問題が発生したため pc を再起動する必要があります。 なぬ?「 問題が発生したため、PCを再起動する必要があります 」

「問題が発生したため PC を再起動する必要があります...」と表示されたが数分待っても再起動しない

問題が発生したため pc を再起動する必要があります

マイクロソフト コミュニティをご利用いただき、ありがとうございます。 突然 「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります・・」 のエラーが表示されたが、時間をおいても再起動しないということなのですね。 エラーの発生原因が解らないため、この後自動で再起動されるのかについては正直なところ解らなかったです。 少し時間を置いてそれでも変化がないようであれば、パソコンの動作を安定させるためにも一度手動で再起動していただくと良いかもしれません。 少し気になったので確認させてほしいのですが、他のスレッドでさまざまな症状で投稿されているようですが、すべて同じパソコンで起きている症状ですか? もしそうであれば、今回のようなエラーが発生した原因や [ ] のフリーズが発生する要因の特定や対処が必要だと思います。 今回のようなエラーやフリーズが頻繁に起こるということであれば、上記スレッドで一ノ瀬 が紹介している対処法や切り分け方法をぜひ実施してみてください。 返信お待ちしています。 大沢 孝太郎— Microsoft Support 誠志賀さん、こんにちは。 マイクロソフト コミュニティをご利用いただき、ありがとうございます。 kouito さんと同じく Windows 10 で再起動しますと表示され、実際には再起動されず手動で再起動している状態でしょうか? また「 KMODE EXCEPTION NOT HANDLED… 」というエラーはブルー スクリーンのエラーだと思ったのですが、再起動しますという表示と一緒にブルー スクリーンのエラーも出ていたのでしょうか。 もしも現在 PC が操作可能な状態でしたら、次のページの手順でブルー スクリーンのトラブルシューティング ツールを実行し、問題の検出・修復をお試しください。 南谷一 — Microsoft Support 問題が未解決の場合は、その旨お知らせください。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。

次の

「問題が発生したため PC を再起動する必要があります」ブルースクリーンを繰り返すの対処法 Windows

問題が発生したため pc を再起動する必要があります

解説 ある日、いつものようにWindows 8/8. 1搭載マシンの電源を入れて起動すると、青緑色の背景に「問題が発生したため、PC を再起動する必要があります。 ……」と素っ気ないメッセージが表示され、そのままWindowsが起動しない。 あるいは、一瞬だけ青緑色の画面が表示されたと思ったら再起動、というパターンを繰り返したら、何やら「回復」という画面が表示され、Windowsには戻らない…… そんな経験はないだろうか? これらは「 STOPエラー」「 BSOD(Blue Screen Of Death)」と呼ばれる現象で、何らかの理由でWindows OSが「異常終了」し、続行不可能なときに発生する。 こうなると、STOPエラーの原因を取り除くまでWindowsは回復できない。 STOPエラーが発生したときの画面例 これはWindows 8. 1におけるSTOPエラー発生時の画面例(Windows 8から、デフォルトでこのように日本語での概略メッセージが表示されるようになった)。 一般によく「 ブルースクリーン」や「 青画面」などと呼ばれている。 この時点でWindows OSはすでに異常終了していて、少なくとも再起動するまで復活できない。 何回再起動してもSTOPエラーが生じる場合は、その原因を取り除くまでWindowsは利用できない。 (1)エラーの表示後、メモリの内容がディスク(クラッシュダンプファイル)に書き込まれ、その後システムは自動的に再起動することが多い。 STOPエラーが発生する原因はさまざまだ。 ハードウェアの故障が引き金になることもあれば、アプリケーションのインストールやデバイスドライバーの更新、そしてWindows Updateによる更新プログラムの自動適用などでも引き起こされることがある。 以下はその例だ。 (マイクロソフト 日本のセキュリティチームのブログ) Windowsには、STOPエラーのような深刻なエラーから回復するための機能がいくつか標準で備わっている。 本稿では、それらの機能を活用して、主にソフトウェアトラブルから発生したSTOPエラーを、なるべく手軽に解消するための基本的な手順を説明する。 対象OSはWindows 8/8. 1である。 Windows 7での解消方法については、次の記事を参照していただきたい。 次のような対処をして確認してみよう。 Windowsの起動に関係ない外部接続機器をできる限り取り外して、起動できないか試す• ハードウェアを診断するツールを実行してみる 2. については、コンピューターによっては専用のハードウェア動作確認ツールが付属していることがあるので、それを実行してハードウェアに不良がないか確認すると確実だろう。 また、メインメモリであればWindowsが起動しない状態でも次の方法で診断できる。 逆に何の異常も見つからなければ、次へ進んでソフトウェア的な原因を探る。 1が備える回復機能を駆使して復旧に努めることになる。 通常、STOPエラーによって何回か再起動が繰り返されると、Windows 8/8. 1では自動的に「 Windows回復環境」(回復コンソール)が起動される。 これは何らかのトラブルが生じているWindowsを修復するための機能で、Windows 8/8. 1本体と同時にインストールされる。 この場合、「回復」という画面が表示されるので、[詳しい修復オプションを表示する]をクリックする。 「詳細オプション」画面が表示されるので、次の (1)〜 (3)の順番でWindowsの起動ができないか試す。 Windows 8/8. 1の回復環境の「詳細オプション」画面 STOPエラーによって何回か再起動された後に表示される「回復」画面で[詳しい修復オプションを表示する]をクリックすると、この画面が表示される。 次の (1)〜 (3)の順番でWindowsを正常に起動できないか試していく。 (1)これをクリックすると、Windowsのスタートアップ関連の設定やファイルシステムのエラーなどが自動的に修復される。 (2)デバイスドライバーやサービスを制限した「 セーフモード」でWindowsを起動し直すには、これをクリックして表示される次の画面で[再起動]をクリックし、再起動後の「スタートアップ設定」画面で[F4]キーを押す。 起動したら、トラブル原因の可能性があるアプリケーションや更新プログラムのアンインストールあるいは設定変更などを行うことになる。 (3)これをクリックすると、Windowsの「 システムの復元」機能によって、システムの状態(レジストリやシステムファイル、デバイスドライバーなど)をトラブル発生前まで巻き戻せる。 (1)の「 自動修復」をクリックしたら、再起動後、基本的には画面の指示に従って進めればよい。 手順の詳細は次の記事を参照していただきたい。 の「PCの自動修復」(Windows 8連載) (2)のセーフモードでの操作方法は、次の記事が参考になる。 (TIPS) ただ筆者の経験では、自動修復やセーフモードでSTOPエラーを解消できたことは多くない。 また (2)では、細かい設定変更無しではプログラムのアンインストールができない場合がある、といった制約があり、作業には困難が伴うこともある。 詳細は、次の記事が大変参考になる。 これを選択すると、最初にログオン/サインインするアカウントの選択とパスワード入力を経て「システムの復元」ウィザードが表示される。 Windows 8/8. 1の「システムの復元」ウィザード これはハードディスクにインストールしたWindows 8/8. 1の「回復環境」から「システムの復元」を起動したときの画面。 この後の復元手順はTIPS「」を参照していただきたい。 あとは指示に従ってトラブル発生前の復元ポイントを選んで、システムの状態を巻き戻す。 細かい操作方法など詳細は、次の記事を参照していただきたい。 回復ドライブやシステム修復ディスクは、STOPエラーのようなトラブルが発生する前に、次の記事にある手順であらかじめ作成しておく必要がある。 1でも手順は同じだ• (TIPS) 回復ドライブ/システム修復ディスクがなく、かつコンピューターにDVDドライブが装備されていない場合は、次の記事のようにインストールUSBメモリを作成する必要がある(別のコンピューターで作成してもよい)。 (TIPS) 回復ドライブ/システム修復ディスクかインストールDVD/USBメモリのいずれかを用意したら、コンピューターに挿入/接続して再起動する。 そしてハードディスクからWindowsが起動される前に、[F2]あるいは[F10][F12]などのファンクションキーを押してブートデバイスの選択メニューを表示させ、回復ドライブ/システム修復ディスクあるいはインストールDVD/USBメモリから起動する。 ブート選択メニューを呼び出すファンクションキーは、コンピューターの種類によって異なるのでマニュアルを参照していただきたい。 回復ドライブ/システム修復ディスクから起動した場合、最初に「キーボード レイアウトの選択」画面が表示される。 ここでは一番下の「その他のキー ボード レイアウトを表示」をクリックすると別のキーボードレイアウトが選択できるので、最後の画面まで進めて「日本語」という項目を選ぶと、Windows回復環境の「オプションの選択」画面が表示される。 回復ドライブ/システム修復ディスクからWindows回復環境を起動する 回復ドライブで起動すると、最初にキーボードレイアウトを選択する画面が表示される。 (1)これをクリックと次のキーボードレイアウトのグループが表示される。 「日本語」レイアウトは最後のページにあるので、これを何回かクリックする。 一方、インストールDVD/USBの場合は、最初に「Windows のインストール」というダイアログが表示されるので[次へ]ボタンをクリックする。 次の画面で左下隅にある[コンピューターを修復する]リンクをクリックし、ブートパーティションを選択すると、Windows回復環境の「オプションの選択」画面が表示される。 インストールDVD/USBメモリからWindows回復環境を起動する これは言語やキーボード、入力方式などを選ぶダイアログの次に表示される画面。 (1)これをクリックし、次の画面でブートパーティションを選択すると、Windows回復環境の「オプションの選択」画面が表示される。 あとは前述したインストール済みの回復環境の場合と同じ手順で、システムの復元を実行できる(「自動修復」はなく、代わりに「スタートアップ修復」を実行できる)。 (事前に取っておいた)フルバックアップからリストアする• Windows 8/8. 1を「リフレッシュ」または「リセット」する• Windowsを再インストールして初期状態(あるいは工場出荷状態)に戻す 詳細については、次の記事を参照していただきたい。 (TIPS)• (Windows 8連載)• (Windows 8. 1連載) リストアにせよリフレッシュ/リセット、あるいは再インストールにせよ、実行すると現在のハードディスク内のデータ(の少なくとも一部)が失われてしまうので、その前に次のような操作をして必要なデータをバックアップする必要がある。 前述の手順で回復ドライブ/システム修復ディスクあるいはインストールDVD/USBメモリから、Windows回復環境を起動する• xcopyコマンドやrobocopyコマンドなどを使って、ファイルをUSBメモリあるいはネットワークドライブに保存する 具体的なコピー方法については、次の記事を参照していただきたい。 (運用)• (TIPS)• (TIPS).

次の

Windows10で「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」の対処法

問題が発生したため pc を再起動する必要があります

この時に考えられる原因はこちらです。 スポンサーリンク 繰り返されるブルースクリーンの解決策 放電する パソコンの電源を切り、電源コードなどを抜きます。 PCを裏返し、バッテリーを抜いて10分ほど放電します。 一時的なトラブルの場合、この方法で直る可能性があります。 充電する 電源ケーブルをさし、パソコンに充電した状態にすると画面が起動することがあります。 停止コードを確認する ブルースクリーンにバーコードと停止コードが表示されています。 スマホのバーコードリーダーで読み取るか、停止コードが出た画面をスマホで撮影して、停止コードを検索します。 上記の場合だと DRIVER IRQL NOT LESS OR EQUALが停止コードです。 これをGoogleなどに入力して、検索します。 Microsoftでは停止コードに合わせたトラブルシューティングもあります。 コピペしてお使いください。 自動修復モードの入り方 1.パソコンのHDDのランプが消えてるのを確認して、電源ボタンを押して電源OFF 2.再び電源を入れて、パソコンを起ち上げる。 Windowsのロゴマークが出てる時に、すぐにまた電源ボタンを押して、電源OFF これを三回繰り返すと、 自動修復を準備していますという文字が表示されます。 その後、自動修復でPCが修復できた・または出来ませんでしたと表示されます。 修復が出来た場合は再起動して下さい。 できなかった場合は、右下の 詳細オプション>トラブルシューティング>詳細オプション>スタートアップ修復を行ってください。 セーフモードを起動させる 上の手順で自動修復画面に飛び、 詳細オプション>トラブルシューティング>詳細オプション>スタートアップ設定を起ち上げます。 F5をクリック(セーフモードとネットワークを有効にする)します。 その後、自動でPCが再起動します。 セーフモードで立ち上がるか確認して下さい。 セーフモードで立ち上がらない場合は、 自動修復モード>右下の詳細オプション>トラブルシューティング>システムの復元で、過去の日時にシステムを戻してみて下さい。

次の