電話 しよう 英語。 【電話謝罪】ビジネスの正しい謝罪の仕方は?今すぐ使える例文・ポイント

男性の方教えて下さい。「また電話していい?」と「また電話するね」は

電話 しよう 英語

日本語、英語問わずに自分の名前を電話で名乗る際には、慌てず自信を持って話すことが大切だ。 今回は英語での電話応対で自分の名前を名乗る際のポイントを、電話がかかってきたとき、電話をかけたときの2パターンにわけて紹介しよう。 電話がかかってきたときに英語で名前を名乗るコツ 電話に出たとき、急に相手が英語で話してくると不安になるものだ。 英語で電話対応をしなければいけない状況に備えて、英語での基本的な電話のやりとりを含め、しっかり自分の名前を英語で名乗れるようにしておこう。 名乗る前に英語で「もしもし」はどう言う? 日本語の場合、電話に出るときプライベートであれば「もしもし」、ビジネスであれば「お電話ありがとうございます」などという。 「もしもし」に当たるフレーズは英語にないが、対面で会うときと同じように挨拶をするのが無難である。 電話を出る際のフレーズとして最も一般的なのが「 Hello」。 「もしもし」の後に続ける英語で名乗るフレーズ 挨拶をしたら、次は自分の氏名や会社名を名乗ろう。 場合によっては、相手が 「もしもし。 その場合は 「Yes」と繋げてしまって問題ないが、自分から名乗る場合のフレーズも押さえておこう。 Keiko speaking. How may I help you? こちらは、ABCコーポレーション、経理部です。 ケイコがお応えしております。 どういったご用件でしょうか?)• Keiko speaking. 名乗った後は? 相手の氏名を英語で確認する 相手の名前を聞きたい場合、あるいは相手の名前を再度聞きたい場合の英語フレーズも合わせて覚えておくと安心だ。 以下の例のように、丁寧な表現を心がけると好印象を狙えるだろう。 May I have your name, please?• Who is calling please? 電話をかけたときに英語で名前を名乗るコツ 英語で電話をかける場合は事前に準備ができるとはいえ、やはり緊張するものだろう。 そういったときは、英語で電話相手に名乗る際のフレーズを付箋に書き留めて、デスクで貼っておくことで緊張を和らげることができる。 ぜひ、以下に紹介する自分から電話をかける際に使える英語フレーズを参考にしてみてほしい。 名乗る前に、相手の「もしもし」に対して英語で挨拶をする 日本語の場合、「もしもし」と相手が電話に出たら、こちら側も同じように「もしもし」と返すだろう。 英語でしっかり氏名・会社名を名乗る 挨拶が済んだら、次は自分の氏名と会社名を名乗ろう。 相手と認識がなければ苗字も言うが、お互いに知ってる相手であれば名前だけでも問題ない。 自分が電話を受ける立場のときと同様に、プライベートな電話であれば氏名だけでも十分だ。 May I talk to Mr. White please? I would like to speak to Mr. White. 電話がかかってきたとき、電話をかけるとき、それぞれのシーンにおいて使える英語の挨拶フレーズについて紹介してきた。 相手の顔が見えない状態で、かつ英語を使って意思疎通を図ることは難しいかもしれない。 しかし、電話の向こうの相手に、きちんと英語で自分の名前を名乗ることは基本的で大切なスキルだ。 ゆっくりはっきりと、相手に氏名と会社名を名乗ることを意識して実践してみてほしい。 英語を武器に転職!「ロバート・ウォルターズ」でグローバル企業へ 英語で電話対応をする人の中には、 「自分の英語スキルを活かしてより規模の大きな仕事をしたい」「違う仕事で英語力を試してみたい」そう思う人もいるのではないだろうか。 「ロバート・ウォルターズ」は、英国ロンドン発のスペシャリスト人材紹介会社だ。 日本には、東京・大阪にオフィスを持つ。 バイリンガル・スペシャリストを対象に、外資系・日系グローバル企業の転職に強みを持つ会社だ。 IT・金融・サプライチェーン・不動産など多様な職種や企業規模の求人を取り扱っているため、自分の望む英語の活かし方に合わせて仕事を探しやすいだろう。 さらに、企業と繋がりのあるキャリアコンサルタントから迅速な情報収集がしやすいため、効率よく転職活動を進めることができる。 英語を活かして転職を行うことを検討している人は、「ロバート・ウォルターズ」に登録して求人を探してみよう。

次の

今度久しぶりに電話しようよー!って英語でなんて言うの?

電話 しよう 英語

ビジネスで電話をかける頻度は、Eメールの活用で各段に少なくなりましたが、それでも電話はビジネスに欠かせないツールです。 最近では、スカイプなどのオンライン通話も、電話と同様に使われていますね。 相手の反応がその場で分かり、それに応じてこちらの対応を変えられる電話は、仕事での急ぎの問題を、即座に、柔軟に解決するのに適しています。 ですが、ビジネスで英語でのコンタクトが必要なとき、英会話力の不安から、ついメールに頼りがちになってしまうという人も多いかもしれません。 今回は、まずは「ビジネスで電話をかける時」というテーマで、挨拶、自己紹介、用件を伝える、取次をお願いする時の英語フレーズや、担当者が不在の場合の対応、留守番電話へ吹き込むメッセージの英語例文などをご紹介していきます。 自分から電話をかけるのは、当然ながら用件や段取りが分かっており、事前に準備が出来るため、受ける時より比較的楽です。 まずは、電話をかける時の最初の滑り出しのフレーズを頭に入れて、電話での英語をモノにしていきましょう。 英語でビジネスの電話をかける時の注意点 ビジネスの電話は、友達同士の会話と違って楽しく時間を共有するものではなく、目的と、それに見合った時間を意識すべきです。 そのため、下記の各ポイントに注意しましょう。 準備する 電話をかける前に、要点(電話の目的、用件、質問すべき点など)をメモしておきましょう。 目的を伝える 自己紹介と簡単な挨拶を終えたら、最初に電話の目的を明確にさせましょう。 相手も、その目的に対して時間配分を考える事ができます。 相手の話をよく聞く 双方向のコミュニケーションを成立させましょう。 スカイプなど、オンライン通話など画像付きの場合は顔が見える分、反応を察知しやすいかもしれませんが、電話は、特に相手の反応に注意し、相手が返答や質問をできる時間を取る事を意識しましょう。 英語で目的を伝える事に夢中になって、独り言のようなコミュニケーションを取るのは禁物です。 時間を区切る 目的を果たし、お互い理解した事を確認できたら、手短に済ませましょう。 ビジネスで無駄に長い電話は禁物です。 も、併せてご参照下さい。 英語で電話をかけるときの挨拶や自己紹介の英語フレーズ さて、ビジネスでの電話についての注意点をおさらいしたところで、具体的な英語例文にはいります。 電話での第一声は、日本語であっても、結構緊張するものですが、きまったフレーズを頭に入れておくと、スマートに話し始めることができて、緊張も和らぎます。 英語で電話する際の挨拶 電話での最初の挨拶は、下記のようなものがあります。 Hello. (時間帯を問わず使えます) Good morning. (朝に電話する場合) Good afternoon. (お昼に電話する場合) Good evening. (夕方以降に電話する場合) 一連の流れにすると、こんな感じになります。 Hello, this is Ken Tanaka from ABC Corporation, This is my first time to call you. もしもし こちらはABC社の田中賢と申します。 初めてお電話差し上げます。 Smith. おはようございます、スミスさんに代わって、お電話しております。 もしもし、東京からお電話しております。 英語で電話する際の自己紹介 I am Ken Tanaka from Biz-Hint Corporation. This is Ken Tanaka from Biz-Hint Corporation. ビズヒントの田中ケンと申します。 Hello, my name is Ken. I am one of your customers. もしもし、御社とお取引させて頂いております、ケンです。 Hello, this is Ken Tanaka speaking. もしもし、田中ケンです。 Sato, my client, introduced your company to me. お取引させて頂いている佐藤様から御社をご紹介いただき、お電話いたしました。 電話を含めたビジネスシーンで重宝する、 も併せてご活用下さい。 英語で電話した際、用件を伝える 挨拶と自己紹介が済んだら、電話の目的を伝えましょう。 The reason for my call today is to see if it might be possible to change my appointment from Thursday the twentieth to the following week. 今日お電話させて頂いたのは、20日木曜のお約束を、翌週に変えて頂けないかと思いまして、ご連絡させて頂きました。 お電話させて頂きましたのは、用事が入ってしまいまして、火曜日にミーティングを持てなくなってしまった事をお知らせするためです。 ご不便をおかけして恐縮ですが、来週の他の日に変えて頂けないでしょうか。 新聞で拝見しました求人の件でお電話させて頂きました。 明日のお約束の件でお電話しました。 申し訳ないのですが、急な用事が入りまして、伺えなくなりました。 少し遅い時間に変更して頂けると良いのですが。 頂きましたご注文について、いくつか問題がございまして、ご連絡させて頂きました。 日本の関西空港から、ベトナムのホーチミンへの帰りにフライトについて、ご連絡しました。 This is Jack Johnson from ABC Company. ABC社のジャック・ジョンソンです。 ご注文のモノがお手元に届いたかどうか確認のためご連絡させて頂いております。 近く行われるカンファレンスに登録させて頂きたく、お電話致しました。 20日の木曜にお約束しているのですが、残念ながら伺えなくなってしまったので、ご連絡をさせて頂きました。 I would like to make a reservation please. 予約をするためにお電話しました。 御社の新製品について詳しくお伺いするため、電話させて頂きました。 では、英語での問い合わせ電話の話し出し、用件の切り出し方、終え方をテンプレート形式でご紹介しています。 英語で担当者への電話取り次ぎをお願いする 話をしたい担当者や、目的の部署に取り次いでもらうための、フレーズをご紹介します。 Can I speak to the head of the marketing department? 今度行われるセミナーの担当者の方とお話しをさせて頂きたいのですが。 Can I speak to Mr. Sato, please? May I speak to Mr. Sato, please? 佐藤様とお話しさせて頂けますか? I would like to speak to Mr. Sato please. I am trying to contact Mr. Sato. 佐藤様とお話ししたいのです。 Can I have extension 584, please? Could you put me through to extension number 584 please? Smith be in? Would Mr. Smith be available? スミスさんはいらっしゃいますか? 担当者が不在の場合、伝言を残す時に使える英語フレーズ 目的の相手や、担当者が不在の場合に、伝言を残したい時に使えるフレーズをご紹介します。 Could I leave a message? 私から電話があった旨、お伝え願えますか? Could you please tell him that I need to reschedule our meeting? 資料は出来ている旨、お伝え下さい。 明日ミーティングがあるとお伝え下さい。 担当者から折り返し電話が欲しい時に使える英語フレーズ 伝言ではなく、折り返しの電話をもらって直接話したい場合は、以下のようなフレーズが便利です。 Would you mind asking him to call me when he gets back in? お戻りになったら、お電話下さいようお伝え頂けますか? Would you mind letting him know that I called please? お電話した旨、伝えて頂けますか? Would you mind asking him to call me back? 折り返しお電話頂きたいとお伝え頂けますか? May I leave a message? Please ask him to call me when he returns. メッセージを残して良いですか?お戻りになったら、お電話下さいとお伝えください。 Please ask him to give me a call. 電話を下さるよう、お伝えください。 Please give him my name and number and ask him to call me back 名前と電話番号を伝えて、私に折り返しご連絡頂くようお伝えください。 担当者に電話して不在の時は、用件をメールで伝えるのも有効です。 も、併せてお読みください。 再度電話をかける場合の英語フレーズ 相手に手間をとらせず、こちらから再度電話したい場合は、下記の言い方があります。 Okay, thank you. 分かりました。 ありがとうございます。 私から後ほどお電話致します。 My boss or I will call him back today. 上司か私が今日おかけします。 情報を確認するための、英語フレーズ 電話でのやり取りは、聞き間違いを防ぐため、内容を確認することが多々あります。 下記の表現を使って、正確な情報を取るようにしましょう。 Could you repeat it please? Would you mind saying that again please? 少し大きな声でお話し頂けますか、よく聞こえません。 確認のため繰り返します Let me repeat that just to make sure. 確認のため、繰り返します。 Let me make sure that I understand what you are saying. Are you saying…? 正しく理解できているか確認させて下さい。 ~という事ですね? Let me repeat that back to you to make sure that I have it down correctly. 正しく書き留めているか確認するため、繰り返させて下さい。 Let me repeat that number back to you. お電話番号を繰り返します。 Did you say 555 Charles St.? 555 チャールズストリート とおっしゃいましたか? Did I get that right? Did you say 123 456? 123 456 で間違いないでしょうか? You said your name was John, right? (すみません、聞き取れませんでした。 もう一度)お名前のスペルを教えて頂けますか? の記事では、相手の英語が聞き取れなかった時や、意味を確認したい時など、電話での会話にも応用できる例文をたくさんご紹介しています。 電話を切る時に使える英語表現 電話を終える時にも、いろいろな表現方法があります。 Thank you for your help. Good bye. いろいろありがとうございました。 さようなら。 Well, I guess I better get going. Talk to you soon. そろそろ終えなくてはいけないようです。 それでは、また。 そろそろ、この辺で。 I have to let you go now. それでは、この辺で。 I have another call coming through. I better run. Thank you very much for your help. 別の電話が入ってしまいましたので、失礼します。 いろいろ、ありがとうございました。 すみません、他の電話が入ってしまいました。 ビジネスで、留守番電話にメッセージを残す時の英語例文 電話したものの、相手も、会社の人も出られず、留守番電話に繋がることもあります。 伝えるべき内容をきちんと整理して、手短に用件を伝えましょう。 (例1) Hello, this is Ken calling for Mr. John Smith. Could you please return my call as soon as possible? My number is 345-6890. Thank you. もしもし、ケンです。 ジョン・スミスさんにお電話しています。 出来るだけ早くお電話頂けますでしょうか?私の電話番号は、345-6890 です。 失礼いたします。 (例2) Hello John. もしもしジョンさん、診察室のケンです。 今月は健診の月です。 ご都合の良い時に、お電話下さい。 (例3) Hello, my name is Ken Tanaka. Could you ring me back? You can reach me at 123-456. Thanks a lot, bye. もしもし、田中ケンです。 今、午前9:00です。 ミーティングの準備が出来ているかどうか確認のため、お電話させて頂きました。 後程お電話頂けますか?私の番号は123-456です。 失礼します。 まとめ 電話で、即座に適切な返答をして、望ましい方向にビジネスを進める事、しかもそれを礼儀正しく、好感を得られるように進めるのは、大切なビジネススキルです。 何度となく電話やオンライン通話でそういう会話をするうちに、成熟した人間関係が築かれて、より大きなビジネスを進めていく土壌が出来ます。 ご紹介した例文を参考に、電話での英語コミュニケーションを積極的に活用して、ビジネスの武器にしてください。 電話を受ける時、留守電を受ける時のメッセージ、間違い電話や、電話(オンライン通話)での音声が聞き取り辛い時の対処法などについては、また別の記事にてご紹介させて頂きます。 ネイティブ講師による、では、この記事で述べたようなビジネスの場で使える英会話をトレーニングし、身に付けることができます。 もご用意しておりますので、ぜひ一度お試しください。 お読み頂きまして、ありがとうございました。 こんにちは。 アットイングリッシュ/@English グローバル人材開発室リーダー 新田洋子です。 こちらの編集を担当しております。 私達は、ネイティブ講師による、中級、上級者向けオンライン英会話スクールとして、おかげさまで1 4年間、皆さまと関わらせて頂いております。 本当にありがとうございます。 その感謝を込めて、このサイトと無料メルマガで、 英会話スクール運営で蓄積してきた、【ビジネス英語上達のヒント】をシェアさせて頂きます。 それに際し、以下の3つをご提供することをお約束します。 無料で学べる機会• 考える工夫、伝える技術• 学び合い、成長する仕組み 英語でのコミュニケーションを通して、ビジネスでのご活躍、人生が一歩進むようなお手伝いをさせていただければと願っております。 仕事での英語(スピーキング)に お困りの方へ このサイトとメルマガは、流暢に英語を話すのには不可欠な、知識のインプットを担っています。 実際に喋れるように練習したいとお考えの方は、弊社サイトを訪れてみてください。 ネイティブ講師の、 中級、上級者向けオンライン英会話 アットイングリッシュ/ English (無料体験レッスンも用意しています).

次の

ビジネスの基本!電話応対のビジネスマナーを整理しよう【例文付き】

電話 しよう 英語

英語が公用語の会社でなくても、突然英語の電話がかかってくることがあります。 それも聞き取りやすい、きれいな発音の人ばかりではありません。 企業のコールセンターが置かれているアジア諸国からなまりの強い英語の電話がかかってくることもあります。 そんな電話を受けてアタフタする姿を見られたら恥ずかしいですし、無言で切って周りには「間違い電話でした」とウソをついてしまうと、後で問題化するおそれがあります。 では、英語の電話を受けた時、英語が苦手な人はどうすればいいのでしょうか?簡単なフレーズと対応策を紹介します。 Lesson1 これで十分!英語が超苦手な人のための「最低限のフレーズ」 英語の電話が難しいのは、相手の表情が見えないからです。 多少英語が話せる人でも、電話英会話に苦手意識を持っている人は大勢います。 もともと英語が苦手な人ならなおさらでしょう。 Lesson1では、英語が超苦手な人向けの対処法を用意しました。 まずは英語のできる人に代わる とにかく英語が話せる人にバトンタッチしましょう。 その際、相手に失礼にならないよう、このフレーズだけは覚えておきましょう。 Hold on ,please. (そのままお待ちください) Could you wait a moment. (英語のできる者に代わります) There is no English speaker here. (いま英語のできる人がいません) 【ポイント】 これくらいは丸暗記しておきましょう。 しかし、無理に英語で対応しようとすると、深みにはまる可能性があります。 背伸びせず、英語が話せる人に電話を代わるようにします。 その際、気をつけるのは発音です。 英語を話すのが恥ずかしいからといって、日本語そのままの発音で英語を話すと、相手が聞き取れず、感情を害することがあります。 できる範囲で英語っぽく話すようにしてください。 Lesson2 かろうじて英語ができる人向け「初級フレーズ」 多少英語ができるからといって話し続けていると、相手がスケジュールや予算といった数字を会話に織り交ぜてくることがあります。 この数字の聞き取りがまた難しいのです。 コツはやはりここでも英語ができる担当者につなぐこと。 Lesson2では、少し英語が話せる人を対象に、英語ができる人へ電話を代わるフレーズを中心に取り上げます。 (ただ今、席を外しております) He is not with us anymore. (月曜日には、戻ります) Would you like to leave a message? (伝言をうけたまわります) May I have your number? (電話番号を教えていただけますか?) Thank you for calling. (お電話ありがとうございました) 【ポイント】 通常の英会話は「よどみなくスピーディーに話すこと」が重要だとされますが、英語の苦手な人が電話でこれをすると、相手は英語が通じるものだと思って、さらにペラペラ話されるという事態になります。 そうならないためには、落ち着いてゆっくり話すことと、聞き取れないのにわかったふりをしないこと。 遠慮なく上記のフレーズを使い、英語が話せる人に電話を代わるようにしてください。 Lesson3 知っていると役に立つ!電話英語の豆知識 会話は生き物ですから、何が起こるかはわかりません。 Lesson3は、英語が苦手な人のために「不測の事態で役立つ豆知識」を紹介します。 何と言って電話を切ればいいか分からない! 日本語の会話では、「よろしくお願いいたします。 失礼いたします」と言いながら電話を切ることが多いと思います。 英語には「失礼します」に直接当てはまる言葉がないので、通常は「Bye」または「Good bye」で終わります。 相手がクライアントでも上司でも関係ありません。 「Bye」でOKです。 また、電話を受けた場合は、「Bye」の前に「Thank you for calling. 」をつけ、「Thank you for calling. Bye」と言います。 日本の会社だと思って電話をかけたら外国人が出た! 最近は外国人社員も増えてきました。 日本の会社だと思っていたら、「Hello」と明らかにネイティブな発音の人が電話に出た時はどうすればいいのでしょうか?次のようなフレーズを使ってみましょう。 Hello. (こんにちは。 Is there anyone who speaks Japanese? (すみません、英語は話せません。 日本語ができる人はいますか?) 間違い電話がかかってきた ドメスティックな会社なのに、英語で電話がかかってきた。 そういう場合は、こう言います。 I think you have the wrong number. (お電話をお間違えのようです) 定型フレーズを丸暗記して何度も練習を 電話の応対で必要になる英語のフレーズは、ある程度決まっています。 上に挙げたフレーズを見ても、「なんだ、簡単じゃん」「知ってるフレーズばかり。 これで大丈夫なの?」と思った人もいるでしょう。 でも、英語の電話がかかってきた時、本当にアタフタせず、これらのフレーズがスラスラ言えますか?そのためには丸暗記して、いつでも対応できるよう準備しておきましょう。 上のフレーズだけでも、英語が話せる担当者に代わるまでの急場しのぎになります。 一度スムーズに運べば、英語に興味が出てきて、「本格的に勉強してみようかな」という気になるかもしれませんよ。

次の