町の小路の女 うつろひたる菊。 蜻蛉日記「町小路の女/うつろひたる菊」 現代語訳

蜻蛉日記【あらすじ・現代語訳・簡単な要約・読書感想文・解説】

町の小路の女 うつろひたる菊

[うたがはしほかに渡せるふみ見れば ここやとだえにならむとすらむ] など思ふほどに、むべなう、十月つごもりがたに、三夜 みよ しきりて見えぬ時あり。 つれなうて、「しばしこころみるほどに」など、気色あり。 これより、夕さりつかた、「内裏 うち の方ふたがりけり。 」とて出づるに、心得で、人をつけて見すれば、「町の小路 こうじ なるそこそこになむ、とまり給ひぬる。 」とて来たり。 さればよと、いみじう心憂しと思へども、言はむやうも知らであるほどに、二日三日 ふつかみか ばかりありて、暁方 あかつきがた に門をたたく時あり。 さ * なめりと思ふに、憂くて、開けさせねば、例の家とおぼしきところにものしたり。 つとめて、なほもあらじと思ひて、 [嘆きつつひとり寝 ぬ る夜のあくる間は いかに久しきものとかは知る] と、例よりはひき繕ひて書きて、うつろひたる菊に挿したり。 返り言、 「あくるまでも試みむとしつれど、とみなる召し使ひの来あひたりつればなむ。 いと理 ことわり なりつるは。 [げにやげに冬の夜ならぬ真木 まき の戸も おそくあくるはわびしかりけり]」 さても、いとあやしかりつるほどに、ことなしびたり。 しばしは、忍びたるさまに、「内裏に。 」など言ひつつぞあるべきを、いとどしう心づきなく思ふことぞ、限りなきや。 「うつろひたる菊」の現代語訳 そうして、九月頃になって、 兼家が 出て 帰って しまった時に、文箱があるのを何気なく開けて見ると、他の人 =女 の所に届けようとした手紙がある。 驚きあきれて、 せめて私がその手紙を 見てしまったと いうこと だけでも知られようと思って、 余白に歌を 書きつける。 [疑わしいこと。 他 の女の方 に送ろうとする手紙を見ると、もうこちら の私の所にあなたが来るの は途絶えてしまうのでしょうか。 ] などと思っているうちに、案の定、十月の末頃に、三晩続いて姿を見せない時があった。 あの人は 平然として、「しばらく、 あなたの気持ちを 試しているうちに 三日もたってしまった。 」などと、思わせぶりな言い訳をする。 こちら =私の家 から、夕方頃、「宮中が禁忌の方角にあたっていたのだよ 方違えのために出かけよう。 」と言って出かけるので、納得しないで、召し使いに尾行させて見届けさせたところ、「町の小路にあるどこそこに、 車を お止めになりました。 」と言って 帰って 来た。 思ったとおりだと、たいそう情けないと思うけれど、どう言えばよいか方法もわからずにいるうちに、二、三日ほどたって、夜明け頃に門をたたく 音がする 時があった。 その =あの人の訪れの ようだと思うと、気が進まなくて、開けさせないでいると、例の 町の小路の女の 家と思われる所に行ってしまった。 翌朝、やはりこのままではいられまいと思って、 [嘆きながら独りで寝る夜が明けるまでの間がどんなに長 くつら いものかおわかりですか 、いえ、おわかりになりますまい。 ] と、いつもよりは体裁を整えて書いて、色変わりした菊に挿し て送っ た。 返事は、 「夜が開けるまで待って 様子を みようとしたが、急な 用件を伝える 召し使いが来合わせたので 引き返してしまいました。 あなたが怒るのも 全くもっともですよ。 [全く本当に 冬の夜はなかなか明けないが 、冬の夜でもない真木の戸でも遅く開くのはつらいことですよ。 ]」 それにしても、全く不思議なくらい、そしらぬふりをしている。 しばらくは、人目を避けている様子で、「宮中に。 」などと言いながら通うのが当然であるのに、ますます不愉快に思うこと、この上ないよ。 「うつろひたる菊」の単語・語句解説 [手まさぐりに] 何気なしに。 [遣らむと] 届けようと。 [むべなう] 「むべなく」のウ音便。 [十月つごもりがたに] 十月の末頃に。 [三夜しきりて見えぬ時あり] 三晩続けて来ない時があった。 当時は結婚する際に三晩続けて通う風習があった [夕さりつかた] 夕方頃。 [ものしたり] 行ってしまった。 [うつろひたる菊] 色変わりした菊。 [とみなる召し使ひ] 急な召し使い。 [いと理なりつるは] 全くもっともですよ。 [げにやげに] 全く本当に。 [おそくあくる] 「夜が遅く明ける」のと「戸を遅く開ける」を掛けている。 答え:兼家が訪れてきたこと。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は蜻蛉日記でも有名な、「うつろひたる菊」についてご紹介しました。 (教科書によって「なげきつつひとり寝る夜」や「町の小路の女」という題名のものもあり) その他については下記の関連記事をご覧下さい。

次の

『蜻蛉日記』うつろひたる菊 現代語訳 藤原の道綱の母作 おもしろい よくわかる古文

町の小路の女 うつろひたる菊

[うたがはしほかに渡せるふみ見れば ここやとだえにならむとすらむ] など思ふほどに、むべなう、十月つごもりがたに、三夜 みよ しきりて見えぬ時あり。 つれなうて、「しばしこころみるほどに」など、気色あり。 これより、夕さりつかた、「内裏 うち の方ふたがりけり。 」とて出づるに、心得で、人をつけて見すれば、「町の小路 こうじ なるそこそこになむ、とまり給ひぬる。 」とて来たり。 さればよと、いみじう心憂しと思へども、言はむやうも知らであるほどに、二日三日 ふつかみか ばかりありて、暁方 あかつきがた に門をたたく時あり。 さ * なめりと思ふに、憂くて、開けさせねば、例の家とおぼしきところにものしたり。 つとめて、なほもあらじと思ひて、 [嘆きつつひとり寝 ぬ る夜のあくる間は いかに久しきものとかは知る] と、例よりはひき繕ひて書きて、うつろひたる菊に挿したり。 返り言、 「あくるまでも試みむとしつれど、とみなる召し使ひの来あひたりつればなむ。 いと理 ことわり なりつるは。 [げにやげに冬の夜ならぬ真木 まき の戸も おそくあくるはわびしかりけり]」 さても、いとあやしかりつるほどに、ことなしびたり。 しばしは、忍びたるさまに、「内裏に。 」など言ひつつぞあるべきを、いとどしう心づきなく思ふことぞ、限りなきや。 「うつろひたる菊」の現代語訳 そうして、九月頃になって、 兼家が 出て 帰って しまった時に、文箱があるのを何気なく開けて見ると、他の人 =女 の所に届けようとした手紙がある。 驚きあきれて、 せめて私がその手紙を 見てしまったと いうこと だけでも知られようと思って、 余白に歌を 書きつける。 [疑わしいこと。 他 の女の方 に送ろうとする手紙を見ると、もうこちら の私の所にあなたが来るの は途絶えてしまうのでしょうか。 ] などと思っているうちに、案の定、十月の末頃に、三晩続いて姿を見せない時があった。 あの人は 平然として、「しばらく、 あなたの気持ちを 試しているうちに 三日もたってしまった。 」などと、思わせぶりな言い訳をする。 こちら =私の家 から、夕方頃、「宮中が禁忌の方角にあたっていたのだよ 方違えのために出かけよう。 」と言って出かけるので、納得しないで、召し使いに尾行させて見届けさせたところ、「町の小路にあるどこそこに、 車を お止めになりました。 」と言って 帰って 来た。 思ったとおりだと、たいそう情けないと思うけれど、どう言えばよいか方法もわからずにいるうちに、二、三日ほどたって、夜明け頃に門をたたく 音がする 時があった。 その =あの人の訪れの ようだと思うと、気が進まなくて、開けさせないでいると、例の 町の小路の女の 家と思われる所に行ってしまった。 翌朝、やはりこのままではいられまいと思って、 [嘆きながら独りで寝る夜が明けるまでの間がどんなに長 くつら いものかおわかりですか 、いえ、おわかりになりますまい。 ] と、いつもよりは体裁を整えて書いて、色変わりした菊に挿し て送っ た。 返事は、 「夜が開けるまで待って 様子を みようとしたが、急な 用件を伝える 召し使いが来合わせたので 引き返してしまいました。 あなたが怒るのも 全くもっともですよ。 [全く本当に 冬の夜はなかなか明けないが 、冬の夜でもない真木の戸でも遅く開くのはつらいことですよ。 ]」 それにしても、全く不思議なくらい、そしらぬふりをしている。 しばらくは、人目を避けている様子で、「宮中に。 」などと言いながら通うのが当然であるのに、ますます不愉快に思うこと、この上ないよ。 「うつろひたる菊」の単語・語句解説 [手まさぐりに] 何気なしに。 [遣らむと] 届けようと。 [むべなう] 「むべなく」のウ音便。 [十月つごもりがたに] 十月の末頃に。 [三夜しきりて見えぬ時あり] 三晩続けて来ない時があった。 当時は結婚する際に三晩続けて通う風習があった [夕さりつかた] 夕方頃。 [ものしたり] 行ってしまった。 [うつろひたる菊] 色変わりした菊。 [とみなる召し使ひ] 急な召し使い。 [いと理なりつるは] 全くもっともですよ。 [げにやげに] 全く本当に。 [おそくあくる] 「夜が遅く明ける」のと「戸を遅く開ける」を掛けている。 答え:兼家が訪れてきたこと。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は蜻蛉日記でも有名な、「うつろひたる菊」についてご紹介しました。 (教科書によって「なげきつつひとり寝る夜」や「町の小路の女」という題名のものもあり) その他については下記の関連記事をご覧下さい。

次の

蜻蛉日記「町小路の女/うつろひたる菊」 現代語訳

町の小路の女 うつろひたる菊

センター英語1ヶ月で63点あげて194点達成&センター世界史1ヶ月で52点上げて91点達成 1ヶ月で115点引き上げる! たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。 いつも独学受験. jpにお越しいただきましてありがとうございます。 薄緑色のマーカーが助動詞です。 黄色のマーカーは受験に向けて覚えておきたい=古文単語集に載っていそうな単語です。 オレンジのマーカーは係り結びです。 助動詞と重なっている場合があります。 緑色のマーカーは敬語です 水色のマーカーは音便です 315は読んでみて覚える重要古文単語315をゴロゴは古文単語集ゴロ565の対応する番号を指しています 今回は藤原の道綱母が書いた蜻蛉日記です。 カンタンにいうと、浮気な夫にムカついている筆者が文句を付けていきます。 夫兼家は悪びれる様子もないので、筆者はますますムカついてます。 現代語訳 九月ごろになって、(筆者の夫の兼家が筆者の家から)外に出かけていった時に、 (手紙などが入っている)文箱が(置き忘れて)あるのを(何気なく)手慰みにあけてみると、(兼家が自分ではない他の)女の元に届けようとした手紙があった。 意外なことだと驚いて、(私が手紙を)見たということだけでも(夫兼家に)知ってもらおうと思って、(その女への手紙に自分の歌を)書きつける。 テストに出るかも• 人はどのような人をさすか? 兼家の愛人をさす。 この後3日連続で帰ってこなかったので結婚したものを思われる。 品詞分解 さて 接続詞 九月 名詞 天暦9年 筆者はこの年の8月末に道綱を産みました。 その前後から夫の兼家は「町の小路の女」のもとに通うようになっていたようです。 結構ひどい話です。 女の敵ですね。 ばかり 副助詞 に 格助詞 なり ラ行四段活用動詞「なり」の連用形 て 接続詞、 出で ダ行下二段活用動詞「出づ」の連用形 に 完了の助動詞「ぬ」連用形。 人を行かせる派遣する• 物を送る• 気晴らしをする• 水を流す• 先に進める などの意味があるがここは2の物を送る む 意志の助動詞「む」終止形。 あさましさ 驚いたこと、意外なこと 「さ」は形容詞や形容動詞の語幹について名詞化させる接尾語 あさましは315の73番 ゴロゴの13番 に 格助詞、 「見 マ行上一段活用動詞「見る」連用形 て 完了の助動詞「つ」の連用形。 せめてーだけでも ゴロゴの314番 「みてけりとだにしられむと」 ここでは兼家の浮気は止められないけど、私は他の女の元に通っているのを知っているんだからね。 バレてるんだからね。 ということだけでも兼家に知られようと思ったということですね。 筆者の夫へのあてつけの気持ちが表れています。 せめてもの抵抗というところでしょうか。 書き添える ここでは女あての手紙のはしに書き添える うたがはし ほかに渡せ る文見れば ここ やとだえに なら むとす らむ 現代語訳 疑わしく思われてしまいます。 他の女に渡そうとしているこの手紙をみると、私のいるここにはもうおいでにならなくなるのでしょうか。 品詞分解 疑はし シク活用形容詞「疑はし」終止形 疑わしい。 手紙のはしっこの「はし」と「橋」が掛詞になっています。 ほか 名詞 ほか。 ここでは兼家と親密なよその女を指しています。 に 格助詞 渡せ サ行四段活用動詞「渡す」已然形 「渡せる」で渡してあるの意味だが、ここは渡そうとしている。 手紙を届けようとしているの意味。 「橋」の縁語。 る 完了の助動詞「り」の連体形。 「踏み」との掛詞。 これも「橋」の縁語 見れ マ行上一段活用動詞「見る」已然形 ば 接続助詞 ここ 代名詞 筆者の家のこと や 係助詞 疑問 (係り結び) とだえ 名詞 行き来が途絶えること。 「橋」の縁語 に 格助詞 なら ラ行四段活用動詞「なる」未然形 む 推量の助動詞「む」の終止形。 つれな うて、 「しばし試みるほどに」 など 気色あり。 現代語訳 などと(暗い気持ちに)思っていると、はたして、10月の末ごろに、(結婚の証である)三晩連続で自分のところに兼家がお見えにならない時があった。 (兼家は)素知らぬふりをして、「しばらく(妻の私の気持ちを)ためしているうちに(時間が経ってしまった)」 などと思わせぶりなことをいう。 品詞分解 など 副助詞 思ふ ハ行四段活用動詞「思ふ」連体形 ほど 名詞 に 格助詞、 むべなう ク活用形容詞「むべなし」連用形「むべなく」のウ音便、 案の定 果たして 315の283番「むべ」 十月 名詞 つごもりがた 名詞 末頃。 「つごもり」は陰暦の月の最終日または下旬のこと。 に 格助詞、 三夜 名詞 当時、男女が結婚する際には、三晩続けて女のもとに男が通う習慣だったので、筆者は自分が道綱を産んですぐによその女に3日連続で通う意味を察して衝撃を受けたと考えられる。 しきり ラ行四段活用動詞「しきる」連用形 「頻る(しきる)」は後から後から続く、度重なる、続いて起こる。 て 接続助詞 見え ヤ行下二段活用動詞「見ゆ」未然形 「見えぬ」は姿を見せない、訪れがない。 ぬ 打消の助動詞「ず」連体形。 つれなう ク活用形容詞「つれなし」連用形「つれなく」のウ音便 (夫の兼家は)そしらぬふりをして。 何食わぬ顔で。 「つれなし」は平然としている、冷淡だ、よそよそしい、さりげない、 315の58番 ゴロゴ360番 て 接続助詞、 「しばし 副詞 こころみる マ行上一段活用動詞「こころみる」連体形 試しに行うの意味。 「しばしこころみるほどに」でしばらく通わずにいて、あなた=筆者の気持ちを試しているうちに、つい日がたってしまった。 と言っています。 うーん、白々しいですね。 ほど 名詞 に」 格助詞 など 副助詞 気色 名詞 315の113番 「気色あり」で思わせぶりなことを言うという意味。 兼家がそれとなくほのめかして、自分の浮気を言い訳がましく弁解している様子をいっています。 現代語訳 これ=筆者の家から夕方に、兼家が(急に思い出したように)「そういえば、今日は宮中に外すことのできない用事があったんだ」といって、私の家から出ていったので、 私=筆者は変に思って、召使いの者をやって、兼家の後をつけさせて、(兼家の行き先を)見させると、 (その召使は)「町の小路にあるこれこれの場所におとまりになりました」 といって帰ってきた。 品詞分解 これ 代名詞 筆者の家から。 「出づる」にかかります。 今まで筆者の家に来ていたんですね。 より 格助詞、 夕さりつかた、 名詞 夕方の頃。 「つ」は上代の「の」です。 沖つ白波、天つ風、奥つ方なんていい方があります。 参考: 「内裏 名詞 宮中、内裏。 今晩筆者の家に泊まってしまうと明朝参内できなくなるので、今日は筆者のもとには泊まらないということを兼家は言っています。 本当かいな。 に 格助詞 のがる ラ行下二段活用動詞「のがる」終止形 まじかり 不可能推量の助動詞「まじ」連用形。 納得する ア行下二段活用は「得(う)」「心得」だけでしたね。 で 接続助詞、 「で」は上を打ち消してしたへ続ける接続助詞 「心得で」で納得出来ないで、合点がいかないで、変に思って、不審に思って 人 名詞 召使い を 格助詞 つけ カ行下二段活用動詞「つく」連用形 尾行させる て 接続助詞 見すれ サ行下二段活用動詞「見す」已然形 見させる 見届けさせる ば 接続助詞、 「町 名詞 の 格助詞 小路 名詞 なる 存在の助動詞「なり」連体形。 詳細を省略しています。 に 格助詞 なむ 係助詞、(係り結び) とまり ラ行四段活用動詞「止まる」連用形 「とまり給ひぬる」は兼家が車をおとめになったということ。

次の