七夕 イベント 大阪。 関西(兵庫・大阪・京都)の七夕イベント2020年 おすすめ・人気スポット 阪神間をあそぼう

七夕といえば?食べ物・行事食・願い事・歌・祭りやイベントのまとめ

七夕 イベント 大阪

Contents• 七夕イベント大阪2017デートにおすすめのお祭りまとめ! 平成OSAKA天の川伝説 天満 天満橋を流れる大川で毎年開催される、大阪で最大の規模を誇る七夕イベント。 LEDで光る玉状の照明を川に流して、天の川を再現するという幻想的な催しが行われます。 この光る玉は放流券を購入すれば自分で流すことができ、短冊もセットでついているのでお願いごとを書いて大阪天満宮や生國魂神社に奉納することもできます。 会場には天満橋周辺の飲食店がスペシャルメニューを用意して集結した、大阪七夕バルも登場。 グルメ好きも必見です。 他にも船の上でクルージングを楽しみながら、青い光で包まれた大川の景色を堪能する天の川クルーズなど、様々なイベントが行われます。 開催日時:7月7日 昨年 開催場所:大川 大阪市中央区天満橋~北浜 アクセス:京阪本線または地下鉄御堂筋線「北浜駅」「天満橋駅」より徒歩 梅田七夕 梅田スカイビル ビジネス街にそびえ立つ高層ビル、梅田スカイビルを中心として行われる七夕のイベント。 スカイビル周辺の各スポットが七夕飾りで彩られ、普段とはひと味違った雰囲気を演出しています。 特に見ものなのは、仙台七夕に使用される大きな七夕飾り。 願いごとを書いた笹の葉で笹舟を作って池に浮かべる、笹舟燈籠もとても幻想的です。 縁日やライブといったイベントも行われ、スカイビル内の飲食店では七夕限定メニューも登場します。 もちろん七夕飾りやグルメを楽しんだあとは、スカイビルの展望台から美しい夜景を眺めるのもおすすめです。 開催日時:2017年7月6日 木 ~8日 土 開催場所:大阪市天王寺区四天王寺1丁目11-18 四天王寺境内 アクセス:JR環状線または地下鉄「天王寺駅」、地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」、近鉄南大阪線「阿倍野橋駅」より徒歩 星田妙見宮の七夕祭り 北斗七星のうちのひとつが落ちてきて、御神体になったという言い伝えを持つ星田妙見宮。 星を祀っているだけあって七夕とのゆかりも深く、毎年七夕の時期にはお祭りが行われます。 境内にはいくつもの笹飾りで彩られ、屋台の数々でも賑わいます。 雅楽やビンゴゲーム、太鼓、紙芝居などといったイベントもたくさん。 最後には美しさと儚さ漂う七夕飾りのお焚き上げで、お祭りが締めくくられます。 開催日時:7月7日 開催場所:大阪府交野市星田9丁目60-1 アクセス:学研都市線「星田駅」より徒歩20分 星愛七夕祭り 大阪天満宮 日本三大祭りのひとつである天神祭が行われる神社で、天神さんという呼び名で親しまれている大阪天満宮。 七夕の日にも星愛七夕祭りという大規模なお祭りが行われ、多くの来訪者で賑わいます。 メインとなる行事は茅の輪くぐりで、7つの茅の輪はそれぞれ違ったご利益があり、恋愛成就をはじめ心身健康・商売繁盛など様々な願いが叶うといわれています。 他にも笹飾りに短冊を吊るしたりなどの七夕の恒例行事や、夜店やステージでのイベントも。 天神橋商店街を歩くパレードでは、織姫や彦星の衣装を身に纏った子どもたちの姿が見られます。 カップルで出かけてふたりで茅の輪をくぐり、一緒に夢を叶えてみてはいかがでしょうか。

次の

七夕イベントは大阪や関西へ!2019年の人気スポットや浴衣のおすすめ

七夕 イベント 大阪

<スポンサードリンク> 大阪で人気の七夕イベント 令和OSAKA天の川伝説 新たな元号を迎え、名称ごと変更されたイベントです。 「天満川」とも呼ばれていた大川で、夜空に映る星がきれいだった川として知られています。 その証拠に大川の右側には、 「明星池」「七夕池」「星合池」という名前の池があります。 名前を見ると、昔から星を鑑賞で来た場所であることが、わかりますね。 現代ではそこにLEDライトを設置し、まるで天の川のような美しい風景を映し出します。 これを「祈りの星」としており、2020年は7万個にふえたLEDライトでキ、ラキラした夜空を再現するので見ものです。 開催場所: 大川・天満橋〜北浜周辺• 日時: 2020年 予定なし• 放流時間• チケット情報: 場券+いのり星放流券• 前売・当日 ¥1. 000 当日 税込 (前売り券は、チケットぴあ、ローソンチケット 等で販売.

次の

大阪の夏祭り 2019!七夕や火祭り&有名人気イベント8選!デートにもおすすめ!

七夕 イベント 大阪

[広告] かつて大川周辺で七夕の夜に、星を神秘的なものとして崇拝する「星辰崇拝(せいしんすうはい)」を行っていたとされることに由来する同イベントは、「水都・大阪の都市景観つくり」として、2009年にスタートし今年で10周年を迎える。 昨年は西日本豪雨の影響により中止したが、2017年は6万2000 人が来場した。 関連イベントとして、大阪メトロ主要各駅で七夕のササ飾りを設置。 願いを短冊に書くことができる。 ほかにも、天満橋・北浜・大阪天満宮かいわいにある飲食店39店の酒や自慢の料理を食べ歩きができる「大阪七夕バル」を開催する。 グルメブロガー「なおちぇん」さんが昨年に引き続きアンバサダーを務める。 当日は自身のブログ「自己中心食日記」でバルの最新情報を随時更新するという。 バルに参加するには、いのり星放流券付きのバルチケット3枚つづり(前売2,600円、当日2,900円)を購入する。 余ったバルチケットは「あとバル」期間中(7月8日~14日)にあとバル参加店で、1枚600円の金券として使える。 イベント担当者の竹田敏英さんは「中之島公園・剣先エリア、OMMビル21階スカイガーデン(放流券購入者のみ)などがお薦め鑑賞スポット」と話す。 雨天決行。 荒天時は8月7日に順延。 「大阪七夕バル」開催日時は7月7日11時~(終了は各店で異なる)。

次の