アラフィフ 恋愛 年下。 アラサー女性が結婚相手として狙いめなアラフォー、アラフィフ男性たち

アラフィフの恋愛の楽しみ方!年下男性と恋するための13個の秘訣

アラフィフ 恋愛 年下

アラフィフ世代の恋愛が世間を賑わせているが、その背景にあるものは? 「50代でも不倫なんてするの?」と若い人は驚くかもしれない。 確かに20代から見たら「50代の恋なんてイタイわ」と思うだろう。 だが、50代になればわかる。 恋心に年齢は関係ないということが。 今の50代は、恋愛至上主義とバブルを生きてきた世代 今の50代から下の年代は、若いころから恋愛の薫陶を受けてきた。 それより上の世代が「結婚するまで女性は自分を大事にしなければいけない」という処女信仰を親や世間から押しつけられてきたのと違い、「恋愛のひとつやふたつしてから結婚したほうがいい」「同棲くらいしてから結婚したほうがいいのではないか」という価値観の中で育ってきた。 しかも20代のころにバブル前夜からバブル真っ盛りを過ごしている。 景気がよく、女性は女性であるだけでちやほやされた。 恋愛への抵抗感も少なく、男性と接することイコール恋愛ではないことも経験済みだ。 当時の曲を流す「バブル時代を復活させたディスコ」には、今、多くの50代女性たちが通っている。 中には若かりしころのボディコンファッションの女性もいる。 そういう場所では、新たに恋愛も勃発しやすいと彼女たちは語った。 30歳前後で結婚した彼女たちも、もう子どもたちが成人、独立した世代。 改めて自分と向き合い、仕事や趣味に前向きになっている。 40代後半になってから久しぶりに仕事を始めたヨウコさん(54歳)は、社会と再度接点をもってみて独身時代に戻ったような新鮮な気持ちになったという。 「そういえば独身時代は、男女関係なくみんなで飲みに行って楽しかった、朝まで遊んだこともあったなと思い出しました。 専業主婦時代が長かったんですが、独身のときの感覚はすぐによみがえってきた。 そして恋愛感情も」 封印していた恋愛感情は、社会に出るとすぐ戻ってきた。 そして彼女は、職場の年下上司と恋に落ちてしまった。 「好きな人がいるというのが活力になるんですよね。 お互いに結婚しているからダブル不倫と言われてしまうのだろうけど、男女がいるところには恋愛沙汰は起こるでしょう。 周りに迷惑をかけずに密かに静かに潜行しています(笑)」 一昔前なら、既婚なのに恋をしてしまった、どうしよう……と戸惑う女性が多かったのだが、今どきの特徴として、不倫をしている女性たちに罪悪感はない。 それも「結婚と恋愛は別」だからだ。 50代の恋愛は、今までの人生があったからこそ惹かれ合う これが最後の恋愛かもしれない、と考え始める世代でもある。 「お互いに家庭があるけど出会ってしまった。 でもだからこそ出会ったとも言える。 つまり、ふたりとも独身時代に出会っていたとしても恋に落ちなかったのではないかと思うんです。 家庭も含めて今までの人生があって、ここで出会ったから恋になった。 そう考えると、これも貴重な出会いなんだろうと感じています」 サトミさん(55歳)はそう分析する。 彼女も仕事関係で知り合った同世代の既婚男性と3年にわたってつきあっている。 携帯が登場して「対個人」で電話やメールができるようになったため不倫がしやすくなり、今はスマホでますます連絡が簡易になった。 携帯電話の時代は週末、家で携帯ばかり気にしているのはおかしいと言われたものだが、今はいつでもスマホを握りしめていても「ゲームやってる」ですんでしまうのだ。 不倫カップルが「思いつめる」ことが少なくなっている。 それも、酸いも甘いもかみ分けた世代だからこそ。 「これが最後の恋かもしれないと思うと、せつなさゆえに燃えるところもあります。 子どもたちも成人した今、これからはひとりの女性として自由に生きたい。 女として最後に輝く瞬間かもしれないから……」 サトミさんの夫もまだ現役で仕事をしているが、彼女にとって夫はすでに「男」ではない。 「女として最後に輝きたい」と思っている女性たちにとっては、「男」との関係がある意味で欠かせないのかもしれないと感じる。 異性を意識することによって、自分の中の「女性」が頭をもたげてくるからだ。 「これが最後の恋かもしれない」が50代女性の台詞になった かつて40代後半の女性たちが更年期にさしかかって、「もう今しか恋をする時期がない。 50歳を越えたら恋愛なんかできない」とせっぱつまったように話していたのを思い出す。 今はその危機感が50代後半になってやってきている。 50代女性の恋は芸能人だけでなく一般女性にもあり、いずれも恋をしていることで、元気で生き生きしているように見える。 不倫の場合は善悪の問題がついて回るが、この年齢になると「欲望に忠実」であることは活力のひとつになのかもしれない。 【関連記事】•

次の

アラフィフ女性の恋愛事情、年下男性との恋の秘訣5選

アラフィフ 恋愛 年下

アラフィフでも年下男性と恋愛は可能? 実は年上女性が好きな男性が急増中!その恋のルールとは? 「アラフィフだから、もう恋はできない」とあきらめている女性はいませんか? 実は、いま年上女性と恋愛したいという男性が急増中なのです。 そこには、いろいろな理由があるでしょうが、自分より人生経験が豊富で自信に満ちた姿に惹かれる男性も多いようです。 でも、年下男性との恋愛はアラフィフ女性にとって、その恋愛はハードルが高くなりがちです。 そこで、年下男性としあわせな恋愛をするにはどういうことに気をつけたらいいのか、その秘訣についてご紹介します。 キーワードは自信!輝いている女性に年下男性は惹かれる 1. 相手が年下だからといって引け目を感じない アラフィフ女性が年下男性と恋愛することになった場合、多くの女性は自分の年齢を考えて引け目を感じてしまいやすくなります。 そして、どこか相手に対して弱気な態度になる人も多いです。 でも、実はそれは年下男性との恋愛において逆効果なのです。 年下男性がアラフィフ女性に魅力を感じるのは、長い人生経験から来る自信であることが多いからです。 もちろん、ケースバイケースでその女性個人の魅力がどこにあるのかはケースによって異なります。 ただ、女性側が常に自分の年齢に引け目を感じていると、その姿は年下男性からするとマイナスイメージになりがちです。 本当は引け目を感じていても、あえて堂々とおつきあいしましょう。 そんなあなたの姿が相手には、とても魅力的に映るはずです。 関連記事• 前向きな生き方を忘れない 恋をすると女性は弱くなりがちです。 「彼に好かれたい、嫌われたくない」という気持ちが強くなって、いままで自信に満ちていた女性も急に弱気になってしまうのです。 でも、年下男性の多くはアラフィフ女性と恋愛する場合、相手の包容力や前向きな生き方さに惹かれることが多いです。 そんなとき、女性側が弱気になってしまうといままで男性側が感じていたその女性の魅力が消えてしまうことになります。 「相手に嫌われたくない」という弱気な気持ちによって、逆に相手に魅力的に映らなくなってしまうとしたらもったいないことです。 「相手に好かれたい」という気持ちをもつことは自然なことですが、ここはあえていままでの自分の前向きな生き方を崩さないように頑張りましょう。 あえて、自分の生き方を貫こうとする前向きな生き方が彼には魅力的に感じられるからです。 関連記事• 恋愛において重い女性にならない アラフィフ女性に限らず、年上女性と年下男性との恋愛で起こりがちなことに、つき合う前は女性側のほうが追われる側だったのにつき合いはじめると女性側が追う立場になることがあります。 経験がある人も多いとと思いますが、自分が追っていた相手に逆に自分が追われ始めると意外にも重く感じられる場合があるのです。 特に、アラフィフ女性の場合年齢的に自分のほうが不利なことがわかっている分、相手を逃したくない一心で追い始めることが多いのです。 でも、そうなると今度はいままで女性を追っていた男性側は、急に気持ちが醒めてしまいがちです。 いままで追っていたからこそ、相手が魅力的に感じられていたからです。 なので、追いたい気持ちは強くてもあえて「重い女」にならないように気をつけましょう。 アラフィフ女性とつきあうことのデメリットを確認 男性は意外と現実に疎いところがあります。 なので、アラフィフ女性と年下男性との恋愛が女性にとってどれだけ大変なことなのか、あまり理解しないままつき合いはじめるケースも多いです。 そして、最終的にはそのデメリットに気づいた年下男性に女性が振られ、傷つくパターンも少なくありません。 ですから、最初に男性側に「アラフィフ女性と年下男性がつきあうということには、どういうデメリットがあるのか」というその現実を男性側に教えておきましょう。 そして、それを知った上でもつきあいたいのか確認しておくことです。 でないと、あとで女性側のほうが深く傷つくことにもなりかねません。 せっかく年下男性とおつきあいできるチャンスが来たのに、盛り下がるような話をすることは女性にとっても気の進まないことです。 でも、自分自身のためにもその点はしっかり確認しておきましょう。 万が一、相手が別れを切り出して来たら追わない 年齢差のある恋愛の大変さをお互いに確認しあった上でつきあったとしても、人の心は縛れるものではありません。 男性側の気持ちが離れていく可能性もありえます。 大事なのは、そのときに追わないことです。 若い人同士の恋愛でも別れ話を切り出したとき、相手から追われるとさらに逃げたくなるものです。 相手が別れを切り出した理由がどういうものであれ、すぐに了承してきっぱり別れることが大事です。 そのためにもおつきあいをしている間、そういうことも起こりうるということを覚悟しておきましょう。 結果として相手からプロポーズされて結婚できれば、それが一番のハッピーエンドです。 でも、ある程度心の準備をしておけば、万が一の場合スマートに恋愛を終えることができます。 大人の女性として、さまざまな可能性を考えておくことは大事です。 アラフォフでも追われる女性でいつづけるために! 重い女性はNG!どこまでも男前な恋をしよう アラフィフ女性が年下男性と恋愛をするって本当にかっこいいことです。 でも、それを継続していくにはある程度の覚悟が必要です。 若い男女の恋愛でも重い女性は男性から引かれますが、アラフィフ女性であればなおさらだと考えてください。 もちろん、そのなかにはいつか結婚へゴールインするカップルもいるでしょう。 でも、たとえうまくいかなかったとしても素敵なエンディングができる恋愛をする・・・それがアラフィフ女性が年下男性と上手に恋愛をする秘訣です。

次の

アラフィフ を恋愛対象と考える年下男性〜どんなアラフィフ が恋愛対象なの?

アラフィフ 恋愛 年下

どうも、浅羽英明です。 今日も一緒にを目指していきましょう。 私はよく40代、50代の女性の読者様から、 10歳、20歳下の年下彼氏や 年下男性との恋愛について相談を受けています。 今や年の差カップルは普通で、 むしろ、私はアラフォー、アラフィフ女性ほど、 年下男性にモテると思っています。 理由は40代、50代女性の 「年齢を重ねた余裕から来るの高さ」 です。 これに関して とある婚活してる20代女性の話があります。 この女性は婚活で出会った同年代の男性と 初めてデートすることになりました。 しかし、この男性は話すのが苦手な草食系らしく、 デート中、常に女性の方から話を振り、 質問し、男性の話に耳を傾け続けました。 するとデートの別れ際に男性が こんなことを言ってきました。 「こんなに話が合う女性は初めてです。 お付き合いしてくれませんか?」 もちろん、女性はお断りしました。 だって男性がそう思ったのは、 女性が意識して話を聞き続けたからです。 この女性は自分がしたことを 男性にしてもらいたかったからです。 この話を聞いてあなたはどう思ったでしょうか? もしあなたが20代くらいの女性なら、 きっとこの同年代の男性に対して、 上の話の女性と同じ気持ちになったと思います。 しかし、もしあなたが 40代、50代くらいの女性なら、 きっとこの年下男性に対して、 別の感情を持ったと思います。 全員ではないでしょうが、 20代女性が付き合いたいと思う男性は どちらかと言うと、引っ張ってくれて 自分の話を聞いてくれる男性だと思います。 対してこちらも全員ではないでしょうが、 40代、50代女性は引っ張ってくれて 自分の話を聞いてくれる男性でないと 付き合いたくないとはあまり思わないのではないでしょうか。 少なくとも年下男性に対しては、 20代女性ほどこれらを求めないと思います。 試しに想像してみてください。 あなたが40代か50代の女性として、 20代くらいの男性とデートしたら その男性が話すのが苦手そうなので、 こちらから話を振ったり、質問してたら 帰り際に 「こんなに話が合う女性は初めてです。 お付き合いしてくれませんか?」 と言われたところを。 嬉しいと感じるのではないでしょうか? 40代、50代女性は年下男性に対して、 20代の女性ほど引っ張ってってほしいとか、 話を聞いてほしいと期待してないと思います。 むしろ、しどろもどろしてる年下男性を かわいいと感じるのではないでしょうか。 これが20代女性が持ってない 「年齢を重ねた余裕から来るの高さ」 です。 そして、今の時代、会話ベタで 恋愛ベタな草食系の年下男性が圧倒的に増えています。 こういう男性は親密系の魅力を与えてくれる女性、 つまり、年齢を重ねた余裕からくる 親密系の魅力が高い40代、50代の女性を求めています。 では年下男性と付き合うために何をしたらいいのか? それは上の話に出てくる女性のように ただを与えるだけです。 それだけであなたも 「こんなに話が合う女性は初めてです。 お付き合いしてくれませんか?」 と年下男性に言われてしまうと思います。 ぜひ、試してみてください。 今は年齢とは無関係に 恋愛を楽しめる時代なんですから。

次の