えるときに使われます。 「拝見」と「拝読」の使い分けとしては、「拝見」は文字や文章だけでなく、絵や図、写真、物、出来事などを見たときにも対しても使えます。 一方「拝読」は、読む行為を表す言葉なので、文字や文章に対してしか使うことができません。 また、大事なメールや資料などをしっかりと確認したことを相手に伝えたい場合には、「拝見」よりも「拝読」が適切です。 「拝読」の方が、「じっくり読んで目を通しました」という意味を表すことができるためです。 「見る」の尊敬語はご覧になる 目上の方が見るときに「拝見」を使ってしまっている人はいないでしょうか。 たとえば、「部長、このメールを拝見されましたか?」といった形です。 謙譲語は行為をする側の立場を低める表現なので、これは正しくありません。 「(私のものを)謹んで見ましたか?」とった意味になってしまうので注意です。 「見る」の尊敬語は、「ご覧になる」です。 ですから、目上の人に対しては「ご覧くださいましたか?」や「ご覧ください」が正しい表現となります。

次の

「拝見しております」の使い方と例文・敬語の種類・別の敬語表現

拝見 拝読 メール

最初に確認しておきたいのは、拝読するは謙譲語であることです。 「読」があるように、「読むこと」を丁寧にいった敬語の一種なのですが、謙譲語ですので自分が自分より目上の人に対して、何かを読ませてもらったときに使う敬語になります。 例えば「上司から借りた本を拝読する」は正しい使い方と言っていいでしょう。 謙譲語は動作をする主体を低める表現 ここで、敬語における謙譲語の意味についておさらいしておきましょう。 敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語に分けられます。 丁寧語は言葉そのものを丁寧に言う表現です。 尊敬語と謙譲語は、その動作をする主体を高めるか低めるかで違います。 例えば「拝読する」は、読むという動作をする主体を低める表現なので謙譲語になります。 それに対し「お読みになる」は尊敬語です。 上司や取引先からの資料やメールなどは「拝読する」が正しい表現 拝読するの表現は、ビジネスシーンなどで正しく使うと相手に喜ばれるでしょう。 敬語が正しく使えることはビジネスマナーとしてとても大事だからです。 拝読するが謙譲語であると意識しておけば、間違えることは少ないでしょう。 上司や取引先からいただく資料やメールなどは「拝読する」という使い方で正しいです。 「拝読いたしました」は二重敬語と捉える人もいる 逆に、敬語を間違えてしまうと相手に悪い印象を持たれてしまう可能性があります。 例えば、上司から借りた本でないのに「先日拝読した本について」などと言うのは誤った敬語の使い方です。 また、「拝読いたしました」という表現はビジネスで問題なく使われているのですが、これを二重敬語であると捉える方もいますので、単に「拝読する」や「拝読しました」と使った方が誤解をうまないでしょう。 「拝見する」「拝聴する」「拝観する」も覚えておきたい敬語 拝読するは読むの謙譲語ですが、それに似ている表現のうち、ビジネスで「拝読する」と同様によく使われるものもご紹介しましょう。 「見る」の謙譲語である「拝見する」、「聴く」の謙譲語である「拝聴する」、「観る」の謙譲語である「拝観する」などです。 どれも相手が見せてくれた物、話してくれた内容に対しての敬語であることに注目すれば正しい敬語として使うことができます。 間違った敬語を使う部下には指摘するべき ここまでは、自分自身が「拝読する」という敬語を使うことについて述べましたが、逆に自分が相手から敬語を使われる場面があるでしょう。 例えば部下に資料を手渡し、その資料を「拝読しました」というのは正しいですが、正しく使えていない場合は部下教育として正しい「拝読する」の使い方を指導すべきです。 取引先が誤った使い方をした場合であれば正しい敬語の使い方を指摘するのは失礼に当たるかもしれないので、どうしても気になれば後日メールなどでさりげなく伝えるのがマナーといえます。 ビジネスシーンでは上司や取引先から頂いた資料に目を通す際「拝読する」という敬語を使用する ビジネスで目上の人と話をするときは、緊張して正しい敬語が使えないこともあるでしょう。 しかし、ビジネスマンとして正しい敬語を使いたいのであれば、日常生活でも正しい敬語を意識すべきです。 「拝読する」は上司や取引先から頂いた資料に目を通す際に使用します。 「拝読いたします」と使う人もいますが、これは二重敬語とされるので、注意しましょう。

次の