キーエンス 仕事 内容。 「営業利益率53%」の裏側〜ハイパフォーマンス企業キーエンスの魅力

入社5年でキーエンス新商品開発のリーダーに抜擢!|【Tech総研】

キーエンス 仕事 内容

就職活動において、 「年収」を気にする学生は多いのではないでしょうか?年収ランキングを見ると、上位のほとんどが総合商社や大手マスコミで占められている中で、一つ異色を放つ企業があります。 精密機械メーカーのKEYENCE(キーエンス)です。 「30歳で家が建ち、40歳で墓が建つ」とも言われ、「激務で日本トップクラスの年収」というのが就活生一般のイメージでしょう。 しかしながら、キーエンスの実態や実際の選考はあまり知られていません。 本記事では謎に包まれたキーエンスの選考や、選考を通じて感じた同社の雰囲気を明らかにしていきます。 お読みいただければ、同社の 事業内容、選考、また社風や雰囲気が理解できると思います。 企業理解にお役立てください。 センサー等を扱うBtoBの企業であるため、世間一般からの認知度は決して高くありません。 筆者も就職活動に本格的に着手するまでは、その存在を知りませんでした。 「今が好調なだけで、そんな年収の会社いつ潰れるかわからないでしょ?」とツッコミを入れたくなる学生も多いかもしれませんが、キーエンスは超健全経営で無借金、営業利益が50%という驚異の数字を叩き出しています。 この数字がどれだけ凄いかというと、17年間企業の収入がゼロでも継続できるというレベルです。 そして、「人件費は経費にあらず」というモットーのもと、その利益の多くを社員に還元しています。 キーエンスは、メーカーでありながら工場を持たない「ファブレス経営」、各社員が特定の地域を任され営業を行う「テリトリー制」、商品を決して値下げしない「コンサルティング営業」という独自のスタイルを持っていて、これによって付加価値の高い商品を世に送り出し、莫大な利益を上げています。 さらに詳しいキーエンスの説明は、を参照してください。 今回は企業紹介が本題ではないので割愛させていただきます。 今回は就活生目線で、人気企業キーエンスの選考や雰囲気について書いていきます。 (営業職志望で選考を受けたので、技術職の選考については不明です) キーエンスの選考の全容 1次面接:20秒自己PR 一般的な企業とは異なり、キーエンスの選考ではエントリーシートは課されず、面接を兼ねた説明会に参加することで選考がスタートします。 そのため、4年制大学卒業見込みであれば、誰でも選考に参加できます。 説明会は会社ではなくホテルの大広間で行われ、1回の説明会で100人以上参加していた印象を受けました。 その説明会が複数、東京・大阪で行われます。 採用人数、説明会回数から考えて、この1回の説明会の中から1名が採用されるといったイメージです。 説明会終了後、性格検査、そして人事の前で20秒間自己PRが行われます。 私は当時流行していたキャッチコピーをモジって、自己紹介。 ほぼ流れ作業で、驚くほど速く終了。 しっかりと目を見て話せるかどうかなどをチェックしている気がしました。 数日後、通過者には電話連絡がきます。 2次面接:説得面接 キーエンスは選考に進むごとに面接とは別日で、さらに詳しい説明会に参加しなければならなりません。 そのため、二次面接前にその説明会に参加することになります。 まだ学生は相当数残っていました。 面接ではキーエンス独特の 「説得面接」が行われます。 論理性、臨機応変な対応力、瞬発力を見ている気がしました。 翌日、通過者のみに電話連絡がきます。 3次面接:カメラ面接 またも別日に説明会に参加しました。 多少絞られてはいましたが、まだイメージより多くの学生が残っていました。 そこでは性格・言語・非言語の筆記試験も行われます。 内容としては他社に比べ簡単なので、そこまで心配する必要はないでしょう。 面接前には、軽いエントリーシートのようなものを書きます。 面接では学生1人に対して面接官2人で、その2人の間にビデオカメラが置かれています。 面接の様子などはすべてこのカメラに撮影されます。 面接自体は比較的オーソドックスなものですが、 「あなたが経営者になったらどんな社訓をつくる?3つ言って」など変わった質問もありました。 2次面接同様、論理性、臨機応変な対応力、瞬発力などの「営業としてのセンス」を見られている気がしました。 翌日、通過者のみに電話連絡。 ここが鬼門で、多くの学生がここで連絡が途絶えるようです。 4次面接:人事面談 こちらが最終面接となります。 人事と1対1での面接です。 他社の選考状況と3次選考の際の性格について、そして「選社の軸」を深堀りされます。 選考自体が終盤の時期の場合は、その場で内定を出すこともあるそうです。 数日後、内定者には人事から直接電話がかかってきます。 キーエンスの雰囲気・内情 なんとなく私はキーエンスに対して「拝金主義で社員は冷たく、仕事で疲れ果てている」という勝手なイメージを抱いていました。 インターネット上や就活生の噂でも、あまりいい話を聞かなかったためでしょう。 しかし実際、説明会・選考等に参加すると、 社員の方々は明るく人当りがよく、残っている学生も非常に優秀でした。 他社を何社も受けましたが、キーエンスの社員の方々の雰囲気・印象の良さは群を抜いていました。 やはり、営業力を企業の強みとしているだけあると感じました。 「激務で家に帰れないのではないか・・・」など心配する学生も多いのかもしれませんが、社員は10時前には全員退勤しなければならず、帰宅できないといったことはないそうです。 土日は取引先も休みのため、出社することはないとのこと。 さらに長期休暇も取得でき、その際に給料とは別途手当が出ます。 また、「分刻みの仕事で、社員は会社に監視される」との噂もありますが、営業に行く際の出社や帰社の時間を記録するだけで、監視されるわけではないそうです。 毎日サボることを考えている人には向かないかもしれませんが、効率的良く仕事がしたいタイプや向上心のある人にとっては良い環境であるかもしれません。 その点を考えると、外資系金融、商社、マスコミに比べ、激務とは言えず、給料も同水準です。 インターネットや就活生の間で評判が低いのは、高い年収に対する嫉妬や選考に落ちた事への憂さ晴らしから、ネガティブな情報が発信されるという側面もあるのかもしれません。 内定者から見たキーエンスの課題 ここまで読んで「キーエンス最高!」と思った学生もいるかもしれません。 では、キーエンスの課題や問題点は何でしょうか? 私が受けた印象としては、 人材の多様性、特に男女比率です。 大半が男性社員であり、女性は働きにくい状況のようです。 この点は改善を試みているようですが、女子学生自体がキーエンスへの就職を避ける傾向があるため、なかなか改善は難しいようです。 しかし、この点は逆に「男性と同じく、バリバリ仕事をして、同じかそれ以上稼ぎたい」というキャリアウーマンを目指す女性にとっては、同性のライバルが少ないためチャンスであると思います。 キーエンス側としても積極的に女性を採用したいとのことなので、選考を受けてみてはいかがでしょうか。 また、一部転職サイトの情報では、ポストが不足しており、ある程度昇進するとキャリアステップが止まってしまうという記述がありましたが、これは大手企業であればどこも抱えている問題であり、キーエンスに固有の問題とは言い切れないと思います。 キーエンスの扱う商材に興味が持てるか 就活を体験した学生の目線からすると、キーエンスの扱う「精密機械」やその領域に興味が持てるかどうかが、キーエンスに向いているかどうかを考える上で大きい要素だと感じました。 センサー等の精密機械は自動化が進められるこれからの時代に、多くの業界と関わるチャンスがあるかもしれません。 しかし、深く一つの特定の分野に関わることは難しいと思います。 ビール会社では自動車は扱えないし、IT企業では石油は扱えないように、キーエンスでも扱えない領域が勿論あります。 つまり、これからやりたいことが鮮明な人(精密機械がそれに該当しない場合)には、キーエンスをおすすめできません。 逆に、やりたいことが決まっておらず、就職活動を通してそれを決めていきたい人、20代で外車に乗りたい人にはおすすめです。 最後に ここまで読んで皆さんのキーエンスのイメージはどのように変わりましたか?「百聞は一見にしかず」というように、世間のイメージなどで決めず、ぜひ実際の選考を受けてみてください。 キーエンスという企業では、高い営業力と専門的な商材を扱うことへの理解が必要なことは本記事から感じていただけたと思います。 そのためにもユニークな選考が行われており、内定者や社員の皆さんは大変魅力的な方が多く、決して年収だけが魅力の企業ではありません。 また、キーエンスの営業は中途では入社できません。 キーエンス流の質の高い営業スキルを若いうちに叩き込むためです。 つまり、新卒のみにチャンスが与えられるのです。 受けてみて損はないと思います。 また以下では、キーエンス内定者による本選考レポートを紹介いたします。 筆者とは別角度でキーエンスの選考をレポートしていますので、更にキーエンスの選考を知りたい方は続けてお読みください。 キーエンス内定者が体験した実際の選考フロー(営業職) キーエンス内定者が面接でされた質問(生産技術職) キーエンス内定者が、選考において重視されていたと感じた点(コンサルティングエンジニア職) photo by.

次の

入社5年でキーエンス新商品開発のリーダーに抜擢!|【Tech総研】

キーエンス 仕事 内容

16卒の就活生です。 6月末にキーエンスから内定を頂きました。 日経企業年収ランキングで上位に商社、広告代理店が名を連ねる中、異彩を放つキーエンス。 就職活動をするまで知らなかった!という人も多いように思います。 この会社、精密機械を扱うメーカーながら平均年収1440万円という驚異の額。 合コンしたい企業ランキングでも9位にランクインしています。 ただ実態がよくわからない会社であるためネットでは、「1分単位で管理されている」「30代で家がたち40代で墓がたつ」「社員はみんなサイボーグのような人間」などと揶揄されています。 しかしながら、実状はどうなのでしょうか?? 今回は内定後の懇親会に行ってきたため、キーエンスの実態に迫ってみようと思います。 本記事のコンテンツ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 内定者懇親会の様子 内定者20人程度と社員5人程度の会、場所は丸の内のイタリアンでした。 学生だと行くことがないようなお店である印象でした。 内定者は男性が9割以上、社員の方は全員男性で人事部の方1名と営業の1年目の社員の方4名でした。 時間は3時間程度で45分に1回、内定者の机に社員の方が回ってくる形式でした。 雰囲気としては非常にフランクなもので、仕事内容から給料の話、プライベートのことなど多種多様な質問に対して答えていただきました。 実際の働き方 キーエンスの営業スタイルで特徴的なのは「テリトリー制」です。 担当領域と担当する精密機械を与えられ、その領域内にいる会社に対して精密機械を売っていくというスタイルで、平均的な労働時間は7時半出社21時退社程度とのことです。 1週間の流れとしては内勤が2日で営業が3日。 内勤は営業先へのTELアポと、提案書の作成、戦略の策定等を主にやっており、営業の時は1日に平均5件回るようです。 また入社後の流れですが、入社と同時に領域と精密機械の担当が決定され営業所に配属され、半年間は研修期間という形になり、研修の成果によって本配属されるようです。 研修期間の成果というのは、実際に担当領域を持って営業する成績と、商品知識のテストの成績の2つがあり、その合計で評価が決まり、本配属されます。 ちなみに実は配属リスクもあるようで、地域、扱う商材によって成果に大きな差が生まれるそうです。 キーエンス自体は完全な成果主義の会社であるため、成績のいい人は難易度が高いけれどもやりきれば成果が出せる地域、商材に回され出世していく、逆に成績の悪い人は難易度はそこまで高くないが、成果も出せない地域に回され、それこそ定年まで平社員のままという場合もあるようです。 内定者の特徴 多種多様な経歴の人が多かったように思えます。 学歴は早慶以上が8割、ただし他の人の話を聞くとMARCH未満の内定者もおり、浪人や留年が非常に多く、学力や学歴などはほとんど重視していないのかな、と感じました。 また「メーカーで働きたいからキーエンスにきた」という人はほとんどいませんでした。 様々な背景を持っている内定者達でしたが、共通して持っていたものがあります。 それは「自己主張が強い」ということです。 良い意味でも悪い意味でも、自分を前に出してよく喋る人が多かったように思えます。 それはキーエンスの特殊な面接内容によるものなのかなと思います。 参考: 上記記事で見てもらってもわかるようにキーエンスの面接では「学生時代頑張ったこと」や「自己PR」などパーソナリティなことはほとんど聞かれず、臨機応変な対応、瞬発力を見られる質問ばかりが飛び交います。 実際私自身が聞かれた特殊な質問としては 「人の話を聞くために必要な3要素ってなに?」 「僕、宝くじ嫌いなんだけど3分間あげるから説得してみてくれない?」 「飲み会って大人数と個人どっちが好き?その理由は?」 などが挙げられます。 また最終面接前に2時間程度かかる能力検査を受け、その結果を相当重視しているようです。 私自身は最終面接の雑談が終わった後にフィードバックをいただき、キーエンスの社員に近い強み、弱みを持っていることを伝えられました。 具体的にキーエンス内定者の強みとしてあげられるのが、主張力、承認欲求、論理的思考力、スピード感で、逆に弱みとしては柔軟性、感応力(人の話を聴く力)が挙げられます。 人事部長の方は「人の話を聞かないでなんでも論破しようとするよく喋る負けず嫌いの集合体」とまでおっしゃっていました。 だからこそ、先に述べたように自己主張が強くよく喋る人が多いのだと思います。 キーエンス内定者の回答 社員の印象 モノづくりに携わりたい人:2割 キーエンスの働き方を体現したい人:8割 印象としては上記のような割合になるかと思います。 基本的にはコミュニケーション能力は他社の社員の方と比べても群を抜いて高かったように思います。 外コン、総合商社を蹴って入社した方もいらっしゃいました。 また、ネットで拝金主義と揶揄されていますが、そのイメージは更に強まった印象です。 入社して1年目で650万円、3年目で1000万円、30代半ばで人によっては2000万円〜3000万円貰う人もいるようで社員の方々の大きなモチベーションはやはりそこのようです。 「仕事も言うほど大変ではないし給料はめちゃくちゃいい。 実際すごくモテるよ。 」と多くの社員の方はお話しされていました。 平日は本気で仕事をして、金曜の夜から全力で遊ぶ、というようなオン・オフをしっかりして何事にも全力で頑張るような印象です。 リクルートとの違い 人事部長の方がおっしゃっていたのですが毎年リクルートと悩む就活生が非常に多いとのことを聞きました。 若手から裁量権のある仕事をできる大企業という点でやはり似ているようです。 毎年両方もらってキーエンスに行く人は半分程度のようですが、それは仕事に対する価値観の違いが大きく影響しているようです。 具体的には、 キーエンス:目の前の仕事に全力で取り組み、結果として成長し成果を出す。 リクルート:将来の成し遂げたいことがあり、それに必要なスキルを得るため仕事をする。 という違いがあるようです。 ここに関しては完全に個人の働く価値観の違いが出るようです。 実際、私自身両社とも見ているのですがキーエンスの方はプライベートの話中心、リクルートの方は自分の仕事がどれだけ面白いのか、ということを中心に話しており、そういった価値観の違いが出るのかな、と思いました。 まとめ 合う人には合うが合わない人には合わない会社なのかな、と感じました。 実際社員の方はとても楽しそうに生活されており、能力の高さ、特に頭の回転の速さと口の上手さは目を見張るものがありました。 ただし仕事自体にやりがいを求めたい人、何か絶対成し遂げたいという強い思いがある人は向いていないようです。 そういうことは決まっていないが、とにもかくにも力をつけてお金が欲しい!もてたい!という人はキーエンスに行くことがベストな選択肢だと思います。 photo by.

次の

キーエンスは激務?社員だけが知る理由・内部事情&転職者に必要な資質

キーエンス 仕事 内容

Contents• どんだけ激務か!? 私は営業でしたので、営業について記載します。 出社時間:7:00~8:00 退社時間:21:00~21:45 こんな感じです。 朝一アポは8:30ですので、遅くとも8:00には事務所に来て出発準備をします。 新卒の時は出発前に営業ロープレをしていました。 (このロープレもキツかった) 7:00前に出社するということは無かったです。 あれ、確かに勤務時間長いけど、寝る間も無いって訳じゃないじゃん。 そう思われる方も多いと思います。 はっきりいって、キーエンスより勤務時間長くて、給料3分の1なんていう会社は山ほどあります。 キーエンスは休み多いです。 10連休前後の長期休暇もGW、夏、年末年始の3回あります。 キーエンスの激務度というのは勤務時間の長さではありません。 会社から求められる圧倒的な行動量と成果。 そして結果を出し続けなければならないという精神的プレッシャーです。 キーエンスの営業は3日は外勤、2日は内勤務というパターンが多いです。 外勤日は8時~18時くらいまで顧客訪問(大体7~8件)、戻ってから事務処理です。 内勤日はひたすら電話です。 アポとり、新商品アピール、引合い対応などです。 外勤日の恐怖:外出報告書 外出報告書、いわゆる営業日報みたいなものです。 まず事前に、外出計画を先輩や上司に提出し、訪問理由、提案内容等を確認します。 ここで軽く詰められます。 (優しい先輩だとラッキーです) 「その訪問意味あんの?」「何PRすんの?」「先週も行ってただろ?なんで?」 基本的にキーエンスは「なんで?」という文化です。 (トヨタもなぜを5回繰り返せといいますね) 何を言っても「え?なんで?」と返されるので、「何でもだよ!」と言いたくなります。 ムカつく事も多々ありますが、やってる事は正しいです。 目的・目標という事を常に意識させられます。 外出計画が承認されると、いざ外勤です。 外出中は客先到着時間や面談終了時間について1分単位で記載する必要があります。 虚偽申告(空アポなど)などは、監査にバレると降格などの処分を受けることになります。 監査はETCや携帯の履歴の照合、客先に対しての抜き打ち調査(ハッピーコール)を行うことで日々正しい営業活動を行っているかを確認しています。 たまに営業所に来るので運が悪いと面談をさせられます。 当時は「この人たちロボットなのかな?」と思っていました。 人間味が無いというか、発言の揚げ足ばかり取るというか、、、 しかし、今なら分かります。 あの人たちは自分の仕事を徹底的にまっとうしていたんだと。 外出から戻ると外報を上司先輩に提出・報告します。 1件1件訪問結果について確認され、「何で売れないの?」「次はどうするの?」と詰められます。 内勤日の恐怖:電話件数カウント 内勤日は徹底的に電話によるアポ取り、商品PRなどを行います。 件数、時間がカウントされており、このボリュームが足りないと、かなり詰められます。 キーエンスは超成果主義ですが、成果さえ出せば良いという訳ではなく、徹底したプロセス管理を行います。 結果が良くてもプロセスが良くないと、「たまたま売れただけのラッキーだろ」ということになり、詰められます。 若手のうちは、多少結果が悪くてもプロセスボリュームをしっかりやっていれば、見放される事はありません。 そういった意味では会社の指示通り業務遂行し、努力を続けられる人には実は優しい会社かもしれません。 そして、会社からの指示を正確に圧倒的なボリュームで実施していると、必ずある程度売れるようになります。 これこそがキーエンスの強さです。 結果がそれを証明してますからね。 もちろん社員にも合理性を求めます。 激務度まとめ ・もちろん勤務時間もかなり長いが、それ以上に 勤務時間内の業務密度、精神的プレッシャーが半端ない ・徹底した行動管理で、 精神的プレッシャーが半端ない ・圧倒的なボリュームを求められつつ、 日々単調なため、精神的なプレッシャーが半端ない 以上、キーエンス激務度でした。 【オススメ情報】.

次の