エール ロケ地 神社。 朝ドラ『エール』のロケ地・撮影場所はどこ?豊橋・福島まとめ!目撃情報も調査

【エール・ロケ地】裕一と音が出かける豊橋の神社・お祭り 撮影場所は「椙本八幡社」

エール ロケ地 神社

NHK連続テレビ小説「エール」第5週放送に登場する「豊橋の神社」の撮影ロケ地をまとめます。 東三河地方に伝わる伝統的な「手筒花火」も劇中に登場しそうです。 裕一と音のデート 神社のお祭り 第5週放送では、豊橋を訪れた裕一が音に初めて会い、恋の炎が燃え上がっていく様子が描かれます。 音は、立場が違う「許されぬ恋」から身を引こうと考えていました。 しかし、二人で訪れた神社のお祭りの熱気・喧騒が、二人の距離を急速に縮めていくことになります。 裕一と音は、豊橋伝統の「手筒花火」の如く、恋の炎を燃え上がらせていくのです。 裕一と音がデートをする神社のシーンは、愛知県豊橋市石巻本町にある 「椙本八幡社(すぎもとはちまんしゃ)」で撮影が行われたようです。 普段は杉並木に囲まれ静寂に包まれている椙本八幡社ですが、毎年10月に行われる豊年祭り(椙本八幡社秋季祭礼)になると多くの見物客が訪れ、賑わいを見せています。 特に、市の無形民俗文化財に指定されている 「綱火」、それに東三河地方で450年の歴史を持つという 「手筒花火」(発祥は豊橋市・吉田神社とされる)が見物客のお楽しみ。 「エール」劇中にも登場するとみられる「手筒花火」は戦国時代の「狼煙(のろし)」が原型ともされ、五穀豊穣、無病息災、武運長久などを祈る奉納行事として現代まで受け継がれています。 炎の雨が降る「手筒花火」はとても勇壮であり、撮影に臨んだ主演・窪田正孝も「カッコいい!」と感動しきりだったようです。 黒色火薬を詰め込んだ大きな竹筒を脇に抱えた揚げ手たちが、巨大な火柱を噴出させていきます。 花火の最後には「ハネ」と呼ばれる爆発的な炎が見られます。

次の

【最新】朝ドラ『エール』のロケ地・エキストラ情報まとめ【豊橋】|じゃんだらりん通信|豊橋・三河を楽しむ地域WEBマガジン

エール ロケ地 神社

オープニングだけでなく、ストーリーの中でも登場しています。 こちらの海岸は、 愛知県豊橋市の伊古部海岸(いこべかいがん)です。 豊橋市は、二階堂ふみさん演じる関内音役のモデルとなった作曲家・古関裕而さんの妻・ 内山金子さんの出身地。 さらに、音の姉・吟役を演じている元SKE48 松井玲奈さんの出身地でもあります。 エールのオープニングの綺麗な海、愛知の豊橋の海なんだ! あのシーン好きだから、嬉しい。 窓から柔らかい光が差し込む教会の中で、窪田正孝さんがオルガンをひく姿がなんだか幻想的ですよね。 こちらもオープニングに出てくる森と同じ 福島市にある、「福島聖ステパノ教会」。 JR福島駅から徒歩15分程度と、街中にある教会です。 なんとなく森の中にありそうな気がしていましたが、かなりアクセスの良い場所にあるんですね。 築100年を超えた歴史のある木造建築で今でも毎週日曜日には礼拝が行われているそう。 明治20年に建築された歴史ある教会で、朝ドラエールを知らない人でも一見の価値がある建築物ですよ。 外観を見てみると、かなりこぢんまりとした建物なんですね〜。 エールのオープニングロケ地、ネットの反応は? そんなエールのオープニング、森や海などの自然をバックにGReeeeNの爽やかな曲が流れていて、前作スカーレットのちょっと地味目な雰囲気とは変わり 「THE朝ドラ」な感じですよね〜。 — うさ usasa1211 オープニング全体の雰囲気が好きという方もいれば、窪田正孝さんの笑顔に癒しを求めて見ている方もいるようです。 毎朝のオープニングも楽しみですが、今後福島や豊橋を中心に、どんな場所がロケ地として使われるのかも楽しみですね!.

次の

【最新】朝ドラ『エール』のロケ地・エキストラ情報まとめ【豊橋】|じゃんだらりん通信|豊橋・三河を楽しむ地域WEBマガジン

エール ロケ地 神社

もくじ• 古関裕而さんは、高校野球でおなじみの「栄冠は君に輝く」や阪神タイガースの「六甲おろし」を作曲した方です。 古山裕一は福島出身 主人公の古山裕一(窪田正孝)は、福島の老舗呉服店に長男として生まれます。 家業の跡取りとして期待されて育ちますが、音楽好きの父親の影響もあって、常にレコードを聴いていました。 そのためか、少年の時から音楽の才能を発揮して、楽譜が読めるようになって独学で作曲を始めます。 長男で家の呉服店を継ぐプレッシャーを感じながら、商業高校に進学しますが、学業よりも音楽に夢中の高校生活を送っていました。 そんな中、家の呉服店が倒産します。 朝ドラあるある! ねこまろ 関内音は愛知出身 高校卒業後は、伯父さんの家に養子に出されて、銀行に就職しますが、音楽への思いを断つことができずに、音楽家の事務所に作曲した楽譜を送ったりしていました。 そんな中、古山裕一が20才の時に作曲した曲が、国際的な作曲コンクールで入賞します。 これは、日本人初の国際的な作曲コンクールでの入賞で、新聞でも大きく報道されました。 この入賞の記事を読んだ女学生の関内音(二階堂ふみ)が感動して、持ち前の行動力で、古山裕一にファンレターを送って、文通が始まります。 関内音は、愛知県豊橋市に住んでいて、遠距離文通になりましたが、小山裕一と結婚するきっかけ、結婚相手になります。 ヒロインの音は、歌手を目指していました。 作曲家と歌手という音楽の道を夢見る2人は、気持ちが通じ合って、文通が続いて結婚に至ります。 結婚を機に2人は上京して、結婚生活が始まります。 ここから、2人の結婚生活と、作曲家と歌手に向けての夢が始まります。 2人が夢を叶えるための二人三脚の物語です! スポンサーリンク エールのオープニングには小ネタがある! オープニングに出てきそうだな。 シンプルな映像の中に過去の朝ドラのタイトルバックへのオマージュ映像など、楽しい小ネタを散りばめています。 過去の朝ドラとは、直近の「スカーレット」「なつぞら」「まんぷく」「半分青い」の4つだそうです! スポンサーリンク エール撮影ロケ地の森は福島 オープニングの森の中で裕一が目を閉じて、インスピレーションを得ている姿、音は木にもたれて裕一の音楽を感じています。 (ガイドブックの解説より) オープニングの森の撮影ロケ地は、福島市の公園内の森林とありました。 福島市内には、自然豊かな公園がたくさんありますが、大規模な森林を備えた公園は主に3つです。 福島駅からも近い信夫山は一つの山で、信夫山公園はありますが、ほとんどが森林です。 弁天山公園や花見山公園も森林に囲まれた公園があります。 しかし、オープニングは、ドラマ本編の合間に撮影したと言いますから、福島市内からも近く、福島市のシンボル的な 信夫山の可能性が高いですね! オープニングを見て、検証します。 スポンサーリンク エールロケ地の海岸は豊橋市の伊古部海岸 愛知県豊橋市の伊古部海岸 豊橋に今年できた道の駅に行ったついでに行った。 渥美半島から浜松のほうまで眺めることができそう。 海も思ったより奇麗だし、いい浜でした😊 豊橋や豊川は、幹線道路沿いにお店もけっこうあり、発展している印象。 愛知は名古屋だけではないのです😅 — A. I — Transition autumnyes 海岸は、音の出身地の豊橋の海です! 本編の子供の頃のシーンでも音が家族で訪れる海です! 伊古部海岸には、象徴的な山があって、公式サイトのフォトアルバムはこの山の前の2人のショットがあります。 初めて音が裕一を豊橋の海に連れてきた雰囲気で展開します。 海岸に書いた五線譜と音符、裕一が波から音楽を感じて、浜辺に書き留めたイメージで撮影されています。

次の