アルパーク 天満屋 閉店 後。 閉店後の駐車場に

天満屋アルパーク店が閉店、30年の歴史に幕

アルパーク 天満屋 閉店 後

天満屋本社 略称 てんまや 本社所在地 〒700-0824 中山下二丁目3番20号 本店所在地 岡山県岡山市北区表町二丁目1番1号 設立 (7年) <創業 : (12年)> 事業内容 業 代表者 木住勝美 代表取締役 江國成基 資本金 34億8,306万7,000円 発行済株式総数 6,966万1,357株 売上高 連結 : 1,462億1,328万2,000円 単独 : 1,066億3,987万4,000円 (2月期) 営業利益 連結 : 53億1,188万9,000円 単独 : 37億7,457万1,000円 (2011年2月期) 純利益 連結 : 4億1,778万1,000円 単独 : 7億375万4,000円 (2011年2月期) 純資産 連結 : 73億7,539万3,000円 単独 : 62億2,606万円 (2011年現在) 総資産 連結 : 1,177億7,024万円 単独 : 1,042億4,354万円 (2011年2月28日現在) 従業員数 連結 : 1,971人 (2019年2月28日現在) 決算期 末日 主要株主 丸田産業(株) 36. 概要 [ ] に別会社を含む9店舗、商業ビル3店舗を配し、・を中心に20を超える企業を傘下におさめる天満屋グループの中核企業である。 また2017年に生え抜きの役員から社長・会長が就任するまでは一族である伊原木家がを務めるを行っており、その後も伊原木家の関連企業および人物が株式を保有しているため、岡山県有数の企業グループの中核でありながら未だである。 関東・関西の大手百貨店や大手鉄道会社のグループ企業を除いた、いわゆる地場百貨店としては日本一の売り上げを誇り 、自立経営で黒字を維持している。 同業他社撤退跡への進出(倉敷店、高松天満屋)や郊外型百貨店(広島、広島緑井、米子しんまち、福山ポートプラザ)の展開、本店への建設など地方の実態を熟知した独自の出店手法を取ってきたが、近年は高松天満屋・広島アルパーク店を閉店、広島八丁堀店も他社へ一括賃貸し事実上撤退するなど、拡大一辺倒だった店舗網を縮小し今後の生き残りを図っている。 その他、のも営んでいる。 百貨店以外のグループ会社として、食料スーパーの(、ハピーマート。 二部)の流通部門がもっとも大きい。 ホテルでは、せとうち児島ホテル、ホテルリマーニ等。 その他には、、、、、、等の業種がある。 多くの百貨店はを地元信販会社などが発行しているが、天満屋は地方系百貨店としては珍しくカードの発行を子会社の天満屋カードサービスを通じて自らが行っている(業務代行は。 以前はオリエントコーポレーションとの提携カードを発行していた)。 店舗単位の売り上げは岡山本店が1位であるが、売上全体の約半分は(・)で稼いでおり、地方のには珍しく、他県への依存度が高い。 なお、女子陸上競技部と東児が丘マリンヒルズゴルフクラブは本社スポーツ統括事業部が運営している。 岡山店にはかつて地元放送局各社のスタジオや本社が入居していたことがある。 沿革 [ ] (12年)に伊原木茂兵衛が備前西大寺(現在の)に天満屋小間物店を創業。 (7年)に天満屋株式会社を設立し、(大正14年)に本店を岡山市に移し、形態を百貨店に改組。 (3年)に商号を株式会社天満屋に改称する。 年表 [ ]• (12年) : 天満屋小間物店を創業。 (7年) : 天満屋株式会社を設立。 (大正14年) : 本店を岡山市に移し、形態を百貨店に改組。 (3年) : 商号を 株式会社天満屋に改称。 (昭和9年) : 倉敷市旭町(現・鶴形1丁目)に倉敷出張所を開設。 (昭和12年) : 福山市築切町(現・元町)に福山出張所を開設。 (昭和22年) : 福山支店を開業(現・トモテツセブンの場所)。 (昭和26年) : 福山支店を現在地に移転、福山天満屋に改称。 (昭和29年) : 広島天満屋 のちの八丁堀店)を開業。 (昭和31年) : 広島天満屋を合併、広島店に改称、同時に各店を岡山店、福山店と改称。 (昭和36年) : 岡山駅前のビル地下一階に「岡山会館店」を開業(始頃に撤退)。 (昭和39年) : 倉敷市の菊屋の店舗を倉敷店とする。 (昭和56年) : に三原店を開業(に閉店)。 (昭和62年) : コンビニ業界に進出のため、サークルケイ・ジャパンとエリアフランチャイズ契約締結。 子会社サークルケイ・ウエストジャパン株式会社を設立。 (2年)• 郊外型百貨店として、米子しんまち天満屋を開業。 サークルケイ・ウエストジャパン株式会社の株式を譲渡し、コンビニ業界から撤退。 (平成3年) : のに日本料理店「ウィーン天満屋」を開業(初の事業進出)。 (平成9年) : 広島緑井店を開業。 (平成11年) : 津山店、福山ポートプラザ店を開業。 (平成12年) : 専門店ビル「岡山ロッツ」を開業。 (平成13年) : 、高松天満屋を開業。 (平成15年)• 天満屋グループ全社で退職金制度を廃止。 福山ロッツを開業(直営)。 (平成18年) : 、三原店を閉店。 (平成19年) : 、岡山店地下1階食彩館の一部の店舗で決済スタート(その後は倉敷店地下1階生鮮品コーナーにも導入)。 (平成20年) : 、倉敷店を倉敷三越の跡地へ移転。 (平成24年) : 、八丁堀店の直営部分を閉店し、商業ビル化。 (平成25年)• 、福山ロッツを閉店。 、アルパーク天満屋が「アルパーク天満屋周南ショップ」を開設。 (平成26年)• 、ウィーン天満屋を閉店。 、高松天満屋を閉店。 (平成27年)• 、への初のサテライトショップとして「天満屋鴨方ショップ」を天満屋ハピータウン鴨方店内に開設。 、観光客のためのの手続き代行業務を開始。 、天満屋ストアとのの相互利用を開始。 (平成28年)• - 株式会社高松天満屋が解散。 付で特別清算開始。 5月 - 伊原木一朗 が代表取締役社長就任。 (平成29年)12月27日 - 江國成基が創業家以外から初の代表取締役社長就任。 代表権のある会長職を復活して同じく創業家以外から木住勝美が就任。 (令和2年)• - 周南ショップを閉店。 再び山口県から店舗が無くなる。 - 広島アルパーク店を閉店。 直営店舗 [ ] 米子しんまち天満屋 岡山本店 [ ] 岡山本店は、北区表町二丁目1-1にある直営店舗 (売場面積 28,632 、地上7階・地下1階)である。 最初にとして営業を始めた店舗であり、登記上の本店 も置かれ、売上が最も多い同社の旗艦店である。 岡山市内初のを設置。 隣接するは(24年)に全国初のデパート接続型として開設された。 地方百貨店としてはのいる数少ない店の一つである。 夏期は屋上が開かれる。 周辺にはバスステーション2階の「ビーウイング」と地下1階の「」、向いのには「リビング館」や「カルチャー館」などの多くの別館がある。 「ビーウイング」から連絡通路によって「岡山ロッツ」と結ばれている。 倉敷店 [ ] 倉敷店は、岡山県一丁目にある直営店舗(売場面積 22,126 m 2 、地上6階・地下1階)である。 (昭和27年)地元商店主等の出資により「つるや百貨店」として浜田町(前店舗の場所)に開業。 (昭和32年)、経営不振により「菊屋百貨店」に受け継がれ、(昭和36年)天満屋の傘下になり、 昭和39年 の改装を機に倉敷支店と統合された。 (平成19年)に南口の東ビル(跡)に入居していた専門店の最後の地権者が条件に同意し、(平成20年)3月29日に移転、夏の屋上ビアガーデンも復活した。 前店舗は取り壊し駐車場となった。 津山店 [ ] 津山店は、岡山県にある直営店舗(売場面積 8,295 m 2 )である。 津山区域に完成した「」のとして入居し、同施設の1階 - 3階に入居。 開業当初は4階まであったが、売上の伸び悩みから縮小されている。 福山店 [ ] 福山店は、元町1-1にある直営店舗 (売場面積 27,222 m 2 、地上9階・地下1階)で、広島県1号店である。 (昭和23年)に地元の財界と商店組合の出資で設立された「鳩屋百貨店」が経営不振になり、鳩屋側の要請により買取ったとされている。 以降、現在の場所に店舗があったが(昭和59年)に元町地区第一種市街地再開発事業に伴い現在の建物に改築された。 解体・改築期間中は福山市東深津町の福山メモリアルパークに隣接した場所に仮店舗を設置して営業していた。 「」も参照 サテライトショップ [ ] ギフト、食品、衣料品など店舗の一角に設けられる。 の天満屋ハピータウンに1号店をオープン。 現在、他店の商業施設、独立店舗を展開している。 サテライトショップ一覧 [ ] ハピータウン内テナント [ ]• 鴨方ショップ:天満屋ハピータウン鴨方店• 高梁ショップ:天満屋ハピータウン高梁店 単独店舗 [ ]• 玉島ショップ:倉敷市玉島。 このショップ以外にも、岡山市北区御津野々口にあるショップ等複数存在する。 子会社が運営する店舗 [ ] 米子しんまち天満屋 [ ] 米子しんまち天満屋(よなごしんまちてんまや)は、西福原二丁目にある店舗(売場面積 17,911 m 2 、地上5階)である。 1987年(昭和62年)、不採算により撤退した米子を継承した(株)米子天満屋を設立。 その後、市内の旧店舗から現在地に移転、初の郊外型店舗「米子しんまち天満屋」として開業、社名も店舗名と同じになる。 岡山ロッツ [ ] 岡山ロッツ(おかやまロッツ)は、岡山県岡山市北区中山下一丁目にある店舗(売場面積 10,000 m 2 、地上6階・地下1階)である。 株式会社ロッツをと共同出資で設立し、イズミ岡山店跡に開業。 3階から天満屋バスステーションと連絡通路で結ばれている。 開業から長年1階から4階にが入居していたが2016年の大規模改装でロフトは2階、3階に集約された。 その他に専門店として・などが入居している。 かつては・ ・・も入居していたが、現在は撤退。 ただし、島村楽器・ムラサキスポーツ・ユニクロは当ビルからの撤退直後に、競合するショッピングセンターとなるへ出店している。 閉店後の問い合わせ先がイオンモール岡山にある店舗(ヴィレッジヴァンガードのみイオンモール倉敷にある店舗)になっていた。 ユニクロの撤退後は同じ場所にが出店している。 ユニクロになる前はがあった。 イオンモール岡山にある店舗のオープンで復活している。 2016年に大規模改装を実施し、5階と6階にが入居している。 商業ビル [ ] 天満屋八丁堀ビル 天満屋八丁堀ビル [ ] 天満屋八丁堀ビル(てんまやはっちょうぼりビル)は、広島県胡町5-22 にある商業ビル(売場面積 21,959 m 2 、地上11階・地下1階)である。 (平成24年)3月まで天満屋八丁堀店として百貨店として使われていたものを商業ビルに転換。 以前は、百貨店激戦地の地区に立地する広島市内でに次いで古い店舗だった。 (昭和29年)に経営不振になった 広島中央百貨店(開業)に出資し、天満屋の関連会社 広島天満屋に改組した。 (昭和31年)に吸収され天満屋広島店になり、その後、同市内に店が開業したため八丁堀店に改称された。 競争の激しい地区にあって、他店との差別化と売上増加を図るため、 (平成22年)に7階と催事場に使われていた8階を使って「&」が入居した。 (平成23年)に天満屋が、直営部分の地下1階から6階の閉店を発表し、(平成24年)に閉店。 直営部分の閉店後は、商業ビル『天満屋八丁堀ビル』として運営されている。 2012年(平成24年)6月より、核店舗『LABI広島』がオープン。 同年9月にはもオープンした。 広島アルパーク店 三原店 [ ] 三原店(みはらてん)は、広島県三原市城町1-3-1にあった店舗(地上7階・地下1階)である。 (昭和56年)、三原駅前の再開発事業完成に伴いペアシティ三原東館に核テナントとして開業。 (平成18年)3月閉店。 閉店後に建物は解体され、跡地は芝生広場に整備された。 外商の既存顧客対応は福山店がフジグラン三原内に設置した三原ショップで行っている。 福山ロッツ [ ] 福山ロッツ(ふくやまロッツ)は、広島県福山市西町一丁目の所有の建物にテナント入居した直営店舗(売場面積 34,400m 2 、地上9階・地下2階)である。 (平成4年)にが開業したが経営難により(平成12年)に撤退し福山市が建物を購入、10年の賃貸契約を結び 、(平成15年)に福山そごうの跡に開業。 フロア構成は地下1階が食料品、7階が天満屋直営の家具売場、8階が飲食店街、9階がカルチャーなど、百貨店形式を踏襲している。 主なテナントは・・ロフト・ヴィレッジヴァンガード・廣文館、他。 (平成25年)に閉店する事が発表された。 閉店後は、系のが後継委託運営先になることが(平成24年)に決定。 2013年(平成25年)に、閉店後に新たに開業する施設名称を『Rim-F』にすると福山市が発表。 予定通り4月24日に閉店したのち同年9月12日に『』(リム・ふくやま) に生まれ変わった。 高松天満屋 [ ] 高松天満屋(たかまつてんまや)は、にあるに併設されたに開設されていた店舗(34,914 m 2 、地上10階(9階は除く)・地下1階)である。 (平成13年)、経営難により撤退したコトデンの後に(株)高松天満屋を設立・入居。 瓦町駅に併設されたターミナル型店舗で、単独店舗としては最大だった。 屋上に乳幼児向けの各施設を完備、夏期はビアガーデンも開かれた。 8階に入居していたロフトは天満屋本体ではなく、子会社であり運営会社の高松天満屋によるフランチャイズ店舗であった。 なお、による直営でないことは天満屋内のロフト全店と共通している。 (平成26年)3月末で閉店。 2016年1月に会社も解散、同月特別清算となった。 外商の既存顧客対応は岡山本店が郊外の多肥下町に設置した高松出張所で行う。 また、丸亀町参番街東館には同じく岡山本店が管轄する「天満屋ロイヤルジュエリーサロン高松」が営業しているほか、に移転した高松ロフトも運営している。 「」も参照 アルパーク店 [ ] アルパーク店は、広島県広島市一丁目にあった直営店舗(売場面積 26,954 m 2 )である。 が開発したとの2核1モール型ショッピングセンターの西館(1階 - 4階)に核テナントとして入居。 4時間まで無料のを完備。 開業時はおよびを商圏としていたが、に直結しているため、山口県東部を含む広い範囲から集客しており、2009年(平成21年)のの調査では、およびにおいて市民が最もよく利用する商業施設として、両市内の店舗を抑えてアルパーク店が1位となった。 そんな店舗だったが、やなどの出店等によって売上は激減し、2020年1月31日をもって閉店した。 この閉店に先立ち、支店の周南ショップも閉鎖された。 (後述) アルパーク天満屋周南ショップ [ ] アルパーク天満屋周南ショップはアルパーク店の支店で、みなみ銀座に(平成25年)開設。 (平成25年)に閉店した子ども館が入居していたビルの1・2階を使用し、1階は婦人・紳士服を、2階はギフト商品などを扱い、開設時に採用された店員の多くが近鉄松下百貨店の元店員であった。 なお、山口県内ではかつて岩国市に小規模店舗を出店していたことがある(閉店)ので、この店舗は山口県初進出店舗ではない。 アルパーク店が2020年1月31日に閉店することにより、この店舗も少し早く、1月13日付で閉店した。 これにより、再び山口県から店舗が無くなった。 歴代社長 [ ]• 初代 : 伊原木茂平衛• 2代 : 初代伊原木藻平 茂平衛の甥• 3代 : 二代伊原木藻平 初代藻平の甥• 4代 : 伊原木伍朗 (旧姓:松沢)• 5代 : 伊原木一衛 (1960年7月 - 1998年5月)• 6代 : (1998年5月 - 2012年6月):現、一衛の長男• 7代 : 伊原木省五 (2012年6月 - 2016年5月):一衛の弟• 8代 : 伊原木一朗 (2016年5月 - 2017年12月):一衛の弟、省五の兄謙二の長男• 9代 : 江國成基 (2017年12月 - 現職):創業家以外から初の社長 女子陸上競技部 [ ] (4年)創部。 2019年現在のは。 働く女性の象徴的な存在とすることと、同年8月にで(のちでも)を獲得したが地元・岡山市出身ということで、熱が高まったことを受けて創設された。 岡山市を拠点とし、・などに出場する、女子の・マラソンランナーを多数輩出。 地元の陸上界では知らぬ者のいない強豪チームとして知られている。 ユニフォームのカラーは。 ユニフォームの表記は「てんまや」。 なおオリンピックには、代表の、代表の、代表の、代表のと、4大会連続で天満屋から女子マラソン代表選手が誕生した。 では所属選手の代表入りを逃したものの、へは2大会ぶりにが、女子マラソン日本代表にしている。 また(平成22年)の第30回記念では、念願であったチーム初優勝を果たした。 歴代所属選手と主な成績 [ ]• (平成7年)• 2位(2:29:41)• 女子マラソン 12位(2:35:33・距離不足の為参考記録)• (平成10年)• 名古屋国際女子マラソン 5位(2:28:48)• シドニーマラソン 優勝(2:29:09)• 1995年(平成7年) : 2位(2:32:47)• 1998年(平成10年) : 北海道マラソン 優勝(2:27:36)• (平成11年) : 優勝(2:22:12)• (平成12年) : 女子マラソン 7位入賞(2:27:03)• 1999年(平成11年) : 北海道マラソン 優勝(2:32:14)• 2000年(平成12年) : 優勝(2:26:15)• (平成13年)• 名古屋国際女子マラソン 優勝(2:26:01)• 女子マラソン 9位(2:29:57)• 2001年(平成13年)• 3位(2:27:50)• エドモントン世界陸上女子マラソン 22位(2:34:45)• (平成14年)• パリマラソン 3位(2:24:33)• 東京国際女子マラソン 2位(2:25:02)• (平成15年)• 大阪国際女子マラソン 3位(2:25:51)• 女子マラソン 4位入賞(2:25:25)• (平成16年)• 大阪国際女子マラソン 優勝(2:25:29)• 女子マラソン 7位入賞(2:31:43)• (平成18年) : ウィーン国際マラソン 優勝(2:24:33)• (平成20年) : 大阪国際女子マラソン 2位(2:25:34)• (平成22年) : ベルリンマラソン 3位(2:26:10)• (平成23年) : 北海道マラソン 優勝(2:33:45)• 2008年(平成20年)• 名古屋国際女子マラソン 優勝(2:25:51)• 女子マラソン 13位(2:30:19)• (平成21年)• 女子 7位入賞(31分14秒39・距離不足の為参考記録)• ベルリン世界陸上女子 12位(15分13秒01)• (平成24年)• 大阪国際女子マラソン 優勝(2:23:23)• 女子マラソン 78位(2:40:06・違反者が出た為当初79着から繰り上げ)• (平成27年)• 女子マラソン 14位(2:32:37)• (平成29年)• 大阪国際女子マラソン 優勝(2:24:21)• 2015年(平成27年)• 網走大会女子10000m 3位(31分48秒31)• 北京世界陸上女子10000m 22位(32分47秒74)• (平成28年)• 3位(2:23:20)• (元年)• 大阪国際女子マラソン 2位(2:25:46)• 2017年(平成29年)• 北海道マラソン 優勝(2:28:48)• (平成30年)• 大阪国際女子マラソン 2位(2:23:48)• ・ハーフマラソン 優勝(1:09:12)• 2019年(令和元年)• 優勝(2:25:15)• 2018年(平成30年)• ・ハーフマラソン 優勝(1:12:40)• 山陽女子ロードレース・ハーフマラソン 5位(1:11:02)• 2019年(平成31年・令和元年)• 名古屋ウィメンズマラソン 11位(2:25:28)• 女子マラソン 7位入賞(2:39:09) 全日本実業団女子駅伝の成績 [ ] 「」も参照 回 開催日 順位 タイム 出場選手 12 13 2時間22分40秒 13 4 2時間18分47秒 C. 19 関連会社 [ ] 詳細は、公式サイトのを参照。 (、天満屋ハピーズ、天満屋ハピーマート)• 天満屋カードサービス• 天満屋トラベル• 天満屋ホテルズアンドリゾーツ• せとうち児島ホテル• ホテルリマーニ• でりか菜• キャリアプランニング• 岡山情報処理センター OEC• アイアットOEC• 天満屋レンタカー(のフランチャイジー、旧・オリックスレンタカー中国)• スポーツアンドジョイ• 東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ (、「」・が優勝したの会場)• 遊プラザテニススクール• 丸田産業• 山陽セフティ• コーセイカン• せとうちデリバリーサービス 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日本経済新聞. 2017年12月27日. 2017年12月28日閲覧。 天満屋 2017年12月27日. 2017年12月28日閲覧。 東京商工リサーチ2018年決算「全国主要百貨店」業績調査• 2014年1月24日. 2015年5月9日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2014年4月1日. 2015年5月9日閲覧。 2014年4月25日. の2013年5月11日時点におけるアーカイブ。 2015年5月9日閲覧。 中国新聞 中国新聞社. 2015年4月9日. の2015年5月18日時点におけるアーカイブ。 2015年9月22日閲覧。 プレスリリース , , 2015年4月20日 , 2015年5月9日閲覧。 2015年5月2日. 2015年5月9日閲覧。 山陽新聞 山陽新聞社. 2015年5月28日. 2015年6月13日閲覧。 山陽新聞 山陽新聞社. 2015年5月28日. 2015年6月13日閲覧。 山陽新聞 山陽新聞社. 2015年5月26日. 2015年6月13日閲覧。 DRMオンライン 2016年7月20日. 2017年12月28日閲覧。 - Tabetainjya 広島ニュース 食べタインジャー 2012年3月3日• 日本経済新聞. 2012年3月3日. 2017年8月12日閲覧。 - 日本経済新聞 2012年9月13日• [ ] - NHK広島放送局 2013年1月9日• - 日本経済新聞 2013年4月9日 参考文献 [ ]• 『天満屋百五十年史』、著作・編集 天満屋、(昭和54年)10月発行 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

アルパーク東棟・西棟を売却、どうなる今後のアルパーク

アルパーク 天満屋 閉店 後

天満屋広島アルパーク店の閉店理由は? 天満屋広島アルパーク店の閉店理由ですが、 競争激化による業績不振だと言われています。 アルパークは開業時には中国・四国地方最大の商業施設で、新井口駅とペデストリアンデッキで直結しているので車を持たない人でもアクセスがしやすいため、山口県から足を運ぶというお客さんも多くいました。 アルパークは2000年10月には東棟を増床、2008年からの大規模改装により2009年4月には北棟を新設するなど、売り場の拡大が行われてきたのですが、2019年5月には 三井不動産グループが「競合商業施設新規開業の影響による施設売上下落」「築年数経過による施設競争力維持のためコスト増加」を理由に西棟・東棟を大和ハウス工業に売却していました。 天満屋広島アルパーク店の跡地は何になる? 天満屋広島アルパークの閉店後ですが、営業フロアは1~4階、売場面積は26,421㎡という広い敷地。 一体跡地は何になるのでしょうか? アルパーク自体は今後も営業を続けるのですが、大和ハウスが西棟と東棟を引き継いでいる状態。 当面は現在の営業を続けると発表していますが、大和ハウスも売り上げを上げることができなかった場合は、規模を縮小したり、建物を取り壊して住宅地にする可能性も無くはないですよね。 正式な発表はまだされていませんが。 上記のような情報がありました。 いよいよ今月末で閉店、寂しいなぁ。 アルパーク天満屋から閉店売りつくしファイナルのDMが来てた。 子育て中、何度も何度もお出かけした場所。 屋上ドライブインシアターOWLは家族4人で映画を鑑賞出来て本当に良かった。 社員従業員関わってきた全ての皆様、寂しくなりますね😢今までありがとうございました。 昔は無料の水族館やその横にメリーゴーランドがあったのを覚えている方もいるのでは。。 天満屋広島アルパーク店へのアクセス 閉店セールを行っている天満屋広島アルパーク店へのアクセス情報です。 5km 【廿日市駅より】・・・・・約5. 5km 【五日市I. Cより(草津沼田道路経由)】・・・・・約8km 【広島南道路商工センター出入路より】・・・・・約2. 5km 営業時間 午前10時~午後8時 (4階レストランは一部午後10時まで営業。 ) 今後新しい情報が入りましたら追記させていただきます!.

次の

アルパーク天満屋閉店|天満屋カードのポイントはいつまで?アルポイント

アルパーク 天満屋 閉店 後

閉店セールでにぎわう天満屋の周南ショップ 百貨店の天満屋(岡山市北区)の小型店「周南ショップ」(周南市)は8日、閉店セールを始めた。 近くで閉店した近鉄松下百貨店の受け皿として出店したが、アルパーク店(広島市西区)の閉店に伴い撤退する。 13日に約7年の営業に幕を下ろす。 周南ショップはビル1、2階の約600平方メートル。 近鉄松下が閉店した後の2013年4月にアルパーク店のサテライト店として開店した。 婦人服や紳士服、食料品などを扱う。 テナント店員を含め従業員14人で、一部は近鉄松下から移った人もいた。 「売りつくし」をうたうセール初日、多くの買い物客がワゴンに載った特売品を買い求めていた。 周南市の堀川豊子さん(75)は「寂しい。 雑貨や食品で百貨店ならではの魅力があった」と惜しんだ。 最終の13日は先着100人に花の苗をプレゼントする。 アルパーク店は今月31日に閉店する。 ショップの水本親行所長代理は「お世話になった顧客に感謝を伝えたい」と話した。 (川上裕).

次の