ブルック シールズ。 ブルック・シールズが激変!顔がツルツルすぎると話題に

ブルック・シールズさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

ブルック シールズ

しかし、新刊の「There Was A Little Girl」の中で、彼女自身は22歳の時に初めてセックスしたと明かしている。 相手は日本人の血を引く俳優ディーン・ケイン 本名ディーン・ジョージ・田中 だったそうで、ふたりはプリンストン大学の同級生だったという。 「終わった後、私は気が動転してベッドから飛び上がって出た。 そして裸で廊下を走っていた。 まるで誰かの財布を盗んだかのように。 ディーンも跳ね起きて私の後を追いかけてきた。 彼は私を固く抱きしめて、どこに行くのかと聞いた。 私は母親から離れるのが怖かった。 私と母親は一体化していたので、どうやってディーンを受け入れたらいいのかわからなかった」とブルックは告白している。 ブルックは生後11か月で石鹸のコマーシャルで子役デビューし、ルイ・マル監督の『プリティ・ベビー』 78 で12歳の娼婦を演じて大ブレイクした。 セクシーなティーン女優として活躍する反面、ステージママだった母親に従順に従っていたブルックは「男性との肉体的接触が恐ろしかった」そうで、「母はできるだけ長く私に処女でいてほしいと思っていた」と当時を思い出している。 ディーンと破局後はリーアム・ニーソンやジョン・F・ケネディ・Jrらと浮名を流したブルックだが、13歳の時に知り合ったマイケル・ジャクソンとは純粋な友人関係だったという。 「彼は私と交際しようとは思っていなかった。 私たちは互いを愛していたけど、ロマンティックな関係ではなかった。 彼はデートについて質問ばかりしている小さな子どものようだった」と話している。

次の

ブルック・シールズ

ブルック シールズ

映画『青い珊瑚礁』や『エンドレス・ラブ』で見せた美少女ぶりが話題となった女優ブルック・シールズ(49)は、名門プリンストン大学在学中に同じ大学に通った俳優ディーン・ケイン(48)と恋に落ちた。 そのよく知られた過去に触れ、ブルックは自叙伝の中で「彼が初めての相手だった」と処女喪失を振り返った。 と『新スーパーマン』で人気を博した俳優ディーン・ケインは、ともにプリンストン大学出身。 在学中に恋に落ち、ブルックが22歳のとき初めて大人の関係をディーンと結んだという。 当時を振り返り、ブルックは自叙伝『There Was a Little Girl: The Real Story of My Mother and Me』の中でこう綴っている。 「ディーンは、セックスに関しては信じられないくらい我慢強かった。 」 そしてついに初夜を迎えたものの、ブルックは混乱してしまったのか「ベッドから飛び出し、誰かの財布でも盗んだかのように裸のまま廊下を猛スピードで走ったわ」と記している。 一方のディーンは、ブルックにつき「とても大事な人だったし、彼女の人生に関われたことを光栄に思っている」とコメント。 また自叙伝に性生活に関する内容が含まれたことについて、「彼女が決めたことなら、僕はそれでいい」と語っている。 現在ブルックは人妻で2人の子持ち、また日本人の祖父の血を引くディーンは未婚だが、元恋人の産んだ子どもがひとりいる。 (TechinsightJapan編集部 ケイ小原).

次の

【イタすぎるセレブ達】ブルック・シールズ、初体験の相手は“日本人の血を引くあの俳優”だった。

ブルック シールズ

幼いエメラインとリチャードは、エメラインの叔父のアーサーに連れられて船で移動していました。 ある日、船で火事が起こって、小舟で避難することになります。 エメラインとリチャードは、乗組員のバトンと共に小舟に乗っていました。 アーサーの乗る小舟とは離れてしまいます。 水や食料の無い中、バトンは島を発見して上陸します。 飲み水や食べ物があって喜びますが、ラム酒や人の骨があって移動することにします。 バトンと一緒に、エメラインとリチャードは家を建てます。 それから様々な物を作ったりして、生きていきます。 バトンは、眠ったままになる木の実を決して食べないように忠告します。 また、島の反対側にはブギーマンがいると言います。

次の