モンハン 苦戦したモンスター。 読者レビュー/モンスターハンター3(トライ)[Wii]

モンスターハンターシリーズ

モンハン 苦戦したモンスター

もくじ• 第10位 「ティガレックス 2ndG 」 出典: なんといっても 攻撃判定が大きくそこで当たるのか!?と怒りたくなってしまうほど判定がおかしく初心者はここで躓いてしまったことでしょう。 どうしても判定が分からずかなり苦戦したので次回作以降、かなり強いというイメージが残ってしまってあっさり倒せたときには拍子抜けてしまいました。 第9位「リオレウス 初代 」 出典: 初めてこのゲームをプレイしたときにリオレウスのあまりの強さに驚いてしまいました。 他の作品から始めた私ですが リオレウスがここまで強いモンスターだったのか!と衝撃を受けたことを覚えています。 今では下位クエストでもほいほい倒されるリオレウスですが初代はかなりの威厳のあるモンスターだったようですね。 もし気になる方は是非初代をプレイしてみてはどうでしょうか。 第8位「イャンガルルガ MH4 」 出典: ギルドクエストのみで出現するイャンガルルガですがこのクエストがレベルが上がるにつれて苦行となっていくのは有名です。 特にイャンガルルガの ギルクエ100レベルは 最難関クラスで私は未だに勝つことが出来ていません。 恐ろしい難易度ですが強いモンスターとの戦闘を求めている人は是非ギルクエ100レベルのイャンガルルガを狩猟してみてください。 ただしレベルが低いなら狩猟はできる為ランキングは低めに。 第7位 「キリン 各作品 」 出典: 肉質が固く当たり判定の狭い小柄な体と素早い行動に翻弄されたハンターも多いのではないでしょうか? 酷いと最高切れ味でさえ弾かれることも。 キリンの攻撃にはめられてしまってイライラを募らせたのは私だけではないはずです。 しかし慣れてしまえば簡単に倒せる古龍であり一部のシリーズには地形はめが出来たり、睡眠で眠らせて爆弾で攻める戦法であれば比較的楽に倒せるなど、攻略法が分かれば簡単な部類なのではないでしょうか。 第6位「イビルジョー」 出典: 破壊力のある攻撃と龍属性やられでハンターを苦しめるイビルジョー。 私は見た目で既にビビりながら討伐に向かいましたが 圧倒的な攻撃力ですぐに失敗したことを覚えています。 破壊力のあるモンスターではありますが鈍重な見た目でもわかるようにゆっくりな攻撃なのでしっかり見極めて戦うことで討伐は比較的容易です。 罠肉ももりもり食べるので慣れてしまえば倒せる相手です。 ただし私は苦手意識が消えずいつもビクビクしてしまっています。 第5位 激昂したラージャン 各作品 出典: 通称激昂ラージャン。 常に怒り状態で攻撃速度も速く、怒り状態が解除されない厄介なモンスター。 攻撃力が高いうえに遠距離攻撃も携えているため回復薬を飲もうとダッシュで逃げたが薬を飲む前に電撃でやられた、なんてことも。 見た目も恐ろしく攻略法が分からないうちは何度もクエスト失敗してしまいました。 ただでさえラージャンが苦手な私は激昂ラージャンだけは討伐したくありません。 夢に出てきたら嫌なモンスターランキング上位ですね………。 第4位 テオ・テスカトル 出典: 粉塵爆発に突進、恐ろしい攻撃力に散っていったハンターは多いでしょう。 予備動作の少ない攻撃が多く見てから回避が余裕ではない彼にガンナーの私は瞬殺されました。 剣士で挑めば近づくだけでダメージを受け、避けにくい攻撃が多いテオは嫌いな人も多いことでしょう。 まさに炎王。 スーパーノヴァでとどめを食らってクエスト失敗!この強さはお墨付きです。 BGMも恐ろしいですよね。 第3位「UNKNOWN MHF 」 出典: 大人気モンスターであり謎の多いUNKNOWN。 突然の乱入に当時の私はトラウマになるかと思いました。 強さもお墨付きで用意もできていない乱入では太刀打ちできないこともありました。 乱入時のBGMが恐ろしく、記憶にくっきりと残ってしまっています。 携帯型ゲーム機でモンハンをプレイされている皆さんも、一度UNKNOWNと戦ってみてはいかがでしょうか?心に残ること間違いなしです。 第2位「ミラボレアス 各作品 」 出典: 古城シュレイドを徘徊する、この世に災厄をもたらすと言われる巨龍。 その名に恥じない強さと難易度で裏ボスとしての威厳を保ってきたモンスターです。 亜種を含め三匹居て、ミラボレアス、ミラルーツ、ミラバルカンと呼ばれているがゲーム内表記は全てミラボレアスです。 作品内の人々は存在すら信じていない架空の龍である為 ゲーム内で攻略のヒントを得ることが出来ないという恐ろしい存在。 長い尾に長い首攻撃範囲が広くとても強いです。 ミラボレアスが倒せるあなたならモンハン上級者を名乗ってもいいのではないでしょうか。 ド派手なエフェクトと共に繰り出される攻撃は当たったら即死級のもばかり。 並のハンターは討伐できません。 かく言う私も45連敗の末友人との4人パーティーで制限時間ギリギリの討伐に成功したというレベルになります。 ここまで強いモンスターを作ってしまってもいいのか、と思うレベルで苦戦必至の強さは必見です。 さらなる高みを求めるハンターがいましたらディスフィロアに挑戦してみてください。 私はもう行きたくないです。 まとめ どうだったでしょうか?意外なモンスターがランクインしていたかもしれませんね。 古龍種は特に難易度が高いのでランキングは悩みましたが私が苦戦したモンスターはこれくらいなので参考にならないかもしれませんがどれも強敵で一筋縄ではいきません より強く、より逞しいハンターを目指すあなたはこのリストをみて強そうなモンスターと戦ってみてはいかがですか。

次の

モンハンワールドアイスボーンの最強モンスターの種類や名前【MHWI】

モンハン 苦戦したモンスター

モンスターハンターポータブル 初めてプレイした作品で思い出はたくさんあります。 当時はネット情報もあまりなく「何をするにもほとんど手探り」 そんな状態でした。 今となっては初期ハンマーで倒せますが当時は完全初心者でしたw 集会所のディアブロス2頭の緊急討伐クエスト 「4本の角」をクリア出来なくて ものすごーく足止めされた思い出もあります。 当時はほんとに初心者だったこともありクリア出来たときは思わずガッツポーズをしてしまいました 笑 プレイ時間は550時間ほどで ソロプレイでイベントクエスト以外のクエストを全てクリアしました。 この頃はモンスターは攻撃力は高いですが今のように隙潰しなどはなく しっかりとモンスターの動きを見ていれば• 「どのタイミングで攻撃をして」• 「どのタイミングで避ける」 これらがしっかりわかるシステムでした。 いわゆる「ターン制」だったんですね 「絶対当たってないだろ」 なんて抗議したくなるような亜空間当たり判定も多かったですが モンスターの動き事態はわかりやすく「プレイしていて成長を感じられる」 そのためすごく楽しかった記憶があります。 当時の武器種は7種類ほどしかなかったという歴史! モンスターハンターポータブル 2ndG• オトモアイルーが追加• G級復活の完全版。 このソフトが発売して10年が経過してますが いまだに「1番楽しいモンハン」など言われている作品 ですが、この作品から少しずつ隙潰しが目立つようになってきましたね。 頭部で打撃が弱点だった金銀は打撃が弱点ではなくなったという改悪 高台ハメもことごとく修正された作品 モンスターハンターポータブル 3rd• G級なしの上位まで• 武器にスラッシュアックスが追加。 PSP最後の作品 2ndGの難易度が高かった為か 3rdの難易度はだいぶ簡単になりました。 ですがモンスターの動きが3仕様に一新されリオレウスなどは前作のようにターン制ではなくなり隙潰しが酷くなりました。 モンスターハンター 3G ハードがPSPから3DSに変更• 水中追加• モガの森追加• オトモがチャチャとカヤンバに変更 お馴染みの隙潰しはもちろんありますが 個人的には1番楽しいと思うソフト! 新モンスターの ブラキディオスは戦っていて楽しいですし、戦闘BGMがめちゃくちゃカッコいいです! 新しく追加されたモガの森とは 孤島のフィールドを「時間制限なしのフリーモード」にしたもので、倒したモンスターが乱入してくるシステムもあり、自給自足ハンター生活プレイも可能な場所です。 水中のシステムは「いらない」なんて言われることもありますが 個人的には広いマップなら水中も悪くはないです。 水没林の水中はクソです 笑 難易度自体もソロで問題なく進める難易度であり、モガの森もあるのを踏まえても1番楽しいソフトですね! ただ3仕様になってからリオレウスなどは隙潰しだらけの糞モンスターになりました。 ナルガクルガ稀少種 グランミラオスなどと戦えるのはこのソフトだけ!!! モンスターハンター4• 改悪個体「凶龍化」の追加• 武器にそうちゅうこんの追加• 武器にチャージアックスの追加• 新システムで乗りが追加• ネットからのオンライン機能追加 このソフトの前半はまあまあ楽しいです。 モンスターハンター4G 前作4の完全版• 極限個体追加 4Gは過去最大級の露骨な隙潰しだらけで ユーザー不在の開発の自己満足ゲーム まさにこれです。 「なにがなんでも狩らせたくない」• 「どうせ売れるからいいや」• 「狩れるなら狩ってみれば?」 こんなことが聞こえてきそうなゲームです。 具体的にいうと• 閃光玉、音爆弾、こやし玉のエリア移動を促す効果を無効化• 落とし穴およびシビレ罠を完全無効化し、触れただけで破壊• オトモの合体技 猫式突撃隊、猫式火竜車 を無効化• 属性攻撃完全無効化• 状態異常完全無効化• スタン・減気攻撃無効化• 武器の斬れ味に関係なく当たった攻撃を弾く ハンターに弾かれモーションを取らせる• スキルの心眼や、双剣の乱舞や太刀の気刃斬りなどに備わる弾かれ無効効果を無力化• 業物スキルの効果を無効化 スキルの有無に関わらず強制的に斬れ味の消耗が激しくなる• 操虫棍の猟虫の攻撃を無効化 エキスも採取不可• 斬撃・打撃・固定ダメージによって受けるダメージを8割減• 弾ダメージを完全無効化、更に弾き返し発生• 部位破壊時を除き、ダメージを蓄積しても一切怯まず転倒もしない• 疲労状態にならない 特定のアイテムを使えば一応一定時間普通には戦えます。 そのアイテムに強制弾かれを無効に出来る効果のアイテムもあります。 ですが、使える時間が短く「再使用時間も長い」 アイテムで極限状態を解除しても、 しばらくしてまた極限状態になってアイテムによる解除も免疫がつく糞仕様です。 モンスターハンタークロス• 改悪個体 獰猛化個体の追加• 狩技追加• スタイル追加 いろいろ新システムが追加された外伝作品 ボタン押しっぱで採集や剥ぎ取り可能になりました。 個人的にはだいぶ楽しめました。 モンスターハンターダブルクロス スタイルに• レンキンスタイル• ブレイブスタイルの追加• G級追加• 獰猛化個体は相変わらず• 大型モンスター数が過去最大 90以上 詳しくはここ! モンスターハンターワールド ハードがPS4に変更 フィールドの広さが2倍以上になりシームレスに変更 新規モンスター大幅に追加 過去作のモンスター大幅に削除 ワールドの大モンスター数は30ほど 詳しくはここ! 結局おすすめのモンハンはどれ?• 超綺麗なモンハンがしたいなら間違いなく「ワールド」• ソロで高画質ならワールド• オンラインでやりこみたいならダブルクロス• ソロでのんびりやりたいなら3G• ハンター生活をしたいならモガの森がある3G• 鬼畜がいいなら4G• PSPしか持っていないなら2G 僕の場合は 寝転んで手軽にやりたいので今でも3Gをプレイしています! そんな感じ! 「3G」「4G」「クロス」の中古なら300円くらいで格安なのでお試しで買ってみるのは全然ありです!.

次の

モンハンワールドのキャラメイクでやり直しできる箇所できない箇所(MHW)

モンハン 苦戦したモンスター

「アイスボーン面白いから買え!」 なんて言っても今さらですよね。 でも言わざるを得ません。 ストーリークリアだけで値段分楽しめたからです。 とはいえ、僕もプレイする前は 「DLCにしては定価高すぎじゃね?カプコン調子乗ってんの?」 「ワールド 無印 やりまくって飽きたけどアイスボーンで復帰して楽しめるのか?」 など気になっていました。 本記事ではその辺の疑問・不安に答えていきます。 正直、モンハンぐらいの人気作品だと僕の記事なんぞに需要は無いので記事を作る気は無かったんです。 でも自分なりに体験したアイスボーンの魅力をお伝えしたいと思い、作ることにしました。 ・無印からの復帰勢 ・無印未プレイのワールド新規勢 両者それぞれに向けてアピールする点を書きました。 購入を迷っている方の参考になるかと思います。 本記事はストーリークリアまでの感想で、その後のやり込み要素やエンドコンテンツは省いています。 まあどんな仕様であれ、クリア後は詰まるところプレイヤーのやる気次第ですから。 あえて語る必要はないかなと。 僕がどんなハンターなのか気になる方は無印の記事をご覧ください。 ワールドがほぼ初モンハンの初心者。 今は大剣使いです。 もくじ• 無印からの復帰勢におすすめする理由 無印からの復帰勢とは、僕のように無印をある程度やり込んでから手放した人。 いったん飽きているので、DLCにしてはお高い価格設定にプレイする前は「カプコンの商法ふざけんな!」思っていたんです。 でもプレイしたらそんな感情はすぐ吹き飛びました。 ・新規のモンスターが多くてボリューム満点 ・強敵揃いで歯ごたえ十分 この2点により飽きるヒマがありません。 やっぱりモンハン面白いです。 ボリューム満点 ボリュームは十分。 DLCというより1本の新作をプレイしているような感じです。 ストーリーは、 めっちゃ上手い人が初見最速クリアを狙って10時間ぐらいの長さ。 僕は25時間かかりました。 ちなみに、僕はほぼモンハン初見で無印版を発売日に購入したのですが、その無印版クリアと同じくらい時間かかってます。 まっすぐ進めばもっと早くクリアできるかもしれません。 でも装備方針を右往左往しながら普通に楽しめばこれぐらいかかります。 つまりボリュームは無印と同等、合わせて倍増。 ただ時間的なボリュームが多いだけではありません、中身が濃い! 新規参戦モンスターが多いので、次から次へと新モンスターが登場。 使い回し・水増し感がなく豪華です。 アンジャナフ亜種なんて元から変わりすぎで「お前そんな奴だったか?」と驚きます。 ネロミェールも美しい… このボリューム&作り込みに対して「ボリュームが薄い」と言う人はよほどのモンハンガチ勢か、難癖つけ勢か、揚げ足取り勢かと。 僕にとっては十分。 ストーリークリアするだけで新作1本ぶんの満足感がありました。 やりこみ要素と今後配信されるコンテンツを含めればどれだけ遊べるか見当もつきません。 無印をはるかに超える歯ごたえ アイスボーンのクエストは、無印版の「下位・上位」を超えるマスターとなっています。 マスターの敵は上位と比較にならないほど強い。 これには無印をクリアしたプレイヤーも苦戦は必至です! クラッチクローしないとダメージ通らないとか、閃光が効かないとか、敵の耐性強化+攻撃強化でマゾ要素が増加。 わかりやすい隙が無いためずっとモンスターのターン。 コイツらやりたい放題か!と言いたくなります。 しかも敵の体力が多すぎて、効率良く攻撃できないと戦いが長引く。 メインモンスターのイヴェルカーナなんて、無印モンスターを相手にしてる感覚で戦うと何もさせてもらえません。 コイツに比べれば無印のディアボロス亜種なんて可愛いもんですよ。 大剣のようなモーションが遅い武器を持っていると、参戦するゲームを間違えたような気がしてきます。 それほどアイスボーンの敵はスピードが違う。 このように、敵の耐性・体力強化でマゾい方向にいってるのは賛否が分かれるところです。 とはいえ、 無印をクリアしたプレイヤーなら「歯ごたえ」として楽しめる範囲。 それにDLCなので無印と違う要素があって然るべきかなと納得はできます。 僕は無印から1年半のブランクを埋めるリハビリから始まったので序盤から苦戦しました。 なんせシステムと操作を忘れた上、いきなり無印クリア前提の難易度。 体験版ティガレックスで慣らしていたのに、序盤のシシガミ様みたいな奴にボコボコにされました。 コイツが巨木を使ってブルドーザーみたいに突っ込んできたときは我が眼を疑いましたよ。 でも、サクっと倒せなくても気にする必要はありません。 むしろ長く楽しめると思えばお得じゃないですか! と自分に言い聞かせる日々。 今からでも新規におすすめする理由 ここまで述べてきたように、アイスボーンは無印版をクリアしていったん離れたプレイヤーが満足できるボリュームと歯ごたえがあります。 しかし「無印版もやっていない」という新規の方は ・これからモンハンをプレイし始めて楽しめるのか ・アイスボーンでガッツリ遊んでいる人に追いつけるか が気になるところかもしれません。 でもご安心ください。 ・唯一無二の狩り体験は味わう価値あり ・コツコツやっても1ヶ月あれば追いつける 上記により、今からプレイしても楽しめます。 新規の方、迷っているなら今が買い時ですよ! 唯一無二の狩り体験 モンハンで味わえるのは唯一無二の狩り体験。 僕はモンハン以降、「ゴッドオブウォー」や「ホライゾンゼロドーン」など高品質なアクションゲームを遊んできました。 それらと比べてもモンハンの 「生きてるモンスターを相手にしている感」は唯一無二です。 だから「生きてるモンスターを狩った」感も唯一無二。 これがモンハンをモンハンたらしめている要素。 この狩り体験は他のゲームじゃ味わえません! モンスターを斬ると肉を断ち切る手応えが伝わってきます。 どうやったらこんなフィーリングが出せるんですかね。 自分と相手のモーションがドンピシャに噛み合って生まれる味。 形だけ真似てもこうはならないでしょう。 グラフィックは今見ても美しいです。 PS4ソフトの中でもトップクラス。 画面に収まらないモンスターがところ狭しと暴れまわる光景は、もう大自然の驚異というしかない。 ただ圧倒されます。 特にアイスボーンの新マップは見応えあります。 PS4を持っているなら、これを体験しない手はないかと。 無印から初めても追いつける 通常、マルチゲームは経験値やレベリングに差がつくと初心者はなかなか追いつけません。 その点、モンハンはカジュアルです。 今から無印をコツコツ始めても、年内にはアイスボーンを遊び込んでいるプレイヤーに追いつけます。 モンハン初心者が無印から始めて、アイスボーンをクリアするのに50時間、やり込みに50~100時間といったところ。 1、2週間ガッツリやれば追いつけるかなという感じ。 武器種にもよりますが戦闘に難しいテクは要求されません。 重要なのは慣れと知識。 少しづつ学習して経験を積めば、モンハン未経験で始めてもクリアする頃には立派なハンターになれます。 装備をこだわればキリがありませんが、ベストではなくベターで妥協すればわりとすぐ揃います。 いくら良い装備があっても、敵の攻撃もらいまくってるようでは意味ないので初心者はベターで十分。 よって、 時間がある方は1、2週間ガッツリ。 毎日コツコツな方は1、2ヶ月。 それくらい遊べばマルチの前線で戦えるようになります。 だからといって底が浅いわけではなく、腕の上達も装備もこだわれば底なしに遊び込める。 カジュアルさとガチのやり込みを両立しているのがモンハンの凄い所ですね。 「あとこれさえあれば作れるのに!」って素材を求めて狩り続けて1日終わったり、 狩りマラソンしてるうち他に欲しいものを思いついたり。 こだわればやり込みが終わりません。 ちなみに、今更ですがアイスボーンは無印をクリアしないと遊べません。 無印をすっ飛ばしてアイスボーンからやりたい気持ちもわかりますが、アイスボーンは無印クリア前提の難度なのでいきなりだとキツイです。 無印からじっくりやっていきましょう。 狩り中はシームレスに楽しめますが、エリア移動・クエスト前後のロード時間だけは気になります。 本気でモンハンを楽しみたい方には手軽に使える「外付けSSD」がおすすめ。 USBにつなぐだけで使えます。 その効果は絶大で、通常はエリアロードに70秒かかるところがSSDを使うと30秒以下に短縮。 この差はデカいですよ! 本編で苦戦した強敵TOP5 最後にオマケとして、本編で苦戦した強敵TOP5を紹介します。 ぶっちゃけ全部苦戦してますが、中でも絶望を味わい、アイテムが枯渇した強敵達。 「苦戦」というのは完全に主観ですから、内容はほぼ思い出話(笑 あと、僕は面倒くさがりなので基本的に準備不足で挑んでます。 たぶんプロモーション映像以上のネタバレは無いので、未プレイの方も安心してご覧ください。 ティガレックス イヴェルカーナを倒した感想を書こうと思って体験版を始めたのに、その前にティガレックスが強すぎて倒せないのです! 計3時間戦ってようやく撃破。 体験版なのに燃え尽きました。 ずっと暴れてるから隙がありません。 今考えると、装衣を着てクラッチクローで張りつくとか色々やり方がありますが、そんなこと知らないのでひたすら正面から斬ってました。 そりゃ苦戦するわ。 本編始める前からさっそく 「俺、アイスボーン無理かも…」 「無印のアンジャナフから出直そうかな…」 と自信を失った相手です。 ベリオロス やはり思い入れ深いのはこのベリオロス。 前半の壁。 なんという瞬発力。 一瞬で刈り取られます。 ゲーム開始して「さあこれから狩りまくるぞ!」と意気込んでいるときに3時間足止めを食らい、くじけそうになりました。 ここで「ふざけんな!このクソモンス!」とキレ気味に文句をいうか、 「自分の立ち回りを見直すチャンスをくれてありがとう」と感謝するか。 ヤギという人間の真価が問われている気がしました。 その後、トレーニングエリアで修行して大剣の基本操作と強化撃ちコンボを習得。 そして、制限時間2分前まで続く激戦の後に撃破。 その後はベリオロスに鍛えてもらったおかげでスムーズに狩りが進みました。 今では成長の機会を与えてくれたベリオロスを師匠のように思っており、ベリオ師匠とお呼びしています。 でもこのゲーム、ベリオロスより強いモンスターがいるってマジ? そんな奴いるかーな? イヴェルカーナ そんな奴いました。 イヴェルカーナは中盤の大ボス。 ドラクエ6でいうムドーです ? とにかくやりたい放題。 反撃さそってバクステからのカウンターとかやめてくれ~ この強さを目の当たりにすると 「イヴェルカーナ、たおせるかーな」なんてダジャレも自然に出てきます。 氷やられがセットでついてくるのがヤバいです。 ウチケシの実がいくつあっても足りぬ! まともに攻撃するのはあきらめて「転身&不動」装衣を着込みつつクラッチクロー連打で倒しました。 効率悪いので「何回乗れば倒せるんだ…」と気が遠くなりますが、プレイヤースキルは必要ないし氷やられも無視。 どうしても勝てない、奴の動きにつき合うのが面倒って方にこの戦法おすすめです。 死を纏うヴァルハザク このヴァルハザク、ダルすぎて二度と戦いたくねぇ~ なんせマルチで害悪呼ばわりされてる 「瘴気耐性つけてこない近接」とは私のこと。 僕みたいに準備を面倒くさがると余計に面倒くさいことになります。 耐性をつけてもカビによるスリップダメージがエグくて、不動で張りついたらゴリゴリ削られてあっという間に落ちました。 古代樹との組み合わせも厄介。 辺り一帯カビだらけ! ラスボス ??? すぐ倒せると思って21時から始めて、気がつけば深夜2時まで戦っていました。 30分の長期戦を10回やりましたよ。 後半はストロングゼロ飲んでストレスを緩和 笑 行動パターンは単調なので対処しやすいけど、とにかく硬い。 精神的に疲労させて、噛みつきや爪ひっかけてダウン。 起き上がりをソニックブームで確殺。 このコンボを何回食らったかわかりません。 即死攻撃もあります。 「こっちは何十発と殴ってるのに、あっちは1発当てるだけとはずいぶんと不公平じゃないか!」 と言いたくなります。 でもラスボスが強いと言ってる人を見かけないので、たぶん僕が苦手にしてるだけです。 「倒すまでやってやる!」とこんなに意地になったのは久しぶり。 完全に燃え尽きました。 まとめ:復帰&新規問わず気になるなら買おう! 想像以上のボリュームと強敵を相手にして、久しぶりにがっつりゲームを遊んだ気がします。 僕のようにいったん離れたモンハンワールドに復帰できるか、モンハン熱が再燃するか不安な方は思いきって買っちゃいましょう。 ストーリークリアだけでも満足感があるので百時間も遊ばなくても元を取れます。 マスターエディションが約6000円で買えるのでお得感ありますよ。 余談ですが、 「カプコンが放つ新しいアクションゲーム、その名はモンスターハンター!」 みたいな記事が載ってる古いファミ通が実家にあります。 あの頃はモンハンが国内最大級のビッグタイトルになるなんて想像してなかったな~ では、この辺で記事を締めます。 マルチの狩り場で会いましょう! 最近はプレイした感想をこまめにツイートしてます。 ブログとは違うリアルタイム感がありますのでツイッターもフォローして頂けると幸いです。

次の